ニューカッスルで選手3名スタッフ1名のコロナ感染が判明

2020.11.28 18:48 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルで3名の選手と1名のスタッフが新型コロナウイルスに感染したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。27日に行われたプレミアリーグ第10節のクリスタル・パレス戦後、スティーブ・ブルース監督がチーム内のコロナ感染を報告。名前は公表されなかったものの、トップチームの選手3名とスタッフ1名の計4名で、いずれも今回のアウェイ戦には帯同していなかったとのこと。


ブルース監督は「タフな1週間となってしまった。選手だけでなくスタッフの方も気がかりだ」とクラスター発生を懸念。「ベストは尽くすが、今は難しい」と、心労がたたっていることを隠さなかった。

プレミアリーグでは先日、来月2日からの観客動員が一部許可されたが、ニューカッスル辺りの地区は感染のリスクが今もなお高いことから、無観客試合継続となっている。
関連ニュース
thumb

ニューカッスル、アルミロン&サン=マクシマンが離脱…

ニューカッスルは2日、FWミゲル・アルミロンとFWアラン・サン=マクシマンが負傷したことを発表した。 両者は2月27日に行われたプレミアリーグ第26節のウォルバーハンプトン戦に先発出場したが、アルミロンは前半でヒザを負傷しハーフタイムで交代。一方のサン=マクシマンは、63分に鼠径部を負傷しピッチを後にしていた。 クラブの発表によれば、両者はこれから精密検査を受診し、メディカルチームと共にリハビリを実施するとのことだ。なお、復帰は4月以降になると明かしている。 主力2選手を欠くことになったニューカッスルは現在、降格圏の18位フルアムと3ポイント差の17位に位置している。 2021.03.03 01:03 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェストハムやニューカッスルで指揮したローダー氏が65歳で他界…脳腫瘍を患い闘病生活送る

ウェストハムやニューカッスルで監督を務めたグレン・ローダー氏が他界した。65歳だった。 イギリス『BBC』によると、ローダー氏は脳腫瘍を患っており長い闘病生活を送っていたが、帰らぬ人となったようだ。 現役時代はディフェンダーとして活躍。ノッツ・カウンティ、QPR、ニューカッスル、ワトフォードなどでプレー。ジリンガムで引退していた。 引退後はワトフォードやウェストハム、ニューカッスル、ノリッジなどで監督を務めたほか、1998年のフランス・ワールドカップ後に、グレン・ホドル監督の下でイングランド代表のアシスタントコーチを務めていた。 リーグ・マネージャー・アソシエーション(LMA)は今回の件について「とても深く悲しんでいる。脳腫瘍との長い闘病生活の末に亡くなった」と発表した。 また、選手としても監督としても所属したニューカッスルは「元選手であり監督でもあるグレン・ローダー氏が65歳で逝去されたことを知り、深く悲しんでいます」とコメント。「ニューカッスルのスタッフ全員の想いは彼の家族や友人とともにあります」と声明を発表した。 2021.03.01 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

好調ジェームズ弾などでニューカッスルに3発快勝のユナイテッドが2位死守《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは21日、プレミアリーグ第25節でニューカッスルをホームに迎え、3-1で快勝した。 前節WBA戦を引き分け、ここ2試合ドローの2位ユナイテッド(勝ち点46)は、首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を10に広げられた中、3日前に行われたヨーロッパリーグのレアル・ソシエダ戦では4-0と快勝。ベスト16進出に大きく近づいた中、ソシエダ戦のスタメンから5選手を変更。マルシャルやショー、GKデ・ヘアらがスタメンに戻った。 17位ニューカッスル(勝ち点25)に対し、[4-2-3-1]で臨んだユナイテッドは最前線にマルシャル、2列目に右からダニエル・ジェームズ、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードと並べた。 そのユナイテッドは立ち上がり、前がかってきたニューカッスルにペースを乱される入りとなるも、徐々に押し込む展開とすると最初のチャンスを活かして30分に先制した。左サイドでパスを受けたラッシュフォードがドリブルでボックス左に侵入。カットインからゴール左隅にシュートを決めきった。 先制後、35分にサン=マクシマンのミドルシュートでゴールを脅かされたユナイテッドは、直後のCKから同点とされる。ショートコーナーの流れからルーズボールをボックス左のサン=マクシマンにボレーで蹴り込まれた。 同点後は膠着状態に持ち込まれ、ハーフタイムにかけてはチャンスを作れず1-1で前半を終えた。 迎えた後半、開始5分にサン=マクシマンのシュートでGKデ・ヘアを強襲されたユナイテッドだったが、57分に勝ち越した。 左サイドからのマティッチのクロスがファーに流れ、ボックス右のダニエル・ジェームズがゴール右隅にシュートを決めきった。 ソシエダ戦に続く好調ジェームズのゴールで勝ち越し後、マルシャルやラッシュフォードがゴールに迫ったユナイテッドが主導権を握る中、74分にPKを獲得した。ボックス左でラッシュフォードがウィロックに倒された。このPKをブルーノ・フェルナンデスが沈めてユナイテッドが試合の大勢を決めた。 終盤には17歳のショアタイアがトップチームデビューを飾った中、リーグ戦3試合ぶりの勝利としたユナイテッドが2位を死守している。 2021.02.22 05:52 Mon
twitterfacebook
thumb

クリーンシートでニューカッスルに完勝のチェルシーが4位に浮上!《プレミアリーグ》

チェルシーは15日、プレミアリーグ第24節でニューカッスルとホームで対戦し2-0で勝利した。 公式戦4連勝中の5位チェルシー(勝ち点39)は、ミッドウィークに行われたFAカップ5回戦でバーンズリー戦からスタメンを6人変更。プリシッチやツィエク、カンテ、ズマらに代えてエイブラハムやヴェルナー、マウント、アスピリクエタらがスタメンに名を連ねた。 17位に沈むニューカッスル(勝ち点25)に対し、開始早々の3分にチェルシーはコバチッチのパスをボックス左で受けたマルコス・アロンソがシュートを放ったが、これはGKの正面を突いた。 立ち上がりから試合の主導権を握るチェルシーだったが、18分にアクシデント。直前のプレーで右足首を痛めたエイブラハムがプレー続行不可能となり、ジルーが緊急投入された。 不運な形で交代カードを使ったチェルシーだったが31分、左サイドから仕掛けたヴェルナーがゴール前に高速クロスを供給。これはGKが弾くもこぼれ球をジルーが押し込んだ。 先制したチェルシーは、39分にもマウントの右CKがゴール前の相手DFに当たると、こぼれ球をファーサイドのヴェルナーが流し込み、追加点を奪った。 後半に入っても主導権を握るチェルシーは、58分にマルコス・アロンソのミドルシュートのこぼれ球をボックス右のハドソン=オドイが落とすと、最後はコバチッチがダイレクトシュートで狙ったが、これは枠の上に外れた。 その後は膠着状態が続く中、チェルシーは74分にピンチを迎える。フレイザーの左クロスをゴール前のジョー・ウィロックに頭で合わせられたが、このシュートはGKケパが左手一本で弾き出し、難を逃れた。 結局、試合はこのまま2-0でタイムアップ。クリーンシートで公式戦5連勝を飾ったチェルシーが、4位に浮上している。 2021.02.16 07:22 Tue
twitterfacebook
thumb

「COVID-19で死ねばいい」ニューカッスル指揮官が子供からの報告でSNSでの殺害脅迫を知る

ニューカッスルのスティーブ・ブルース監督が、氏を望まれていたことを告白した。イギリス『BBC』が伝えた。 度重なる人種差別行為や殺害予告などが横行しているソーシャルメディア。その中で、ニューカッスルの指揮官が被害に遭っていた。 ブルース監督自身はソーシャルメディアの類を使用していないが、自身の子供たちから標的にされていることを報告されたという。 ブルース監督は「いくつかのものは卑猥なものであった。憎しみを感じたし、何かをしなければならないと感じた」とコメント。自身が脅迫を受けたいたことを認識したと語った。 「私はソーシャルメディアを使わないが、もちろん私の近くの人は利用している。そして、彼らは自分の父親のことに敏感だ。私はそれに対処する必要があった」 「それをより監視する必要があり、そこには弱い人もいる。私がいくつかをみたが、完全に下品なものだった」 「私が受けた虐待、殺害の脅迫、その他全てのこと、例えば審判が間違いを犯したために標的になることを見ていると、人々は彼らの人生を脅かし、馬鹿げた行為だ」 「本当に恐ろしいことで私は本当に息が詰まるほどだった。誰かが「COVID-19で死ねばいい」と言っているようなものもあった」 「虐待がどこまで遡ってのものなのかはわからないが、ここ数日の家族との会話で、マイク・ディーンの状況が私にもあることに気がついた」 マイク・ディーン氏は、2試合連続でVARからの助言でオンフィールド・レビューをし選手を退場させていたものの、いずれも異議申し立てが行われどちらも取り消されるという誤審をしており、SNS上で殺害予告がされていた。 2021.02.12 22:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly