鎌田2アシストのフランクフルトが遠藤渓太欠場のウニオンと打ち合い3-3ドロー!《ブンデスリーガ》

2020.11.29 01:53 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第9節、ウニオン・ベルリンvsフランクフルトが28日に行われ、3-3で引き分けた。ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は欠場し、フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、DF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。前節ケルン戦を競り勝って3連勝とした6位ウニオン・ベルリン(勝ち点15)は、前々節の試合でハムストリングを痛めた遠藤が引き続き欠場となった。

一方、前節ライプツィヒ戦を引き分け5試合勝利のない11位フランクフルト(勝ち点11)は、鎌田が開幕から9試合連続スタメンとなった一方、長谷部が前節に続いてベンチスタートとなった。

試合は開始2分に動く。左クロスをGKトラップがファンブルしたところをアンドリッヒが詰めてウニオンが先制した。

さらに4分、鎌田のボールロストからショートカウンターを受けると、ボックス内に侵入したタイウォがヒンテレッガーに倒されてPKを獲得。このPKをクルーゼが決めてウニオンに追加点が生まれた。

2点をリードしたウニオンは自陣に引いてカウンターを狙う展開とすると、11、15分とタイウォが決定的なシュートを浴びせて主導権を握り続ける。

フランクフルトの反撃は24分。ボックス左からコスティッチが決定的なシュートを放つと、27分に1点を返す。敵陣でボールを奪った流れから鎌田の右クロスをファーサイドのアンドレ・シウバが詰めきった。

鎌田のアシストで反撃の狼煙を上げたフランクフルトは36分、左サイドからのコスティッチのFKをニアサイドのアンドレ・シウバがバックヘッドでうまく逸らしてゴールに流し込み、一気に同点とした。

迎えた後半、52分にドストのヘディングシュートで逆転ゴールに迫ったフランクフルトだったが、その後は膠着状態に陥る。

そんな中79分にフランクフルトが逆転する。鎌田がスルーパスに抜け出してボックス右に侵入。クロスを入れ、ドストが合わせた。

鎌田の2アシスト目で逆転したフランクフルトだったが、87分に追いつかれる。ボックス手前中央のクルーゼがミドルシュートを叩き込んだ。

このまま3-3で終了。鎌田が2アシストと活躍したフランクフルトだったが、3-3の引き分けに終わり、6戦勝利なしとなっている。
コメント
関連ニュース
thumb

フランクフルト復帰後76分間で3ゴールのヨビッチ「自分がどれだけ優れているかは知っている」

フランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチが、古巣での再挑戦に自信を見せた。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ヨビッチは2017年夏から2年間在籍したフランクフルトで、公式戦通算75試合36ゴール9アシストをマーク。この活躍に注目したレアル・マドリーへ、2019年夏に6000万ユーロ(現レートで約76億円)の移籍金で加入した。 しかし、マドリーではまったく存在感を発揮できず、今シーズンは公式戦わずか4試合の出場のみ。ジネディーヌ・ジダン監督の構想から外れたヨビッチは、1月にレンタル移籍でフランクフルトへと復帰した。 ドイツの地に戻ったヨビッチは、ブンデスリーガ3試合に出場。すべて途中出場であり、ここまで76分間しかピッチに立っていないものの、既に3ゴールをマークし、マドリー時代のゴール数を超えている。この今までの鬱憤を晴らすかのような活躍について、本人も自信を取り戻している様子。同時に、スペインで活躍できなかった理由についても語っている。 「僕はここで何かを証明する必要はない。自分がどれだけ優れているかは、既に知っているからね。僕は、誰からも評価されるべき選手だ」 「ジダンは監督としても人としても驚異的だったよ。でも、スペイン語では彼と上手くコミュニケーションができなかったんだ。(フランクフルトの指揮官である)アディ・ヒュッターとは英語で会話できるから、よりコミュニケーションが簡単だね」 「マドリーでは、ケガや個人的な問題があり、何かと不運だった。そのせいで、あまりプレー時間も貰えなかったね。しかも、マドリーでは特別なプレッシャーがあり、これまでと違ったプレーも求められたんだ。だから、ここへの移籍は正解だったと思う」 また、ヨビッチはチームメイトであるFWアンドレ・シウバとのコンビについても言及。同時に、チャンピオンズリーグ(CL)出場は可能だと話したアンドレ・シウバの意見に同調している。 「(アンドレ・シウバとの相性について) 判断するのはまだ早いよ。でも、時間と共によくなると思う。いずれにしても、アンドレはスーパーな男だ」 「アンドレのCLについての意見は正しいよ。このままプレーを続けていけば、僕たちにはチャンスがあるはずだ。僕はマドリーでのトレーニングを経てより成熟したと思うし、このチームのクオリティは上がっている。だから、CLの夢を持つのは現実的な目標さ」 2021.01.27 16:43 Wed
twitterfacebook
thumb

コスティッチ躍動のフランクフルトが堂安フル出場のビーレフェルトに5発圧勝、鎌田が1アシスト《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第18節、ビーレフェルトvsフランクフルトが23日に行われ、1-5でフランクフルトが圧勝した。 ビーレフェルトのMF堂安律はフル出場、フランクフルトのMF鎌田大地は77分まで、MF長谷部誠は71分までプレーしている。 前節、シュツットガルトの遠藤航との日本人対決が実現した中、堂安の全3ゴールに絡む大活躍により勝利した15位ビーレフェルト(勝ち点17)は、堂安が開幕から18試合連続スタメンとなった。 一方、前節フライブルク戦では途中出場の鎌田がオウンゴール誘発のシュートを放って引き分けとした8位フランクフルト(勝ち点27)は、長谷部が7試合連続スタメンとなり、鎌田が3試合ぶりに先発復帰となった。 堂安が[4-4-2]の右MFで、長谷部が[3-4-2-1]のボランチで、鎌田が2シャドーの一角でスタートした日本人対決。 立ち上がりの主導権争いを経て、10分に堂安がカットインから枠内シュートを放ったビーレフェルトだったが、先制したのはフランクフルト。25分、左サイドからのコスティッチのクロスのルーズボールをアンドレ・シウバが蹴り込んだ。 さらに2分後、スーパーゴールでフランクフルトに追加点が生まれる。ショートコーナーを使った流れからボックス手前右、約30mの位置からコスティッチの放った強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 止まらないフランクフルトは33分、ボックス右からのドゥルムのシュートのルーズボールをコスティッチが落とし、ボックス中央のアンドレ・シウバが蹴り込んで3-0とした。 8分間で3失点となったビーレフェルトの反撃は36分、右サイドからのブルナーのクロスをコルドバがヘッドで押し込み、1点を返して前半を終えた。 しかし、迎えた後半開始6分、フランクフルトが決定的な4点目を奪う。鎌田のパスを受けたボックス左のコスティッチのクロスがニルソンのオウンゴールを誘った。 さらに75分、コスティッチのパスを受けたボックス左の鎌田がマイナスに折り返し、途中出場のヨビッチが蹴り込んでフランクフルトに5点目。コスティッチが全5得点に絡んで圧勝としたフランクフルトが日本人対決を制している。 2021.01.24 01:33 Sun
twitterfacebook
thumb

マインツがDFダ・コスタをレンタル! コールに続きフランクフルトから今冬2人目の補強

マインツは22日、フランクフルトからドイツ人DFダニー・ダ・コスタ(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「22」に決定した。 レバークーゼンの下部組織出身のダ・コスタは、17歳でトップチームデビューを飾った身体能力に優れる早熟な右サイドバック。その後、インゴルシュタットへの完全移籍、レバークーゼンへの復帰を経て2017年にフランクフルトに加入した。 フランクフルトでは加入2年目にキャリアハイとなる公式戦50試合に出場し、4ゴール5アシストの活躍を披露。しかし、昨シーズン終盤あたりから攻守両面での軽率なミスが目立ち始めて序列が低下。今シーズンはここまで公式戦7試合の出場にとどまっていた。 なお、マインツは先日にドイツ人MFドミニク・コールをレンタルで獲得しており、今冬の移籍市場においてフランクフルトから2人目の補強となった。 2021.01.22 23:50 Fri
twitterfacebook
thumb

理由はズラタン? 古巣復帰で輝きを取り戻しつつあるヨビッチがミラン移籍拒否の理由

レアル・マドリーからフランクフルトへとレンタル移籍で加入したセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(23)だが、ミランへの移籍を断っていたようだ。 ヨビッチは、フランクフルトから2019年夏にマドリーへと完全移籍。移籍金6000万ユーロ(約73億5000万円)、年俸1000万ユーロ(約12億2000万円)の5年契約を結んだとされている。 その移籍金に大きな期待を寄せられていたが、在籍1シーズン半で公式戦32試合で2ゴール2アシストと思うような活躍を見せられず。加えて、新型コロナウイルスのパンデミックが起こっていた昨年3月にクラブに無断でセルビアに帰国し、隔離措置も取らずに恋人の誕生日パーティーに参加する愚行もあった。 さらに、挙げ句の果てには、同年11月に自らも感染し、その後のケガも重なって以降は公式戦出場が一度もない状況となっていた。 そのヨビッチは古巣に復帰すると、復帰初戦でいきなり2ゴールの活躍。マドリー時代の1年半でやっと奪ったゴールをすぐさま取り戻すと、20日のフライブルク戦にも途中出場を果たしていた。 今冬の移籍市場では、ミランへの移籍も噂され、ウェストハムやウォルバーハンプトンも獲得に動いていたがフランクフルトへの復帰を決めていた。 中でもミランを選ばなかった理由はドイツ『ビルト』によると、出場時間をしっかりと得られない恐れがあること。さらに、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを差し置いてプレーできないと考え、拒否したようだ。 ミランは、39歳になったイブラヒモビッチに頼り切るわけにもいかず、新たなストライカーを探しており、最終的には無所属だった元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチを獲得した。 そのイブラヒモビッチはケガによりおよそ1カ月半の離脱。18日のセリエA第18節カリアリ戦で久々に先発出場すると2ゴールを記録しチームを勝利に導いていた。 ヨビッチがミランを選択しなかったことは正解だったかもしれない。 2021.01.22 21:50 Fri
twitterfacebook
thumb

後半から出場の鎌田がOG誘発でフランクフルトがドローに持ち込む《ブンデスリーガ》

フランクフルトは20日、ブンデスリーガ第17節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠は66分までプレーし、MF鎌田大地は後半から出場している。 前節シャルケ戦では復帰したヨビッチのドッペルパックで快勝として4連勝とした7位フランクフルト(勝ち点26)は、長谷部が4試合連続ボランチでスタメンとなった一方、鎌田は2試合連続ベンチスタートとなった。 9位フライブルク(勝ち点23)に対し、フランクフルトが開始6分に先制する。ソウのクサビのパスを受けたユネスが反転からボックス中央へうまく侵入し、左足でシュートを決めきった。 その後もフランクフルトが主導権を握っていたが、32分に同点とされる。デミロビッチのポストプレーからR・サライにボックス右へ侵入され、チップキックシュートを決められた。 同点とされたフランクフルトは39分にアンドレ・シウバが勝ち越しのゴールに迫るシュートを放つも、GKの好守に阻まれ、前半は1-1で終えた。 迎えた後半、バルコクに代えて鎌田を投入したフランクフルトだったが、チャンスを作れずにいると、63分に逆転される。FKの流れから4分前に投入されていたペテルゼンにボレーシュートを決められた。 追う展開となったフランクフルトは長谷部に代えてヨビッチを投入。すると75分、FKの流れからボックス右の鎌田がボレー。枠を捉えていたシュートがシュローターベックにカットされるも、ルーズボールがゴールに吸い込まれた。 終盤にかけては互いに攻め込む展開となったものの、2-2で試合は終了。鎌田の活躍もあってフランクフルトが勝ち点1をもぎ取っている。 2021.01.21 06:53 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly