スカッとゴール! カットインから敢えてのニアサイドを撃ち抜くデパイ

2021.01.12 07:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。2021年1月12日にご紹介するのは、今から約3年前にリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイが決めたゴールです。

◆デパイがPSG相手に叩き込んだ、劇的豪快ロングシュートにGK一歩も動けず!

◆ここがスカッと!
左サイドでボールを持った右利きのウインガーが、カットインしてファーサイドの上にミドルシュートを叩き込む場面は多く見られますが、デパイはその状況から敢えてニアサイドの上を撃ち抜きます。

◆劇的な豪快ゴール
母国でのブレイクの後、マンチェスター・ユナイテッドで栄光の背番号7を背負いながらも思うような活躍ができなかったデパイですが、2017年1月に加入したリヨンでは見事なカムバックを見せています。

近年のリーグ・アンでは、パリ・サンジェルマン(PSG)相手に後れを取っているリヨンですが、2018年1月21日に行われたリーグ・アン第22節では、デパイの豪快なゴールで勝利を手にしました。

1-1の同点のまま迎えた後半アディショナルタイムの95分、ボックス左手前でデパイにボールが入ります。デパイはカットインして中央までドリブルで運び、ほぼゴール正面の位置から右足を振りぬきます。

右サイドへ体を向けた体勢から、体を捻ってほぼ直角に蹴られたボールは、カーブしながらゴール左のトップコーナーに突き刺さり、ラストプレーで劇的な勝ち越し弾が決まりました。

多くの選手がファーサイドを狙う場面でニアサイドを選択したデパイ。相手GKアルフォンス・アレオラも完全に反応が遅れ、一歩も動くことができませんでした。
コメント
関連ニュース
thumb

スカッとゴール! 天才デレ・アリ、空中での反転トラップからそのままボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月23日にご紹介するのは、今から5年前にトッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆抜群のセンスと極上のテクニック!“神童”デレ・アリが決めた、シーズンベストゴールに選ばれた衝撃のワンダーゴール!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJiZEdkTk44NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 浮き球のパスをトラップすると、2トラップ目で相手選手をかわしつつ反転、そしてそのままボレーシュートでゴール左隅に決める。デレ・アリの創造性溢れるワンダーゴールです。 ◆2015-16シーズンベストゴール 今シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得られず、やや干されているデレ・アリですが、イングランド人らしからぬスキルフルなプレースタイルで、トッテナムの攻撃を支えてきました。 デレ・アリがブレイクを果たした2015-16シーズンの2016年1月23日に行われた、プレミアリーグ第23節のクリスタル・パレス戦では、リーグ史に残るスーパーゴールを決めています。 ホームのクリスタル・パレスに先制されながらも、1-1と追いついて迎えた84分、敵陣ボックス手前で右サイドから大きなサイドチェンジのボールを、MFクリスティアン・エリクセンがヘディングで中央やや左にいたアリに落とします。 アリはこれを地面に落とさずトラップすると、プレッシャーをかけに来たMFミル・ジェディナクを反転しながらのフリックで華麗にかわすと、高く上がったボールの落下点に完璧にミートするボレーシュートを放ちます。トップスピンのかかったボールは、低くコントロールされ、ゴール左下にキレイに決まりました。 このゴールはイギリス『BBC』が選ぶこのシーズンのプレミアリーグベストゴールに選出されています。 2021.01.23 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 冷静すぎるレコバの驚愕50m級ロングシュート!

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月22日にご紹介するのは、今から23年前に元ウルグアイ代表MFアルバロ・レコバ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆レコバの驚愕50m級ロングシュート!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWY3I2cnRGcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 1点ビハインドで迎えた試合終盤、ハーフウェイライン付近でボールを持った時に相手GKが少し前に出ていたら、臆せずゴールを狙うことができるでしょうか。レコバ氏は迷いなく左足を振り切りました。 ◆“左足の独奏者” その左足から予測不可能なプレーを連発したレコバ氏は“左足の独奏者”と評され、卓越したテクニックと強烈な左足のシュートで名を馳せました。1998年1月25日に行われたセリエA第17節のエンポリ戦でのゴールもその一つです。 インテルが1点ビハインドという展開の中で、レコバは70分から途中出場を果たします。死に物狂いで同点を目指す中、82分、インテルは最後尾からボールをつないでいきます。 一度は相手のタックルでルーズボールとなるものの、そのこぼれ球はハーフウェイライン付近のレコバの元へと転がると、相手GKの位置を確認したレコバは助走もなく左足を一閃。相手GKが前に出ているのを見逃さずに、ゴールまで約50メートルの位置から驚愕のゴールを叩き込みました。 シュートはもちろん、驚くべきはレコバ氏の冷静さ。焦ってもおかしくない場面でしっかりと自信をコントロールしてゴールを決めるレコバ氏に驚きです。 2021.01.22 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 個の力が生み出した圧巻の独走ゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月21日にご紹介するのは、今から2年前にバイエルンのブラジル代表FWドグラス・コスタが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ドグラス・コスタが決めた圧巻の独走ゴール<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJaMTFGRFpKaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 自陣から一人ドリブルでボールを運び、最後は勢いのままミドルシュートを叩き込む。まさにスカッとするゴールです。 ◆現代屈指のウインガー 今シーズンはレンタルでバイエルンに復帰しているドグラス・コスタは昨シーズンまでユベントスでプレー。セリエAでも持ち前のドリブル突破を幾度となく披露しました。 2019年1月21日に行われたセリエA第20節のキエーボ戦では、見事な独走ゴールを決めています。 0-0で迎えた13分、ハーフウェイライン付近でボールを受けたコスタがドリブルを開始。ブロックを作る相手DFの間を縫うようにドリブルしながら、タックルに来る相手を鋭いターンでいとも簡単にかわし、ペナルティーアーク内の手前まで侵入すると、最後は左足でロングシュートを放ちます。鋭いシュートはゴール右に決まり、見事な先制ゴールとなりました。 まさに個の力でもぎ取ったソロゴール。ブラジル人らしい突破力抜群のドリブルができる ドグラス・コスタならではのゴールでした。 2021.01.21 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! GKのミスを逃さない超ロングシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月20日にご紹介するのは、今から約1年前にボルシアMGのドイツ代表MFフロリアン・ノイハウスが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ノイハウスが決めた衝撃の50ヤード弾!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJEUlc4dzhlQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 相手GKのクリアを拾い、ゴールまで距離があるとこからのロングシュート。咄嗟の対応でコントロールするのは難易度も高いですが、ノイハウスが完璧なフィニッシュを見せました。 ◆衝撃の50ヤード弾 10月にはドイツ代表デビューも飾ったノイハウス。これまでの中で最も素晴らしいゴールの一つが、2020年1月25日に行われたブンデスリーガ第19節のマインツ戦でのゴールです。 マインツに先制されながらも2-1とボルシアMGが逆転に成功して迎えた88分、ボルシアMGが相手陣内にロングボールを送るも、これはマインツGKがボックスから飛び出し、ヘディングでクリアします。 しかし、このボールをセンターサークル付近にいたノイハウスが拾うと、華麗なターンで相手をかわし、その位置から右足でシュート。正確にゴールに向かって放たれたロングシュートは、懸命にゴールに戻るGKの頭上を越えてゴールネットに吸い込まれました。 トラップからシュートまでのスムーズな流れに加え、絶妙なバックスピンをかけてGKの届かない高さとコースに飛ばす技術は圧巻のスキルでした。 2021.01.20 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ボックス外からのテクニカルなループシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月19日にご紹介するのは、今から8年前にブラジル代表DFアレックス・サンドロが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ポルト時代のサンドロが決めた美しいチップシュート<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFT1VZdTYzdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! GKが前に出ている時に有効なループシュート。決まればテクニカルなゴールとして称賛されますが、ミスした時の精神的ダメージも少なくありません。ループシュートはゴールまでの距離が近い場所で選択されることが多いですが、今回のアレックス・サンドロはボックスの外から決めています。 ◆攻撃的な左サイドバック ダイナミックな攻撃参加を武器に、その左足の威力にも定評があるアレックス・サンドロは2015年からユベントスでプレーしていますが、その前はポルトでプレーしていました。 ポルト時代からその攻撃力を評価されていたアレックス・サンドロですが、2013年1月19日に行われたプリメイラ・リーガ第15節のパソス・デ・フェレイラ戦ではテクニカルなゴールを決めました。 0-0で前半を折り返し、後半開始早々の47分、ゴール正面のボックス手前でボールを持ったMFルチョ・ゴンサレスが左サイドを駆け上がるサンドロにパスを送ります。ボックス左の際でボールに追いついたサンドロは、なんとここからクロスに見せかけてチップシュート。ボールは美しい放物線を描きながら見事にGKの頭上を超えると、ゴール右に決まりました。 左足に絶対の自信があるからこそ選択できたこのシュート。相手GKも反応が遅れており、誰にも予想できないスーパーゴールでした。 2021.01.19 07:00 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly