神戸MF増山朝陽が復帰! レンタル先の福岡で5ゴールの活躍

2021.01.09 10:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴィッセル神戸は9日、MF増山朝陽(23)の復帰を発表した。増山は2015年に東福岡高校から神戸入団後、2017年から横浜FCにレンタル。2018年に神戸復帰を果たした後、2020年から再びのレンタルでアビスパ福岡に加わり、明治安田生命J2リーグ36試合5得点を記録した。神戸復帰を受け、両クラブを通じて次のようにコメントしている。


◆ヴィッセル神戸
「この度ヴィッセル神戸に復帰することになりました。レンタル期間中も遠くから、また現地まで駆けつけて応援してくださった方々本当にありがとうございました。チームを引っ張っていける、そんな存在になれるように頑張ります。結果で恩返しします。また一緒に戦いましょう」

◆アビスパ福岡
「この度ヴィッセル神戸に復帰することになりました。1年間応援してくれた、支えてくれた方々に感謝の気持ちでいっぱいです! 何より最後まで一緒に戦えたことを嬉しく思います。このクラブで皆様と共に戦えたことを誇りに思います」

「お別れは寂しいですがまたアビスパ福岡のユニフォームに袖を通す日が来ることを願ってます。僕にとって大好きな街、大好きなチームです。お世話になりました。本当にありがとうございました」
関連ニュース
thumb

昨季は2位フィニッシュのG大阪、宮本恒靖監督は「結果につながるサッカーをしたい」

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 ガンバ大阪を率いて4年目を迎える宮本恒靖監督。すでに富士ゼロックス・スーパーカップを戦い公式戦はスタートしている状況だ。 宮本監督は「ゼロックスを1つ戦って公式戦はスタートしましたが、まだまだ詰めないといけないところはあります」とコメント。「そういったところを意識しながら、シーズンの立ち上がりからやってきたことを開幕戦でも出せるようにしたいです」と語った。 また「リーグ戦の開幕を楽しみにされているファンの方がたくさんいると思うので、そういった人たちにサッカーは良いなと改めて思ってもらえるような試合を展開できればと思います」とコメント。アウェイでの開幕となるが「我々はアウェイですけれどもしっかりと良い準備をして、結果につながるサッカーをしたいと思っています」と語った。 G大阪は開幕戦でヴィッセル神戸と対戦。今シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも出場するが、ここまでの手応えについては「ケガ人がいたり外国人選手の再入国で隔離期間があったりと、メンバーが揃わない中でのプレシーズン、キャンプになりました」とコメント。「その中でも選手たちが今年やろうとしていることをしっかりと取り組んでくれたというのはあると思います」と意欲高く選手たちが臨んでくれていると語った。 また、「仕上がりというのは、もっともっと上げていかないといけませんが、体のコンディションとしてはそれぞれが良い状態にあるとみています」とし、「パワーアップした点というには、新加入選手も少しずつチームになれてきてコミュニケーションも取れていると思いますし、しっかりと長いシーズンでパワーを出していってもらいたいと思います」と、選手のコンディションも整い、良い状態であると語った。 開幕戦の相手である神戸については「個人の力で試合を動かせる選手が前線に揃っていると思います。もちろん中盤でボールを動かせる選手、ハードワークできる選手がいる。ディフェンスラインにはしっかりとした強さ、高さのある選手が揃っている。バランスが取れたチームだとみています」と高い評価を与えた。 また、「昨年のACLの戦いを通してチームとしての経験も積んでいると思うので、そのチームに対して我々がどう戦いを挑んでいけるのかを考えて開幕戦を迎えたいと思います」と語り、かなり警戒して神戸戦に臨むとした。 この日は神戸の三浦淳寛監督との合同会見だったが、S級ライセンスの同期であり、現役時代は日本代表としても共に戦った仲だ。 三浦監督については「S級もそうでしたし、選手としてもいろいろな時間を共有させていただいた先輩で、アツさんが最初は強化担当という立場にいらっしゃったのが監督ということで、仕事内容に関してどういうものだろうというのは見せてもらいました」と昨シーズンの仕事ぶりをチェックしていたとのこと。 「アツさんの普段から出しているようなコミュニケーションを上手にとりながら若い選手であっても、ベテランの選手であっても、うまくチーム作りをされているなという印象は受けました」と選手との関係が非常に良いと語った。 また、「ACLという難しい大会でもチームに一体感を持たせた試合運びだったり采配をされていると見ています。アツさんがお話ししてくれましたが、お互いがお互いを意識することは間違いないと思いますし、そういった中で自分が取り入れられるものは取り入れたいと常日頃から思っています。そういった先輩であるのは間違いないです」と、三浦監督に続いて宮本監督も相手をべた褒めした。 2021.02.25 07:05 Thu
twitterfacebook
thumb

イニエスタを欠いてのシーズン序盤戦、神戸の三浦淳寛監督がG大阪の「圧倒的な攻撃力」を警戒

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 2020シーズンの途中から監督に就任し、2シーズン目を迎える三浦淳寛監督。ヴィッセル神戸はリーグ戦では14位と低迷した一方で、初出場となったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではベスト4に勝ち残っていた。 チームの中心である元スペイン代表Mfアンドレス・イニエスタがACLでのケガの影響で手術。シーズン序盤を欠場することが確定している状況だ。 チームの状態について三浦監督は「シーズンの立ち上げから沖縄キャンプを通じて、仕上がり具合は当然ながら100%ではありませんが、守備も攻撃もある程度、我々のやりたいことを落とし込みとしてできていると思っています」と一定の手応えを感じていると語った。 また「もう少し試合を重ねるごとに良くなっていくと思います。開幕なので、選手も我々も含めて緊張感があるので、思った試合展開になるかわかりませんが、やろうとしていることは選手は理解していると思います」と語り、開幕戦に向けて緊張感が高まっていると語った。 積み上げの部分については「これはやってみないと分からないです。もちろん補強の部分もありますが、当然ながらキャプテンであるアンドレス・イニエスタがいないという中で、どういったサッカーをするのか、パワーアップに繋がるかどうかは試合をしてみないと分からないと思います」と語り、チームとしてパワーアップできているかわ現時点ではわからないと語った。 開幕戦では同じ関西のガンバ大阪と対戦。“阪神ダービー”となる中、G大阪で一番警戒するものについては「やはり、ガンバさんの選手たちのポテンシャルは非常に高いですから、もちろん強固な守備っていうのも昨シーズンしっかり示していますし、そこを崩していく攻撃ってのは本当にたやすくないと思っています」とコメント。堅守と攻撃力のどちらも警戒した。 さらに「もちろん、得点源であるパトリック選手含め、新しく入ったレアンドロ・ペレイラ選手、もちろん宇佐美選手もいますし、そこの圧倒的な攻撃力にはやはり我々はしっかりと対策を練る必要があると思います」とし、強力な攻撃陣への対応が必要だと語った。 また、現役時代は日本代表としてもプレーした宮本恒靖監督のイメージについては「ツネはもちろん、人間性を含めS級の同期でもありますし、代表でも一緒だったんで。チームをしっかりとまとめ上げる力というのは非常に優れている監督だなと思います」と語り、「昨シーズンの結果を含めて、ツネらしい采配を何度も見てきましたし、私自身参考になることがたくさんあります」と先輩でありながらも、後輩の宮本監督から学ぶことがあるとした。 さらに「もちろんチームの戦術の落とし込みっていうのが我々外から見ていても、しっかりと理解できてますから、そこの落とし込みの力っていうのは、僕よりもツネは2つも年下ですが、非常に評価してます」とコメント。しかし、改めて「評価するって言ったら上から目線かな。素晴らしいと思います」と言い直しながらも、後輩にあたる指揮官をべた褒めしていた。 2021.02.25 06:45 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前ガイド|ヴィッセル神戸】不甲斐ない昨季を払拭へ、期待される新戦力と若手の躍動

2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。 昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。 そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。 第7弾は、昨シーズンの明治安田J1で14位に終わったヴィッセル神戸を紹介する。 <div id="cws_ad">◆基本布陣(予想)[4-3-3]</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021vissel_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWS Brains,LTD.<hr></div> ◆補強動向《C》※最低E~最高S 【IN】 GK廣永遼太郎(31)←サンフレッチェ広島/完全移籍 DF櫻内渚(31)←ジュビロ磐田/完全移籍 DF小林友希(20)←横浜FC/復帰 MF井上潮音(23)←東京ヴェルディ/完全移籍 MF増山朝陽(24)←アビスパ福岡/復帰 MF櫻井辰徳(18)←前橋育英高校/新加入 FWリンコン(20)←フラメンゴ(ブラジル)/完全移籍 【OUT】 GK吉丸絢梓(24)→ギラヴァンツ北九州/完全移籍 DFダンクレー(29)→セレッソ大阪/完全移籍 DF渡部博文(33)→レノファ山口FC/完全移籍 DF西大伍(33)→浦和レッズ/完全移籍 DF藤谷壮(23)→ギラヴァンツ北九州/完全移籍 FW小川慶治朗(28)→横浜FC/完全移籍 選手の出入りに関してはさほど大きな動きを見せなかった神戸。それでも、DFダンクレー(→セレッソ大阪)、そしてDF西大伍(→浦和レッズ)と昨シーズンのレギュラーが退団したことは少なくない影響があるはず。控えながらも堅実なプレーとビルドアップでチームを支えたDF渡辺博文(→レノファ山口FC)もチームを去り、守備面では不安を抱える状況となるだろう。 横浜FCでセンターバックとして成長を遂げたDF小林友希が復帰、また西の代役にジュビロ磐田からDF櫻内渚を獲得したが、補強というよりは補充になっている状況。チームへのフィットも考え、プラスになるものを発揮できるかが重要となるだろう。 また、攻撃陣を見ても生え抜きのFW小川慶治朗が横浜FCへと移籍。武者修行をしていたMF増山朝陽がアビスパ福岡から復帰したが、J1での実績がないだけに小川の穴を埋められるかは未知数だ。 目玉としては東京ヴェルディから獲得したMF井上潮音、そしてU-20ブラジル代表のFWリンコンを獲得した。井上は長短のパス精度が武器で、ミスも少なく、自身が育った東京Vを中盤で支えていた。しかし、J1は初挑戦。J2とは違う舞台でその能力をしっかりと発揮できるかは気になるところ。MFアンドレス・イニエスタがケガのために序盤戦は起用できず、不在時のチームを支える働きが求められることとなる。 FWリンコンに関しても、持っている才能はピカイチ。ビッグクラブも注目していたほどの才能だが、Jリーグでどうプレーするのか。また、日本政府の入国制限により来日できておらず、未知数な部分が多い。補強と考えるには、現時点では不確実な要素が多すぎるため、既存選手たちの活躍に期待が懸かる。 ◆目標:上位争い <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021vissel_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨シーズンは天皇杯王者としてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に初出場。日本勢で最高のベスト4に進出したが、優勝した蔚山現代に準決勝で敗れた。 その一方で、リーグ戦では不安定な戦いを続け、終わってみれば14位。特にシーズンを6連敗で終えていることは、保有戦力やチームの置かれていた状況を考えると、不甲斐ないとしか言えない結果に終わった。 その神戸は三浦淳寛監督が続投し、2年目のシーズンに。しかし、前述の通りチームの核であるイニエスタがケガのために開幕からしばらくは欠場することが確定している。 昨シーズンはイニエスタ不在の試合が8試合あったが、わずか1勝。攻撃の形が作れない試合が多く、今シーズンは開幕からその不安要素を抱えた状態となるだけに、しっかりとしたチーム作りをしなければならない。 しかし、今シーズンは国内での大会にのみ集中できる状況。リーグ戦、そしてカップ戦に臨むため、神戸の戦力を持ってすれば戦えないことはない。主力が抜けたポジションの穴埋めは必至だが、代役となるべき選手がしっかりと結果を残せるかが順位に大きな影響を与えるだろう。 ◆超WS編集部イチオシ新戦力 MF井上潮音(23) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021vissel_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 編集部がイチオシしたい新戦力は、東京ヴェルディから加入したMF井上潮音だ。 東京Vの下部組織で育った井上は、2016年にトップチーム昇格。そのポテンシャルはトップクラスで、かつて指揮を執ったミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(今季から清水エスパルス監督)はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに例えたほどだ。 線の細さが当初はあったものの、徐々にたくましさを増し、3年目の2018シーズンからはレギュラーに。そのスタイルはメッシというよりは、イニエスタに近く、周りの選手との連動と細かなパスワークでゲームを組み立て、チャンスを作るタイプの選手だ。 バランス感覚に優れている井上は、神戸の中盤を支えるイニエスタの他、MF山口蛍、MFセルジ・サンペールとも相性は良いはず。周りを生かせる術を持っているだけに、高いレベルで揉まれることで、その才能を開花させてもらいたい選手だ。 序盤戦は前述の通りイニエスタが不在となるだけに、イニエスタ級のプレーが求められることになるだろう。その中で、どれだけ力を発揮できるのか。初のJ1の舞台で通用するポテンシャルはあるが、実際のプレーで見せられるかに注目だ。 ◆2021年期待のヒーロー MFアンドレス・イニエスタ(36) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021vissel_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 今シーズン期待するヒーローは、お約束でもあるがやはりMFアンドレス・イニエスタだろう。 昨シーズンのACLで負傷。検査の結果、右大腿直筋近位部腱断裂と診断され、全治は4カ月と言われている。そのまま日本には戻らず手術を実施。無事に終わったが、復帰はしばらく先となってしまう。 イニエスタ不在の間にどれだけチームが形を作り、勝利を収めることができるかは今シーズンのカギを握ることになるが、ケガから復帰したイニエスタのプレーはやはり神戸には欠かせないものとなる。 Jリーグファンならば誰もが魅了されてしまうイニエスタのプレー。まさに“ヒーロー”にふさわしい選手だが、キャリアも終盤に差し掛かっての大ケガから復活し、元の輝きを見せてくれることは誰でも期待してしまうだろう。 2021.02.20 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸がケニア代表FW獲得か? ヘンクや中国でプレーしたウインガー

ヴィッセル神戸が新たな外国人ストライカーを獲得することになるようだ。 ベルギー『Voetbalkrant』によると、ベルギーにルーツを持つケニア代表FWアユー・ティンベ・マシカ(28)が神戸に加入する予定とのことだ。 マシカは、ヘンクの下部組織で育ち、そのままファーストチームへ昇格。かつて川島永嗣が所属したリールセでもプレーをした。 その後中国に活躍の場を移し、北京人和、黒竜江火山鳴泉でプレー。2020年1月からはレディングへとレンタル移籍していた 。 しかし、シーズン終了後に北京人和へと戻ると、8月に退団。現在は無所属状態となっている。 左ウイングを主戦場とするマシカは、ジュピラー・プロ・リーグでは39試合で1ゴール4アシスト、プロキシマスリーグ(ベルギー2部)では42試合で13ゴール9アシストを記録。中国スーパーリーグでは26試合で9ゴール6アシスト、中国甲級リーグ(2部0)では29試合で10ゴール4アシストを記録していた。 また、ケニア代表としても18試合に出場し4ゴールを記録。昨年のアフリカ・ネーションズカップ予選にも出場していた。 2021.02.20 12:16 Sat
twitterfacebook
thumb

CB不足のC大阪が昨季まで神戸でプレーしたDFダンクレーを獲得「一つでも多くのタイトルを獲れる様に」

セレッソ大阪は16日、昨シーズンまでヴィッセル神戸でプレーしていたDFダンクレー(28)の加入を発表した。 ダンクレーは隔離期間終了後にチームへ合流するとのこと。背番号は未定となっている。 ダンクレーはプロデビューしたヴィトーリアやボタフォゴなどの母国クラブや、エストリルやRCランスなど欧州クラブでプレーした後、2019年2月にポルトガルのヴィトーリア・セトゥバウから神戸に完全移籍で加入した。 1年目の2019シーズンは主力センターバックとして明治安田生命J1リーグで29試合に出場。また、クラブ初の天皇杯優勝にも貢献した。2020シーズンはリーグ戦では20試合出場して3ゴールをマーク。クラブ公式戦通算では54試合3得点の数字を収めた。 C大阪はDFマテイ・ヨニッチ、DF木本恭生が退団。ブラジル人DFチアゴを獲得したものの、日本政府の入国制限のため合流できておらず。さらにDF鳥海晃司が全治3カ月の重傷を負うなど、CBが不足している状態だった。 ダンクレーはクラブを通じてコメントしている。 「まずは森島社長そしてチーム関係の皆様にこうして迎えていただき、セレッソ大阪に加入する事ができて嬉しく思います。チーム一丸となってチームの目標そして個人の目標に近づけるように、まずは一歩ずつ全力で戦っていきたいと思います」 「このような素晴らしい選手、スタッフ、サポーターの皆さんが揃っているセレッソ大阪なら目標を達成する事ができると信じています。一つでも多くのタイトルを獲れる様に頑張っていきましょう!」 2021.02.16 19:37 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly