遠藤航フル出場のシュツットガルト、土壇場弾でホッフェンハイムとの打ち合いはドロー《ブンデスリーガ》

2020.11.22 01:56 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは21日、ブンデスリーガ第8節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、3-3で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。前節フランクフルト戦を2-2の引き分けに持ち込まれた8位シュツットガルト(勝ち点10)は、日本代表戦でも出色のパフォーマンスを発揮した遠藤が[3-5-2]のボランチで開幕から8試合連続先発となった。

13位ホッフェンハイム(勝ち点7)に対し、ハイプレスをかけていったシュツットガルトは5分、高い位置でボールを奪ってディダヴィがボックス左から決定的なシュートを放った。

良い入りを見せたシュツットガルトは14分に遠藤がミドルシュートでオンターゲットを記録。しかし16分、ルーズボールを拾ったバウムガルトナーにペナルティアーク中央からファーストシュートを打たれると、これが決まってしまった。

それでも2分後、遠藤のパスを受けた右サイドのニコラス・ゴンサレスがカットインからボックス右に侵入してゴール左へ蹴り込んだ。

ニコラス・ゴンサレスの個人技で同点としたシュツットガルトは27分、ニコラス・ゴンサレスのヘディングシュートはバーに直撃するも、ルーズボールをワマンギドゥカが押し込んで一気に逆転に成功する。

39分にもワマンギドゥカがコントロールシュートで3点目に迫ったシュツットガルトが2-1で前半を終えた。

しかし後半開始3分、セセニョンに同点弾を許したシュツットガルトは、50分に遠藤がミドルシュートで牽制。

その後は一進一退の攻防が続いていたが、70分にPKを献上してしまう。グリリッチュにディフェンスライン背後を取られ、アントンがボックス内で倒してしまった。このPKをクラマリッチに決められたシュツットガルトは、なかなかチャンスを作れずにいたが、試合終了間際に追いつく。

追加タイム3分、パワープレーで上がっていたボックス左のケンプフがスローインの流れからシュートを蹴り込んでシュツットガルトが土壇場で同点とした。直後にタイムアップとなり3-3で終了。打ち合いはドローに終わっている。
コメント
関連ニュース
thumb

「ファイターらしく見えるかな」マウスピースを手にしたMF遠藤航、デュエル勝利数については「Jリーグでも取り入れたら」

日本代表は15日、17日に控えるメキシコ代表戦に向けてトレーニングを実施した。 13日のパナマ代表戦では、南野拓実のPKを守り切って1-0で勝利した日本。一方のメキシコは、14日に韓国代表と親善試合を行い、先制を許したものの、一気に3ゴールを奪って3-2と逆転勝利を収めていた。 トレーニング前、MF遠藤航(シュツットガルト)がメディア取材に応対した。 パナマ戦では後半頭からピッチに立ち、チームに流れを引き寄せる出色の活躍を見せた遠藤。メキシコ戦については「パナマ戦しっかり勝てたことは大きいですし、メキシコ戦は大事で、勝ちを目指します」と力強く勝利を目指すと語った。 韓国との試合については「試合は観れていないですが、良いチームだと知っていますし、分析等はこれからです」とコメント。「ミーティングなどで、イメージをしっかり頭に入れて、勝てるように良い準備をしたいと思います」とこれから勝利に向けて準備すると語った。 パナマ戦では得意のボール奪取だけでなく、そこから効果的な攻撃を生み出していた遠藤。その点について「もともと自分の特徴として縦に入れるところはありましたが、最近意識しているのは、相手がどうプレッシャーをかけるのか、見方がどこにいるのか、3枚、4枚とか、相手のシステムとかを考えて自分がどこでボールを受けるべきか。自分のポジショニングをすごく意識しているので、ここ最近の変化はそういうところです」と、相手を見る事が大きいとし、「ブンデス1部でしっかりやれていることが自信になっていると思います」とドイツでのプレーで自信を得た事が大きいとも語った。 その相手を見るという大きなプレーポイントについては「 シュツットガルトの今の監督は相手に合わせて形を変えたりする監督なので、そこの戦術的な部分のやり方が勉強になっています」と移籍後により強く意識するようになったと言い、「昔から意識はしていましたが、シュツットガルトに来てから、そういうブンデスでプレッシャーある中でやっていく中で磨かれたと思います」と、この1年で大きく変化したところだと明かした。 その遠藤は今回のシリーズからマウスピースを着用する。シュツットガルトにいる日本人の歯科医で作ってもらっているというが、その理由は「基本的には歯を守るということと、色は赤と青、所属先のチームカラーと代表のカラーで、アウェイは赤、ホームは青をつけようかなと」とコメント。「球際が強いやデュエルが強いというイメージが強いというのもあるので、ファイターらしく見えるかなというのも」と語り、見た目も考えてのことだと明かした。 それには自身のポジションも関係していると言い「守備的MFは注目されづらい、アタッカーの前の選手が注目されることは割り切って僕らもプレーしているんですが、僕みたいな目立たないタイプや守備的な選手が注目されるにはどうしたらいいか」と、分かりづらい活躍により注目を浴びられないとコメント。「たまたまブンデス勝利数1位を取り上げてもらっていて、そういうタイミングなので、マウスピースをつけて、守備的MFの選手が僕だけじゃなくて注目されるようになっていけば僕も嬉しいと思います」と、自身が今注目を集めていることを利用して、価値を高めて行きたいと考えたことも明かした。また、「サッカーの見方も普通のサッカーを見ているサポーターの方の見方が変わってくれればという思いもあります」と注目して欲しいとアピールした。 ブンデスリーガでは守備面のスタッツもランキング化されているが、現時点でJリーグはゴール数のみ。アシストなども数値化されてランキングにはなっていない。 その点については「それは思います」とJリーグでも導入してもらいたいとコメント。「ブンデス1部でプレーしはじめてこういったデータが出ると知って、これはJリーグででたらいいなとか。データが出ることによって、守備的MFが注目されることもあると思うし、後ろの選手のデータも良いってでてくると思います」と、守備陣の評価基準としてあった方が良いと感じているとした。 また、「僕が言って簡単に導入されるものではないですが、指標としてもっともっと注目されるようになればと。僕のような選手がもっと注目されるようになると思います」とし、新たな評価基準を提案していた。 遠藤がプレーするボランチは、2018年のロシア・ワールドカップをもって長年務めたMF長谷部誠(フランクフルト )が代表を引退。後釜が誰になるのかは大きな注目を集めていた。 そのボランチへの思いについては「ロシア後のタイミングは誰もが長谷部さんの後、誰がボランチでプレーするのかという思いがあったと思いました」と遠藤も感じていたとコメント。「僕はロシア前からボランチでプレーしたいという思いがあって、その後移籍してボランチでプレーできるようになりました」と浦和レッズ時代は3バックの一角でプレーしていたが、シント=トロイデン、シュツットガルトでボランチとしてプレーできている事が大きいとコメントした。 それでも、「今ブンデス1部でやれるようになっていることは自信になっていますが、さらに存在感を高められるような選手になりたいと思います」とまだまだ成長したいとコメント。「次の一戦は自分にとって大事な一戦になると思いますし、チームの中心として次の試合でも存在感を出せればと思います」とメキシコ戦にも意欲を示した。 2020.11.15 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

投入後にチームの流れが一変、MF遠藤航が大事にすること「相手の位置、味方の位置、自分の位置を把握すること」

日本代表のMF遠藤航(シュツットガルト)が、パナマ代表戦後にメディアの取材に応対。試合について振り返った。 13日、日本代表は国際親善試合でパナマ代表と対戦。後半に久保建英のスルーパスを受けた南野拓実がボックス内で倒されPKを獲得。これを自らしっかりと決めて、1-0で日本が勝利した。 <div id="cws_ad">◆南野のPKで勝利!日本代表vsパナマ代表 ハイライト<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1qkaldp2hdx4h1chk2hiblftdc" async></script></div> 遠藤は後半開始からピッチに立つと、攻守にわたってチームを活性化。大きく試合の流れを変える役割を果たし、勝利へのキーマンとなった。 南野のPK奪取のシーンも、ラストパスを出した久保へ縦パスを入れた遠藤。そのシーンについては「前半上から見ていて、前につければチャンスになるなと思っていた」とスカウティングできていたとコメント。「拓実やシャドーが空いてるなと感じていた」とし、前線にパスを出す余地があると感じていたことを語った。 実際にピッチに立った遠藤は、柴崎岳(レガネス)とのコンビとなったが、横に並ぶポジションを取った。この点についても「2ボランチが横並びの方がボールを動かしやすいなというイメージがあった」とし、「良いポジショニングとタケ(久保建英)が空いていたのでシンプルにつけた」と語り、狙い通りのプレーができたとした。 前半は橋本拳人(FCロストフ)が下がり目のアンカーのような立ち位置となり、柴崎が少し前にポジションを取っていた。遠藤はその点についても「前半は岳が高い位置をとって間で受けようとして、後ろ3枚と前3枚なので、詰まっていたように感じた」と全体がコンパクトになっていたことで、窮屈さを感じていたとのこと。「拳人も間で受けていましたけど、1ボランチ気味だったので捕まりやすかったかなと」と語り、相手に守られやすい状況もあったと分析。シャドーがいるシステムの場合は「高い位置を取るタイミングが重要」とした。 久保への縦パスを含め、効果的なサイドチェンジやパス出しを行っていた遠藤。その際に気をつけることは「味方のポジションも見ているんですが、相手がどうプレスをかけるかを特に注意しています」とし、相手の出方を見ているとのこと。「3バックのナオ(植田直通)がボールを持った時に、ボールサイドのボランチは掴まれているけど、逆の僕はフリーだたり。相手のポジションを見てプレーすることを意識しています」と、自分のポジション取りのために相手を見ると語った。 起点となったプレーも「僕がタケにつけたところは、特に難しいことはしていないです」とコメント。「立ち位置、相手の位置、味方の位置、自分の位置を把握することが大事だと思います」とし、状況判断が重要であると説いた。 一方で守備面については「拓実が孤立して、シャドーの選手が下がり気味だったので、もう少し高い位置を取らせて、ウイングバックも前に出るともう少しプレスをかけられるかなと」と、全体的に後ろ重心だった印象だった様子。「ブロックを引いて守るという意味では悪くなかったですが、もう1つ前からプレッシャーをかけたいというなら、拓実をアンカーに、シャドーをセンターバックに行かせるポジション、そういった部分は後半点取りに行く状況だったので話をしました」とし、味方の立ち位置とプレスのタイミングを調整したと語った。 チームでも好調を維持する遠藤は、そのパフォーマンスが影響したとコメント。「ブンデスでやっていたことが出せたということ。ブンデスよりスペースもあったのでプレッシャーもそんなに感じませんでした」と、日頃のレベルの高さを感じたとコメント。「三好や(鎌田)大地に出す裏のボールもしっかり出せたと思う。そういうプレーは引き出しとして多く出していきたい」と語り、「裏と足元の使い分けはこれからもしていきたい」と、パスのチョイスにもこだわりたいと考えているようだ。 2020.11.14 03:10 Sat
twitterfacebook
thumb

「上位争いするとは」ブンデスでデュエル最多勝利にMF遠藤航、その要因に「バチバチに当たることを意識している」

日本代表がオーストリアのグラーツへ集合。パナマ代表戦を翌日に控えた12日のトレーニング前にオンラインでのメディア取材に応じた。 10月のオランダ遠征に引き続き招集を受けたMF遠藤航(シュツットガルト)が取材に応じた。 シュツットガルトの中盤の要として昇格組ながら8位と躍進するクラブを支えている遠藤。初挑戦となったブンデスリーガ1部において、デュエルの成功数116回は並み居る選手を抑えてリーグトップに。この現状に「上位争いをするとも思っていませんでした」と謙遜しながらも、「フィジカル要素は間違いなく上がっています」と状態の良さを明かし、「海外の相手に対して、駆け引きとかせずにバチバチと当たっていくというのは特に意識をしています」とデュエル時に意識していることを明らかにした。 そのなかで、「当たりに行くためには良いポジショニングから良い守備をしていかないといけないし、そこのボールホルダープラス相手だったり、味方のポジションがどういうところにあるのかというのは常に頭を使いながら自分のポジションを置いています。あとはアプローチのスピードだったりとかは良くなってきていると思うので、トータル的に良いポジショニングからしっかしアプローチをかけていく。それプラス一対一でも負けないベースはすごく自分の強みとして良くなっていると思います」と手応えを口にした。 10月は2試合で上々のパフォーマンスを見せた日本代表。その中での改善点については「今のベースを上げていく作業だと思います」と選手個々のレベルアップを要求。「チームとしての戦いも大事ですけど、個人がいかにW杯に向けて成長できるのかというのが1番肝になってくると思います」とし、各クラブで個人が成長することの重要性を説いた。 また。「日本代表の良さはチームとして戦えるところにあると思います。チームのレベルをさらに上げるためには個人で海外の強豪国に対して、しっかり競り勝てるような選手を揃えることがW杯で結果を残すための近道になると思います」とチームで戦うことも重要としながらも、個人の成長がチームの結果に繋がると考えているようだ。 今回の代表メンバーには前回招集されなかったMF橋本拳人の名もあり、ポジション争いも激化しているなか、「誰が出てても遜色ないように思われるのが理想だと思います」とコメント。「全員の特徴は違うと思いますけど、同じレベルでプレーを続けることが大事だと思います。非常に良いライバルがいると思っているのでチームにとってはポジティブだと思います」とポジション争いを歓迎した。 また、「要求するベースは間違いなく上がっていると思います」と以前よりも要求が高まっていると述べると、「お互いにペアが変わった時にやりやすいやりにくいではなく、お互いがお互いの良さを出せるようにプレーするというのもすごくボランチは特に大事だと思っています」とコンビを組む相手を考える必要があるとのこと。「自分の良さを最大限出せるのかというところにはこだわるべきだし、チームとしてのやり方に気を使って自分のプレーができないという状況は避けるべきです」と、チーム戦術をベースにしながらも、個の特徴をしっかりと発揮する事が大切だとした。 2020.11.12 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

遠藤航と鎌田がゴールに絡んだ日本人対決はフランクフルトが2点のビハインドを追いつきドロー決着《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第7節、シュツットガルトvsフランクフルトが7日に行われ、2-2で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場、フランクフルトのDF長谷部誠はフル出場、MF鎌田大地は87分までプレーしている。 2勝3分け1敗で並ぶシュツットガルトとフランクフルトによる日本人対決。前節シャルケ戦を1-1で引き分けたシュツットガルトは、高パフォーマンスを続ける遠藤が7試合連続スタメンとなった。 一方、前節ブレーメン戦では鎌田のアシストで同点としたものの、鎌田のゴールがVARで取り消しになるなど、逆転勝利には及ばなかったフランクフルト。そのフランクフルトは鎌田と長谷部が7試合連続スタメンとなった。 遠藤と鎌田がマッチアップする形となった日本人対決はオープンな展開で推移していく。まずは6分、フランクフルトがアンドレ・シウバのヘディングシュートでゴールに迫ると、シュツットガルトは9分にカストロがボックス左からシュートを浴びせて牽制。 14分にドストが決定機を迎えたフランクフルトだったが、16分にトゥーレがボックス左に侵入したニコラス・ゴンサレスを倒してシュツットガルトがPKを獲得。このPKをニコラス・ゴンサレス自ら決めてシュツットガルトが先制する。 ビハインドとなったフランクフルトは21分、ビルドアップミスを突いて鎌田が決定的なシュートを放つも枠を外す。さらに33分、鎌田のチャンスメークからコールが決定的なシュートを浴びせたが、相手DFの好守に阻まれた。 すると37分、シュツットガルトが追加点を奪う。遠藤のパスを受けたニコラス・ゴンサレスがスルーパス。これに抜け出したカストロがGKとの一対一を制した。 後半からバルコクとユネスを投入し、サイド攻撃にテコ入れをしたフランクフルトが前がかる中、51分にコールが決定的なシュートを浴びせると、61分に1点を返す。 鎌田のパスでボックス右深くまで侵入したバルコクがマイナスに折り返し、アンドレ・シウバが蹴り込んだ。 攻勢に出るフランクフルトは62分にコールが決定的なヘディングシュートを浴びせると、65分にはアンドレ・シウバがカットインシュートでGKを強襲した。 そして75分、バルコクの右CKからアブアラムのヘディングシュートが決まり、フランクフルトがついに同点に追いついた。 追い付かれたシュツットガルトは79分、クリバリが枠内シュートを放つも、GKトラップに好守で止められ、2-2の引き分け決着に。日本人対決は譲らずドローで終了した。 2020.11.08 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤フル出場のシュツットガルトが2試合連続ドロー…不調シャルケは未勝利が続く《ブンデスリーガ》

遠藤航の所属するシュツットガルトは30日、ブンデスリーガ第6節でシャルケとアウェイで対戦し1-1の引き分けに終わった。遠藤はフル出場した。 前節ケルン戦を1-1のドローで終えたシュツットガルトは、その試合からスタメンを2人変更。ディダヴィとワマンギトゥカに代えてソサとクリモビッツをスタメンで起用。遠藤もボランチで6試合連続のスタメンとなった。 開幕から未勝利が続くシャルケに対し、シュツットガルトは4分、カストロとのパス交換でペナルティアーク内に侵入したクリモビッツがワントラップから右足を振り抜いたが、これはゴール左に外れた。 一進一退の展開が続く中、シュツットガルトはセットプレーから失点を許す。30分、バイタルエリア右手前で獲得したFKからアリがクロスを供給すると、ファーサイドの走り込んだチアウがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。 先制を許したシュツットガルトは、ハーフタイムにかけて何度かアタッキングサードまでボールを運んだが、自陣で集中した守備を見せるシャルケの牙城を崩せず。前半はシャルケのリードで終了した。 迎えた後半、1点を追うシュツットガルトはカラジッチを下げてニコラス・ゴンサレスを投入。すると55分、中盤で獲得したFKからソサがクロスを上げるとニコラス・ゴンサレスのヘディンシュートがS・サネの手に当たる。これがVARの末にPKとなると、ニコラス・ゴンサレスがゴール右へシュートを沈めた。 同点に追い付いたシュツットガルトは67分、ボックス左から侵入したソサがカットインから右足を振り抜いたが、このシュートはGKレノウがセーブ。さらに86分にも、ペナルティアーク右横でパスを受けたカストロがミドルシュートで狙ったが、これも相手GKの好守に阻まれた。 シュツットガルトは試合終了間際にピンチ。91分、中盤からのFKをボックス右のS・サネが折り返すとラマンがシュート。マンガラがブロックしたボールがゴール前の遠藤に当たりあわやオウンゴールになりそうになるも、これはGKコベルのファインセーブで難を逃れた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。シュツットガルトは押し込みながらも追加点が奪えず、2試合連続のドローとなった。 2020.10.31 06:35 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly