2020シーズンに仙台でプレーしたアレクサンドレ・ゲデスが母国ファマリカンに完全移籍!

2021.01.08 23:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
2020シーズンにベガルタ仙台でプレーした元U-20ポルトガル代表FWアレクサンドレ・ゲデス(26)がポルトガルのプリメイラリーガに所属するファマリカンに完全移籍した。8日にファマリカンが発表した。ゲデスは、2020シーズン限りのレンタル移籍でヴィトーリア・ギマランイスから仙台に加入。明治安田生命J1リーグで26試合に出場し5ゴールを記録していた。

昨年11月末にポルトガル『O Jogo』が報じたところによれば、ゲデスのレンタル移籍には買い取りオプションがついていないため、2021年1月1日付けで仙台との契約が満了することになり、仙台はヴィトーリア・ギマランイスとレンタル期間の延長に関する交渉を行うとも伝えられていた。

しかし、ゲデスは今季ここまでリーグ戦15位に位置するファマリカンと2023-24シーズン終了までの3年半契約にサインし、母国復帰を果たすことになった。

なお、ゲデスはファマリカンの公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。

「僕は長い間、ファマリカンをフォローしていたんだ。ここには魅力的なプロジェクトがあり、自分のキャリアを前進させるための優れたクラブだと思っているよ」

「チームを昨シーズンの場所に戻すための献身とゴールを約束するよ」
コメント
関連ニュース
thumb

仙台が助っ人2名を補強!ガーナ人FWオッティ、202cmのセルビア人GKストイシッチの加入が内定

ベガルタ仙台は20日、ガーナ人FWエマヌエル・オッティ(24)とセルビア人GKネデリュコ・ストイシッチ(23)の加入内定を発表した。 両選手は日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受けている状況。入国可能になり次第来日し、メディカルチェックを経て、正式契約を結ぶ。 オッティは、ポルトガルのブラガの下部組織で育ち、デンマークのエスビャウやインドネシアのマドゥーラ・ユナイテッドでプレー。ポルトガルのヴィゼラからの加入となる。 一方のストイシッチは、202cmの長身GK。母国セルビアのBASKベオグラードから、ポルティモネンセU-23へと移籍。ポルティモネンセからの加入となる。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FWエマヌエル・オッティ 「偉大なクラブであるベガルタ仙台の一員になれることを幸せに思います。ファン、サポーターのみなさまを幸せにするために全力を尽くします。ともに成功を勝ち取りましょう。応援をよろしくお願いいたします」 ◆GKネデリュコ・ストイシッチ 「ベガルタ仙台の一員になれることをうれしく思います。選手、スタッフやファン、サポーターのみなさまとお会いできる日を心待ちにしております」 「今回の移籍は私自身にとって、大きな一歩です。1日も早くチームへ合流し、すばらしいシーズンにできるよう最善を尽くします。応援よろしくお願いいたします」 2021.01.20 14:46 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台が手倉森監督の教え子、長崎MF氣田亮真を完全移籍で獲得「僕の持っているすべての力を発揮したいと思います」

ベガルタ仙台は20日、V・ファーレン長崎に所属するMF氣田亮真(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ジェフユナイテッド千葉アカデミー出身の氣田は専修大学を経て2020年に長崎へ加入。スピードに乗ったドリブルを武器に明治安田生命J2リーグに32試合出場して4得点を挙げた。 来季から仙台で戦う氣田は両クラブの公式サイトで以下のようにコメントを残している。 ◆ベガルタ仙台 「V・ファーレン長崎から加入することとなった、氣田亮真です。ベガルタ仙台のために、僕の持っているすべての力を発揮したいと思います。ファン、サポーターのみなさまに多くの笑顔と感動をお届けします。期待してください。応援よろしくお願いします」 ◆V・ファーレン長崎 「この度、ベガルタ仙台に移籍することになりました。この移籍をするにあたって、『昇格にはお前が絶対に必要だから残ってくれ』と言い続けてくださり、そして最後には僕の人生の挑戦を認めてくださった社長、強化部には本当に感謝しています。また、お手本となるような素晴らしい選手やスタッフの方と戦えたことは僕の誇りです。年上年下関係なく、レベルの高い選手のプレーを見て、感じて、時にアドバイスをいただいて、サッカーを学ぶことができました」 「サッカーにおける個人戦術を細かく教えていただいたコーチングスタッフ、身体のコンディションやメンタルケアをしていただいたフィジカルスタッフ、連戦の中、怪我をしないように身体のケアをしていただいたトレーナーの、練習や試合の準備を完璧にしていただいたキット、その他クラブ関係者の皆さま、すべての人にとても感謝しています。大学生の時、長崎に来るか、他のチームに行くか本当に悩みました。その中で長崎なら成長できると思い、覚悟を決めプロのキャリアをスタートしました。『僕はプロでもできる』という最初は根拠のない自信でしたが、開幕戦での多くのサポーターの皆様の声援を聞いた時、これほど素晴らしく温かいサポーターがいるなら『僕はやれる』と確信しました」 「トラスタでの試合は本当に心強く、手拍子や歓声が僕の脚を動かし、もう一度仕掛けに行く気持ちにさせてくれました。コロナ禍という難しいシーズンに、僕自身、怪我やコンディションの問題、実力不足などで試合に出られないこともありましたが、サポーターの皆さまからの応援やインスタグラムでのコメントを見て、ブレることなく努力を続けることができました。ファン・サポーターの皆さまにとても感謝しています」 「この移籍は僕のわがままかもしれません。ただ自分のサッカー人生を考えた時に今、J1で勝負したいと思いました。プレースタイル同様、迷うことなく挑みに行きます。困難な道が待っていると思いますが、日本のサッカー界、そして世界のサッカー界に『氣田亮真』という存在を見せつけたい、という思いが強くあります。その挑戦をこれまで同様、応援していただけると嬉しいです。今年このチームに残ることよりも大きい恩返しをいつか必ずしたいと思っています。僕のサッカー人生を懸けて戦いに行きます。1年間ありがとうございました。長崎が大好きです。行ってきます」 「2020:魅了する、2021:衝撃を与える」 2021.01.20 14:38 Wed
twitterfacebook
thumb

「お詫びと決意をお伝えしたい」仙台が岐阜と契約更新のDF長倉颯を完全移籍で獲得

ベガルタ仙台は16日、FC岐阜のDF長倉颯(24)が完全移籍で加入することを発表した。 長倉は横浜F・マリノスの下部組織出身で、ユースから法政大学へと進学。2019年に岐阜に入団していた。 岐阜では2シーズンを過ごし、プロ1年目の2019シーズンは明治安田J2で8試合、プロ2年目の2020シーズンは明治安田J3で3試合の出場に終わっていた。 長倉は8日に岐阜との契約を更新することが発表されていたが、仙台への電撃移籍となった。長倉はクラブを通じてコメントしている。 ◆ベガルタ仙台 「はじめまして。FC岐阜から加入することとなりました、長倉颯です。コロナ禍ではありますが、1日でも早くチームに貢献し、ユアスタで勝利の喜びをファン、サポーターのみなさまと分かち合えるよう、日々精進します。応援よろしくお願いいたします」 ◆FC岐阜 「FC岐阜の宮田社長をはじめ、チーム関係者、そして支えて下さっているファン・サポーターの皆様にお詫びと決意をお伝えしたいと思います」 「2021年シーズンを共に岐阜で闘うことを一度は決めて契約更新をさせて頂きましたが、今回ベガルタ仙台からお話しを頂き、そのステージで挑戦したいという思いが強く、今回誠に勝手ながらFC岐阜から離れる事を決断致しました。J2昇格に貢献出来なかった事に悔いが残っていますが、今後のFC岐阜の活躍を心より祈っております。2年間、応援本当に有難うございました」 2021.01.16 10:10 Sat
twitterfacebook
thumb

手倉森誠監督再任の仙台が新体制発表! マルティノスら新戦力の背番号は…?

ベガルタ仙台は15日、2021シーズンのトップチーム体制を発表した。 昨季の明治安田生命J1リーグ17位からの巻き返しを期す仙台は新シーズンから手倉森誠監督を再招へい。チームトップ10ゴールのFW長沢駿やMF椎橋慧也らが相次いで退団した一方で、新卒4選手を含めた8選手を獲得した。 浦和レッズから加入のFWマルティノスは「20」となり、横浜FCから加わった皆川佑介は「19」に決定。名古屋グランパスから入団のMF秋山陽介は「2」に決まり、ジュビロ磐田からレンタルのMF上原力也は「6」を背負う。 なお、既存選手だと、プロ2年のGK小畑裕馬が「1」に変更。MF中原彰吾も新た「18」を着用する。 選手背番号一覧 GK 1.小畑裕馬※背番号変更 21.井岡海都←仙台大学/新加入 27.ヤクブ・スウォビィク DF 4.蜂須賀孝治 5.アピアタウィア久←流通経済大学/新加入 13.平岡康裕 16.吉野恭平 23.シマオ・マテ 25.真瀬拓海←阪南大学/新加入 31.照山颯人 MF 2.秋山陽介←名古屋グランパス/完全 6.上原力也←ジュビロ磐田/期限付き 7.関口訓充 8.松下佳貴 9.イサック・クエンカ 14.石原崇兆 17.富田晋伍 18.中原彰吾※背番号変更 26.加藤千尋←流通経済大学/新加入 28.佐々木匠 30.田中渉 FW 11.赤崎秀平 19.皆川佑介←横浜FC/完全 20.マルティノス←浦和レッズ/完全 監督 手倉森誠 2021.01.15 15:50 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台が長身FW皆川佑介を横浜FCから完全移籍で獲得

ベガルタ仙台は15日、横浜FCの元日本代表FW皆川佑介(29)が完全移籍することを発表した。 皆川は前橋育英高校から中央大学を経て、2014年にサンフレッチェ広島に入団。2018年にはロアッソ熊本への期限付き移籍を経験すると、2019年途中から横浜FCでプレーしていた。 横浜FCでは、明治安田J2を戦っていた2019シーズンに16試合に出場し1得点を記録。2020シーズンは明治安田J1で29試合に出場し3得点を記録していた。 皆川はクラブを通じてコメントしている。 ◆ベガルタ仙台 「このたび、ベガルタ仙台に加入することとなりました、皆川佑介です。チームの勝利に貢献し、仙台を盛り上げられるようにがんばります。熱い応援をよろしくお願いいたします」 ◆横浜FC 「この度、ベガルタ仙台に完全移籍することを決めました。2019シーズンの夏に僕を必要としてくださり、サポーターの皆様と一緒にJ1へ昇格できたことは僕にとって最高の思い出です」 「また、横浜FCには偉大な先輩方も多く、この素晴らしい環境の中でチームの一員としてプレーできて幸せでした。1年半、たくさんの応援やサポート本当にありがとうございました」 2021.01.15 10:10 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly