サンプドリア、ブレシアからFWトレグロッサをレンタルで獲得!昨季セリエAで7ゴールを記録

2021.01.12 02:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアは11日、ブレシアからイタリア人FWエメスト・トレグロッサ(28)を買取オプション付きのレンタル移籍で獲得した。セリエAを運営するレガ・セリエAが同選手の移籍を認めた。2010年にヴェローナでプロデビューしたトレグロッサは、イタリア国内の下部クラブを渡り歩き、2016年の夏にブレシアへレンタル移籍で加入。その後、2018年の冬にブレシアへ完全移籍を果たすと、2018-19シーズンにはセリエBで29試合に出場し12ゴール11アシストをマークし、22年ぶりとなるセリエB優勝に大きく貢献した。

しかし、昨シーズンは太もものケガの影響で出遅れたが、初挑戦となったセリエAで25試合に出場し7ゴール3アシストを記録。セリエBに降格した今シーズンは、ここまでリーグ戦12試合で5ゴール3アシストをマークしていた。

サンプドリアでは、これまでFWファビオ・クアリアレッラのバックアッパーを務めていた元イタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニが鼠径部のヘルニアにより長期離脱を強いられており、クラウディオ・ラニエリ監督は今冬での新たなストライカーの獲得を熱望していた。
コメント
関連ニュース
thumb

「常に正確に対応」守備で勝利に貢献のDF吉田麻也に現地も高評価「値千金のブロック」

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、現地で高く評価されている。 16日に行われた、セリエA第18節でウディネーゼをホームに迎え、2-1で逆転勝利したサンプドリア。吉田はフル出場を果たした。 2試合連続でセンターバックとして起用された吉田は、ウディネーゼの攻撃にさらされる中でしっかりとプレー。1失点を喫したものの、チームの勝利に貢献していた。 イタリア『Tuttomercatoweb』の選手採点(10点満点)では、GKエミール・アウデーロと1ゴールを記録したMFアントニオ・カンドレーバがチーム最高の「7点」を獲得した中、吉田は「6.5点」を獲得した。 吉田のプレーについては「ウディネーゼの攻撃陣に多くの仕事を与えられたが、常に正確に対応し、最終ラインから組み立ても行なっていた」と評価。またウディネーゼのFWケビン・ラザーニャとのマッチアップについても「前半はラザーニャをよく抑えていた」と評価した。 また、イタリア『カルチョ・メルカート』の選手採点(10点満点)でも「6.5点」を獲得。「至近距離のシュートを値千金のブロック」と評価。「MFロドリゴ・デ・パウルのゴールでは少しやられたが、ゴールは彼のせいではない」とし「最後に大きく立ちはだかった」と高い評価を下した。 2021.01.17 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のサンプドリア、新戦力のデビュー弾でウディネーゼに逆転勝利《セリエA》

サンプドリアは16日、セリエA第18節でウディネーゼをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 前節スペツィア戦を1-2と敗れた11位サンプドリア(勝ち点20)は、吉田が2試合連続センターバックでスタメンとなった。 15位ウディネーゼ(勝ち点16/1試合未消化)に対し、一進一退の攻防で立ち上がった中、徐々にサンプドリアがポゼッションを高めていった。 しかし、互いにゴールに迫るようなシュートには持ち込めずクローズな展開で推移していく。そんな中、41分にデ・パウルのミドルシュートがバーに直撃するピンチのあったサンプドリアだったが、ゴールレスでハーフタイムに入った。 迎えた後半、ウディネーゼの圧力を受ける入りとなったサンプドリアは56分に失点する。デ・パウルにボックス中央へ侵入されると、GKアウデーロが1本目のシュートは防いだものの、ルーズボールをデ・パウルに押し込まれた。 追う展開となったサンプドリアは3枚替えを敢行しクアリアレッラらに代えてケイタや新戦力のトレグロッサらを投入。すると64分にPKを獲得した。CKの流れからボックス内のカンドレーバがルーズボールに反応。クリアにかかったマンドラゴラに蹴られた。 このPKをカンドレーバ自ら決めてサンプドリアが同点に追いついた。さらに81分、この冬にブレシアから加入のトレグロッサにデビュー弾が生まれる。アウジェッロの左クロスをヘディングで押し込んだ。 逆転したサンプドリアは終盤にかけて吉田を中心にウディネーゼの攻勢を凌いで2-1で逃げ切り。スペツィア戦の敗戦を払拭している。 2021.01.17 06:40 Sun
twitterfacebook
thumb

冨安所属のボローニャを指揮するミハイロビッチ監督が現役時代に決めたパーフェクトなロングFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、現ボローニャ監督で元ユーゴスラビア代表DFのシニシャ・ミハイロビッチ氏がサンプドリア時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ミハイロビッチが決めたパーフェクトFK<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJkU1dhVmg3biIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ミハイロビッチ氏は、母国ユーゴスラビアでの活躍を経て、1992年にローマに加入し、セリエAデビュー。1994年にはサンプドリアに加入し、リーグ屈指のDFとして活躍した。 ミハイロビッチ氏はフリーキックの名手としても知られているが、1997年2月23日に行われたセリエA第21節のナポリ戦でも、素晴らしいFKを決めている。 0-1とサンプドリアがリードされて迎えた88分、相手陣内中央でサンプドリアがFKを得る。ゴールからはやや距離があったものの、充分な助走からキッカーのミハイロビッチが直接シュートを放つと、速度、コースともに完璧なFKがゴール右上に決まった。 これにはGKも見送ることしかできず。試合はこの土壇場のゴールで追いついたサンプドリアが1-1のドローに持ち込んでいる。 2021.01.14 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、主力CBコリーと2025年までの新契約締結!

サンプドリアは13日、ガンビア代表DFオマル・コリー(28)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 ユールゴーデン、ヘンクなどを経て2018年夏にサンプドリアへ加入したコリーは、ここまで公式戦67試合に出場。190cmの長身を生かした空中戦の強さに加え、ストライドの長さ、一定のアジリティを武器に守備範囲も広く最終ラインの主力に定着している。 今季はここまでリーグ戦11試合に出場しており、直近は8試合連続でスタメンを飾り、日本代表DF吉田麻也らと共にセリエA中位のチームの守備を支えている。 2021.01.14 01:40 Thu
twitterfacebook
thumb

吉田も所属するサンプドリアで背番号「10」を背負うケイタ・バルデのクラブ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はセネガル代表FWケイタ・バルデがサンプドリアで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ケイタ・バルデのサンプドリア初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmSU5xbzJDOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてバルセロナの下部組織である”ラ・マシア”に入団し、スペインで育ったケイタ・バルデは、ラツィオでプロデビュー。モナコに移籍した後、インテルへのレンタル移籍を経て、今シーズンからはDF吉田麻也も所属するサンプドリアに期限付きで加入している。 今シーズンここまでサンプドリアでは公式戦6試合に出場し、2ゴールを挙げているが、その記念すべき初ゴールは、2020年12月23日に行われたセリエA第14節のサッスオーロ戦で決めたゴールだった。 1-3とサンプドリアのビハインドで迎えた73分、ケイタ・バルデが途中交代でピッチに立つ。すると84分、右コーナーキックからMFアントニオ・カンドレーバがグラウンダーのクロスをボックス内に入れると、後方から走り込んだケイタ・バルデが鋭いシュートをゴール左下に蹴り込み、サンプドリア初ゴールを挙げてみせた。 このゴールで1点差に迫ったサンプドリアだったが、反撃もここまで。2-3で敗れている。ちなみに初ゴールを挙げたケイタ・バルデだったが、終了間際の92分に危険なタックルにより1発レッドカードで退場しており、本人にとってはイベントに富んだ試合となっている。 2021.01.12 08:00 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly