【J1注目プレビュー|第29節:大分vsC大阪】優勝阻止した大分、片野坂体制で4戦未勝利のC大阪相手に初勝利なるか

2020.11.25 15:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第29節】
2020年11月25日(水)
19:00キックオフ
大分トリニータ(11位/36t) vs セレッソ大阪(6位/49pt)
[昭和電工ドーム大分]◆首位にストップ、C大阪相手に初勝利を【大分トリニータ】


前節は川崎フロンターレの優勝が決定する可能性があった試合。インテンシティの高い入りを見せた中で、前半から首位チームを圧倒すると、PKの1点を守り切って勝利を収めた。

目の前での優勝阻止に向けてチーム一丸となって高いパフォーマンスを見せた大分。片野坂知宏監督も「アグレッシブに戦う姿勢を崩さないように送り出し、選手たちもそれを出してくれた」と評価した。

今節は再び上位のC大阪との一戦。片野坂監督としては、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督相手にはまだ勝利がなく、なんとか勝利したい一戦だろう。

「今シーズンセレッソに勝って、ホームで喜べるように良い準備をしたいと思います」と川崎F戦後に意気込んでいたが、ホームで勝利し3連勝なるかに注目だ。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:高木駿
DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗
MF:松本怜、長谷川雄志、小林裕紀、田中達也
FW:三平和司、野村直輝
FW:知念慶
監督:片野坂知宏

◆沈黙した攻撃陣、主導権を握れるか【セレッソ大阪】

前節はホームでのサンフレッチェ広島戦で0-1と敗戦。チームは連敗となり4試合勝利から見放されている。

後半戦に入り3勝しか挙げられず、前半戦の勢いが完全になくなったC大阪。順位も常に2位をキープしていたところから気がつけば6位にまで転落してしまった。

課題の1つは先制点だ。直近3試合では全て先制を許し、後手に回る展開に。また、この4試合は複数得点がなく、攻撃陣の低調さが結果に大きく左右している。

現に後半戦の11試合で複数得点を記録した2試合は勝利。1ゴールで勝利したのはたったの1試合だ。メンバーをほぼ固定した戦いが歪みを生んでいる可能性もあるが、何よりも攻撃陣の奮起が必要な状況。残り少ない試合でも上位フィニッシュを目指して、まずは目先の1勝を求めたい。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介
MF:坂元達裕、木本恭生、藤田直之、清武弘嗣
FW:奥埜博亮、ブルーノ・メンデス
監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|開幕節:神戸vsG大阪】開幕から関西勢対決!

【明治安田生命J1リーグ開幕節】 2021年2月27日(土) 17:00キックオフ ヴィッセル神戸(-位/-pt) vs ガンバ大阪(-位/-pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆イニエスタ不在で開幕【ヴィッセル神戸】 三浦淳寛体制2年目が始まる。今季は14位に終わった不甲斐ない昨季の悔しさを抱いてのシーズン。昨季途中就任の三浦監督は「仕上がり具合は当然ながら100%ではないが、我々がやりたいことの落とし込みはできている」と手応えを口にする。 そんな神戸だが、負傷からのリカバリーが続く絶対軸のアンドレス・イニエスタが間に合わず、新戦力の目玉であるリンコンの合流もまだ。補強のすべてをぶつけられない上に負傷者も相まって、指揮官が望む布陣を敷けないなかでの開幕節となる。 現状、新たに取り組む戦術や布陣はベールに包まれる部分も多く、読みづらいが、確かなのは欠場が決まるイニエスタを軸にした戦いができないということ。雪辱を期す今季に入るにあたり、キャンプから指導できた三浦監督の采配に注目だ。 東京ヴェルディから加入した井上潮音やレンタルバックの小林友希や増山朝陽といった力のある選手もキャンプから加わり、戦い方の理解を深めてきた神戸。今季を良いシーズンにするためにも、関西勢対決となる開幕戦を最高の形で飾りたい。 ★神戸予想スタメン[4-3-3] GK:前川黛也 DF:櫻内渚、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:山口蛍、セルジ・サンペール、井上潮音 FW:増山朝陽、ドウグラス、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 ◆神戸キラーがプレー可能に【ガンバ大阪】 昨季2位からのさらなる復権を目指すG大阪は今季で宮本恒靖体制4年目。多くのクラブがこの開幕節からシーズンインするなか、20日に行われたFUJI ZEROX SUPER CUPの川崎フロンターレ戦でひと足先に今季をスタートさせた。 結果として川崎Fの勝負強さに屈する形で2-3の敗北を喫してしまったが、一時0-2から追いついてみせるなど、昨季に火力不足を露呈した攻撃面で“ひと味違う姿”を披露。実戦感覚な部分も研ぎ澄まして、神戸との開幕節を迎える。 そんな一戦に向け、宮本監督はキャンプ中のケガで川崎F戦を欠場した宇佐美貴史のプレー可能を明言。神戸相手に公式戦13試合で13得点の数字を誇るエースが復帰となれば、新加入のレアンドロ・ペレイラらとの融合も期待される。 布陣は川崎Fでお披露目した今季から導入する[4-3-3]を引き続き用いそうだが、メンバーは選手が揃っているだけに、変更点もありそうだ。イニエスタの不在が神戸の出方を読みずらくさせる一戦だが、2年連続の開幕戦白星を目指す。 ★G大阪予想スタメン[4-3-3] GK:東口順昭 DF:髙尾瑠、三浦弦太、昌子源、藤春廣輝 MF:井手口陽介、山本悠樹、矢島慎也 FW:小野瀬康介、パトリック、倉田秋 監督:宮本恒靖 2021.02.27 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|開幕節:鹿島vs清水】継続路線か心機一転か、対照的な両クラブが激突

【明治安田生命J1リーグ開幕節】 2021年2月27日(土) 15:00キックオフ 鹿島アントラーズ(昨季5位・59pt) vs 清水エスパルス(昨季16位・28pt) [県立カシマサッカースタジアム] 2021シーズンの明治安田生命Jリーグがいよいよ開幕する。昨シーズンは開幕から出遅れたもののシーズン途中からの快進撃で5位に終わった鹿島アントラーズと、下位に低迷し続け、今オフに大型補強を敢行した清水エスパルスが対戦する。 ◆継続路線で真の力を発揮なるか【鹿島アントラーズ】 アントニオ・カルロス・ザーゴ監督が2年目の指揮を執る鹿島。昨シーズンは序盤戦でつまづき、クラブ史上最悪のスタートとなったが、戦い方が浸透すると一気に盛り返し、最後はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を争うまでとなった。 その2年目、主力選手の退団を回避し、しっかりとチームとして積み上げができている状況だ。実力者であるブラジル人MFディエゴ・ピトゥカを獲得したものの、まだ合流できていないが、ベースがある今シーズンは大きな痛手とはならないだろう。 相手は新監督、新布陣で臨むチームだけに全くと言っていいほど読めないはず。しかし、常勝軍団としては相手に惑わされずに自身のサッカーを貫くことで勝利を掴む必要がある。 システムも変わらずに[4-4-2]となり、メンバーも変わらないだろう。しっかりとしたプレスを前線からかけること、そして両サイドをうまく使った攻撃の精度を上げることが勝機につながる。2トップを組むであろうFWエヴェラウドとFW上田綺世の得点力にも注目。アベックゴールが決まれ勝利は確実というデータを継続できるかに注目だ。 ザーゴ監督は「日本のサッカーを通じて、世界に喜びや勇気を伝えることができればと思う」と語り、この開幕戦での勝利を求めた。2年目の鹿島がどんなスタートを切るか。優勝候補として負けられない。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:沖悠哉 DF:小泉慶、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:フアン・アラーノ、三竿健斗、永木亮太、土居聖真 FW:上田綺世、エヴェラウド 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ ◆心機一転、近年の低調ぶりを払拭へ【清水エスパルス】 オフの移籍市場で大型補強を敢行し、話題をさらった清水。新監督の下で、ここ数年の低調ぶりを払拭したい一戦となる。 昨シーズンまでセレッソ大阪を指揮していたミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を招へい。そして、日本代表GK権田修一を始め、各クラブで主軸を担っていた選手たちを多く獲得した。 昨シーズンは攻撃スタイルに変貌を遂げたかったなか、あまりにも稚拙な守備の影響でその良さを出せず。得点を取っても失点が上回るというもったいない試合が多かった。 その中では、強固な守備をC大阪で築き上げたロティーナ監督の手腕が期待される。前述の権田に加え、大分の守備の要であったDF鈴木義宜を補強。堅い守備は構築できるだろう。 前線もギラヴァンツ北九州でゴールを重ねたFWディサロ燦シルヴァーノやポルトガルでプレーしたFWチアゴ・サンタナが加わり増強している。あとは、チームとしてどこまで機能するかがポイントだ。 ロティーナ監督は「シーズンスタートしてからチーム全体としては良い積み上げができていると思う」と語っており、手応えはある模様。ピッチの上でどんなパフォーマンスを見せるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:原輝綺、ヴァウド、鈴木義宜、片山瑛一 MF:中山克広、河井陽介、竹内涼、カルリーニョス・ジュニオ FW:鈴木唯人、チアゴ・サンタナ 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2021.02.27 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|開幕節:川崎Fvs横浜FM】連覇orリベンジ、シーズン開幕を告げる新旧王者による“神奈川ダービー”

【明治安田生命J1リーグ開幕節】 2021年2月26日(金) 18:00キックオフ 川崎フロンターレ(昨季1位・83pt) vs 横浜F・マリノス(昨季9位・47pt) [等々力陸上競技場] 2021シーズンの明治安田生命Jリーグがいよいよ開幕する。2020シーズンは記録づくめの圧倒的な強さで独走し優勝を果たした川崎フロンターレが、2019シーズンのJ1王者である横浜F・マリノスをホームに迎えて幕を開ける。 ◆王者として迎える開幕戦で勝利を【川崎フロンターレ】 昨シーズンは最多勝ち点、最速優勝、最多得点など記録づくめの強さを見せつけた川崎F。若干のメンバー入れ替えはあったものの、継続路線で連覇を目指すシーズンとなる。 すでに富士ゼロックス・スーパーカップを1週間前に行い、ガンバ大阪相手に終盤の小林悠のゴールで3-2と勝利。まだまだコンディション含めて良い状態ではなかったものの、しっかりと勝ち切るあたりはさすがと言える。 今シーズンも[4-3-3]のシステムを採用。サイドを起点にゴールに迫っていく攻撃的なサッカーを継続。鬼木達監督も「自分たちのスタイルで戦うということしかない」と意気込みを語っていた。 昨季王者が迎えるオープニングゲーム。ゼロックス杯からの変化があるのか。「見ている人に喜んでもらえるような試合をしたい」と監督が語るように、まずは1勝を挙げたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、旗手怜央 MF:田中碧、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 ◆悔しさを味わった昨季を払拭へ【横浜F・マリノス】 2019シーズンのJ1王者として臨んだ2020シーズンは、超過密日程によるターンオーバーの影響、そしてケガ人が出たことでチームとしての上積みがし辛い状況が続き、9位に終わっていた。 その横浜FMは、昨シーズンはホームでもアウェイでも1-3で敗れた川崎Fとの開幕戦を迎え、早速リベンジを果たす機会を得た。 今シーズンは新たな戦力を手にし、昨シーズンもトライしていた3バックを採用。中盤をダイヤモンドにした[3-4-3]システムで臨むとみられている。 チームとしては、FWジュニオール・サントス、FWエリキとともに13得点を記録した助っ人が抜け、新たな得点源を探さなくてはいけないところ。しかし、ポゼッションサッカーと攻撃力では川崎Fに引けを取らないはずだ。 アンジェ・ポステコグルー監督も「自分たちのサッカーを貫いていきたい」と語り、王者相手に真っ向勝負を挑み、勝利を掴みたいと語っていた。 優勝候補にも挙げられる中で、開幕戦でいきなり王者を叩けるか。神奈川のライバル同士の対決は注目だ。 ★予想スタメン[3-4-3] GK:オビ・パウエル・オビンナ DF:岩田智輝、畠中槙之輔、チアゴ・マルチンス MF:和田拓也、扇原貴宏、ティーラトン MF:マルコス・ジュニオール FW:仲川輝人、オナイウ阿道、樺山諒乃介 監督:アンジェ・ポステコグルー 2021.02.26 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【ルヴァンカップ決勝プレビュー|柏vsFC東京】共に3度目の頂点へ、シーズン締めくくりの決戦!

【YBCルヴァンカップ決勝】 2021年1月4日(月) 14:35キックオフ 柏レイソル vs FC東京 [国立競技場] ◆7年ぶり3度目の戴冠へ【柏レイソル】 チーム内での新型コロナウイルス感染者が出た影響で、11月から延期。シーズン最後のゲームとなったルヴァンカップ。柏は3度目の優勝に向けて調整を進めた。 過密日程の最中に行う予定だった決勝だったが、リーグ戦終了から2週間後の開催とあり、選手たちも疲労は取れているはずだ。 柏としては2013年以来3度目の優勝を目指す今大会。当時はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)参戦のため、グループステージなしでの戴冠となった。 2020シーズンの柏はグループステージからの参戦。ガンバ大阪、湘南ベルマーレ、大分トリニータと同居したグループDを3連勝で突破。プライムステージでは、セレッソ大阪、横浜F・マリノスを下し、決勝へと駒を進めた。 シーズン終盤は3バックと4バックを併用し、FC東京相手にどの布陣で臨むのかは不明。明治安田J1の最終節では王者の川崎フロンターレ相手に2-3と渡り合ったこともあり、自信を持ってこの決勝に臨んでくるだろう。 ポイントはやはりFWオルンガ。リーグ得点王だけでなく、MVPまで受賞。この男を止めることができるか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:キム・スンギュ DF:北爪健吾、大南拓磨、山下達也、古賀太陽 MF:三原雅俊、大谷秀和 MF:クリスティアーノ、江坂任、瀬川祐輔 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ ◆11年ぶり3度目の戴冠へ【FC東京】 対するFC東京は、2009年以来11年ぶりの戴冠を目指す。決勝進出も優勝した時以来。柏と同様に、決勝進出時は2度とも優勝しているため、今年も期待が高まる。 リーグ戦の過密日程に加え、ACLも戦ったFC東京としてはとても厳しいシーズンとなった。特に10月は4連敗を喫するなどチーム状態が最悪。その中で迎えるはずだった決勝だっただけに、この時期に延期されたことは不幸中の幸いかもしれない。 ACL参戦もあったため、プライムステージからの登場となったFC東京。準々決勝では名古屋グランパスを下すと、準決勝では川崎フロンターレを下しての決勝進出。圧倒的な強さを誇った川崎Fを下しての決勝進出は大きなものとなった。 その後ACLの戦いを挟み、リーグ戦のラスト2試合はともに1-0で連勝。悪くない形でシーズンを終えていた。 こちらもどのような布陣で臨むのかが読めない状況。ACLで試した森重真人をアンカーに置くスタイルは、リーグ戦でも継続していた。果たしてその形を継続するのかどうか。勝負師・長谷川健太監督が選ぶ策が気になるところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:波多野豪 DF:中村拓海、渡辺剛、ジョアン・オマリ、小川諒也 MF:東慶悟、森重真人、安部柊斗 FW:三田啓貴、永井謙佑、レアンドロ 監督:長谷川健太 2021.01.04 11:11 Mon
twitterfacebook
thumb

【天皇杯決勝プレビュー|川崎FvsG大阪】結束強まるフロンターレか、雪辱期すガンバか

【天皇杯決勝】 2021年1月1日(金) 14:40キックオフ 川崎フロンターレ(J1・1位) vs ガンバ大阪(J1・2位) [国立競技場] 記念すべき第100回大会の元旦国立決戦に勝ち上がったのはJ1リーグ王者の川崎フロンターレと2位のガンバ大阪。川崎Fが制すればクラブ初優勝、G大阪に歓喜が訪れれば2015年以来、5季ぶり6度目の載冠となる。 ◆バンディエラの最後を飾れ【川崎フロンターレ】 今季のJ1リーグで圧倒的な強さを見せつけ、記録ずくめの2季ぶり制覇を成し遂げた川崎F。鹿島アントラーズに屈して準優勝に終わった2016年大会以来の天皇杯決勝となる。 制すればクラブ初という部分だけでもチームの士気が高まるが、それ以上に負けられないワケがある。クラブのバンディエラである中村憲剛の現役ラストマッチだからだ。 さらに、今冬の海外挑戦が取り沙汰される守田英正も報道通りなら、川崎F退団前の最終戦に。両選手の新たな門出を祝すためにも、2冠達成で記録的な今季を締めくくりたい。 そんな川崎Fは今大会、準決勝からの登場となり、J3リーグ覇者のブラウブリッツ秋田と対戦して2-0の勝利。J3リーグ開幕28戦無敗で最速Vの相手を自慢の攻撃力でねじ伏せた。 決勝戦で対峙するG大阪とは今季2戦2勝。1stマッチこそ1-0のロースコアだったが、2季ぶりのJ1リーグ優勝を決めたリターンマッチは5-0の快勝で飾り、嫌なイメージがないに等しい。 そして、G大阪との3度目となる一戦に向け、登里享平の出場は難しそうだが、負傷明けの大島僚太と車屋紳太郎が準決勝から戦列復帰。戦力的にもほぼベストな陣容で挑めそうだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:田中碧、守田英正、大島僚太 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 ◆目前Vをやり返せ【ガンバ大阪】 近年のJ1リーグで中位を彷徨うシーズンが続いたG大阪だが、今季は粘り強い守備で接戦をモノにするスタイルで2位フィニッシュ。ここ数年の低迷から久々に上位進出を果たした。 ただ、元々は常勝が求められるチーム。復権をアピールするなら、タイトルが欲しい。遡れば、頂に立ったのは2015年の天皇杯が最後。過去9つのタイトル全ては遠藤保仁がいた頃だ。 新たな歴史を築いていくためにも、10個目の星が欲しいG大阪だが、相手は今季2戦2敗の川崎F。中村を有終の美で送り出そうと強い結束もあるが、G大阪にも意地と期する思いがある。 そんなG大阪はシーズン終盤に主力の故障者が相次いだが、ここに来て整いつつある。先の準決勝では宇佐美貴史と小野瀬康介が復帰。あとは井手口陽介がどうかというところだ。 準決勝ではJ2リーグ王者の徳島ヴォルティスと対戦。ボールを握るスタイルの徳島に守勢の時間が多かったが、粘り強い守備で勝機を引き寄せる、今季を象徴する戦いで勝ち切った。 守備の時間が多くなりそうな川崎F戦でも相手の隙を突く堅守速攻をどれだけ貫けるか。ハイプレスの機能性も見どころの1つになりそうだ。3度目の正直で、目前Vのやり返しを狙う。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、キム・ヨングォン、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、矢島慎也、山本悠樹、倉田秋 FW:パトリック、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 2021.01.01 11:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly