元日本代表DF太田宏介が名古屋から豪1部のパース・グローリーへ完全移籍「ACLの舞台で会いましょう!!」

2020.12.17 15:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスは17日、元日本代表DF太田宏介(33)がオーストラリアのパース・グローリーへ完全移籍することを発表した。太田は麻布大附属渕野辺高校から2006年に横浜FCへ入団。2009年に清水エスパルスへ移籍すると、2012年にFC東京へと完全移籍。2015年途中にはエールディビジのフィテッセへと移籍すると、2019年途中から名古屋でプレーしている。


名古屋では1シーズン半で明治安田生命J1リーグ21試合に出場。リーグカップでも4試合でプレーしていた。

パース・グローリーは、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場。FC東京と同じグループFに所属していたが、グループステージで敗退していた。

自身2度目の海外移籍となる太田はクラブを通じてコメントしている。

「このたび、オーストラリアのパースグローリーFCへ移籍することになりました。一年半という在籍でしたが、僕のキャリアにおいてまた一つ成長させてもらった、かけがえのない日々でした」

「この決断を後押ししてくれた小西社長、監督をはじめ、グランパス関係者の皆様に改めて感謝を申し上げます」


「このチームで培った経験を糧にオーストラリアでも自分らしく、楽しむことを忘れず、プレーしていきたいと思います。たくさんの応援、本当にありがとうございました!!ACLの舞台で会いましょう!!」

今オフにはJリーグからAリーグへ移籍する選手が多く、横浜F・マリノスのMF直起(20)がメルボルン・シティFCへ期限付き移籍、北海道コンサドーレ札幌からFW檀崎竜孔(20)、サンフレッチェ広島の元日本代表FW工藤壮人(30)はブリスベン・ロアーへ移籍していた。
関連ニュース
thumb

G大阪での新型コロナ感染者発生で名古屋vsG大阪が中止

Jリーグは3日、明治安田生命J1リーグ第11節の名古屋グランパスvsガンバ大阪の一戦を中止とすることを発表した。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する影響で前倒しで行われる予定だったこのカード。しかし、3日に新型コロナウイルス感染症の検査で、ガンバ大阪の選手4名・スタッフ1名に対する陽性判定、および選手1名・スタッフ1名のJリーグの基準による濃厚接触疑い者が発生していた。 Jリーグは試合開催に関して協議を進めた結果、同一クラブにおいて複数名の陽性者および濃厚接触疑い者が発生したことから、昨今の社会情勢に鑑み、感染拡大防止の観点から、試合開催を中止することを決定した。 なお、代替日については決定次第発表される。 2021.03.03 17:28 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第11節:名古屋vsG大阪】開幕戦明暗の昨季3位と2位が激突!

【明治安田生命J1リーグ第11節】 2021年3月3日(水) 19:00キックオフ 名古屋グランパス(5位/3pt) vs ガンバ大阪(15位/0pt) [豊田スタジアム] ◆本拠地開幕戦も白星なるか【名古屋グランパス】 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1k287s13599bn1j5mg948zji5o" async></script></div> 昨季3位と2位の両雄がACL参戦に伴い、前倒しで相対する一戦。5年ぶりのJ1参戦となる福岡のホームに乗り込み、2-1の白星を掴み取った名古屋が神戸に0-1で敗れ、黒星スタートを切ったG大阪をホーム開幕戦で迎え撃つ構図となる。 名古屋からすれば、G大阪は昨季の直接対決で1分け1敗に終わり、2位争いで後塵を拝した相手。11年ぶりのリーグ優勝を目指す今季も上位争いのライバルとして立ちはだかってきそうなだけに、直接対決で上回っていきたいところだ。 そんな名古屋は開幕ゲームで福岡を1点差で退けたが、内容面で見ればスコア以上に試合を支配。今季初の公式戦ということもあり、完璧でないにせよ、昨季からの成熟度や新戦力のフィット感を確認する面でも手応えを掴めた戦だった。 先の福岡戦から中2日のG大阪戦に向けた注目ポイントの1つはターンオーバーの有無。とりわけ、阿部浩之が福岡戦でベンチ外になるなど、積極補強で厚みを増す攻撃陣の先発メンバーは気になる。万全を期して、本拠地開幕戦に挑みたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:マテウス、阿部浩之、齋藤学 FW:柿谷曜一朗 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆最適な人選を探りながら初勝利目指す【ガンバ大阪】 2位躍進の昨季からさらなる復権を睨み、今季から[4-3-3]の新システムで攻撃的な戦いを目指すG大阪だが、先の神戸戦も落として、FUJI XEROX SUPER CUP 2021の川崎F戦に続く黒星。公式戦連敗スタートで今節を迎える。 神戸戦は川崎F戦を負傷欠場した宇佐美貴史や昌子源を先発起用して臨んだが、ボールの奪いどころが定まらず、後手を踏んで神戸ペースに。前半の飲水タイム後から押し返したが、後半終盤に一本のロングフィードから守りを崩された。 今節はその一戦から中3日。キャンプ途中から合流した新戦力のフィット具合や最適解を探る段階にある人選など改善すべき点が多いが、宮本恒靖は少ない時間のなかでどこまで修正を施して今節に挑めるかがカギの1つになりそうだ。 レアンドロ・ペレイラ、チアゴ・アウベス、チュ・セジョンら新戦力の起用法も含め、新布陣を機能させる人選を模索しながら、名古屋のホームに乗り込むG大阪。いきなりのアウェイ連戦でもあるが、今季公式戦初勝利を手にできるか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、昌子源、藤春廣輝 MF:井手口陽介、山本悠樹、倉田秋 FW:小野瀬康介、パトリック、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 2021.03.03 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

マテウス2発の名古屋、福岡との昨季J1&J2最小失点対決を制す!【明治安田J1第1節】

明治安田生命J1リーグ開幕節の1試合が28日にベスト電器スタジアムで行われ、アウェイの名古屋グランパスが2-1でアビスパ福岡を下した。 5年ぶりのJ1リーグ参戦となる福岡は新戦力のブルーノ・メンデスと志知が先発入り。ブルーノ・メンデスはフアンマ・デルガドと2トップを形成した。一方、今オフの積極補強で11年ぶりのリーグ優勝に機運を高めた名古屋は新戦力から柿谷がトップ下で先発。木本、長澤、齋藤がベンチからスタートした。 昨季のJ2リーグ、J1リーグで最小失点を記録したチーム同士の試合は開始早々に動く。4分、左サイドの相馬が自身を追い越す動きで深くのスペースを目指したマテウスに展開すると、カルロス・グティエレスの股下にワンタッチでボールを潜らせ、ボックス左に侵攻。カバーリングに戻った重廣も冷静に交わして、左足シュートで相手GKの股下を射抜き、名古屋が幸先良く先制する。 マテウスの華麗な個人技であっさりと先取した名古屋はその後も危なげない戦いを披露。相手に攻め入られるシーンこそあるものの、連動した守りでピンチらしいピンチを許さず、攻撃に転じれば18分に山﨑、19分に相馬が追加点を目指す。結局、追加点こそ生まれなかったが、福岡の攻撃陣を1本のシュートで抑え込む盤石の戦いでハーフタイムを迎えた。 盛り返しを目指して後半の頭から石津と杉本の交代を施した福岡だが、名古屋が優勢の展開を続けるなか、追加点を奪い切る。55分、左サイドの吉田が右足で上げ、山崎が合わせにかかったボールがゴール前にこぼれると、カルロス・グティエレスがクリア。ボックス左でフリーのマテウスが中途半端なクリアボールを左足ダイレクトでゴール右に叩き込み、勝利をぐっとたぐり寄せる。 前半に続いて序盤に守りが乱れて、リードを広げられてしまった福岡は63分、今オフに電撃的な復帰を果たした金森のカードを切り、さらに反撃姿勢を打ち出すが、ハーフタイム明けからピッチに立った杉本が70分に負傷交代するアクシデント。すかさず田邊を送り込むが、74分にデビュー戦の齋藤と宮原のカードを切った名古屋が攻守に安定した戦いを続け、流れを掴んで離さない。 どこかで一矢報いたいものの、なかなかフィニッシュの形に持っていけない展開が続く福岡は78分にバイタルエリア右に仕掛けたエミル・サロモンソンが左足で最終ラインのスペースに陣取ったゴール前のブルーノ・メンデスに浮き球パスを供給。そのブルーノ・メンデスが頭で合わせていったが、惜しくも右ポストの外側を叩いて、ゴールとはならない。 それでも、福岡は81分に名古屋が前田と新加入の木本を入れ、試合を終わらせにかかった直後、ブルーノ・メンデスが前方に頭でボールを繋ぐと、金森が胸トラップで収めてゴール方向に。マークにつく吉田に左足でクリアされてしまったが、これがGKランゲラックの頭上を越してゴールマウスに吸い込まれ、オウンゴールで1点差に詰め寄った。 これで勢いづいた福岡はレジェンドの城後を送り込み、反撃ムードを高めたが、名古屋がこれ以上の反撃を許さず、2-1で勝利。マッシモ・フィッカデンティ監督体制3年目の今季を見事に白星スタートで切った。 アビスパ福岡 1-2 名古屋グランパス 【福岡】 OG(後37) 【名古屋】 マテウス(前4、後10) 2021.02.28 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|開幕節:福岡vs名古屋】堅守がベースの両者、攻撃陣の出来が結果のカギ

【明治安田生命J1リーグ開幕節】 2021年2月28日(日) 13:00キックオフ アビスパ福岡(昨季J2・2位) vs 名古屋グランパス(昨季3位) [ベスト電器スタジアム] 2021シーズンの明治安田生命Jリーグが開幕。開幕節のトリを務めるのは、昨シーズンの明治安田J2で2位となり5年ぶりのJ1復帰を果たしたアビスパ福岡と、昨季のJ1で3位となった名古屋グランパスの一戦だ。 ◆5年周期の悪いジンクス払拭へ【アビスパ福岡】 昨シーズンは常に昇格争いを繰り広げ続け、最終的には2位でシーズンを終えた福岡。長谷部茂利監督の就任1年目で結果を残し、5年ぶりにJ1の舞台へと戻ってきた。 その福岡は、残念ながらJ1に残留できないという悪いジンクスがある。5年周期でJ1に昇格しては1年で降格を繰り返してしまう状況。今シーズンも過去の例に則れば、降格の憂き目に遭ってしまう。 さらに、今シーズンは4チームが自動降格という厳しいレギュレーションであり、昇格組としてはかなり厳しいシーズンとなるだろう。しかし、その悪いジンクスを払拭するために、開幕戦でしっかりと結果を残す必要がある。 福岡は残留に向けてしっかりと戦力を補強。最終ラインから前線までJ1経験者を補強した。特に最終ラインは昨年も堅守を誇り、DFドウグラス・グローリ、DFカルロス・グティエレスの外国人CBコンビは強烈だ。J1でどこまで通用するかは楽しみなところだ。 開幕戦の相手は名古屋と全くもって簡単な相手ではない。長谷部監督は「第一戦から全力で挑んでいく。それを38回繰り返す」と語り、開幕戦から全力を尽くして戦うと意気込んだ。果たして堅守・名古屋の牙城を崩せるだろうか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:エミル・サロモンソン、ドウグラス・グローリ、カルロス・グティエレス、志知孝明 MF:金森健志、重廣卓也、前寛之、石津大介 FW:ブルーノ・メンデス、フアンマ・デルガド 監督:長谷部茂利 ◆2010年以来のリーグ制覇へ【名古屋グランパス】 昨シーズンは堅守をベースにしっかりと結果を残し、3位でフィニッシュ。マッシモ・フィッカデンティ体制で3年目を迎える今季は、やはりタイトルを目指して戦いたいところだ。 何と言っても的確な補強が目立つ。FW柿谷曜一朗はアイデアを与え、FW齋藤学はこれまでいるアタッカー陣とはまた異なるドリブルの力と経験がある。MF長澤和輝は攻守両面で躍動でき、中盤の要になる存在に。ルーキーでポジションを掴んでいたDF森下龍矢もチームを前進させるはずだ。 明らかに昨シーズンよりもスケールアップした名古屋。アジアでの戦いを見据えてということもあるが、しっかりとしたベースに新たな力が加わることは間違いない。 フィッカデンティ監督も「新しく加入した選手の感じはすごく良い」と語るように、すでにチームにフィットしている様子。「元々実力のある選手が来てくれた」と新戦力にも期待を懸けているようだ。 相手もしっかりとチームとして機能する福岡だが、ここで負けているわけにはいかない。しっかりと優勝という目標に向かうためにも、開幕戦でどのような化学反応を見せるか注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:森下龍矢、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:柿谷曜一朗 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2021.02.28 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋のFW大垣勇樹がラトビア1部のFK RFSへ完全移籍、昨季は岩手でプレー

名古屋グランパスは26日、FW大垣勇樹(20)がラトビアのFK RFSへ完全移籍することを発表した。 大垣は大阪府の興國高校から2018年に名古屋へと入団。2019年途中からはいわてグルージャ盛岡へと期限付き移籍していた。 名古屋ではリーグ戦の出場はなく、YBCルヴァンカップで3試合、天皇杯で1試合に出場していた。 岩手では1シーズン半の在籍で、明治安田J3通算33試合に出場し3得点を記録していた。 大垣はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、ラトビア1部リーグのFK RFSに移籍することになりました。特別指定選手の時から約2年半、名古屋グランパスの選手として、サッカーが出来たこと、凄い選手の方々に囲まれてサッカーが出来たことは僕にとってかけがえのない宝物です」 「名古屋グランパスという素晴らしいクラブでプロキャリアを始めることができて僕はとても幸せです。グランパスファミリーの方々に活躍している姿を見せられるように頑張ります。これからも応援してもらえると嬉しいです」 FK RFSは、ラトビアの首都であるリガに本拠地を置くクラブ。2020シーズンはラトビア1部のヴィルスリーガで2位と好成績を残していた。 かつてはMF瀬戸貴幸(アストラ/ルーマニア)やMF永松達郎(BFCダウガフピルス/ラトビア)ら日本人選手が所属したこともある。 2021.02.26 23:47 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly