「何してんだお前?」レゴを楽しむディバラを眺める秋田犬の表情がシュール過ぎる

2021.01.08 16:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの愛犬である、秋田犬のカイアくんの可愛さが反響を呼んでいる。

ディバラは7日、自身のインスタグラム(paulodybala)を更新。組み立てブロック玩具『LEGO』に興じている1枚の写真をアップした。


◆ユーベの“宝石” パウロ・ディバラのスーパープレー集(カイアくんは記事下部)

これまでにも、『LEGO』を楽しむ姿を見せてきたディバラだったが、今回はその隣に佇むカイアくんの表情がシュールだと話題になっている。

カイアくんは真剣な眼差しで説明書を見ながら『LEGO』を組み立てるディバラに対し、「いったい何してるんだ?」と言わんばかりの表情を見せていた。

2020年4月にディバラが新型コロナウイルスに感染し、自粛生活が続く中で飼い始めたカイアくん。当時からその可愛さでSNS上では人気を博していたが、その可愛さは今も変わらぬようだ。



関連ニュース
thumb

市長選に立候補と噂されたマルキジオが完全否定で憤り「くだらないことに対応しなければならない」

かつてユベントスでプレーしていたクラウディオ・マルキジオ氏(35)が、自身にまつわる噂を否定した。 マルキジオは、ユベントスの下部組織で育ち、エンポリへのレンタル移籍を経験もユベントスで長らくプレー。キャリアの最後はゼニトでプレーしたが、2019年10月に現役を引退していた。 イタリア代表としても55試合に出場し5ゴールを決めているマルキジオ。最近では、一部報道で自身が生まれ育ったトリノの市長選に立候補する準備ができていると報じられていた。 しかし、この噂についてマルキジオは自身のツイッターで完全に否定している。 「僕が信じられないのは、このくだらないことに対応しなければならないということだ」 「政治は深刻なことだ。だから真剣になってもらいたい」 政治家に転身するという根も葉もない噂に対して憤りを隠さなかったマルキジオ。出馬すれば大きな支持を得られそうではあるが、その道に進む気はないようだ。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Quello che trovo incredibile è che debba anche rispondere a queste assurdità.<br>La politica è una cosa seria.<br>Allora per favore facciamo i seri.<a href="https://twitter.com/hashtag/Torino?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Torino</a> <a href="https://t.co/GpgAuOtZyv">pic.twitter.com/GpgAuOtZyv</a></p>&mdash; Claudio Marchisio (@ClaMarchisio8) <a href="https://twitter.com/ClaMarchisio8/status/1367570669022642190?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.05 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

故障者多しユーベ、ベンタンクールも新型コロナ感染で戦線離脱

ユベントスは4日、ウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクールの新型コロナウイルス陽性を公表した。 ベンタンクールの感染はクラブが実施したプロトコルに遵守する検査で発覚。選手は現時点で無症状であり、すでに自宅隔離措置に努めているという。 今月1日にチームスタッフ1名の陽性判定も明らかにしたユベントスは活動継続に必要なプロトコルについて、地元保健当局の指示を仰いでいる模様だ。 FWアルバロ・モラタが戦列復帰したユベントスだが、先日にDFマタイス・デ・リフトが新たに負傷離脱するなど、主力に故障者が相次いでいる。 離脱組に加わったベンタンクールは今季、公式戦33試合の出場で3アシストを記録。2日に行われたセリエA第25節のスペツィア戦もフル出場していた。 なお、これを追って報じたイタリア『スカイ』によると、感染により、6日に行われるセリエA第26節のラツィオ戦、9日に予定するチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのポルト戦欠場が決定的とみられる。 2021.03.05 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

このぐらい朝飯前!?ピルロがいつも通りの涼しい顔で叩き込んだ衝撃のブレ球30ヤード弾/2014-15【スーパーゴール図鑑/ユベントス編】

【得点者プロフィール】 アンドレア・ピルロ(当時35歳) 国籍:イタリア 所属:ユベントス ポジション:MF 身長:177cm ブレシアでプロキャリアをスタートさせたピルロ氏は、ミランで頭角を現し、世界屈指のMFとしての評価を得る。2011年にユベントスに移籍した後もチームを数々のタイトルに導いた。今シーズンからは監督として同クラブを率いている。 【試合詳細】 日程:2015年2月20日 大会:セリエA第24節 対戦相手:アタランタ 時間:前半45分(1-1) <div id="cws_ad">◆涼しい顔で叩き込んだ衝撃のゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI5WlFyaEtiZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1-1と同点で迎えた45分、アタランタ陣内中央辺りの位置でボールを持ったピルロは、そこから豪快なロングシュートを放つ。無回転気味のボールはブレながらゴール右上に突き刺さり、見事な勝ち越しゴールとなった。 衝撃のスーパーロングシュートを決めたピルロだったが、本人はいつも通りの涼しい顔のまま。味方にもみくちゃにされながらも冷静な表情で帰陣した。 ピルロのゴールで勝ち越したユベントスは、そのまま2-1で試合に勝利している。 <span data-sg-movie-id="889" data-sg-movie-title="【衝撃のブレ球30ヤード弾!】ピルロが涼しい顔で叩き込んだ超絶ゴール"></span> 2021.03.04 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ワンダーゴールでレアルを粉砕!デル・ピエロが完璧なコースに決めた美しいロングシュート/2008-09【スーパーゴール図鑑/ユベントス編】

【得点者プロフィール】 アレッサンドロ・デル・ピエロ(当時33歳) 国籍:イタリア 所属:ユベントス ポジション:FW 身長:173cm デル・ピエロ氏は、現役時代ユベントスの背番号「10」として長らく活躍し、公式戦通算706試合で290ゴール69アシストを記録。この数字はユベントスの中でどちらも歴代最多であり、名実ともにクラブの象徴的存在としてクラブを支えたレジェンドだ。 【試合詳細】 日程:2008年10月21日 大会:チャンピオンズリーグ グループステージ 対戦相手:レアル・マドリー 時間:前半5分(0-0) <div id="cws_ad">◆デル・ピエロが完璧なロングシュートでマドリーを粉砕<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxVWJLRENtdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ホームにマドリーを迎えて行われたこの試合では、開始早々にデル・ピエロが魅せる。 0-0で迎えた5分、DFから前線への楔のパスを受けたデル・ピエロはこれをダイレクトで最前線のFWアマウリにフリック。そのままスペースへ走り込み、キレイなワンツーを決めると、そのままボックスのかなり手前から豪快なロングシュートを放つ。スピード、コースともにパーフェクトなボールに、名GKイケル・カシージャスもほとんど反応できずに、素晴らしい先制ゴールとなった。 試合はデル・ピエロのゴールで先制したユベントスが2-1で勝利し、スター軍団が集まるマドリーを撃破。勝ち点3を手にしている。 <span data-sg-movie-id="888" data-sg-movie-title="【ワンダーゴールでレアルを粉砕!】デル・ピエロが完璧なコースに決めた美しいロングシュート"></span> 2021.03.04 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ブッフォン、2023年まで現役続行希望も今季限りの引退も否定せず

ユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが今後のキャリアについて言及した。イギリス『ガーディアン』に語っている。 1月に43歳となったブッフォン。今季で契約の切れるユベントスではGKヴォイチェフ・シュチェスニーの控えGKの立場となっているが、出場した際には衰えを感じさせないパフォーマンスを発揮し、今季ここまで公式戦10試合に出場している。 そのブッフォンは自身の引き際について次のように述べた。 「自分のイメージでは最長で2023年6月までプレーできると思っている。ただ、4カ月後に現役を退く可能性も否定はできない。私の年齢になると、急に衰えが襲ってくると言われている。今の自分にはそのような予兆はないけどね」 2021.03.04 01:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly