FC東京が来季からニューバランスのユニフォーム着用

2020.12.02 10:47 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FC東京は2日、2021シーズンに関してニューバランスとオフィシャルサプライヤー契約を結ぶことを発表した。FC東京は2015年からアンブロのユニフォームを着用していたが、来シーズンからニューバランスになるとのこと。

Jリーグではサガン鳥栖、モンテディオ山形、FC岐阜がユニフォームとして着用。ポルトやアスレチック・ビルバオ、リールの他、コスタリカ代表、パナマ代表なども着用している。

FC東京の大金直樹代表取締役社長は今回の契約についてコメントしている。

「新たにニューバランス様とオフィシャルサプライヤー契約を締結できたことを大変嬉しく思います」

「コロナ禍の影響は2021シーズンも残ることが予想され、JリーグそしてわれわれFC東京にとって厳しい環境が続きます。その状況下においても、スポーツだけでなくファッション、ライフスタイルの領域で独自性をもちながら、常に進化し続けている『ニューバランス』というブランドを身に着け、ファン・サポーターとともに新しい東京を創っていけることを楽しみにしております」

「改めましてニューバランス様の多大なお力添えに感謝申し上げます」
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京の選手1名が新型コロナウイルス陽性判定、家族が陽性になりPCR検査受診

FC東京は21日、選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、選手の家族が陽性判定を受けたとのこと。選手もPCR検査を実施したところ、陽性判定を受けたとのことだ。 選手は発熱はなかったものの喉に違和感があったとのこと。16日には発熱はないものの、味覚と嗅覚に異常があり、同日に家族が発熱。喉の痛みもあり病院で受診した。 選手はその後も発熱などはなかったが、20日に家族がPCR検査で陽性判定を受け、選手は21日に陽性判定を受けたとのことだ。 なお、この期間チームはオフであり、管轄保健所による濃厚接触者の特定の結果、クラブ内の濃厚接触者は「無し」と判定されたとのことだ。 2021.01.21 20:27 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京MF品田愛斗が手術… 足首部分損傷で4カ月の離脱へ

FC東京は20日、MF品田愛斗の負傷を報告した。 報告によると、品田は右足関節前距腓じん帯と両足関節三角骨を損傷。いずれも足首部のケガで経過観察中だったが、1月12日にチームドクターの診察を受けて手術を実施。全治まで約4カ月を要する見込みだとのことだ。 FC東京の生え抜きである品田は2016年にトップチームに昇格した。2019年までU-23チームを主戦場に戦い、昨季は明治安田J1リーグに9試合出場して1得点。AFCチャンピオンズリーグでも1試合に出場した。 2021.01.20 13:44 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京痛恨! FW永井謙佑が開幕アウト、右肩手術で全治2カ月

FC東京は20日、FW永井謙佑の手術を発表した。 クラブの発表によると、永井は肩の可動域が制限されてしまう右肩関節拘縮(みぎかたかんせつこうしゅく)と、それによる腕のしびれなどが出る腋窩神経障害(えきかしんけいしょうがい)と診断されたとのことだ。 永井は8日に千葉県内の病院で手術を受けたとのこと。全治は約2カ月と見られ、新シーズンの開幕は間に合わないこととなる。 永井は2020シーズンは明治安田J1で26試合に出場し4得点、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で4試合に出場し1得点を記録していた。 2019年のシーズン終盤、12月の第33節浦和レッズ戦で永井は負傷。優勝が懸かる最終節もフル出場を果たしていたが、右肩関節反復性脱臼と診断され手術を受けていた。 2021.01.20 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京GK廣末陸がラインメール青森へ移籍 今季は町田にレンタルも出場ゼロに

FC東京は12日、GK廣末陸(22)が日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森に完全移籍することを発表した。 廣末は2017年に青森山田高校からFC東京に入団。しかし、トップチームで出場機会を得られず2019年はレノファ山口FC、2020年は町田へと期限付き移籍した。 それでも一度も出番が回ってこないまま町田を退団。この度、青森への移籍も決定し、FC東京の公式サイトでは別れの言葉を残している。 「FC東京では2年間、期限付き移籍先でも2年間お世話になりました。この4年間は自分にとっては苦しいことの方が多かったのですが、必死にもがいてきたこの期間は自分にとって価値のある4年間だったと確信しています」 「本当はお世話になったFC東京に結果という形で恩返しをしたかったのですがなかなか叶わず申し訳ない気持ちでいっぱいです。ですが、念願のリーグ制覇に向けて進んでいくFC東京を僕は常に応援しています。僕もまた青森で結果を残し、必ずJ1の舞台に這い上がってきます!」 「4年間本当にありがとうございました!」 2021.01.12 15:43 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ通信簿/FC東京】カップ戦制覇も2シーズン続けての失速と得点力不足は課題

未曾有のシーズンとなった2020年のJリーグ。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、中断による異例の超過密日程、観戦や応援の制限など、多くの困難を乗り越え、すべての日程を終了した。 その中でも、熱戦が続いた2020シーズンのJリーグ。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブの通信簿(チームMVP、補強成功度、総合評価)をお届けする。 第13弾は6位のFC東京を総括!(評価は「S」が最高、「E」が最低) ◆総合評価【C】 17勝6分け11敗 (勝率50%) 47得点42失点 20119シーズンの明治安田J1で惜しくも2位となったFC東京。悲願のリーグ制覇を狙うシーズンとなったが、新型コロナウイルスによる超過密日程に苦戦した。 開幕戦から連勝と好スタートを切ったFC東京だったが、第3節で川崎フロンターレに0-4で敗戦。それでもその後も着実に勝ち点を重ねていった。 チームとしては、MF橋本拳人がFCロストフに、DF室屋成がハノーファーへと移籍し、チームの主力2名が難しいシーズンになる中で、旅立っていった。 さらにケガで選手を欠くこともあったが、長谷川健太監督が作り上げたチームはバランスを保ち、若手もしっかりと台頭。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する影響で組まれた超過密日程も乗り切ることができた。 しかし、後半戦に入るとチームの得点力が低下。2019シーズンも終盤で連敗を喫して優勝を逃したが、2020シーズンも4連敗を喫するなどか結果も出なくなり、ズルズルと順位を下げていき、最終的には6位でフィニッシュとなった。 システムも[4-3-3]をベースに戦っていったが、ブラジル人トリオがなかなか揃うことなく、FW永井謙佑が復帰してからは、[4-2-3-1]のシステムに変更。それでも得点力がなかなか上がらないままシーズンを終えることに。 11月のACLも結果を残せなかったFC東京だが、YBCルヴァンカップでは延期された決勝でしっかり勝利。タイトルを獲得した。 ◆チーム内MVP <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/fctokyo2020_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎J.LEAGUE<hr></div> MFレアンドロ(27) 明治安田生命J1リーグ26試合出場(先発23試合)/9得点 個に頼り切ったチームを作っていないためチームMVPを選ぶのが難しいが、MFレアンドロを選出した。 鹿島アントラーズからの期限付き移籍で加入したレアンドロ。ブラジル人トリオの一角として活躍が期待された。得点数は9得点とさほど多くはないものの、要所で勝敗を決める重要なゴールを記録。また、精度の高いFKやドリブル突破など、FC東京にとっての攻撃のアクセントとして機能した。 一方で、チームの得点力が上がらなかったという事実もあり、2019シーズンの優勝を逃した要因もその得点力だった。そういった点では、完全移籍となる2021シーズンはさらにゴールに絡む活躍を見せてもらいたい。 ◆補強成功度【C】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/fctokyo2020_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎J.LEAGUE<hr></div> 9名の新加入選手がいたが、期待通りの活躍を見せたと言えるのは2名だろう。 最もインパクトを残したのは明治大学から加入したMF安部柊斗だろう。リーグ戦では中盤のレギュラーポジションを掴み、27試合に出場し2得点を記録した。長谷川健太監督の[4-3-3]システムと戦い方のキーマンとも言えるプレーを見せ、大きな補強となった。 そして同じく明治大学から加入したDF中村帆高も大きな戦力となった。リーグ戦は28試合に出場。左右のサイドバックを務めることができ、対戦相手に合わせてDF中村拓海と併用されることとなった。室屋が抜けた穴を感じさせないプレーを見せた。 一方で、前述のMFレアンドロとともにチームの攻撃面を改善するために獲得したMFアダイウトンも期待以上の結果とは言えなかった。33試合に出場するも、途中出場がメイン。8得点を記録したが、期待された破壊力を見せることはできなかった。 チーム力は上がったが、ケガ人の続出と予想だにしていなかった過密日程、それによるコンディション不良などエクスキューズがあったことでチームとしてフィットし切れなかった2020シーズン。2021シーズンがより深化していることを期待したい。 2021.01.11 16:15 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly