大分が岡山で40試合出場したGKポープ・ウィリアムを川崎Fから完全移籍で獲得「完全体のポープ・ウィリアムです」

2020.12.28 15:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
大分トリニータは28日、川崎フロンターレからGKポープ・ウィリアム(26)が完全移籍で加入することを発表した。

ポープは、東京ヴェルディの下部組織出身で、2013年にトップチーム昇格。その後、FC岐阜への期限付き移籍を経て、2017年に川崎Fへ期限付き移籍。2018年に完全移籍で加入した。

2019シーズンは大分に期限付き移籍、今シーズンはファジアーノ岡山へと期限付き移籍を経験。今シーズンは明治安田J2で40試合に出場していた。

ポープはクラブを通じてコメントしています。

◆大分トリニータ
「初めまして。川崎フロンターレから完全移籍でやってきました、完全体のポープ・ウィリアムです。初めての土地で分からないことばかりですが、何か大丈夫な気がします」

「日本で一番キツい練習ができると聞いてやってきました。ご飯もすごく美味しいと聞いています。温泉もたくさんあるって聞いています。すごく楽しみです。頑張ります」

◆川崎フロンターレ
「圧倒的優勝おめでとうございます。このたび、大分トリニータに完全移籍することになりました。川崎にいた2年間が僕を変えてくれるきっかけになりました。一流の選手達から学べたことが本当にたくさんありました。フロンターレの選手として等々力のピッチに立つことはできなかったですけど、来シーズンは対戦相手として等々力のピッチに立てるように、毎日頑張っていきます。ありがとうございました」

◆ファジアーノ岡山
「岡山に来て本当に成長させてもらいました。正直なところ、皆さんの声援を背にもっと戦いたかったです。開幕戦の雰囲気は今でも忘れません。コロナ禍にもかかわらずスタジアムに足を運んでいただき、ありがとうございました」

「この1年で岡山という街が大好きになりました。また必ず遊びに行きます。街で見かけたら気軽に声をかけてください。皆さんの期待に応えるシーズンにできなかったのが、唯一の心残りです。引き続きファジアーノ岡山へのご声援をよろしくお願いします。僕のことも少しだけ気にしてもらえると嬉しいです。皆さんのところまで活躍が届くよう精一杯頑張ります。本当に1年間ありがとうございました」


関連ニュース
thumb

新潟、大分から期限付き移籍中のFW髙澤優也の満了を発表

アルビレックス新潟は4日、大分トリニータから加入していたFW髙澤優也(24)の期限付き移籍期間の満了を発表した。 流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学し、2019年に当時明治安田生命J3リーグに所属していたザスパクサツ群馬に入団した髙澤。ルーキーながらリーグ戦27試合に出場し17得点を記録し、翌年に大分へと完全移籍した。 大分では1年半でリーグ戦39試合に出場して6ゴールを挙げ、今年の8月に新潟へ期限付き移籍で加入。公式戦12試合に出場し1得点を記録した。 新潟を退団することが決まった髙澤はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、アルビレックス新潟を離れることになりました」 「とても強い志と気持ちを持って新潟に来ましたが、目標を達成できず、監督、スタッフ、チームメイト、そしてアルビレックス新潟を応援してくださるすべての方々に、申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「なかなか結果が出せていない中でも、諦めずに応援してくれたサポーターの皆様、本当にありがとうございました」 「来年はアルビレックス新潟のサッカーを思い切り表現して、クラブの目標を達成してくれることを心から祈っています!」 「半年間という短い間でしたが、アルビレックス新潟というチームでプレーできたことを心から誇りに思います。そして、新潟が大好きです! アイシテルニイガタ!!」 2021.12.04 16:27 Sat
twitterfacebook
thumb

大分指揮官退任の片野坂監督の強い味方、「浅田飴」が絆を示す!「トリニータ、片野坂監督を応援し続けます!」

大分トリニータは26日、片野坂知宏監督(50)の退任を発表した。 2016年に大分の指揮官に就任した片野坂監督。当時J3を戦っていた大分だったが、1年目でJ3優勝を果たすと2年目からはJ2を戦い、2018年にJ2で2位となりJ1に復帰。2019年からはJ1で戦っていたが、2021シーズンは2節を残してJ2降格が決定していた。 6シーズンにわたって大分を指揮した片野坂監督。試合中にはピッチサイドで熱く指示を送る姿も話題となり、喉が枯れてしまうことから、「浅田飴」ののど飴を愛用していた。 そのことが「浅田飴」に知られることとなり、正式にサポートする関係に発展。その「浅田飴」が公式ツイッターで片野坂監督退任に反応。今後も応援を続けるとした。 「どんな場所であってもトリニータ、片野坂監督を応援し続けます!」 「そしてサッカーを愛する皆さまののどをサポートできましたら幸いです」 トリニータは片野坂監督にしたパッケージの「のど飴」を販売する関係性。今シーズンはJ2降格の憂き目にあったが、天皇杯は準決勝まで勝ち残っており、最後にタイトルを獲得できるかに注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】「浅田飴」が退任する片野坂監督へのサポート継続を表明</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">どんな場所であってもトリニータ、片野坂監督を応援し続けます!<br>そしてサッカーを愛する皆さまののどをサポートできましたら幸いです <a href="https://t.co/QlpTPG0NmT">https://t.co/QlpTPG0NmT</a></p>&mdash; 浅田飴【公式】 (@seki_koe_nodo) <a href="https://twitter.com/seki_koe_nodo/status/1463684559187234821?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.26 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

J2降格の大分、J3からJ1に導いた片野坂知宏監督が今季退任 「大変辛く悔しくて残念」

大分トリニータは26日、片野坂知宏監督(50)の今季退任を発表した。 片野坂監督は2004年に大分の強化部を務めた後、同クラブのU-15やガンバ大阪やサンフレッチェ広島でコーチを歴任。2014年からG大阪でヘッドコーチを務めてから、2016年に大分監督に就任した。 当時の大分は明治安田生命J3リーグにまで落ち込む状況だったが、初年度からいきなりの優勝を成し遂げ、J2復帰に先導。2018年にはJ2リーグ2位フィニッシュを果たして、6年ぶりのJ1復帰に導いた。 GKを含めた丁寧なビルドアップで相手のプレスを引き込みながら繰り出す“擬似カウンター”とも呼ばれる戦術はJ1リーグの舞台でも機能。2019年に9位、2020年に11位とチームを中位に押し上げた。 だが、今季はオフシーズンに主力の流失も相次ぎ、低迷。ここまでJ1リーグ最少の26得点という攻撃面も足かせとなり、36試合終了時点で7勝8分け21敗の18位に沈み、2試合を残して降格が決定した。 準決勝まで勝ち残る天皇杯終了までチームの指揮を執る片野坂監督は退任決定を受け、クラブを通じて長文のコメントを掲載。悔しさを露わにしつつ、思い出やファンに対する感謝、そして最後まで全力を誓った。 「いつも大分トリニータへのご支援ご声援ありがとうございます。私事ではありますが今シーズンをもって大分トリニータを退任する事になりました。このような形でトリニータを離れるのは大変辛く悔しくて残念でしかありません」 「しかしJ2降格という結果は大変重く感じており、この決断に至りました。これまで本当にたくさんの応援やサポートが大変大きな力となりました。ありがとうございました。またこれまで私と共に闘ってくれた選手やスタッフにも感謝致します。重ねて本当にありがとうございました。トリニータでの6年間は本当に楽しく幸せでした」 「1番の思い出はJ3優勝です。それがあったからこそ、ここまで来られたと思っています。あの時の感動と喜びは生涯忘れません。トリニータで監督をスタートした事、クラブと共に成長できた事、皆様と一緒に各カテゴリーで闘えた事、全ての事が私の誇りです」 「大好きな大分、大好きなトリニータ、大好きなサポーターを決して忘れません。これからの大分県の発展そして大分トリニータの進化を陰ながら応援し活躍を楽しみにしております。本当に6年間ありがとうございました」 「それと残りのリーグ戦並びに天皇杯を選手と共に最大値を出して皆様と喜び合えるように最後まで全力で頑張ります! 最後まで応援、サポートよろしくお願い致します。またこれからも大分トリニータへのご支援ご声援どうかよろしくお願い致します」 2021.11.26 15:57 Fri
twitterfacebook
thumb

金沢で8シーズンプレーしたDF作田裕次が現役引退「一生の財産であり誇り」

ツエーゲン金沢は26日、DF作田裕次(34)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 作田は石川県出身で、星稜高校から筑波大学へと進学し、2010年に水戸ホーリーホックへ入団。2011年に大分トリニータへと移籍すると、2013年にモンテディオ山形でプレーし、2014年に金沢へと加入した。 金沢ではJ3時代から8シーズン在籍。J2で158試合出場8得点、J3で33試合出場2得点だった。 通算ではJ2で249試合12得点、J3で33試合2得点。今シーズンはここまで2試合の出場に終わっていた。 作田はクラブを通じてコメントしている。 「2021シーズン限りで現役を引退する事を決めました」 「水戸ホーリーホックから始まり、大分トリニータ、モンテディオ山形、ツエーゲン金沢に在籍させていただきました」 「お世話になったクラブ関係者の皆様、パートナー企業の皆様、ファンサポーターの皆様、練習や試合後に話しかけてくれた皆様、沢山の人の支えがあったからここまで頑張る事ができました」 「勝った時も負けた時も、『また応援にいくよ!』『次も期待してる!』という声にどれだけ背中を押されたかわかりません」 「プロサッカー選手として、応援してくれる人の夢や想いを背負ってプレーするのは最高に価値があり本当に幸せな時間でした」 「これは私の一生の財産であり誇りです。本当にありがとうございました!」 「また私の地元クラブであるツエーゲン金沢では在籍8年でJ3優勝、J2昇格、クラブハウス完成、練習場の整備、残留争いなどクラブの様々な変化がありました」 「ここ数年は出場機会が減りなかなかチームの力になれませんでした」 「ですがスタジアムには必ずと言っていい程、後援会の方々やお世話になった方、友人が駆けつけてくれて。。よく行く銭湯でも店員さんや常連さん、全く知らない人にまで『よかったね!』『残念だったね』と沢山話しかけてもらえて。。本当に嬉しかったし日々の活力になってました。感謝しかないです。ありがとうございました!」 「最後になりますが、サッカー選手になるまでに育てていただいた松南SSS、松任中学校、星稜高校、筑波大学の関係者の皆様、プロアマそれぞれのチームで切磋琢磨した先輩方や同期の仲間達、後輩達、私に関わる全ての人が私をここまで成長させてくれました」 「正直こんなにも長くプレーできるとは思ってなかったです。最高に充実したサッカー人生でした。本当にありがとうございました」 2021.11.26 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

藤枝DF那須川将大が現役引退「6つの土地での出会いが私にとって何よりの宝物」

藤枝MYFCは25日、DF那須川将大(34)の現役引退を発表した。 那須川は北海道出身で、青森山田高校から中京大学へと進学。2009年に東京ヴェルディへと入団した。 ルーキーながらJ2で23試合に出場。左サイドバックとしてレギュラーポジションを掴んだが、2年目はクラブの財政難の影響で栃木SCへと期限付き移籍し14試合に出場しプロ初ゴールを記録。2011年に完全移籍すると27試合に出場し3得点を記録した。 2012年には徳島ヴォルティスへ完全移籍。その後、松本山雅FC、大分トリニータを経て、2019年に松本へと復帰。2019年7月から藤枝でプレーしていた。 通算成績はJ1で22試合出場、J2で151試合8得点、J3で39試合出場、リーグカップで12試合出場、天皇杯で9試合1得点を記録した。 那須川はクラブを通じてコメントしている。 「2021シーズンをもちまして現役を引退することを決断しました。小学生の時サッカーを始め、富岸ジュニアキッカーズ、緑陽中学校、青森山田高校、中京大学と、それぞれの場所で素晴らしい指導者やチームメイトに出会い、プロの道に進む事が出来ました」 「東京ヴェルディ、栃木SC、徳島ヴォルティス、松本山雅FC、大分トリニータ、藤枝MYFCの6チームで13年間プレーしてきました。どこの土地に住んでも必ず優しく親切な方との出会いがあり、本当にたくさんの方々に応援、サポートしていただきました。6つの土地での出会いが私にとって何よりの宝物です」 「これまで現役を続ける事が出来たのも皆様のおかげです。私に関わってくださった全ての方々に心から感謝しております。本当にありがとうございました」 「これからも今までの感謝の気持ちを胸に、また新たな目標に向かって成長し続けていきたいと思います。今シーズンも残り2試合となりました。最後まで全力でプレーします!」 2021.11.25 12:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly