堂安フル出場も終盤に勝ち越しを許したビーレフェルトが6連敗…《ブンデスリーガ》

2020.11.22 02:04 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
堂安律の所属するビーレフェルトは21日、ブンデスリーガ第8節でレバークーゼンと対戦し1-2で敗戦した。堂安はフル出場している。5連敗中の15位ビーレフェルトが、ミッドウィークにヨーロッパリーグを控える4位レバークーゼンを本拠地に迎えた一戦。ビーレフェルトの堂安は[4-1-4-1]の右MFで開幕7試合連続スタメンとなった。

立ち上がりから地力で勝るレバークーゼンがボールを保持するが、アタッキングサードでのアイデアが足りず、決定機まで持ち込めない。それでもレバークーゼンは15分、ドリブルでボックス左から侵入したディアビが縦に切り込みシュート。しかし、これは相手GKのセーブ弾かれた。

膠着状態が続く中、レバークーゼンは27分にボックス右手前でパスを受けたベイリーがヴィルツとのパス交換でボックス右から侵入すると、縦に持ち上がり右足でゴールネットを揺らした。

先制を許したビーレフェルトは30分、右サイドから仕掛けた堂安がボックス内でシンクフラーフェンに倒されたが、主審はノーファウルの判定を下した。

1点のビハインドで後半を迎えたビーレフェルトは、開始早々にラッキーな形で追いつく。47分、シンクフラーフェンのバックパスがGKフラデツキーの手前でイレギュラーすると、フラデツキーが空振りしたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。

さらに同点に追いつかれたレバークーゼンは、49分にアクシデント。プレー中に左足を負傷したスヴェン・ベンダーがメディカルスタッフに両肩を抱えられてピッチを後に。ドラゴビッチが緊急投入された。

その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した展開が続いたが、レバークーゼンは試合終盤に勝ち越しに成功する。88分、左CKからの二次攻撃でヴィルツの上げた左クロスをファーサイドのターが折り返すと、相手DFのクリアボールをボックス右で拾ったヴァイザーがシュート。このシュートは相手GKに弾かれたが、跳ね返りを中央で拾ったドラゴビッチがゴール右下にシュートを流し込んだ。

結局、これが決勝点となりレバークーゼンが2-1で勝利。敗れたビーレフェルトは6連敗となった。
コメント
関連ニュース
thumb

ライプツィヒが2戦ぶりの白星! 堂安2度の決定機逸響いたビーレフェルトは泥沼の7連敗…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第9節、RBライプツィヒvsビーレフェルトが28日に行われ、ホームのライプツィヒが2-1で勝利した。なお、ビーレフェルトのMF堂安律は75分までプレーした。 6連敗で16位に沈むビーレフェルトが4位のライプツィヒのホームに乗り込んだ一戦。格上相手に連敗ストップを期すアウェイチームは堂安が開幕から9試合連続のスタメンを飾った。 敵地で勇敢な入りを見せたビーレフェルトは相手を押し込んでいく。そして、8分にはボックス右でパスを受けた堂安に絶好機が訪れるが、ややコースの甘いシュートはGKグラーチのファインセーブに遭い、開始早々の先制点とはならず。 その後は相手のハイラインの背後を突く形でサイドを起点に良い形が続くビーレフェルトは、堂安らが積極的にフィニッシュに絡んでいく。だが、最後の精度を欠いて相手を仕留め切れない。 すると、徐々にホームのライプツィヒに流れが傾き始める。24分にはボックス左でダニ・オルモからパスを受けたアンヘリーニョが鋭いグラウンダーのシュートを放つが、これは枠の右に。だが、29分にはサマルジッチの相手DF2枚の間を抜く絶妙なスルーパスに抜け出したアンヘリーニョがボックス内で冷静にDFをかわして左足のシュートを流し込んだ。 先制後は完全にホームチームのペースが続くが、アンヘリーニョやダニ・オルモの枠内シュートをGKが好守で凌ぎ追加点は許さないビーレフェルト。すると、前半終了間際の45分には再び堂安にビッグチャンス。ピーペルのロングフィードに完璧なタイミングで抜け出した背番号8はボックス右得意の角度で左足を振り抜くが、ファーポストを狙ったシュートはわずかに枠の左へ外れた。 試合内容はイーブンも決定力の差がスコアの差に表れた中、後半もライプツィヒが決定力の差を見せつける。ハーフタイム明けにウパメカノ、ハルステンベルクに代えてコナテ、エンクンクを投入したホームチームは47分、相手DFピーペルの不用意なボックス内でのGKへの短いバックパスをダニ・オルモが奪取。ゴール前でドフリーのエンクンクに繋ぐと、難なくゴールへ流し込んだ。 ミスから点差を広げられたビーレフェルトはリスクを冒してゴールを奪いにいく。59分にはボックス中央で斜めのパスを引き出した堂安にこの試合3度目の決定機も、左足のシュートは相手DFのブロックに遭う。続く60分にはヤボが強烈なミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の右へ外れた。 後半半ばを過ぎると、前半同様にイーブンな状況が続くが、ライプツィヒに3点目のチャンスが訪れる。72分、ボックス内へ抜け出したセルロートがDFピーペルに倒されてPKを獲得。ここでセルロートが自らキッカーを務めたが、右を狙ったシュートは完全に読まれて痛恨の失敗に。 守護神のビッグセーブでピンチを脱したビーレフェルトは直後に堂安らを下げてフレッシュな選手の投入で勝負をかけると、直後に左サイドでの仕掛けからゴール前にこぼれたルーズボールをクロスが冷静に流し込み、ようやく1点を返す。 すると、PK失敗から完全に流れを失ったホームチームは試合終盤にかけてビーレフェルトの猛攻に晒される。86分にはクロス、ニルソンとボックス内で続けて決定的なシュートを浴びたが、ここは相手のシュート精度にも助けられて事なきを得た。 そして、このまま何とか逃げ切ったライプツィヒが2戦ぶりの白星。一方、善戦も決定力不足に泣いたビーレフェルトは厳しい7連敗となった。 2020.11.29 01:37 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤渓太が初先発初ゴールも前半で負傷交代…堂安との日本人対決はウニオン・ベルリンが快勝!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第7節のウニオン・ベルリンvsビーレフェルトが7日に行われ、5-0でウニオン・ベルリンが快勝した。ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は3分に移籍後初ゴールを記録するも20分に負傷交代、ビーレフェルトのMF堂安律は82分までプレーした。 前節3試合ぶりの白星を飾った8位ウニオン・ベルリンが、本拠地に4連敗中の15位ビーレフェルトを迎えた一戦。ウニオン・ベルリンの遠藤は左MFで移籍後初スタメン、ビーレフェルトの堂安は右MFで7試合連続のスタメンとなった。 遠藤のミドルシュートで幕を開けた一戦は、ウニオン・ベルリンが開始早々にゴールネットを揺らす。3分、クルーゼのパスで右サイドを抜け出したベッカーがボックス右から折り返しを供給すると、ゴール前の遠藤が冷静に流し込んだ。ベッカーのオフサイドの可能性からVARのレビューが入るも、無事ゴールが認められた。 遠藤の移籍後初ゴールで先制したウニオン・ベルリンは、13分にも左サイドを持ち上がったクルーゼの折り返しをペナルティアーク内のアンドリッヒがダイレクトシュート。これがゴール左に突き刺さった。 幸先良く2点を奪ったウニオン・ベルリンだったが、18分にアクシデント。プレー中に左もも裏を痛めた遠藤がプレー続行不可能となり、メディカルスタッフと共に歩いてピッチを後に。ゴギアが緊急投入された。 相手のハイプレスと激しい寄せに苦戦するビーレフェルトは、思うように攻撃の形を作れず。堂安も相手の素早い寄せになかなか前を向いてプレーをさせてもらえない。 すると、ウニオン・ベルリンは前半終了間際に追加点を奪う。47分、クルーゼのスルーパスでボックス右に抜け出したベッカーが、GKのニアを抜く巧みなダイレクトシュートをゴールに流し込んだ。 ハーフタイムに3人の選手交代を敢行したビーレフェルトだったが、後半も先にスコアを動かしたのはウニオン・ベルリン。51分、敵陣でパスカットしたベッカーが左に展開すると、ボックス左から縦に仕掛けたゴギアがピーペルに倒されてPKを獲得。このPKをクルーゼがゴール左隅に決めた。 リードを広げられたビーレフェルトは、79分にペナルティアーク手前でFKを獲得すると、堂安が直接ゴールを狙ったがボールは壁に当たり相手GKにキャッチされた。 試合を締めにかかるウニオン・ベルリンは、89分に途中出場のトイヒャートが2試合連続となるゴールでダメ押し。ブンデスリーガでクラブ最多となる5得点を挙げ快勝した。一方、4試合連続で複数失点を喫してしまったビーレフェルトはリーグ戦5連敗となっている。 2020.11.08 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

堂安律が日本代表のオーストリア遠征不参加、クラブが派遣拒否

日本サッカー協会(JFA)は7日、アルミニア・ビーレフェルトのMF堂安律がオーストリア遠征に参加しないことを発表した。 JFAは、5日にオーストリア遠征に臨む日本代表メンバーを発表。10月のオランダ遠征に続いて海外組のみの編成となったなか、堂安の名前も挙がっていた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJnMEdoRG5ESSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> JFAによるとクラブ事情によりとされているが、ビーレフェルトは今回の代表招集に関して声明を発表。堂安を含めた代表選手の派遣を拒否していた。 「今回の代表戦に招集された5選手は、国外のリスクエリアに移動することになる。その結果、ビーレフェルトに戻ってきても5日間は隔離されることになるだろう。そして我々は様々な当局と協議を重ね、彼らの海外派遣に応じないことを決定した。このことはすでに選手たちにもそれは伝えている」 なお、現時点での追加招集選手は発表されていない。 日本代表は13日にパナマ代表と、17日にメキシコ代表と対戦する。 2020.11.07 11:11 Sat
twitterfacebook
thumb

「国外リスク地域への派遣義務ない」 ビーレフェルトが堂安律ら5選手を代表合流認めず

今月の日本代表メンバー入りを果たしたMF堂安律だが、所属先のビーレフェルトは参加を認めないようだ。 ビーレフェルトからは堂安のほか、アンゴラ代表DFアンデルソン・ルコキやベナン代表MFセビオ・スク、ベネズエラ代表FWセルヒオ・コルドバ、フェロー諸島代表FWヨアン・エドムンドソンが各々の代表から招集を受けたが、5日に「新型コロナウイルスの感染拡大で国際サッカー連盟(FIFA)の規定が変わり、国外リスク地域への派遣義務はない」として、各選手の代表合流を許可しないとの声明を発表した。 スポーツディレクターのサミール・アラビ氏は「U-21ドイツ代表としてブラウンシュバイクでプレーするアモス・ピーペルとアルネ・マイアーを除いて、すべての選手が国外のリスク地域に移動することになる。その場合、ビーレフェルトに戻り次第、5日間の隔離が必要になってくるため、各当局と協議した結果、クラブとして選手を派遣しないことを決めた。選手にはすでに伝えて、彼らも理解している」と語った。 日本は先月に続いて今月の代表ウィークでも欧州遠征を実施。拠点のオーストリアで2試合の国際親善試合が組まれ、13日にパナマ代表と対戦後、続く17日にメキシコ代表と激突する。 2020.11.06 08:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルトが堂安律を含む5選手を代表派遣を許可せず

ビーレフェルトは5日、今月行われる代表ウィークでドイツ国内以外で試合の開催される日本代表MF堂安律ら5選手の海外派遣に応じないことを発表した。 ビーレフェルトのサミール・アラビSD(スポーツ・ディレクター)は、公式サイトで以下のように理由を説明した。 「今回の代表戦に招集された5選手は、国外のリスクエリアに移動することになる。その結果、ビーレフェルトに戻ってきても5日間は隔離されることになるだろう。そして我々は様々な当局と協議を重ね、彼らの海外派遣に応じないことを決定した。このことはすでに選手たちにもそれは伝えているよ」 今回の発表により、日本代表MF堂安律、ベネズエラ代表FWセルヒオ・コルドバ、フェロー諸島代表FWヨアン・エドムンドソン、ベナン代表MFセビオ・スク、アンゴラ代表DFアンデルソン・ルコキの代表戦不参加が決定した。 2020.11.06 01:00 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly