浦和退団のMFエヴェルトンがポルティモネンセに加入「日本での2年間の経験は非常に素晴らしかった」

2021.01.08 09:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルティモネンセは7日、浦和レッズでプレーしたMFエヴェルトン(28)をポルトからレンタル移籍で獲得したことを発表した。

エヴェルトンは、2018年7月にポルトからのレンタル移籍でポルティモネンセに加入。2019年1月には浦和へとレンタル移籍で加入していた。

Jリーグで2シーズンを戦ったエヴェルトンは、J1通算51試合に出場し4得点、リーグカップで2試合に出場し1得点を記録していた。

エヴェルトンは「日本での2年間の経験は非常に素晴らしく、異なるサッカー、トランジションがあり、選手、人として成長した」とコメントしている。

なお、ポルティモネンセには浦和で共にプレーしたDFマウリシオ、FWファブリシオも所属しており、浦和の助っ人トリオが揃うこととなった。

また、同日にリオ・アヴェのFWブルーノ・モレイラ(33)を完全移籍で獲得したことも発表している。

コメント
関連ニュース
thumb

安西や権田の助言も…ポルティモネンセ加入のGK中村航輔が入団会見で意気込みを語る

柏レイソルからポルティモネンセに完全移籍したGK中村航輔(25)が、入団会見に臨んだ。 中村は柏レイソルの下部組織出身で、2015年に武者修行に出たアビスパ福岡で好パフォーマンスを披露。その後柏に復帰すると正守護神となり、日本代表にも選出されていた。 2020シーズンはケガの影響もあり出場機会は限られていたが、この度ポルティモネンセへと完全移籍することが決まった。 入団会見に臨んだ中村は移籍を決めた理由について問われると、「ポルティモネンセが早くから私のことを獲得したいとオファーをいただいて、その情熱と、ポルティモネンセというクラブは日本でも有名なクラブですので、そこで決めました」とコメントし、チームからの情熱を感じたことを挙げた。 ポルティモネンセには日本代表DF安西幸輝が所属。また、シーズン途中まで日本代表GK権田修一(清水エスパルス)が在籍したほか、過去には日本代表MF中島翔哉(ポルト)や元日本代表FW金崎夢生(サガン鳥栖)、2020シーズンはベガルタ仙台でプレーしたFW西村拓真(CSKAモスクワ)もプレーした経験がある。 チームメイトやチームを知る日本人がいる中でアドバイスをもらったかという質問には「安西にも連絡して、とても良いクラブだと言っていました。権田選手にも連絡して、たくさんのサポート、今後も何か聞きたいことがあれば聞いて欲しいと言ってくれました」とコメント。2人が後押しした影響もあるようだ。 また、2020シーズンまで浦和レッズでプレーしていたDFマウリシオ、MFエヴェルトン、FWファブリシオとJリーグを知る選手も多い状況。チームに合流してから感じたことについては、「素晴らしい監督とスタッフ、チームメイトが居る中で、良いクラブに来たなという印象を持っています」と、ポルティモネンセの良さをすでに感じていると明かした。 中村はここからポジションを争うこととなり、自身としては日本代表への復帰なども目標となってくる。ポルティモネンセに加入した上での目標について問われると「サムエルとリカルド(・フェレイラ)は本当にファンタスティックなプレーヤーで、それも事前に聞いていたし、練習でもサポートしてくれますし、本当に素晴らしい選手です。GKとして団結してチームの勝利に向かっていきたいです」とGKチームの一員としてチームの力になりたいと語った。 ポルティモネンセは現在プリメイラ・リーガで13試合を終えて勝ち点11で最下位。しかし、残留圏との勝ち点差は1とまだまだ巻き返せる状況だ。 2021.01.13 06:45 Wed
twitterfacebook
thumb

柏GK中村航輔がポルティモネンセに完全移籍! 日本代表DF安西幸輝とチームメイトに

柏レイソルは12日、GK中村航輔(25)がポルトガルのポルティモネンセへ完全移籍することを発表した。 中村は、柏の下部組織出身で日本代表にも選出されていた守護神。2015シーズンに期限付き移籍したアビスパ福岡で20試合に出場すると、そこでの高いパフォーマンスが評価され柏に復帰。2016年から正守護神を務めていた。 2019シーズンは正守護神として明治安田J2で41試合に出場し、チームのJ2優勝、J1昇格に大きく貢献。2020シーズンはJ1の舞台での活躍が期待された中、開幕前に右外側ハムストリング肉離れと診断。その後中断期間を挟むも、開幕から欠場が続くと、7月18日の第5節湘南ベルマーレ戦で復帰を果たす。 そこから10試合先発出場を果たしていた中村だったが、9月5日に行われた第14節の清水エスパルス戦で試合途中に腰を抑えて倒れこみ交代。以降ピッチに立つことはなくシーズンが終了していた。柏ではJ1通算89試合に出場、J2通算41試合に出場していた。 すでに中村はポルトガルにおり、入団会見に出席。チームのトレーニングにも参加している。 ポルティモネンセには日本代表GK権田修一が所属していたが、試合に絡むことができずに清水エスパルス減期限付き移籍で加入していた。また、日本代表DF安西幸輝が所属する他、昨シーズンまで浦和レッズでプレーしたDFマウリシオ、DFエヴェルトン、FWファブリシオも所属している。中村はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、ポルトガルのクラブに移籍することになりました。レイソルではジュニア時代から、本当に長い間、お世話になりました。チームメイト、監督やコーチ、スタッフの皆さん、サポーターの皆さんをはじめ、関わっていただいたすべての方々に感謝の思いでいっぱいです」 「自分はレイソルを離れることになりますが、柏レイソルがさらに強く、さらに輝くことを祈っています。自分も皆さんに良い報告ができるように新しいクラブで頑張ります。今まで本当にありがとうございました」 2021.01.13 00:40 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑のポルティモネンセ入りが接近…メディカルチェック後に延長OP付きの半年契約にサイン

MF本田圭佑のポルトガル移籍が間近に迫っている。ポルトガル『A Bola』が報じた。 本田は2020年2月にフィテッセからボタフォゴに加入。しかし、クラブでは約1年間の在籍期間にアルベルト・バレンティン、パウロ・アウトゥオリ、ブルーノ・ラザロニと3人の指揮官が解任されると、直近ではラモン・ディアス前監督(61)も体調不良からの復帰が見込めずに解任。大きな混乱に見舞われていた。 <dv id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxd3F3eUs2MyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> また、本田自身も今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで18試合に出場し2ゴールと、思うような活躍を見せられずにおり、12月31日には自身のツイッターで「ボタフォゴを離れます」と退団を明かしていた。 『A Bola』によると、本田はすでにポルトガルに到着しており、新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査を受けたとのこと。その後、メディカルチェックを受け、6カ月の契約を結ぶとのことだ。 なお、契約には2021-22シーズンも更新するオプションがつくとのことだ。 2021.01.05 20:32 Tue
twitterfacebook
thumb

柏GK中村航輔がポルティモネンセと2年半契約? 本田圭佑や元浦和MFエヴェルトンも獲得か

柏レイソルの日本代表GK中村航輔(25)がポルティモネンセに加入するようだ。ポルトガル『O JOGO』が報じた。 中村は、柏の下部組織出身で日本代表にも選出されていた守護神。2019シーズンは正守護神として明治安田J2で41試合に出場し、チームのJ2優勝、J1昇格に大きく貢献していた。 2020シーズンはJ1の舞台での活躍が期待された中、開幕前に右外側ハムストリング肉離れと診断。その後中断期間を挟むも、開幕から欠場が続くと、7月18日の第5節湘南ベルマーレ戦で復帰を果たす。 そこから10試合先発出場を果たしていた中村だったが、9月5日に行われた第14節の清水エスパルス戦で試合途中に腰を抑えて倒れこみ交代。以降ピッチに立つことはなくシーズンが終了していた。 その中村だが、海外からのオファーが届いているとのこと。行き先はポルティモネンセになるようだ。 ポルティモネンセに所属していた日本代表GK権田修一は、レンタル移籍で清水エスパルス入りが発表。レンタル料は100万ユーロ(約1億2500万円)であり、買い取りオプションを行使した場合は200万ユーロ(約2億5000万円)がポルティモネンセに入るという。 そのポルティモネンセは、権田の代わりに中村を獲得するようで、『O JOGO』は2年半の契約にサインしたとのこと。1週間程度でアルガルベに到着するとしている。 また、ボタフォゴからの退団を発表したMF本田圭佑(34)についてもポルティモネンセが獲得に動いており、問題が解決すれば数日以内に発表されるとしている。 なお、2020シーズン限りで浦和レッズを退団したMFエヴェルトン(28)も半年間のレンタル移籍でポルトから獲得する見込みとのことだ。 2021.01.01 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表GK権田修一の清水入りが決定!ポルティモネンセから期限付き移籍

清水エスパルスは25日、ポルティモネンセの日本代表GK権田修一(31)が期限付き移籍で加入することを発表した。契約期間は2021年1月2日から2022年1月1日までとなる。 権田はFC東京の下部組織で育ち、2007年にトップチーム昇格。当初は出場機会を得られなかったが、2009年にデビューするとJ1で34試合に出場。その後は正守護神としてチームを支えた。 2014年にはオーバートレーニング症候群を発症すると、2016年1月には実質的オーナーを務めている本田圭佑の誘いもありオーストリアのSVホルンへと期限付き移籍。その後FC東京に戻らずに契約解除。しかし、ヨーロッパで移籍先が見つからず、2017年にサガン鳥栖へと加入する。 鳥栖でも正守護神としてプレーすると、2019年1月にポルティモネンセへと完全移籍していた。 また、日本代表としても2010年から招集されており、2019年は11試合に出場。今年も10月と11月のヨーロッパ遠征で1試合ずつプレーした。 しかし、今シーズンは全く試合に絡めない状況が続いており、10月と11月の日本代表活動中に移籍の可能性を示唆。清水に加入することとなった。 権田はクラブを通じてコメントしている。 「清水エスパルスに関わる全ての皆様。2021年シーズンお世話になります、権田修一です。サッカー王国静岡の皆様に喜んでもらえる結果を残せるように、毎日の練習からエスパルスの勝利の為に取り組んでいこうと思います。よろしくお願いします」 2020.12.25 14:14 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly