乾が今季初弾もエイバル、レバンテとの中位対決は逆転負け《ラ・リーガ》

2021.01.11 00:04 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エイバルは10日、ラ・リーガ第18節でレバンテとのアウェイ戦に臨み、1-2で逆転負けした。エイバルのMF乾貴士は89分までプレーし、FW武藤嘉紀は73分からプレーしている。前節グラナダ戦をヒルのドブレーテで勝利した12位エイバル(勝ち点19)は、3日前に行われたコパ・デル・レイ2回戦のラス・ロサス戦では先発した武藤に先制ゴールが生まれた中、延長戦に持ち込まれた末に何とか4-3で競り勝った。そのエイバルは乾が先発に戻り、武藤はベンチスタートとなった。

13位レバンテ(勝ち点18)に対し、ヒルの負傷欠場を受けて乾がフラットな[4-4-2]の左MFでスタートしたエイバルは序盤の主導権争いを経て、21分に乾がカットインからミドルシュートを放った。

前半半ば以降はレバンテにポゼッションで上回られる展開となったものの、決定的なシュートを許すことはなく前半をゴールレスで終えた。

迎えた後半、開始30秒にエスポジトがミドルシュートでGKを強襲したエイバルは、51分に先制する。決めたのは待望の今季初ゴールとなる乾。相手のミスパスを敵陣ボックス内でカットした流れから最後は乾が難なく蹴り込んだ。

相手のミスを突いて先制したエイバルは、55分にラドヤにコントロールシュートでネットを揺らされるも、ゴール前にいた選手がオフサイドで助かった。

62分にはCKの流れから乾がGK強襲のシュートを浴びせて追加点に迫ったエイバルだったが、65分に同点とされる。スルーパスに反応したモラレスにボックス右ゴールライン際へ侵入されて折り返されると、メレロにボレーで決められた。

73分に武藤を投入して勝ち越しを狙ったエイバルだったが、3分後に逆転されてしまう。右サイドをデ・フルートスに突破されると、最後はモラレスに押し込まれてしまった。

逆転されたエイバルは85分にロングボールに反応して抜け出した武藤に同点のチャンスが訪れたが、シュートは相手GKのセーブに阻まれてしまう。結局、エイバルはこのまま1-2で敗戦。乾に今季初ゴールが生まれたものの、中位対決を逆転で落としてしまった。
コメント
関連ニュース
thumb

エイバル、今季5ゴールのFWキケ・ガルシアと2023年まで契約延長!

エイバルは13日、スペイン人FWキケ・ガルシア(31)との契約を2023年6月まで延長したことを発表した。現行の契約から2年更新した格好だ。 ムルシアやミドルズブラでプレーを経て、2016年2月にエイバルへ加入したキケ・ガルシアは、これまで公式戦139試合に出場し30ゴールと得点こそ多くないものの、ハードワークを惜しまないプレースタイルでチームの1部残留に貢献。 今季もここまでリーグ戦17試合に出場し、5ゴール2アシストをマーク。その内10試合では、キャプテンマークを巻いてプレーしている。 2021.01.14 01:08 Thu
twitterfacebook
thumb

武藤が先制弾、乾が後半終盤から出場のエイバル、3部に大苦戦も延長戦を制して3回戦へ《コパ・デル・レイ》

エイバルは7日、コパ・デル・レイ2回戦でラス・ロサスとのアウェイ戦に臨み、延長戦の末4-3で競り勝った。エイバルのFW武藤嘉紀は74分までプレー、MF乾貴士は85分から出場している。 初戦のラシン・リオハ(4部)戦を武藤と乾が出場せず2-0と勝利したエイバルは、3部のラス・ロサスに対して武藤がスタメンとなり、乾がベンチスタートとなった。 雪がピッチ脇に積もり、凍結感のあるピッチでキックオフとなった中、エイバルが押し込む展開とすると、15分に武藤が先制ゴールを決める。右サイドからのインスウィングのクロスをファーサイドの武藤がダイビングヘッドで押し込んだ。 さらに18分、武藤のヘッドでのパスを相手DFがクリアミスしたところをキケが押し込んで加点に成功。ハーフタイムにかけてもエイバルが主導権を握り続け、2-0で前半を終えた。 迎えた後半、キケに3点目のチャンスがあったものの、エイバルは押し込まれる展開を強いられる。 それでも69分に3点目を決めて勝負を決定付けたかに思われた。相手ボールをカットしたペドロ・レオンがボックス右に侵入してチップキックシュートを流し込んだ。 その後、1失点を喫したエイバルは74分に武藤をお役御免としたが、ここから追い付かれてしまう。まずは76分、FKから失点して1点差とされると、3分後にはボレーシュートを決められてしまった。 まさかの3-3となったエイバルは85分に乾を投入。さらに延長前半10分にはブライアン・ヒルも投入した。 すると延長後半開始3分にエイバルに勝ち越しの4点目が生まれる。ボックス左に抜け出したヒルの折り返しをセルジ・エンリクが押し込んだ。これが決勝点となってエイバルが辛くも勝利し、3回戦へ進出している。その他、7日開催の試合結果は以下の通り。 アモレビエタ(3部) 0-1 スポルティング・ヒホン(2部) ジローナ(2部) 2-1 ルーゴ(2部) ロルカ・デポルティバ(3部) 0-0(PK2-0) サバデル(2部) ポンテベドラ(3部) 0-0(PK4-5) カディス イェクラノ・デポルティボ(3部) 1-4 バレンシア アルコヤーノ(3部) 2-1 ウエスカ 2021.01.08 07:27 Fri
twitterfacebook
thumb

ブライアン・ヒルのドブレーテで新年初戦を飾ったエイバルが今季ホーム初勝利!《ラ・リーガ》

エイバルは3日、ラ・リーガ第17節でグラナダと対戦し2-0で勝利した。エイバルのMF乾貴士は68分までプレー、FW武藤嘉紀は75分からプレーした。 前節、バルセロナを相手に1-1とドローに持ち込むも5試合勝利がない17位エイバル(勝ち点16)は、武藤がベンチスタートとなった中、乾は[4-4-2]の右MFで先発となった。 7位グラナダ(勝ち点24)に対し、エイバルは9分に左サイドを突破したブライアン・ヒルのクロスからボックス内の乾が頭で合わせたが、これは相手GKが難なくキャッチした。 互いにシュートシーンまで行けず、静かな攻防が続いていた中、エイバルは30分に決定機。ボックス左深くまでドリブルで切り込んだブライアン・ヒルのクロスをニアに走り込んだキケ・ガルシアが左足で合わせると、このシュートが左ポストを直撃した。 ゴールレスで迎えた後半、先制のチャンスが訪れたのはエイバル。53分、ポソの右クロスをニアで反応したセルジ・エンリクが後方からのクリアに行ったY・エレーラに倒され、PKを獲得。エスポジトのPKはGKルイ・シウバのセーブに弾かれたが、素早く反応したブライアン・ヒルが左足でゴールネットを揺らした。 68分に乾を下げてアルビージャを投入したエイバルは、直後の70分にピンチを迎える。モリーナの縦パスでボックス内に抜け出したスアレスが右足を振り抜いたが、このシュートはGKドミトロビッチが足に当て、難を逃れた。 ピンチを凌いだエイバルは、75分にセルジ・エンリクを下げて武藤を投入。すると76分、ボックス左手前でパスを受けたブライアン・ヒルがカットインから右足一閃。このシュートがゴール左隅に突き刺さった。 さらに81分には、ボックス左まで持ち上がった武藤のラストパスからキケ・ガルシアに決定機が訪れたが、これはGKルイ・シウバのセーブに阻まれた。 結局、ブライアン・ヒルの2ゴールでエイバルが勝利。新年初戦で今季初のホーム戦勝利を飾った。 2021.01.04 04:24 Mon
twitterfacebook
thumb

乾&武藤出場のエイバルがカンプ・ノウで初の勝ち点奪取! PK失敗にミス響いたバルサは痛恨ドロー…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第16節、バルセロナvsエイバルが29日にカンプ・ノウで行われ、1-1のドローに終わった。なお、エイバルのMF乾貴士はフル出場し、FW武藤嘉紀は73分から途中出場した。 5位のバルセロナ(勝ち点24)は前節、バジャドリーを相手に3-0の快勝。2連勝を狙う2020年ラストマッチでは母国でのクリスマス休暇を延長したエースFWメッシ、出場停止のジョルディ・アルバが不在となり、グリーズマンとジュニオル・フィルポを代役に起用。システムは引き続き[3-5-2]を採用した。 一方、今季2度目の連敗中の17位エイバル(勝ち点15)は、難所カンプ・ノウで連敗ストップを狙った中、乾は3試合連続スタメンを飾り、前節負傷欠場の武藤はベンチスタートとなった。 立ち上がりからボールを握ったバルセロナはいきなり絶好のゴールチャンスが訪れる。5分、セットプレーの競り合いの場面でDFビガスに遅れて足を蹴られたアラウホがオンフィールドレビューの結果PKを獲得。だが、キッカーのブラースヴァイトが左を狙って放ったシュートは枠を外れ、痛恨のPK失敗となった。 一方、開始早々の失点を免れたエイバルは直後の10分に乾に見せ場。左サイドで絶妙なファーストタッチで前向きに仕掛けてボックス手前から右足を振り抜くが、シュートはGKテア・シュテーゲンに正面で対応される。 その後はライン間でボールを引き出し、鋭いターンで前向きな仕掛けを見せるペドリを起点にバルセロナが良い形の攻撃を繰り出していく。そこに高い位置を取る両ウイングバックが効果的な絡みをみせ、25分にはジュニオルの正確なグラウンダークロスをゴール前に走り込んだブラースヴァイトがワンタッチで流し込む。だが、VARのレビューの結果、ブラースヴァイトはわずかにオフサイドラインを越えており、ゴールは認められず。 前半半ば過ぎから終盤にかけてはより拮抗した展開に。徐々に相手陣内でのプレーを増やしたエイバルは36分にボックス付近でDFラングレと交錯した乾がPK奪取かに思われたが、ここはノーファウルの判定。逆に42分にはジュニオルの攻撃参加からボックス中央のグリーズマンにシュートチャンスも、左足のダイレクトシュートは枠の右に外れた。 ゴールレスで試合を折り返したバルセロナはデストに代えてデンベレをハーフタイム明けに投入。この交代で[4-3-3]に変更し、ミンゲサが右サイドバックにポジションを移した。 デンベレの投入で明らかに攻撃が活性化された中、立ち上がりからフィニッシュの数を増やしていくホームチームは56分にペドリの浮き球パスに抜け出したデンベレがGKと一対一の好機を迎えるが、ここはGKドミトロビッチの好守に阻まれる。 一方、守勢が続いたエイバルだったが、相手のミスを突いて先制点を奪い切る。58分、ハーフウェイライン付近でピャニッチからバックパスを受けたDFアラウホに強いプレッシャーをかけてボールを奪ったキケ・ガルシアがそのままボックス内まで運んで左足のシュートを流し込んだ。 痛恨のミスから先制を許したバルセロナは66分にピャニッチ、グリーズマンに代えてコウチーニョ、トリンコンを同時投入。すると、交代直後の67分には左サイドでの細かいパス交換からスペースに飛び出したジュニオルのグラウンダークロスをボックス右に遅れて入ってきたデンベレが右足インサイドの丁寧なダイレクトシュートをゴール左隅へ流し込んだ。 追い付かれたエイバルは73分にキケ・ガルシアに代えて武藤を投入。対してこのまま押し切りたいバルセロナは攻勢を強めてブラースヴァイトやミンゲサが決定機に迫る。さらに、ブスケッツ、リキ・プッチをピッチに送り出して逆転を目指す。 試合終了間際の91分にはボックス内で仕掛けたトリンコンに絶好機も、ボックス右で放った右足のシュートはわずかに枠の左に外れる。その後、途中出場のコウチーニョがプレー続行不可能となり、10人での戦いを強いられたホームチームは最後までゴールをこじ開けることはできず。 この結果、エイバルは通算7戦目にして初めてカンプ・ノウから勝ち点を持ち帰ることに成功。一方、PK失敗にアラウホのミスが響いたバルセロナは痛恨ドローで2020年の戦いを終えることになった。 2020.12.30 05:17 Wed
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第16節プレビュー】年内最終戦! エイバルがカンプ・ノウでバルサ戦!

先週ミッドウィークに開催された第15節ではアトレティコ・マドリー、レアル・マドリー、バルセロナ、セビージャといった強豪が順当に勝利を収めて短いクリスマス休暇を迎えた。 年内最終戦となる今節は再びミッドウィーク開催。その中で29日に開催される5位のバルセロナ(勝ち点24)と、17位のエイバル(勝ち点15)の一戦に注目したい。 バルセロナは前節、バジャドリーを相手にエースFWメッシのペレ超えの同一クラブ歴代最多得点(644点)など3ゴールを奪って快勝。同試合では[3-5-2]の新布陣も機能しており、今節でも同じ戦い方を継続する見込みだ。ただ、メッシがクラブの許可を取って母国でのクリスマス休暇を延長しており、エース不在の中での戦いに一抹の不安を感じるところだ。その中、バジャドリー戦で完全休養となったFWグリーズマンにはエースの代役となる活躍が求められるところ。 一方、エイバルは前節、アラベスとのバスク自治州ダービーに1-2で敗れて今季2度目の連敗に。FW武藤嘉紀がハムストリングの違和感で欠場となった中、MF乾貴士は2試合連続スタメンを飾ったが、古巣相手に決定機を逃すなど、消化不良の内容で後半序盤にベンチに下がった。そのため、スタメン落ちの可能性も考えられるが、2017年の対戦でドブレーテを決めた想い出の地カンプ・ノウで何とか今季初ゴールを挙げたい。 ダービー敗戦後、2連勝で首位の座をキープしているアトレティコ(勝ち点32)は、12位ヘタフェ(勝ち点17)とのマドリード自治州ダービーに臨む。FWフェリックスらの戦列復帰も見込まれ、攻撃陣は充実しているが、唯一気がかりな点は、賭博に関する違反行為で10週間の出場停止処分を科されたDFトリッピアーの欠場だ。トリッピアーは今季ここまでのリーグ戦全試合に出場しており、最も替えが利かない選手の1人。代役は本職のDFヴルサリコが務める可能性が高いと思われるが、中盤からのコンバートの可能性も含めシメオネ監督の用兵に注目したい。 2試合消化が多いものの、そのアトレティコと同勝ち点で2位に付けるマドリーは、今季最多の6連勝を目指して16位のエルチェ(勝ち点15)とのアウェイゲームに臨む。8戦未勝利のホームチームを相手に勝ち点3を持ち帰る可能性は高いが、気持ちを引き締めて臨みたいところ。その中で前節途中出場からハイパフォーマンスを見せたFWアセンシオにはライバルのFWロドリゴが長期離脱を強いられた中、力強いパフォーマンスをみせポジション奪取といきたい。 前節、アスレティック・ビルバオと引き分けて上位陣で唯一勝ち点を取りこぼした4位のビジャレアル(勝ち点26)は、6位のセビージャ(勝ち点23)との上位対決で2戦ぶりの白星を目指す。前々節にFWフェル・ニーニョ、前節にFWジェレミ・ピノとポジション争いのライバルがゴールという結果を残した中、2戦連続出番がないMF久保建英はここに来てレンタル打ち切りの可能性が報じられるなど、厳しい状況にある。難敵セビージャとのアウェイゲームでもベンチスタートが濃厚だが、再びチャンスを与えられるか…。 また、FW岡崎慎司を擁する最下位のウエスカ(勝ち点12)は8位のセルタ(勝ち点20)とのアウェイゲームで今季2勝目を目指す。前節のレバンテ戦では豪快なオーバーヘッドシュートから相手のハンドを誘発する仕事を見せた岡崎は、引き続き先発起用が濃厚な中で決定的な仕事を期待したい。 その他では大晦日に開催される10位のアスレティック(勝ち点18)と、3位のレアル・ソシエダ(勝ち点26)によるバスク・ダービーも注目の一戦だ。 《ラ・リーガ第16節》 ▽12/29(火) 《25:00》 セビージャ vs ビジャレアル 《27:15》 バルセロナ vs エイバル 《29:30》 カディス vs バジャドリー レバンテ vs ベティス ▽12/30(水) 《25:00》 グラナダ vs バレンシア 《27:15》 アトレティコ・マドリー vs ヘタフェ セルタ vs ウエスカ 《29:30》 エルチェ vs レアル・マドリー ▽12/31(木) 《22:00》 アスレティック・ビルバオ vs レアル・ソシエダ 《24:15》 オサスナ vs アラベス 2020.12.29 18:00 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly