蔚山現代が4発快勝で首位通過、上海申花は3位でGS敗退《ACL2020》

2020.12.03 21:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
3日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループF最終節、上海申花(中国)vs蔚山現代(韓国)が行われ、1-4で蔚山が勝利を収めた。この結果、蔚山のグループ首位通過が決定した。勝ち点7でグループ3位につける上海申花と勝ち点13でグループ首位の蔚山の一戦。上海申花はFC東京と勝ち点で並んでいる状況であり、勝利して上回りたいところだった。


先手を奪いたい上海申花だったが、蔚山現代が出鼻を挫く。3分、イ・グノが縦パスを入れるとボックス手前中央でチョン・フンソンがダイレクトで叩く。これを受けたパク・チュニンがボックス外から右足一閃。ゴール右隅に鋭いシュートが決まり、蔚山現代が先制に成功する。

立ち上がりに1点のリードを奪われた上海申花だったが、さらに失点を重ねる。24分、中央をドリブルで持ち上がったイ・サンホンが右サイドのチョン・フンソンへ展開。これをダイレクトで前に送ると、走り込んだイ・サンホンがボックス内からシュートを沈め、リードを2点に広げる。

前半で2点のリードを得た蔚山現代。対する上海申花はこのままではグループステージで敗退となってしまうなか、後半に反撃に出る。

60分、敵陣右サイドでボール奪うと、後半から投入されたジョバンニ・モレーノがドリブルで持ち込みボックス内に侵入。そのままゴール付近まで持ち上がると、相手を引きつけ中央へパス。これを飛び込んだビー・シンハオが押し込み、1点を返す。

これで息を吹き返すかに思われた上海申花だが、蔚山現代がゲームをコントロール。73分には、キム・インソンがドリブルで中央を持ち上がりボックス内に侵入。すると、GKリー・シュアイが足をかけて倒してしまい、蔚山現代にPKが与えられる。

このPKを途中出場のビヨルン・ヨハンセンが決めて、蔚山現代はリードを再び2点に。上海申花はさらに圧力をかけて攻撃を仕掛けるが、蔚山現代も最後の部分を許さず得点を与えない。

すると前掛かりになった上海申花の隙を突くとスルーパスに抜け出たヨハンセンが冷静に決めて4点目を奪取。そのまま試合が終了し、蔚山現代が1-4で勝利し首位通過を決めた。なお、パース・グローリーvsFC東京はFC東京が0-1で勝利したためFC東京の2位通過が決定。上海申花は敗退となった。

上海申花 1-4 蔚山現代

【上海申花】
ビー・シンハオ(後15)
【蔚山現代】
パク・チュニン(前3)
イ・サンホン(前24)
ビヨルン・ヨハンセン(後30[PK]、後45)

◆ACL グループF順位表
1位:蔚山現代 16/5/1/0/+9
2位:FC東京 10/3/1/2/+1
ーーーー決勝トーナメント進出
3位:上海申花 7/2/1/3/-4
4位:パース・グローリー 1/0/1/5/-6
関連ニュース
thumb

アジア王者の蔚山現代がジョージア代表MFカザイシュヴィリを獲得

アジア王者であるKリーグ1の蔚山現代は16日、ジョージア代表MFヴァレリ・カザイシュヴィリ(28)の加入を発表した。 カザイシュヴィリは母国のサブルタロでキャリアをスタート。その後、メタルルギ・ルスタヴィでのプレーを経て、2011年8月にフィテッセへと完全移籍。ポーランドのレギア・ワルシャワでのプレーも経験した。 フィテッセでは公式戦121試合に出場し28ゴール13アシストを記録。エールディビジでも104試合に出場し25ゴール10アシストを記録していた。 2017年7月にはメジャーリーグ・サッカー(MLS)のサンノゼ・アースクウェイクスへと完全移籍。MLSでは90試合に出場し26ゴール12アシストを記録していた。 また、ジョージア代表としてもここまで52試合に出場し11ゴールを記録。ボールコントロールと判断のスピード、展開力を備えたアタッカーとして活躍した。 蔚山現代は王者として臨む2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では、グループFに入り、タイのBGパトゥムユナイテッド、ベトナムのベトテルに加え、プレーオフ1の勝者と同居。プレーオフ1では、ブリスベン・ロアー(オーストラリア)、上海上港(中国)、カヤFC(フィリピン)が戦い、Jリーグ勢は同じ組には入っていない。 2021.02.17 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

山東泰山がAFCクラブライセンス規定違反でACL不参加が決定! PO勝ち抜いた場合、C大阪の同組

アジアサッカー連盟(AFC)は8日、AFCクラブライセンス規定違反を犯した山東泰山(中国)に対してライセンスを付与しない決定を下した。これにより、同クラブは2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場資格を失うことになった。 昨シーズンの国内カップを制して今シーズンのACL出場権を手にした山東泰山は、先日の組み合わせ抽選会でポートFC(タイ)、キッチー(香港)、プレーオフを制した場合、セレッソ大阪が入る可能性のあるグループJに組み込まれていた。 しかし、AFCの今回の発表によると、山東泰山はAFCクラブライセンス規則の給与支払い延期に関する必須基準を満たせすことができず、これによりライセンスを付与すべきではないとの判断に至ったという。 なお、山東泰山の不参加によって空いた出場枠に関してはAFCクラブ大会のエントリーマニュアルに基づき、再割り当てされることになる。 2021.02.08 23:56 Mon
twitterfacebook
thumb

ACL2021の組み合わせ決定!今季は8チーム増加で40チームが参加

アジアサッカー連盟(AFC)は27日、2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の組み合わせ抽選会を実施した。 2020シーズンのACLは韓国の蔚山現代が優勝。日本勢はヴィッセル神戸がベスト4まで勝ち上がったが、蔚山現代に敗れていた。 2021シーズンは出場クラブ数が8チーム増え、過去最多の40チームが参加。西地区と東地区はそれぞれ6グループになった。 Jリーグからは王者の川崎フロンターレ、2位のガンバ大阪、3位は名古屋グランパスがグループステージから、4位のセレッソ大阪がプレーオフからの出場となる。 2019シーズン以来8度目の出場となる川崎Fは、グループIに入り、中国の広州恒大、フィリピンのユナイテッド・シティFC、プレーオフ4勝者(韓国/タイ)と同居した。ユナイテッド・シティFCは、かつてセレス・ネグロスという名前で活動していたが、2020年8月にオーナーが変わり名前が変更されていた。 2017シーズン以来の10度目の出場となるG大阪は、グループHに入り、韓国王者の全北現代モータース、シンガポールのタンピネス・ローバース、オーストラリアのシドニーFCと同居した。 2012シーズン以来の4度目の出場となる名古屋は、グループGに入り中国王者の江蘇蘇寧、マレーシアのジョホール・ダルル・タクジムと同居。また、プレーオフ3勝者(韓国/タイ)と同居する。 2018シーズン以来4度目の出場を目指すC大阪はプレーオフを勝ち抜く必要があるが、勝ち抜いた場合はグループJに入り、中国の山東魯能、タイのポートFC、香港のキッチーと同居する。 ◆ACL2021組み合わせ抽選結果 ・グループF BGパトゥムユナイテッド(タイ) 蔚山現代(韓国) ベトテル(ベトナム) PO1勝者(オーストラリア/フィリピン/中国) ・グループG 江蘇蘇寧(中国) 名古屋グランパス(日本) ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) PO3勝者(韓国/タイ) ・グループH 全北現代モータース(韓国) ガンバ大阪(日本) タンピネス・ローバース(シンガポール) シドニーFC(オーストラリア) ・グループI 川崎フロンターレ(日本) 広州恒大(中国) ユナイテッド・シティFC(フィリピン) PO4勝者(韓国/タイ) ・グループJ 山東魯能(中国) ポートFC(タイ) キッチー(香港) PO2勝者(日本/オーストラリア/マレーシア) 2021.01.27 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

今季のACLはグループステージが集中開催!4月から5月にかけて実施、C大阪が出場のPOは4月14日開催《ACL2021》

アジアサッカー連盟(AFC)は25日、2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)について、開催日程を発表した。 2020シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大もあり大会方式が変更。グループステージ途中からカタールでの一斉開催となっていた。 2021シーズンはグループステージを集中開催に決定。東地区は4月から予選がスタート。グループステージは4月21日(水)から5月7日(金)にかけて集中開催で実施。開催地は未定となっている。 ラウンド16は9月14日(火)か15日(水)、準々決勝は9月28日(火)、29日(水)に行われ、一発勝負に。準決勝と決勝は2試合行われ、準決勝は10月20日(水)と27日(水)、決勝は11月21日(日)と27日(土)に行われる。 なお、西地区も同様にグループステージは集中開催となり、4月14日から30日で行われる。 Jリーグ勢は明治安田J1王者の川崎フロンターレ、2位のガンバ大阪、3位の名古屋グランパスがグループステージから出場。セレッソ大阪は4月14日(水)開催のプレーオフから登場する。 2021.01.26 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎F、G大阪が天皇杯決勝進出で、名古屋のACL本大会出場が決定! C大阪が繰り上げでプレーオフに《ACL2021》

27日、第100回天皇杯の準決勝2試合が行われた。 今シーズンのJ1王者である川崎フロンターレとJ3王者であるブラウブリッツ秋田の一戦は、2-0で川崎Fが勝利した。 序盤からアグレッシブに戦う秋田に対し、川崎Fはしっかりとポゼッションを高めていなしていく。 すると前半にルーキーながらJリーグベストイレブンにも選出されたMF三笘薫が先制ゴールを記録。さらに秋田にシュートを打たせない展開が続くと、後半にはボックス手前で得たFKからMF田中碧が直接沈めて2-0と勝利を収めた。 もう1試合、J1を2位で終えたガンバ大阪とJ2王者の徳島ヴォルティスの一戦は、2-0でG大阪が勝利した。 前半はゴールレスで終わり、互いに攻めあぐねる展開となったが、後半に一瞬の隙を見逃さずにFWパトリックが強引に押し込んでG大阪が先制。さらに、途中出場のMF福田湧矢が相手の一瞬の隙をついて抜け出し冷静にゴール。2-0で勝利を収めた。 この結果、天皇杯の優勝チームが明治安田J1の上位2クラブとなったため、来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場チームが確定した。 J1で3位に終わり、ACLでプレーオフからの出場となってた名古屋グランパスが本大会から出場することに。また、J1で4位に終わったセレッソ大阪が名古屋に代わってプレーオフから出場することが決定した。 なお、天皇杯決勝は、2021年1月1日に国立競技場で川崎フロンターレvsガンバ大阪のカードで行われる。 2020.12.27 18:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly