北九州がMF斧澤隼輝と契約更新「感謝の気持ちをピッチで恩返ししたい」

2021.01.06 19:11 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ギラヴァンツ北九州は6日、MF斧澤隼輝(22)と2021シーズンの契約を更新したことを発表した。

セレッソ大阪の下部組織出身の斧澤は高校在籍時に新設されたU-23チームでJ3デビューし、2017年にトップチームへ加入。ルヴァンカップでプロデビューを果たした。

しかし、その後はトップチームでの出場機会に恵まれず、2020年に北九州へ移籍。明治安田生命J2リーグで10試合に出場した。

「今年も素晴らしいファンサポーターの皆さんの下でプレーする機会を頂き感謝しています。一歩ずつ確実にこの気持ちを皆さんにお返しできる様にピッチに込めていきたいと思っています。応援宜しくお願いします」

関連ニュース
thumb

今季甲府に加入のDF金井貢史が琉球へ完全移籍で獲得「ギラギラしてプレーをしたい」

FC琉球は28日、ヴァンフォーレ甲府のDF金井貢史(31)を完全移籍で獲得することを発表した。背番号は「35」をつける。 金井は横浜F・マリノスの下部組織出身。トップチーム昇格後は、サガン鳥栖、ジェフユナイテッド千葉、名古屋グランパス、清水エスパルスとクラブを渡り歩き、今シーズンから甲府でプレーしていた。 これまでJ1通算167試合17得点、J2通算42試合5得点を記録。甲府では明治安田生命J2リーグで7試合、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。 樋口靖洋監督とは、2012年に横浜FMで共に仕事をしている。 金井は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC琉球 「みなさん、こんにちは。ヴァンフォーレ甲府から来ました金井貢史です。チームの目標達成の為に僕自身の力を振り絞っていきたいと思います」 「僕は今、試合にとても飢えています。ギラギラしてプレーをしたいと思います。皆様に一日でも早く認めてもらえるように日々精進していきたいと思います」 「しっかりと自分自身の存在をピッチで証明します。楽しみにしていてください!”貢史”と呼んでいただきたいですし、熱い応援、期待しています!よろしくお願いします」 ◆ヴァンフォーレ甲府 「この度FC琉球へ移籍することになりました。強い覚悟をもち移籍してきましたが、なかなかチームへ貢献出来ず、自分自身の力不足で大変申し訳なく思っております。いちサッカー人としてもっと上手くなりたい、強くなりたいと思う僕の思いを尊重をしてくれたチームの方々には感謝しております」 「FC琉球で大暴れして皆様のもとへNSK(なぜそこに金井)という言葉を届けていきたいと思います。半年間でしたが本当にありがとうございました」 2021.07.28 18:11 Wed
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す琉球が浦和MF武田英寿を育成型期限付き移籍で獲得、東京五輪代表のトレーニングパートナーにも

FC琉球は28日、浦和レッズのMF武田英寿(19)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2021年12月31日までとなり、今シーズンの浦和との公式戦には出場できない。背番号は「37」をつける。 武田はベガルタ仙台ジュニアから青森山田中学校に進学。そのまま青森山田高校に進学し、第97回全国高等学校サッカー選手権大会では、優勝に貢献すると共に、個人としても優秀選手に輝いた。 2020年に浦和に入団すると明治安田生命J1リーグで3試合に出場。YBCルヴァンカップで4試合に出場していた。 今シーズンもシーズン前は出場機会が増えるとみられ、ここまで明治安田J1で8試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場。しかし、徐々に出番が減り、直近の試合では出場機会がなかった。 また、U-18日本代表、日本高校選抜にも選出。東京オリンピックに臨むU-24日本代表のトレーニングパートナーにも選出されていた。 武田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC琉球 「このたび、期限付き移籍で加入することとなりました、武田英寿です。FC琉球のJ1昇格に貢献できるように全力でがんばりたいと思います。FC琉球のファン・サポーターのみなさんにスタジアムでお会いできるのを楽しみにしております」 ◆浦和レッズ 「このたび、FC琉球に期限付き移籍することとなりました。浦和レッズに加入してから新型コロナウィルスの影響で、満員の埼玉スタジアムでプレーすることができなかったことが、本当に残念です。1年半の期間、チームスタッフや、優しい先輩、ファン・サポーターのみなさんに支えられながらプレーすることができました。素晴らしい環境の中で、プロサッカー選手として様々なことを学ぶことができましたが、プレー面でまだまだ足らないと感じていました」 「埼スタのピッチで自分を表現できるようにしっかりとFC琉球で成長してきたいと思います。FC琉球で試合に出場し、チームの勝利に貢献するための結果を出してきます。そして、浦和レッズのエンブレムをつけて、満員の埼スタのピッチでゴールを決めて躍動する姿をみなさんに見せられるように、がんばってきます。熱く素晴らしいファン・サポーターのみなさんと一緒に、ゴールと勝利が喜べるのを楽しみにしています」 2021.07.28 18:02 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島がコーチ2人の退任を発表、ギリェルメ氏はザーゴ監督の下へ

鹿島アントラーズは27日、トップチームの熊谷浩二コーチ、ギリェルメ フィジカルコーチの退任を発表した。 熊谷コーチは、三本木農業高校から1994年に鹿島へ入団。2004年にベガルタ仙台へと移籍し、2005年に現役引退。引退後は鹿島へ戻り、強化部のスカウトやユースコーチ、ユース監督を務め、2019年はスカウトを務め、2020年1月からコーチに就任していた。 ギリェルメ フィジカルコーチも2020年1月に鹿島に加入。アントニオ・カルロス・ザーゴ監督とともに就任した。 なお、クラブの発表によると熊谷コーチは本人からの申し出があり、双方合意の下での契約解除となったとのことだ。 また、ギリェルメ フィジカルコーチは、ボリビアのクルブ・ボリバウからオファーを受け、契約解除後に就任するとのこと。クルブ・ボリバウは14日にザーゴ監督の就任を発表しており、再びザーゴ監督とタッグを組むこととなる。 2021.07.27 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖の18歳FW二田理央がオーストリア2部のヴァッカー・インスブルックへ期限付き移籍、日本人MF財前淳も所属

サガン鳥栖は27日、FW二田理央(18)がオーストリアのヴァッカー・インスブルック へ期限付き移籍することを発表した。 なお、二田はU-23チームに加入することとなる。期限付き移籍期間は2021年7月15日から2022年6月30日までとなり、すでにチームのトレーニングに合流しているとのことだ。 二田は大分県出身で、鳥栖のU-18に在籍し、今シーズンは6月に2種登録。6月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節の横浜F・マリノス戦でデビューし、6月30日にプロ契約を結んでいた。その後、7月1日から練習参加していたとのことだ。 二田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、オーストリアのFC Wacker Innsbruckへ期限付き移籍することになりました。サガン鳥栖ではたくさんのことを経験させてもらい、選手としても人間としても成長をさせてもらいました。そうして学んだ全てを生かして頑張ってきます」 「これまで自分に携わってくださった全ての方々への感謝の気持ちを忘れずに、サッカーを楽しみたいと思います。オーストリアという新たな環境で更に成長できるよう、全力を尽くします」 ヴァッカー・インスブルックはオーストリア2部に所属するクラブ。U-23チームは3部に所属している。 これまでオーストリア・ブンデスリーガで10度の優勝を誇っているが、ここ2シーズンは2部で戦っている。 チームには日本人MFの財前淳(22)が所属。財前は京都サンガF.C.のU-18出身で、トップチーム昇格は叶わなかったものの、練習参加していたヴァッカー・インスブルックに加入した。財前はここまでオーストリア・ブンデスリーガ2部で78試合に出場し19ゴール12アシストを記録していた。 2021.07.27 17:12 Tue
twitterfacebook
thumb

山口の高卒3年目、起海斗が福井ユナイテッドFCに武者修行

レノファ山口FCは27日、DF起海斗(20)が北信越フットボールリーグ1部の福井ユナイテッドFCに期限付き移籍で加わると発表した。2022年1月31日までとなる。 起は興国高校から2019年に入団。ルーキーイヤーから出番がなく、プロ3年目の今季を迎えたが、引き続き出場機会がなかった。 シーズン途中で出場機会を求め、新天地行きを決断した起は山口の公式サイトを通じて、成長した姿での復帰を誓った。 「約2年半ありがとうございました。良い経験して帰ってきます。これからも応援よろしくお願いします!」 2021.07.27 09:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly