前代未聞!三好康児の同僚FWがライバルクラブのユニフォームで登場、締め出し食らう

2021.01.07 12:11 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF三好康児も所属するアントワープのカメルーン代表FWディディエ・ランケル・ゼ(24)が驚きの行動に出た。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。

今シーズンはここまで公式戦わずか5試合の出場にとどまり、11月以降の試合ですべて招集外となっているランケル・ゼは、冬の移籍市場で、昨シーズンまでアントワープを率いたラースロー・ベレニ氏率いるパナシナイコスへの移籍を画策していた。

◆ライバル、レアルを粉砕するロマーリオの妙技「ラーボ・デ・バッカ」が炸裂!

そして、移籍を強行するための秘策として、6日のトレーニングに、なんとジュピラー・プロリーグのライバルであるアンデルレヒトのユニフォームを着用して訪れた。

当然、この行動はクラブの怒りを買い、ランケル・ゼはチーム施設への立ち入りを拒否され、ひと悶着を起こしていた。

ランケル・ゼは「簡単なことだ。ギリシャに行きたい。個人的に同意した。自分のキャリアで遊ぶことはできない」と語っているが、アントワープは2022年まで契約を結んでおり、フリーで放出することは望んでおらず、交渉はまとまっていない状況だ。

これまでにも、移籍を強行しようとした選手が練習をボイコットしたり、メディアに退団希望を明かすことはあったが、このやり方はランケル・ゼが初めてではないだろうか。

◆アンデルレヒトのユニフォームを着たランケル・ゼがスタッフとひと悶着


コメント
関連ニュース
thumb

日本代表MF三好康児が新型コロナウイルス感染

アントワープに所属する日本代表MF三好康児が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した。ベルギー『Gazet Van Antwerpen』が報じた。 報道によると、三好のほか、センターバックのDFジェレミ・ゲランも感染しているという。 すでにチームを離れており、トレーニングにも参加していないとのことだ。 その他、MFリオル・リファエロフやFWディウメルシ・ムボカニもケガのため20日のセルクル・ブルージュ戦を欠場していたとのことだ。 三好は今シーズンのジュピラー・プロ・リーグで15試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 2021.01.21 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

アントワープを電撃辞任のイバン・レコ監督が上海上港の新指揮官に就任!

上海上港は1日、新監督にクロアチア人指揮官イバン・レコ氏(42)が就任したことを発表した。 2020年シーズンの中国スーパーリーグを4位で終えた上海上港は、昨年12月31日に2018シーズンからチームを率いてきたヴィトール・ペレイラ前監督の退任を発表していた。 その後任として白羽の矢がたったレコ氏は、選手としては母国のハイドゥク・スプリトでプロデビューを飾ると、マラガやクラブ・ブルージュ、ロケレンなどでプレー。ハイドゥク・スプリトでは国内リーグを2度優勝し、クラブ・ブルージュとロケレンではベルギーカップで優勝するなど選手としても功績を残していた。 2014年に現役を引退すると、同年にベルギーのルーヴェンで指導者キャリアをスタート。その後、シント=トロイデンや古巣のクラブ・ブルージュ、UAEのアル・アインなどで指揮官を歴任。 昨夏からは日本代表MF三好康児の所属するアントワープの監督を務め、ここまで19試合を消化したジュピラー・プロ・リーグでは9勝4分け6敗の5位。また、初出場となったヨーロッパリーグ(EL)ではトッテナムから大金星を挙げるなど、優れた手腕を発揮しグループステージ突破に導いていた。 だが、上海上港からのオファーを受け、昨年12月29日にアントワープとの契約を解消していた。 2021.01.02 00:28 Sat
twitterfacebook
thumb

三好途中出場で日本人対決実現!森岡シャルルロワに逆転勝利のアントワープが暫定4位に浮上《ジュピラー・プロ・リーグ》

ジュピラー・プロ・リーグ第19節のアントワープvsシャルルロワが27日に行われ、2-1でアントワープが勝利した。アントワープのMF三好康児は57分からプレー、シャルルロワのMF森岡亮太はフル出場している。 前節4試合ぶりの白星を飾った7位アントワープ(勝ち点28)が、3連勝中の3位シャルルロワをホームに迎えた一戦。アントワープの三好は2試合連続のベンチスタート、シャルルロワの森岡は19試合連続の先発メンバー入りを果たした。 試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半開始早々だった。51分、右クロスをゴールエリア左て前のベラヒノがダイレクトで折り返すと、これがA・セックのオウンゴールを誘い、シャルルロワが先制した。 先手を取られたアントワープは、57分にアンポマーを下げて三好、68分にジョルダン・ルカクとレファエロフを下げてユクレロドとベナベンテを投入。すると73分、ハローンのパスでボックス左深くまで抜け出したユクレロドの折り返しをニアのベナベンテがワンタッチでゴールに流し込んだ。 試合を振り出しに戻したアントワープは、78分にもA・セックのロングフィードを相手DFのクリアミスを誘うと、ゴール前に抜け出したムボカニが飛び出したGKの脇を抜くワンタッチシュートでゴールネットを揺らし、逆転に成功した。 結局、試合はそのまま2-1でタイムアップ。交代選手の躍動で逆転勝利を飾ったアンチワープが暫定4位に浮上した。 2020.12.27 23:58 Sun
twitterfacebook
thumb

久保のビジャレアルと三好のアントワープはGS通過が確定!菅原、北川はEL決勝トーナメント進出なるか?

10日に、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ最終節が行われる。 ELでは、全48チームが4チームずつグループA~Lまでの12つのグループに分けられており、各グループの1位、2位クラブは決勝トーナメントへ進出。チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージで3位に終わった8チームと合わせ、32チームで優勝を争うこととなる。 <div id="cws_ad">◆久保建英がバルサのカンテラで放った輝き<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bmRuU1l5ZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今シーズンのELには、MF久保建英(ビジャレアル)、FW北川航也(ラピド・ウィーン)、DF菅原由勢(AZ)、MF三好康児(アントワープ)の4人の日本人選手が出場。すでに、グループIのビジャレアルは最終節を待たずして首位通過を決めている他、アントワープもグループJの首位に立っており、グループステージ突破を確定させている。 一方、グループBのラピド・ウィーンは現在3位。最終節ではホームでグループ2位のモルデと対戦し、1-0で勝つか、2点差以上をつけて勝った場合にグループステージを通過することができる。 また、現在グループFで3位につけるAZは、最終節でグループ最下位のリエカのホームに乗り込む。もう1試合は首位のナポリと2位のレアル・ソシエダの強豪同士が顔を合わせるが、AZが勝利を収めるか、引き分けてもソシエダが敗れた場合に決勝トーナメント進出が叶う。さらに、AZが勝利し、ナポリとソシエダが引き分けた場合、混戦のグループFを首位で突破することになる。 そして、ビジャレアルはホームでカラバフと対戦する予定だったが、カラバフのクラブ内でクラスターが発生したために試合が中止に。開催は未定となっている。なお、アントワープはアウェイでトッテナムと対戦する。 日本人選手4人は第5節でそれぞれ先発出場しており、命運がかかる最終節でも出番は訪れるはずだ。 ◆グループステージ通過(★は首位確定) グループA:★ローマ グループB:★アーセナル グループC:スラヴィアプラハ、レバークーゼン グループD:レンジャーズ、ベンフィカ グループE:グラナダ、PSV グループG:レスターシティ、ブラガ グループH:リール、ミラン グループI:★ビジャレアル グループJ:アントワープ、トッテナム グループK:★ディナモ・ザグレブ グループL:★ホッフェンハイム、ツルヴェナ・ズヴェズダ ◆決勝トーナメント進出の可能性有り グループA:クルージュ、ヤング・ボーイズ グループB:モルデ、ラピド・ウィーン グループF:AZ、ナポリ、レアル・ソシエダ グループI:マッカビ・テルアビブ、スィヴァススポル グループK:フェイエノールト、ヴォルフスベルガー 2020.12.10 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

三好康児がゴール、伊東純也がアシストの日本人対決はヘンクに軍配!7連勝で首位浮上《ジュピラー・プロ・リーグ》

6日、ジュピラー・プロ・リーグ第15節のヘンクvsアントワープが行われ、4-2でヘンクが勝利を収めた。 ヘンクの日本代表FW伊東純也とアントワープの日本代表MF三好康児がともに先発した試合は、アントワープが先手を取る。 開始3分、ディフェンスライン裏へのパスに反応した三好が右サイドからカットイン。そのまま左足を振り抜くと、ゴール右に決まる。 しかし、微妙な判定でオフサイドと一旦はなるものの、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入した結果、ゴールが認められることとなった。 先制を許したホームのヘンクだったが10分、ボックス内左に侵入した伊東がパスを受けると、これを後方から三好がチャージして止めに行く。伊東は倒れPKをアピールするも、ファウルとはならない。 伊東は16分、GKからのビルドアップを試みるアントワープのパスをカット。ボックス内に侵入しシュートを放つが枠を捉えられない。 それでも19分、右サイドのスペースにパスが出ると、ダニエル・ムニョスが猛然をオーバーラップ。ボックス右からグラウンダーのパス。これは中央のテオ・ボンゴンダに合わないものの、ファーサイドのポール・オヌアチュが蹴り込み、ヘンクが同点に追いつく。 さらに23分には左サイドのFKからゴール前にクロス。これをファーサイドでムニョスがヘディングで折り返すと、オヌアチュが押し込んでヘンクが逆転に成功する。 2-1でヘンクがリードして迎えた後半も、ホームのヘンクがペースを握る。50分には自陣からの高速カウンター。ロングスルーパスに伊東が抜け出すと、相手DFとの競り合いにも勝ちボックス内に侵入。そのままフィニッシュに行くが、シュートは枠を外れる。 それでも59分、相手GKからのビルドアップのパスをカットしたボンゴンダがそのままシュート。これ決まり3-1とリードを2点とする。 72分には伊東のスルーパスに抜け出した本込んだがネットを揺らすが、これはオフサイドの判定で取り消し。77分には味方との連携からブライアン・ヘイネンの落としを伊東がシュートもGKがセーブする。 防戦が続いたアントワープは83分、ボックス左からジョルダン・ルカクが上げたクロスを、ディウメルシ・ムボカニがヘッド。これが決まり再び1点差に。 それでもヘンクは88分にカウンターから再び伊東が抜け出すと、並走していたシリル・デセルスへパス。デセルスはGKもかわしシュート。これが決まり4-2。ヘンクが勝利し7連勝で首位に浮上した。 ヘンク 4-2 アントワープ 【ヘンク】 ポール・オヌアチュ(前19、前23) テオ・ボンゴンダ(後14) シリル・デセルス(後43) 【アントワープ】 三好康児(前3) ディウメルシ・ムボカニ(後38) 2020.12.07 11:26 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly