シティ撃破のスパーズがモウ体制初の4連勝で暫定首位浮上! ソン&ロ・チェルソ弾守り抜く《プレミアリーグ》

2020.11.22 04:32 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第9節、トッテナムvsマンチェスター・シティが21日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが2-0で勝利した。
 
今季初のリーグ3連勝で2位に浮上したモウリーニョ体制2年目のトッテナムは、インターナショナルマッチウィーク明け初戦で同体制初の4連勝と首位浮上を狙う。前回対戦で破ったものの、ポルトガル人指揮官にとって天敵と言われるスペイン人指揮官の率いる難敵との一戦では前節のWBA戦から2人を変更。新型コロナウイルスの陽性判定が出たドハーティに代わってオーリエ、ベンチスタートのベイルに代わってベルフワインが起用された。
 
一方、前節に昨季王者リバプールとの優勝候補本命対決を1-1のドローで終えた10位のシティは、ここまで一度も連勝がなく波乗り切れない状況が続く。上位浮上に向けて勝ち点3が求められる敵地でのビッグマッチではこちらも前節から先発2人を変更。ベンチスタートのギュンドアン、スターリングに代わってベルナルド・シウバ、マフレズを起用し、負傷明けのアグエロがベンチに戻った。
 
世界屈指の名将同士による注目の今季初対決。通常、左ウイングのソン・フンミンを右ウイングに配置する変化を見せたホームチームがファーストチャンスをいきなりゴールに結びつける。5分、ハーフウェイライン付近の左サイドで得たFKの場面で相手の虚を突くリスタートを仕掛ける。中央でフリーのエンドンベレが絶妙な浮き球のパスをゴール前に入れると、ケインが中盤に落ちる動きでセンターバック2枚を引っ張った背後にまんまと抜け出したソン・フンミンがGKエデルソンの股間を抜く左足のシュートを流し込んだ。
 
一瞬の緩みから先手を許したシティはここからボールを握り、デ・ブライネを起点に引いた相手の守備ブロック攻略を図っていく。中央のスペースを消されながらも、大外に張るフェラン・トーレスとマフレズを効果的に使いながら良い形の仕掛けを見せる。
 
一方、ある意味想定通りに押し込まれる状況となったホームチームは粘り強く守りながら、自慢のアタッカー陣の個の力を生かしてロングカウンターから一刺しを狙う。13分には自陣で相手のハイプレスを剥がしてベルフワインの斜めのパスをボックス右で受けたソン・フンミンからの折り返しをケインがタップイン。だが、ここはケインがオフサイドを取られて追加点とはならず。
 
その後は安定したパスワークと前からの強度が高い守備の2段構えにより、シティが完全に試合の主導権を掌握する。そして、27分にはセットプレーの二次攻撃からボックス手前右でマフレズが入れたクロスをファーのガブリエウ・ジェズスが収めて折り返す。これを攻め残っていたラポルテが見事な左足ボレーでゴールネットに突き刺す。だが、オンフィールドレビューの結果、ジェズスのトラップ時のハンドを取られてゴールは取り消しとなった。
 
前半終盤にかけては割り切ってフィールドプレーヤー全員を自陣に配置して徹底的にスペースを消したトッテナムに対して、さしものシティも崩しの局面での技術的ミスや連係ミスが増え始め攻めあぐねる状況が続く中、ハーフタイムを迎えることになった。
 
互いに前半45分間を受けて、立ち位置やプレスのかけ方に微調整を施したものの、後半も試合展開に大きな変化はなし。引いて守るトッテナムに対してシティが内、外を使い分けながら揺さぶりをかけ続ける。だが、前半同様に相手の集中した守備を上回るような攻めを繰り出せない。
 
一方、時間の経過と共に相手の中盤が間延びし始めて前半序盤のようにカウンターを繰り出せるようになったトッテナムは、65分にエンドンベレを下げてロ・チェルソを投入。すると、ポルトガル人指揮官の一手が試合を動かす。自陣ボックス付近でのアルデルヴァイレルトのクリアをハーフウェイライン付近で回収したケインがそのまま中央を持ち上がり、ボックス左へ走り込むロ・チェルソへ絶妙なラストパス。そして、投入直後のアルゼンチン代表が冷静に左足のシュートを流し込み、加入2年目でのプレミアリーグ初ゴールとした。
 
被枠内シュート2本で2点のビハインドを負ったシティは72分、マフレズとベルナルド・シウバを諦めてスターリング、フォーデンを同時投入。ここから一気に攻撃のギアを上げたいところだが、この選手交代もゴールをこじ開ける解決策とはならず。
 
一方、指揮官が求めるゲームプランを完璧に遂行するホームチームは80分過ぎにアルデルヴァイレルトが右足の内転筋を痛めてロドンの緊急投入を余儀なくされるが、このアクシデントにも動じない。90分には相手セットプレーからゴール前のルベン・ジアスに強烈なヘディングシュートを打たれるが、ここもGKロリスが見事な反応で凌ぎ切った。
 
そして、いかにもモウリーニョのチームらしいソリッドな試合運びでシティに完勝のトッテナムは、同体制初の4連勝を飾ると共に暫定首位に浮上した。一方、最後まで相手の土俵での戦いを強いられ完敗のシティは公式戦10試合ぶりの黒星となった。
コメント
関連ニュース
thumb

アジアの星、ソン・フンミンがハッシュタグ絵文字に!? トッテナムが韓国版ツイッターアカウント開設

トッテナムがクラブの公式ツイッターの韓国語版アカウントを開設したことを発表した。 トッテナムでは韓国代表FWソン・フンミンがエース級の活躍を見せているが、その効果は絶大で、トッテナムは今韓国で最も注目され、応援されているクラブだという。また、その活躍を一目見ようと、近年は数千人規模の韓国人サポーターがロンドンを訪れているようだ。 ソン・フンミンも2020年の韓国で最もツイートされたアスリートであり、そのファン層をさらに拡大させることが目的とのことだ。 韓国語版アカウント(@Spurs_KR)の立ち上げを記念して、今ならツイッターで指定のハッシュタグをつけて投稿すると、ソン・フンミンの顔がデザインされた特殊な絵文字が出てくるようだ。 気になった方は一度、自身でもツイートしてみてはいかがだろうか。 ◆ソン・フンミンの絵文字が出てくるハッシュタグ •#Sonny •#NiceOneSonny •#HeungMinSon •#토트넘(トッテナム) •#손흥민(ソン・フンミン) <div id="cws_ad">◆似てる?ソン・フンミンの特殊絵文字(ツイッターのアプリもしくはWEBでご覧いただくと絵文字が現れます)<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ko" dir="ltr">2020-2021 프리미어리그, 각각 12골을 기록하며 득점 순위 공동 2위를 달리고 있는 쏘니 - 케인 듀오! <a href="https://twitter.com/hashtag/%EC%86%90%ED%9D%A5%EB%AF%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#손흥민</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EC%BC%80%EC%9D%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#케인</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%ED%86%A0%ED%8A%B8%EB%84%98?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#토트넘</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/COYS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYS</a> <a href="https://t.co/OlcyjVgYWW">pic.twitter.com/OlcyjVgYWW</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur(@Spurs_KR) <a href="https://twitter.com/Spurs_KR/status/1351363751891460100?ref_src=twsrc%5Etfw">January 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.19 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムの19歳MFホワイトが英3部ポーツマスへレンタル

リーグ1(イングランド3部相当)のポーツマスは18日、トッテナムからイングランド人MFハーヴェイ・ホワイト(19)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 U-18イングランド代表歴を持ち、トッテナムアカデミー出身のハーヴェイは昨年11月26日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループJ第4節のルドゴレツ戦でトップチームデビュー。10日に行われたFAカップ3回戦のマリン戦では自身初のフル出場も果たしており、将来が期待される選手の一人だ。 この移籍を受け、ハーヴェイは公式サイトを通じてコメントした。 「僕にとっては初めてのローンで、すごく挑戦的なものになるだろうね。これまで8カ月ほどプロの環境にいたけど、ここからは違ったものになるだろう。僕はセットプレーが大好きで、ボールを動かし続けようとしている。多くのアシストを記録しているし、自分が効果的だと思いたいよ」 「明日は試合があるし、毎週土曜日と火曜日にもある。多くの試合があるんだ。願わくはピッチに立って、このチームがチャンピオンシップに復帰するための手助けをしたい」 「僕はここにいる間に進歩していきたいと思っているし、どこまでいけるかを見てみたいんだ。最高のレベルでプレーしたいからね」 2021.01.19 09:46 Tue
twitterfacebook
thumb

賭博違反のトリッピアー、FIFAがアトレティコの訴えを却下し10週間の出場停止が確定

国際サッカー連盟(FIFA)は18日、アトレティコ・マドリーのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーへの10週間の出場停止処分を改めて科すことを発表した。 トリッピアーは、2019年夏にトッテナムからアトレティコへ移籍する際、友人グループに移籍に関する内部情報を漏洩。2020年5月にイングランドサッカー協会(FA)が違反行為と定める賭博に関与したとして、告発されていた。 FAの調査の結果、トリッピアーは7つの違反疑惑の内、3件の嫌疑は晴れたものの、残る4件の違反行為が立証されたため、10週間の出場停止と7万ポンド(約980万円)の罰金処分が科されていた。 しかし、FAが下したこの制裁措置に対して、スペインリーグとアトレティコ・マドリーはFA傘下で現在プレーしていないトリッピアーに対する出場停止処分は受け入れられないとし、訴えを申し入れていた。その結果、一時的に出場停止処分が凍結され、12日に行われたラ・リーガ第1節延期分のセビージャ戦でトリッピアーは復帰していた。 だが、今回の決定によりトリッピアーは2月28日まで出場停止処分が科され、2月23日に行われるチャンピオンズリーグ・ラウンド16・1stレグのチェルシー戦を含め、今後9試合を欠場することが決まった。 2021.01.18 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

リーグ戦快勝に満足感を示すケイン、守備的戦術にも言及

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが、快勝したシェフィールド・ユナイテッド戦を振り返っている。 トッテナムは17日、最下位に沈むシェフィールド・ユナイテッドの敵地に乗り込んだ。キックオフからわずか5分後、CKからDFセルジュ・オーリエがネットを揺らし幸先よく先制すると、40分にはショートカウンターからケインに今季12点目となるゴールが生まれ、2点リードで試合を折り返す。 59分に失点しまうものの、その3分後にMFタンギ・エンドンベレの圧巻ループシュートが決まり再び2点差に。トッテナムは結局、アウェイで1-3の快勝を収めた。 決勝点となる2点目を決めたケインは、この1カ月で2勝目を挙げたチームのパフォーマンスに満足感を示すとともに、モウリーニョ監督の守備的戦術が揶揄される現状に反論した。 「今日は見事なパフォーマンスだったよ。本当に良い入りをして、積極的な守備で論理的に試合を進めて2-0にできた。後半は失点してしまったけど、僕たちはパニックにならなかった。タンギ・エンドンベレが素晴らしいゴールを決めてくれて、ここ数週間できていなかった試合の終わらせ方ができたんだ」 「監督が守備を徹底しろと言ってるわけではなくて、ピッチ上のメンタリティがそうさせるんだ。僕たちは勝つためなら引いて守り抜くこともいとわない」 「最も重要なのは、選手として責任を持って臨むことだけど、今日はそれができた。また最も重要なことは試合に勝つことだ。良い状態を持続できれば、どんなチームだろうとタイトルレースに参加できるはずだ」 「だからこそ、勝ち点を落としてしまったことには失望したし、悔しい思いをしたんだ」 2021.01.18 14:41 Mon
twitterfacebook
thumb

「ここまで来てくれて本当に嬉しい」モウリーニョ監督が復調のエンドンベレを絶賛

シェフィールド・ユナイテッド戦を快勝で終えたトッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が試合を振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』がコメントを伝えている。 トッテナムは17日、最下位に沈むシェフィールド・ユナイテッドの敵地に乗り込んだ。キックオフからわずか5分後、CKからDFセルジュ・オーリエがネットを揺らし幸先よく先制すると、40分にはショートカウンターからFWハリー・ケインが追加点を挙げて2点差とする。 快適に試合を進めていたトッテナムだが、59分に一瞬の隙を突かれて点差を縮められてしまう。しかしその3分後、味方のパスからボックス左に抜け出したMFタンギ・エンドンベレが、相手に体を寄せられながらも右足アウトサイドでGKの頭上を抜く圧巻のループシュートを流し込み、シェフィールド・ユナイテッドの戦意を喪失させた。 結局、敵地で1-3の勝利を収め、上位戦線にしがみ付いたトッテナム。モウリーニョ監督もそのパフォーマンスに満足している様子だ。 「パフォーマンスは良かった。チームは試合を支配していたし、前半だけで試合を殺すだけのチャンスは十分に作っていた。後半は同じ意図で臨んだが、非常に基本的なミスが彼らにたった一度のチャンスを与え、ゴールを奪われてしまった。それでも我々は強かなアクションで、再び2点差に広げることに成功した」 指揮官はまた、勝利に導くゴールも決めたハイパフォーマンスを見せたエンドンベレのプレーも称賛している。 「私は何年もコーチをしてきて、多くの選手と接してきたが、選手があまり良いプレーをしていないときは、それは選手自身の責任であり、プレーが状況を好転させ、パフォーマンスレベルを非常に高いレベルに引き上げたときは、それはその選手の責任でもあると言えるほどの経験を持っている」 「私と一緒なら、ドアは常に開いているという良い例えだ。チームのドアは常に開いていて、選手がプレーしていないときには、その理由を理解しようとしなければならないし、どうすればそのドアを通り抜けることができるのかを理解しようとしなければならない」 「彼(エンドンベレ)は理解していた。ゴールは凄かったが、私はゴールではなくパフォーマンスを見ている。パフォーマンスは素晴らしかったし、彼がここまで来てくれたことを本当に喜んでいる。彼はとても、とても良いプレーをしているよ」 2021.01.18 14:06 Mon
twitterfacebook