金沢が愛媛FW丹羽詩温を完全移籍で獲得、4シーズンレギュラーとしてプレー

2021.01.06 10:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ツエーゲン金沢は6日、愛媛FCのFW丹羽詩温(26)が完全移籍で加入することを発表した。

丹羽は大阪桐蔭高校から明治大学へ進学し、2017年に愛媛へ入団。1年目からレギュラーとしてプレーすると、4シーズンで明治安田J2通算138試合に出場し19得点を記録。天皇杯で4試合に出場し1得点を記録していた。

2020シーズンも明治安田J2で42試合に出場し6得点を記録していた。

丹羽は両クラブを通じてコメントしていた。

◆ツエーゲン金沢
「初めまして、愛媛FCから来ました丹羽詩温です。このチームでプレーできることにワクワクしています!ツエーゲン金沢と共に成長し、更に上のチーム、選手になれるように頑張ります!今シーズン、熱く戦いましょう!これからよろしくお願いします!」

◆愛媛FC
「この度、ツエーゲン金沢でプレーすることを決断しました。大学を卒業して、愛媛に来て出会った方々、この4年間で経験したことは僕の一生の財産です。苦しい時がほとんどだったと思いますが、どんな時も一緒に戦ってくださったサポーターの皆様、支援していただいたスポンサーの皆様、ありがとうございました」

「大学の時に、声をかけていただいた児玉さんを初め、この4年間で出会った監督、コーチ、トレーナー、チームメイト、事務所のスタッフ、そして、愛媛の街で美味しいご飯を食べさせていただいた飲食店の皆様、髪を切ってくださった美容院の皆様、僕に関わってくださった全ての方々への感謝の気持ちでいっぱいです」

「この4年間でその気持ちを結果に残すことが出来ないまま、愛媛を離れる決断をしましたが、僕の愛媛愛に変わりはありません。愛媛FCでの経験と、皆様への感謝の気持ちをエネルギーにこれからも頑張っていくので、少しでも気にかけていただけたら嬉しいです。4年間、本当にありがとうございました」


関連ニュース
thumb

金沢のGK石井綾がカズの同僚に! 鈴鹿ポイントゲッターズへ期限付き移籍

ツエーゲン金沢は12日、GK石井綾(28)がJFLの鈴鹿ポイントゲッターズへと期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなり、金沢との公式戦には出場できない。 愛知県出身の石井は、名古屋グランパスの下部組織で育ち、U-15、U-18と昇格。その後、中京大学へと進学し、2015年にはFC岐阜の特別指定選手に。2016年に水戸ホーリーホックに入団した。 1年目は出番がなく、2年目の2017年にアスルクラロ沼津へと期限付き移籍。J3で13試合、天皇杯で2試合に出場すると、2018年は福島ユナイテッドFCへと期限付き移籍し、J3で6試合に出場した。 2019年はFC琉球へと期限付き移籍し、J2で12試合、天皇杯で1試合に出場。水戸では出番がないまま、2020年に金沢へと完全移籍した。 金沢では2シーズン在籍し、J2通算6試合。2021シーズンは出番がなかった。 石井は両クラブを通じてコメントしている。 ◆鈴鹿ポイントゲッターズ 「鈴鹿ポイントゲッターズに関わる全ての皆様、ツエーゲン金沢から加入することになりました石井綾です。自分を必要としてくれたクラブに感謝するとともに、プレーや普段の行動、そして結果で恩返しできたらと思います」 「今シーズン、クラブの目標を達成できるよう全力を尽くします。応援よろしくお願いします」 ◆ツエーゲン金沢 「あけましておめでとうございます。JFLの鈴鹿ポイントゲッターズに移籍することにしました。良い時も悪い時も支えになってくれたファン、サポーターの方々や支援してくれたスポンサー、そしてパートナー企業の皆様には本当に感謝しています」 「特に昨年は悪い時の方が多く、叱咤激励の言葉が本当に自分の支えになりました。GKコーチのりょうじさんとの出会いは自分を成長させてくれましたし、プレーヤーとしての幅を広げることができました」 「また、怪我もしてメディカルスタッフの方々にも大変お世話になりました。この2年間で金沢の街が大好きになり、大好きな仲間やチームのために戦えたことは僕の誇りです。2年間本当にありがとうございました」 鈴鹿は11日に元日本代表で日本サッカー界のレジェンドであるFW三浦知良(54)を横浜FCから期限付き移籍で獲得。Jリーグ昇格を目指すこととなる。 2022.01.12 15:18 Wed
twitterfacebook
thumb

金沢の選手1名が新型コロナ陽性…クラブ内に濃厚接触者はなし

ツエーゲン金沢は12日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は11日に陽性判定を受けたとのこと。クラブ内には濃厚接触者はいないという。 なお、選手はチーム活動に参加しておらず、自宅静養中とのこと。この2週間以内にクラブハウスへは立ち入っていないとのことだ。 また、その他のトップチーム選手やスタッフはチーム活動前に抗原定性検査を実施。全員が陰性とのことだ。 2022.01.12 12:18 Wed
twitterfacebook
thumb

金沢MF島津頼盛がJFLのFCティアモ枚方へ期限付き移籍、昨季途中からは鹿児島でプレー「大阪からもう一度再出発」

ツエーゲン金沢は8日、MF島津頼盛(22)がJFLのFCティアモ枚方へ期限付き移籍することを発表した。 移籍期間は2023年1月31日までとなり、金沢との公式戦には出場できない。 島津はセレッソ大阪の下部組織出身で、U-15から興國高校へと進学。2018年に金沢へと入団した。 金沢では3シーズン半を過ごし、2020シーズンは明治安田生命J2リーグで36試合に出場し9得点を記録。しかし、2021シーズンは5試合に出場すると、シーズン途中から鹿児島ユナイテッドFCへと期限付き移籍。明治安田生命J3リーグで8試合に出場し1得点を記録していた。 島津はFCティアモ枚方を通じて「この度、ツエーゲン金沢から期限付き移籍することになりました。島津頼盛です。出身地でもある大阪を本拠地としているFCティアモ枚方に加入できたことを光栄に思います!大阪からもう一度再出発するために少しでも早くチームの勝利に貢献します!応援よろしくお願いします」と地元での活躍を誓った。 また金沢を通じては「2022シーズンはFCティアモ枚方でプレーすることに決めました。今以上に成長した姿を見せられるように頑張ります!応援よろしくお願いします!」と成長に意気込みを見せた。 半年間を過ごした鹿児島を通じては「シーズン途中の加入でしたが、温かく迎え入れていただき、ありがとうございました。来シーズンは違うチームになりますが、もっともっと成長できるように頑張ります!本当にありがとうございました!」と感謝を綴っている。 2022.01.08 11:28 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟、渡邊泰基の復帰を発表! 2020年夏から金沢に1年半レンタル

アルビレックス新潟は7日、DF渡邊泰基(22)の復帰決定を発表した。 渡邊は新潟の下部組織出身で、2018年に前橋育英高校を経由してトップチーム入り。初年度から出場機会を掴んだが、2020年に出番なしの状況が続くと、同年7月からツエーゲン金沢にレンタル移籍した。 昨季もその金沢でプレーすると、明治安田生命J2リーグ37試合に出場して2ゴールをマーク。新潟に満を持して復帰となる渡邊は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「ツエーゲン金沢での経験を活かし、J1昇格の力になりたいという強い思いから、アルビレックス新潟に復帰する決断をしました。自分の居場所は新潟であり、このクラブで勝負する覚悟です」 「一年半ぶりに、アルビレックス新潟でプレーさせていただけることへの感謝を胸に、ファン・サポーターの皆様と共に、最高の景色が見られるように頑張ります。今シーズンも、温かい応援をよろしくお願いいたします」 ◆ツエーゲン金沢 「1年半ツエーゲン金沢でプレーさせていただきありがとうございました。新潟で試合に絡めず、苦しんでいた僕にチャンスをくれたのがツエーゲン金沢でした。結果で恩返しがしたかったのですが最後まで厳しいシーズンになってしまい、自分の力不足を痛感しました」 「そのような中でも背中を押してくれたファン・サポーターの皆様のおかげで最後まで走り切ることができました。本当にありがとうございました」 「この経験を必ず次に活かし、成長した姿を金沢の皆様に見せられるように頑張ります。この素晴らしいクラブでJ初ゴールやJ2通算100試合を達成できたことを誇りに思っています。1年半の温かい応援に心から感謝しています。本当にありがとうございました」 2022.01.07 12:13 Fri
twitterfacebook
thumb

金沢のMF田路耀介が四国LのFC徳島へ期限付き移籍「全てを出し切ります」

ツエーゲン金沢は6日、MF田路耀介(20)が四国サッカーリーグのFC徳島へ期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなり、金沢との公式戦には出場できない。 田路はセレッソ大阪の下部組織出身で、U-15から興國高校へと進学。2020年に金沢へ入団した。 金沢での2年間では公式戦の出番はなし。四国サッカーリーグで武者修行する。 田路は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC徳島 「ツエーゲン金沢から来ました田路耀介です。JFL昇格に向けて僕の全てを出し切ります」 「チームの力になれるように、勝利に貢献できるように頑張ります!応援よろしくお願いします」 ◆ツエーゲン金沢 「ツエーゲン金沢のサポーターの皆様、2年間本当にありがとうございました。チームの力になれない自分がすごく情けなく悔しいです」 「ツエーゲン金沢の一員として闘えたことを誇りに思います。必ず成長してきます!!」 2022.01.06 18:34 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly