母国クラブとの対戦となる横浜FMポステコグルー監督、ブレずに戦う「相手がどうであろうが自分たちのサッカーをする」

2020.12.03 22:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Y.F.M.
3日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループH最終節のシドニーfC(オーストラリア)戦を前に、横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が記者会見に出席した。

1日に行われた前節は全北現代モータース(韓国)を相手に4-1で快勝した横浜FM。この結果、クラブ史上初となるグループステージ突破が決定した。

グループ首位もほぼ決まっているものの、最終節の結果次第では2位になる可能性も残されている。

ポステコグルー監督はとしては母国クラブとの対戦となるが、「突破というところは決めたが、明日の試合は重要な試合になる」とコメント。「選手を使い分けながらやっていきたいと今大会は常に思っていたが、上海上港の試合でもメンバーを代えて臨んだ。その分、良い試合を続けていくことが大事であり、選手のフィットネスを考慮しながらやることが自分としては重要だ」と、全北現代戦からのメンバー入れ替えを示唆した。

また、シドニーFC戦について「明日の試合もいつもと変わらない重要な試合の1つ」とコメント。「良い試合をすること、自分たちの試合を見せていくことが大事。毎試合毎試合成長していくように選手に伝えているし、明日の試合もそういった部分を見せられればと思う」と語り、満足することなく、試合内容を改善していきたいと語った。

シドニーFCはグループステージ敗退が決定しているが、前節は上海上港を相手に0-4で快勝した。シドニーFCについては「シドニーは今大会良いパフォーマンスを続けていると思うし、チャンスをものにしていると思う」とコメント。「他のチームは攻撃的な選手に優れた選手がいると思うが、オーストラリアのサッカーも良いサッカーを見せてくれている。この結果、このレベルでも良い形で試合に臨んでいると思う」と母国クラブの闘いぶりを評価した。

上海上港戦の結果についても「前回の試合では良い結果を残し、自信にもなっていると思う。精神的にも良い部分で伸びていると思う」とタフな相手になっているとコメントした。

また「監督、選手も何人か知っている人がいる。彼らのキャラクターを知っているので、彼らが良い形で今大会に臨んでると思う。明日の試合が今から楽しみでたまらない」とし、母国クラブとの対戦が待ち遠しいようだ。

監督経験も長いポステコグルー監督だが、試合に向けてのアプローチについて問われコメント。時代に合わせて変化はしているものの、自身の芯にあるものは変わっていないと語った。

「自分は監督を始めて24年目。信念もあるし、やっていることはみなさんご存知の通り、攻撃的なサッカー、常にボールを握っているということを頭に入れて、いつも落とし込んで行こうとしている」

「世界の変化は常に行われると思っている。小さな変化あるが、大きな芯はブレずにやっている」

「隣にいるオナイウ阿道もそうだが、24歳ということで若い選手へのアプローチは1997年に24歳の選手と接した時とは全く違うと思う。その大きな違いというのは、今は携帯電話やSNSなどでコミュニケーションがあると思うし、コミュニケーションの変化という部分で、しっかり柔軟性を持ってやらなければいけない。重要になるのはコミュニケーションだと思っている」

「選手だけじゃなく、スタッフ、チームに関わる色々な方との連携、話していく、コミュニケーションが重要になる」

「世界が変化していく中で、自分が以前のようなやり方ではダメという部分もある。小さな変化は柔軟性を持ってやっていっていると思うし、軸をブレずにやり、それを続けていくつもりだ」

明日の試合についてのアプローチについても「アプローチという部分は変わらない。全北現代との試合でも、相手がどうであろうが自分たちのサッカーをする。ゴールを奪ってやっていくことは変わらない。明日も変わらずやっていきたいと思う」とコメントした。

また、「他の人がどう見ているかはわからないが、しっかり勝つ、ゴールを奪うということはブレずにやっていきたい」とスタンスを変えるつもりはないとコメント。「選手には言っているが、90分で特別な時間がやってくる。我々は常日頃努力をしているし、しっかりその戦いに向けて準備している」と準備はちゃんとできていると語った。

さらに「来週がどうとかではなく、その瞬間瞬間が大事になる。90分を無駄にせずにどう戦うか。悔いなくしっかり戦うことが大事だし、今大会でも同じ。ブレずにやっていきたい」とし、先のことを考えすぎず、目の前の試合にしっかり集中することが大事だと語った。

関連ニュース
thumb

中谷とシュヴィルツォクのゴールを守り切った名古屋、横浜FMを撃破!【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節、名古屋グランパスvs横浜F・マリノスが18日に豊田スタジアムで行われ、2-1で名古屋が勝利を収めた。 名古屋は直近の5試合で喫した失点はたったの1点。今季のリーグ戦でここまで18度のクリーンシートを記録しており、1995年に横浜マリノスがマークした記録に並んでいる。連勝とともに、リーグ新記録達成なるか。 一方の横浜FMは、ここまで28試合を消化してリーグ最多の63得点を挙げている。首位の川崎フロンターレとの勝ち点差をこれ以上広げられないためにも、圧倒的な攻撃力を活かして、残り10試合で1つでも多くの勝利を挙げたいところ。 12分、いきなり名古屋が先制に成功する。右のCKからのこぼれ球を押し込んだキム・ミンテのシュートが左ポストに跳ね返り、最後は中谷が詰めてゴールネットを揺らした。 その10分後には横浜FMに決定機。左サイドに流れたマルコス・ジュニオールがゴール前にクロスを上げると、前田が左足で合わせる。しかし、GKランゲラックに左手でセーブされてしまい、同点には至らなかった。 圧倒的なボール保持率を見せる横浜FMは、その後も攻め続ける。35分にはエウベルがボックス右から正確なクロスを上げて、レオ・セアラがボックス中央でヘディング。しかし、これはGKランゲラックの正面に飛んでしまい、またしてもゴールネットを揺らせず。リードを許して試合を折り返した。 後半に入って1分も立たないうちに名古屋に追加点。相手DFのコントロールミスに前田が反応してボールに触ると、セカンドボールを拾ったシュヴィルツォクがボックス中央にドリブルで侵入。GK高丘をかわし、冷静にゴールへと流し込んだ。 その後は前半と同じような構図に。横浜FMが名古屋を敵陣に押し込み続け、ポジションチェンジを駆使しつつ相手ゴールに何度も迫っていった。 すると、72分に1点を返す。右からのCKを代わって入った杉本がニアサイドでヘディング。上手くマークを外してフリーとなり、GKランゲラックの届かないところにシュートを叩き込んだ。 自陣に押し込まれ続けた名古屋は、76分にマテウスに代えてDFの木本を投入。システムを[5-4-1]にして、残り時間は割り切って守りを固めるプランを選択した。 結局、その後も約20分間攻め続けられたが、何とか耐え凌ぎ、2-1で横浜FMを下した。 名古屋グランパス 2-1 横浜F・マリノス 【名古屋】 中谷進之介(前12) シュヴィルツォク(後1) 【横浜FM】 杉本健勇(後27) 2021.09.18 20:59 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:名古屋vs横浜FM】無失点記録かかる名古屋、抜群の攻撃力誇る横浜FMとのホコタテ対決

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 19:00キックオフ 名古屋グランパス(4位/50pt) vs 横浜F・マリノス(2位/65pt) [豊田スタジアム] ◆19戦無失点なるか? 新エースにも注目【名古屋グランパス】 前節はホームに徳島ヴォルティスを迎えて3-0と快勝。3位のサガン鳥栖に勝ち点で並んでいる状況だ。 その名古屋は14日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の大邱FC戦をホームで戦い、4-2で勝利。2度先行される苦しい展開となったが、そのチームを救ったのが新ストライカーだった。 今夏加入したシュヴィルツォクは現役ポーランド代表FW。ユーロ2020にも出場した選手だが、チームへのフィットを徐々に果たすと、大邱FC戦では圧巻のゴールショー。個人の力で3ゴールを奪いきりハットトリックを達成し、チームのベスト8進出に貢献した。 今季の名古屋にとってのボトルネックだったのは得点力。堅守を売りとしながらも、得点が奪えずに負けることも多く、全く改善が見られなかったが、シュヴィルツォクの加入で改善を見せている。 Jリーグでは5試合で1得点とまだまだ力を見せていないが、ここからの躍動に期待。また、守備陣はここまで18試合をクリーンシート。今節も無失点で終えれば、対戦相手の横浜FMが持つJ1記録を塗り替えるだけに、勢いそのままに達成したいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、キム・ミンテ、吉田豊 MF:稲垣祥、長澤和輝 FW:マテウス、前田直輝、森下龍矢 FW:シュヴィルツォク 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆首位を追いかけるためには負けられない【横浜F・マリノス】 8月最後の試合で無敗を止められた横浜FMだが、前節はアウェイでのサンフレッチェ広島戦で1-3と勝利を収め、連敗を避けた。 現在2位。見た目上は首位の川崎フロンターレと勝ち点差1だが、消化試合が違うため「4」と考えた方が良い。最終節での直接対決があるが、このままでは逆転は不可能。自力での優勝はない状況だ。 しかし、ここにきて川崎Fは2つのタイトルを続けて逃すことが確定。チームとして取りこぼしがないとは言えず、横浜FMは勝ち続けてチャンスをうかがいたいところだ。 苦手の鹿島戦では鳴りを潜めた攻撃陣だが、前節は3得点と問題はない。名古屋の強力なFWを守備陣が押さえる必要はあるが、攻撃力なら一枚も二枚も上手。チームとして名古屋を攻略し、上位対決をしっかりと制したい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、レオ・セアラー、前田大然 監督:ケヴィン・マスカット 2021.09.18 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

「こんな飛び道具まで…」横浜FMレオ・セアラの弾丸FKにファン驚愕「9月の月間ベストゴール確定演出」

横浜F・マリノスのブラジル人FWレオ・セアラが強烈なFKをお見舞いした。 横浜FMは11日、明治安田生命J1リーグ第28節でサンフレッチェ広島と対戦。チームは前節、鹿島アントラーズ戦に敗れ、4連勝がストップするとともに、リーグ戦14試合ぶりの黒星を喫していた。 首位・川崎フロンターレを追走するためにも3ポイントが必須の一戦にはレオ・セアラも先発出場。8月は6ゴールを奪い、月間MVPにも輝いた俊英にこの日も期待がかかった。 立ち上がりに先制された横浜FMだったが、FW前田大然、DF實藤友紀のゴールで逆転に成功。2-1と、試合をひっくり返して迎えた60分、レオ・セアラに大きな見せ場がやってきた。 ゴール正面約30mの位置でFKを獲得すると、長めの助走から右足を一閃。強烈な弾丸ライナーをゴール右上の完璧なコースに突き刺さした。 目の覚めるようなスーパーゴールにはファンも驚愕。「ゴラッソ中のゴラッソ」、「こんな飛び道具を持っていたとは」、「9月の月間ベストゴール確定演出」などのコメントが寄せられた。 レオ・セアラの鮮やかな一撃を含めた3発で、3-1の勝利を収めた横浜FMは、川崎Fと1ポイント差に。終盤戦へと入っていくJ1。横浜FMの逆転優勝のためには、この男の活躍が不可欠だ。 <span class="paragraph-title">【動画】目の覚めるような横浜FMレオ・セアラの弾丸FK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> ゴール動画 <br> 明治安田生命J1リーグ 第28節<br> 広島vs横浜FM<br> 1-3<br> 60分<br>レオ セアラ(横浜FM)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A7%E5%BA%83%E5%B3%B6vs%E6%A8%AA%E6%B5%9C%EF%BC%A6%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノス</a><br>その他の動画はこちら<a href="https://t.co/JUEMOXLYeZ">https://t.co/JUEMOXLYeZ</a> <a href="https://t.co/BgWj1ZD4sD">pic.twitter.com/BgWj1ZD4sD</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1436663564027187206?ref_src=twsrc%5Etfw">September 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.12 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

レオ・セアラの目の覚めるようなFK! 横浜FMが敵地で広島に逆転勝利【明治安田J1第28節】

明治安田生命J1リーグ第28節、サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノスが11日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-3で横浜FMが勝利した。 10位の広島(勝ち点36)と2位の横浜FM(勝ち点62)の対戦。5日に延期されていたヴィッセル神戸戦に臨んだ広島は、後半序盤にハイネルの退場に見舞われながらも、何とかドローで逃げ切ることに成功した。しかし、ここ7試合の白星は前々節の大分トリニータ戦のみとなっており、なかなか不調の流れから抜け出せずにいる。 一方の横浜FMは代表ウィーク前の8月28日に行われた前節の鹿島アントラーズ戦で敗れ、4連勝がストップするとともに、リーグ戦14試合ぶりの黒星を喫した。これにより、一時2ポイント差に迫っていた川崎フロンターレとの差も再び4ポイントに広がってしまった。 互いに2試合ぶりの勝利を目指す中、中5日でスタメンを3人入れ替えた広島は、土肥が2試合ぶりの先発で今季リーグ戦4試合目の出場。すると開始早々の8分、その土肥が左サイドからアーリークロスを入れると、絶妙なタイミングで最終ラインから抜け出した東がボックス左からダイレクトで流し込みにかかる。これは右ポストに嫌われてしまうものの、セカンドボールに反応したドウグラス・ヴィエイラが押し込んで先制点を挙げた。 幸先の良いスタートを切った広島だったが、飲水タイムの手前に先制点の起点となった土肥がレオ・セアラと激しく衝突。これで脳震とうのような症状が出てしまい、続行不可能となってしまった土肥は悔し涙を溜めながらピッチを後に。代わりに松本が起用された。 仕切り直しとなった飲水タイム明け。横浜FMは敵陣右サイド中央でFKを得ると、ボックス手前の實藤へ繋ぎ、その落としをレオ・セアラがフィニッシュに持ち込むサインプレーを披露。一方の広島は28分に、佐々木のロングボールを受けたドウグラス・ヴィエイラが左サイドから相手の意表を突く右足アウトサイドのシュートをトライ。反応が遅れたGK高丘は掻き出すのに精一杯だった。 徐々に横浜FMがポゼッションを高めていく中、36分に左サイドでボールを持ったマルコス・ジュニオールがカットインからシュート。するとこれをゴール前の前田がコースを変えてゴールイン。好調前田の機転の利いたプレーでアウェイチームが同点に追いついた。 この失点でドタバタし始めた広島は、クロスボールに対応したGK大迫のパンチングミスがあわやオウンゴールかという危険なシーンも。その嫌な流れのまま前半アディショナルタイムを迎えると、横浜FMのCKのシーンで逆転を許す。 横浜FMはこれが3度目のCK。マルコス・ジュニオールが左から右足のインスイングクロスを入れると、實藤がDF荒木に掴まれ体勢を後ろに崩しながらも、右足バックヒールのような形で上手く合わせて見事にゴール。試合をひっくり返して前半を終えた。 後半立ち上がりはエゼキエウとドウグラス・ヴィエイラが立て続けにシュートを放った広島だが、流れを掴み切れないまま時間は経過していく。横浜FMも前半と変わらぬペース進める中、60分に前田が倒されてFKを獲得する。 場所はゴール正面29メートルの位置。ここからレオ・セアラが右足を振り抜くと、強烈な一発がゴール右上の完璧なコースに突き刺さった。 目の覚めるようなスーパーゴールでリードを広げた横浜FMは、この直後にエウベルを下げて仲川を投入。広島もエゼキエウと藤井を下げて、ジュニオール・サントスと浅野を送り込み、明確なメッセージを伝える。 追いかける広島はこの交代直後の67分、左サイドでボールを持ったドウグラス・ヴィエイラが右足で柔らかいクロスを送ると、右サイドから走り込んでいた柏がドンピシャのタイミングで合わせたが、シュートはGKの正面。75分にはD・ヴィエイラが粘って上げたクロスのこぼれ球を青山がシュート。しかし、今度はクロスバーに嫌われてしまった。 その後は4点目に迫る横浜FMに対し、広島は打つ手のない状況が続いたまま試合終了。広島は今季リーグ戦初の逆転負けを喫した。一方の横浜FMは2試合ぶりの勝利で川崎Fの喉元に食らいついている。 サンフレッチェ広島 1-3 横浜F・マリノス 広島】 ドウグラス・ヴィエイラ(前8) 【横浜FM】 前田大然(前36) 實藤友紀(前47) レオ・セアラ(後15) 2021.09.11 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:広島vs横浜FM】首位を追う横浜FMはリスタートなるか、最多ドローの広島は勝ち切ることができるか

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2021年9月11日(土) 19:00キックオフ サンフレッチェ広島(10位/36pt) vs 横浜F・マリノス(2位/62pt) [エディオンスタジアム広島] ◆勝ち切れないチームはどう戦う【サンフレッチェ広島】 中断前の試合はヴィッセル神戸相手に1-1のドロー。追いつかれての引き分けとなり、今季リーグ最多の12度目の引き分けとなった。 神戸戦ではFKで先制するも、GK大迫敬介の判断ミスにより失点。GKとしてやってはいけない中途半端なプレーで勝ち点2を逃した。 今シーズンの広島を象徴するかのような試合。12の引き分けは追いついたものや追いつかれたものがあるものの、ここ最近は追いつかれてのドローが続いている。 得点機を決め切れずに、相手に押し込まれて失点という悪い流れがシーズンを通して続いているが、今節対戦する横浜FM戦もアウェイゲームはドロー。2点差を追いつかれるという悪い流れでの引き分けだった。 チームとして集中力高く戦い続けられるか。圧倒的な攻撃力を誇る相手にしっかり戦いたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:柏好文、青山敏弘、松本泰志、東俊希 MF:エゼキエウ、柴崎晃誠 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督:城福浩 出場停止:ハイネル ◆完敗で中断期間へ、リスタートなるか【横浜F・マリノス】 13戦無敗で首位の川崎フロンターレに肉薄していた横浜FMだったが、中断前のリーグ戦では大の苦手とする鹿島アントラーズ相手に0-2と惨敗。自ら勝ち点を落とし再び自力優勝が消滅した。 苦手意識がどこまで影響したかは定かではないが、立ち上がりに連続失点。その後は鹿島に特徴であるサイド攻撃を完全に封じ込められ、何もできずに敗れ去った。 掲げるサッカーの噛み合わせの問題も当然あるが、自信を得て首位の背中を追ってきたチームにとって壁にぶち当たったことは事実。さらに、その鹿島戦で負傷したDF畠中槙之輔は全治6カ月と今季が終了する重傷と苦しみは重なる。 この2週間でチアゴ・マルチンスが復帰したことはプラス材料。残り11試合、最終節の川崎Fとの直接対決までには負けられない試合しかない。リスタートを上手く切れるのかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、和田たくや MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、レオ・セアラー、前田大然 監督:ケヴィン・マスカット 2021.09.11 16:44 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly