ユーベのセリエA10連覇は厳しい? インテルOBがセリエAで推すのはミラン?

2020.11.24 22:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのレジェンドであるジュゼッペ・ベルゴミ氏は、今シーズンのセリエAではユベントスよりミランを上に見ているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。アンドレア・ ピルロ監督を新指揮官に招へいし、セリエA10連覇を目指しているユベントス。第8節を終えたここまでで4勝4分けの4位に位置している。

一方で首位を走るのはミラン。6勝2分けと王者ユベントスに4ポイント差をつけており、王座奪還に燃えている。

ベルゴミ氏はイタリア『スカイ』で現時点ではミランが優勢と見解を述べ、10ゴールでここまでの得点ランキング1位となっている元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの影響が大きいと話している。

「特にビッグゲームでは、ユベントスはまだ私が納得するパフォーマンスではない

「一方で、ミランはインテルとナポリに勝利している。イブラヒモビッチが私を納得させたよ。ユベントスはラツィオとローマと対戦したが、勝てなかった」

「シーズン当初からミランが上手くやれると感じていたし、彼らが4位以内に入ると思っていた。パオロ・マルディーニ(ミランのテクニカル・ディレクター)は自分が良いチームを作ったことを自覚しているはずだ」

「ミランにはピッチ上のあらゆるポジションに走れる選手がいる。彼らに対してゴールを決めるのは難しく、チームは自信に満ちている」

一方で、自身の古巣でありそのミランのライバルであるインテルについてはまだまだ改善が必要だと感じているようだ。

「彼らは間違いなく改善する必要がある。例えば、(アクラフ・)ハキミの使い方を変える必要があるのは、誰にとっても明らかだろう。彼は自分の足でボールを受け取るべきではない。さもなければ、彼はそのまま返してしまう」

「(クリスティアン・)エリクセンに関しては、DFをドリブルで突破するのに苦労している1人の選手だ。(アントニオ・)コンテが革命を起こすとは思わない」

「インテルは回復する必要があり、彼が実験をしている時間はない。もう1つの問題は、インテルのディフェンスラインだ。今シーズンは遅すぎる。後ろにスピードのある選手が居ない」
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、チャルハノールとテオ・エルナンデスがコロナ感染…今年に入って4人に

ミランは17日、トルコ代表MFハカン・チャルハノールとフランス代表DFテオ・エルナンデスが新型コロナウイルス検査で陽性だったことを発表した。 2人はすでにチームから隔離されており、他の選手やスタッフは全員陰性だったとクラブは併せて伝えている。また、両選手とも無症状で、プロトコルに則って厳密な監視下に置かれていることも明かされている。 ミランでは先日6日に、クロアチア代表FWアンテ・レビッチとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFラデ・クルニッチもコロナ感染が判明しており、18日のセリエA第18節のカリアリ戦をはじめ、第19節のアタランタ戦、その先にはインテルとのコッパ・イタリアも控える中で、大きな痛手となってしまった。 2021.01.17 18:43 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、ユナイテッドDFダロト獲得を検討か

イギリス『インデペンデント』によると、バルセロナが、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(21)の獲得を検討しているようだ。 ダロトは2018年夏にポルトからユナイテッドに加入。だが、ケガの影響もあり十分にアピールできず、昨季の公式戦出場はわずか11試合。今季はレンタルでミランに移籍している。 ミランでもここまで出場機会の確保に苦しんでいるが、そんなダロトをバルセロナが注目している模様。バルセロナではDFセルジ・ロベルトが11月下旬の試合で太ももを負傷し長期離脱中。その間、右サイドバックはアヤックスから新加入のDFセルジーニョ・デストが務めているが、パフォーマンスに満足していないという。 バルセロナは1000万ポンド(約14億円)で獲得できると見込んでいるようだが、果たして今冬の移籍を実現するのだろうか。 2021.01.17 16:11 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、トリノからフランス人MFメイトを買取OPで獲得!

ミランは15日、トリノから元U-20フランス代表MFスアリオ・メイテ(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。期間は2021年6月30日までとなり、背番号は「18」を着用する。 オセールの下部組織で育ったメイテは、2011年7月にファーストチーム昇格を果たすと、リールやズルテ・ワレヘム、モナコ、ボルドーでプレーした後、2018年7月にトリノへ完全移籍で加わった。 加入初年度から屈強なフィジカルを活かしたボール奪取を武器に主力の座を射止め、在籍2年半で公式戦通算94試合に出場して3ゴール7アシストを記録。しかし、移籍の憶測が飛び交うようになり、今年に入ってからは欠場が続いていた。 なお、イタリア『スカイ』によれば、ミランが買い取りオプションを行使した場合は最大1000万ユーロ(約12億5000万円)の取引になると伝えている。 2021.01.16 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが逸材CBシマカン巡るミランとの争奪戦に勝利か?

RBライプツィヒがストラスブールに所属するU-20フランス代表DFモハメド・シマカン(20)の獲得に迫っているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 ギニア人の両親の下、マルセイユで生まれ育ったシマカンは2019年7月にストラスブールでトップチームデビュー。187cmの長身に加え、右サイドバックでもプレー可能なスピードを兼備するアスリート型のセンターバックで、一対一に無類の強さを見せる若き守備者だ。また、プレー判断や左足の精度には大いに課題を残すものの、ビルドアップの局面でも貢献できるセンターバックだ。 現在、ヒザを痛めているものの、今季リーグ・アンで19試合に出場し、印象的なパフォーマンスを継続するシマカンに対しては以前からミランが強い関心を示しており、有力な新天地候補に挙がっていた。 だが、『スカイ』やフランスメディアが伝えるところによれば、ここに来てライプツィヒ移籍の可能性が高まっているようだ。 現在、ライプツィヒはストラスブールに対して公式なオファーは掲示していないが、シマカン本人と個人間で合意に至った模様。また、ライプツィヒは今冬に獲得を決めた後、シーズン終了まではレンタルバックという形でストラスブールに残留させることを検討しているという。 伸びしろ十分のフランス人DFは、来夏ライプツィヒを去ることが決定的と見られるフランス代表DFダヨ・ウパメカノの後釜に座ることになるのか…。 2021.01.16 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ、契約更新の可能性は?「すべてがオープン」

ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(39)が、契約延長について言及している。 昨年1月にミランに復帰し、その溢れるリーダーシップと衰えない得点能力で、かつての輝きを取り戻さんとするクラブに活力を与えたイブラヒモビッチ。今季はここまでケガで公式戦の大半を欠場しながらも、リーグ戦では7試合で10ゴールを記録し、首位を走るミランの好調を支えている。 そうなると気になるのは今季以降の去就について。現状では今年6月に契約切れとなるが、ミランとしてはプレー面以外でも影響力のあるこの男には残ってもらいたいところだろう。 少なくとも現在のレベルを維持できる限りは慰留に努めるはずだが、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューに答えたイブラヒモビッチは、どの可能性も除外しないと話した。 「体が言うことを聞く限り、俺は先に進み続ける。6月に切れる契約についてはクラブと話し合っている。行き止まりの状況に陥りたくなかったし、クラブもそうだった。それが最初に6カ月の契約にサインし、それから更新に至った理由だ」 「俺は選択の自由を求めている。家族をミラノに連れて来るかもしれない。どんな可能性も除外しない」 2021.01.15 20:07 Fri
twitterfacebook