2020年ゴールデンボーイ賞にハーランド! ドルトでも卓越した決定力で異彩

2020.11.21 14:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがゴールデンボーイ賞に輝いた。イタリア『トゥットスポルト』主催のゴールデンボーイ賞は2003年から始まり、フランス『レキップ』やスペイン『マルカ』、イギリス『タイムズ』、ドイツ『Bild』などの欧州各国主要メディアも審査員となり、選考。ヨーロッパでプレーする21歳以下の選手が対象となり、その年に最も活躍した若手選手を決めるもので、2019年はアトレティコ・マドリーに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが受賞した。

18度目となる今回も錚々たるタレントが候補入りしたが、当初の100名から1カ月ごとに20名ずつが削られていき、先月10月の段階で20名に。そして、21日に2020年のゴールデンボーイ賞として、ハーランドの受賞を発表した。

ハーランドは今年1月にザルツブルクからドルトムント入りして以降、公式戦通算29試合の出場で27ゴールと新天地ドイツでも驚異的な得点力を発揮。今季もここまで11試合に出場して11ゴールとその異彩ぶりをより解き放ち、チャンピオンズリーグ(CL)に限れば、ここまで3試合4ゴールを記録している。

なお、日本人選手ではビジャレアルのMF久保建英とAZでプレーするDF菅原由勢の2選手が100名の候補に含まれたが、9月の段階で両者とも落選。ハーランドが新たな勲章を手にする形で幕を下ろした2020年のゴールデンボーイ賞最終候補者は以下のとおり。

◆2020年のゴールデンボーイ賞最終候補
DFミシェル・バッカー(パリ・サンジェルマン/オランダ)
MFエドゥアルド・カマヴィンガ(スタッド・レンヌ/フランス)
FWジョナサン・デイビッド(リール/カナダ)
MFアルフォンソ・デイビス(バイエルン/カナダ)
DFセルジーニョ・デスト(バルセロナ/アメリカ)

FWファビオ・シウバ(ウォルバーハンプトン/ポルトガル)
FWアンス・ファティ(バルセロナ/スペイン)
MFフィル・フォーデン(マンチェスター・シティ/イングランド)
MFライアン・グラフェンベルフ(アヤックス/オランダ)
FWメイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)

FWアーリング・ハーランド(ドルトムント/ノルウェー)
FWカラム・ハドソン=オドイ(チェルシー/イングランド)
MFデヤン・クルゼフスキ(ユベントス/スウェーデン)
FWロドリゴ(レアル・マドリー/ブラジル)
FWブカヨ・サカ(アーセナル/イングランド)

MFジェイドン・サンチョ(ドルトムント/イングランド)
MFドミニク・ショボスライ(ザルツブルク/ハンガリー)
MFサンドロ・トナーリ(ミラン/イタリア)
FWフェラン・トーレス(マンチェスター・シティ/スペイン)
FWヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー/ブラジル)
コメント
関連ニュース
thumb

ハーランド&サンチョ弾で3連勝のドルトムントが首位をキープ! ラツィオに敗戦したゼニトはGS敗退が決定《CL》

ドルトムントは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第4節でクラブ・ブルージュとホームで対戦し、3-0で勝利した。 4日にアウェイで行われた前節の同一カードを3-0で快勝しグループF首位に浮上したドルトムントは、前回対戦から先発を3人変更。ブラントやヴィツェル、ダフードに代えてサンチョ、ベリンガム、フンメルスを先発で起用した。 グループステージ突破へ負けられない3位クラブ・ブルージュ(勝ち点4)に対し、最前線にハーランド、2列目に右からサンチョ、レイナ、トルガン・アザールと並べた[4-2-3-1]で臨んだドルトムントが押し込むと2分には、左サイドをオーバーラップしたラファエル・ゲレイロの折り返しからハーランドがファーストシュートを放ったが、これは枠の左に外れた。 その後も攻勢を続けるドルトムントは18分、中盤でボールをカットしたサンチョが素早く前線にボールを送ると、上手くボックス左に抜け出したハーランドがニアサイドに流し込み、先制に成功した。 先制を許したクラブ・ブルージュだが、23分にチャンス。右サイドを持ち上がったラングの折り返しをボックス内で受けたマタが落とすと、最後はボックス手前のフォルメルがダイレクトシュートで合わせたが、これはわずかにゴール左に逸れた。 1点をリードするドルトムントは、前半終了間際に追加点を奪う。45分、ペナルティアーク手前で獲得したFKをサンチョが直接ゴール左上に突き刺し、ドルトムントが2点のリードで前半を終えた。 後半はクラブ・ブルージュが重心を上げたことで、一進一退の攻防が続く。そんな中、先にネットを揺らしたのはホームチーム。60分、自身のミドルシュートのこぼれ球をボックス右で再び拾ったT・アザールの折り返しがフォルメルのクリアミスを誘うと、ゴールエリア右手前でこれを拾ったハーランドが左足で流し込んだ。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、最後まで互いにスコアは動かず。ホームでCL3連勝を飾ったドルトムントが、グループ首位をキープしている。 また、グループFもう一試合のラツィオvsゼニトは、新型コロナから復帰したインモービレの2ゴールなどでラツィオが3-1で勝利した。この結果、ゼニトは2節を残してグループステージ敗退が決定した。 2020.11.25 07:07 Wed
twitterfacebook
thumb

理由は好きな座席に座れなかった? C・ブルージュ、主力FWが規律違反でドルト戦メンバー外…

クラブ・ブルージュに所属するナイジェリア代表FWエマヌエル・デニスが驚きの理由でドルトムント戦でメンバー外となったようだ。ベルギー『Het Laatste Nieuws』が報じている。 クラブ・ブルージュは現在、チャンピオンズリーグ(CL)のグループFで1勝1敗1分けの3位に位置。そして、後半戦初戦となる第4節では首位のドルトムントと対戦する。 しかし、この重要な一戦を前に主力ストライカーを思わぬ理由で起用できないことになった。 デニスは昨シーズンの公式戦33試合で9ゴール2アシストの数字を残した主力FWのひとりで、今季ここまではリーグ戦でゴールこそないものの、CL初戦のゼニト戦では1ゴールを挙げて2-1の勝利に貢献していた。 だが、『Het Laatste Nieuws』によると、デニスは新型コロナウイルスの感染対策の影響により、チームバスの中で自身が気に入っている座席に座れなかったことに激怒し、チームバスを降りて激しく悪態を付く問題行為を働いたという。 これにより、クラブ側は同選手に対して規律違反を言い渡し、罰金と共に今回のドルトムント戦の遠征メンバーから外すという、苦渋の決断を下した。 今回の処分に関してフィリップ・クレメント監督は、違反の詳細に関して言及は避けたものの、「デニスはフィットしているが、我々のセレクションに入っていない。彼はクラブのルールに従わなかった」と、懲戒処分を認めている。 2020.11.24 22:43 Tue
twitterfacebook
thumb

止まらない“神童”ハーランド、点を決め過ぎて指揮官もゴールを数え切れず!?「3ゴール?あれ、4ゴールだっけ?」

驚異的なペースで得点を重ねるドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドに、指揮官も驚きを隠せないようだ。 ドルトムントは21日、ブンデスリーガ第8節でヘルタ・ベルリンと対戦。5-2でホームのヘルタを破り、リーグ順位を2位に上げた。 <div id="cws_ad">◆ザルツブルク時代から凄い!ナポリ相手に物怖じしないパフォーマンスを見せるハーランド<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSRGJ6dlRyciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> この試合で4得点と大爆発を見せたハーランド。これで今シーズンの公式戦12試合に出場し、15ゴールという数字を叩き出している。 2020年1月のドルトムント加入後の成績を見ても、公式戦30試合31ゴールと、1試合平均1得点以上という驚異的なペースで得点を量産しているハーランドだが、これには指揮官のルシアン・ファブレ監督も脱帽のようだ。 アメリカ『ESPN』は、ヘルタ戦後のファブレ監督とハーランドのやり取りの様子をSNS上で共有。映像では、試合後に「今日3ゴール決めたんだっけ?4ゴールだっけ?」と、ファブレ監督がハーランドに話しかける姿が映されている。 これにはハーランドも苦笑しながら「いやいや4ゴールだよ」といった様子でファブレ監督に説明しているようだった。 ファブレ監督が本気で間違えていたのか、それともふざけていたかは定かではないが、これだけゴールを決めていれば、カウントが追いつかなくなってしまっても無理はないかも知れない。 ハーランド本人も自身のゴールについて「最初のゴールはとても良かったし、2つ目のゴールも良かった。誰もがオフサイドだと思っていたけど、そうではなかった」とコメント。自身のパフォーマンスを評価している。弱冠20歳ながら、トップレベルでこれほどの活躍を見せる“神童”の今後の活躍に益々期待だ。 <div id="cws_ad">◆「3ゴール?4ゴール?笑」ファブレ監督も数え切れず?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Erling Haaland scored so many goals this weekend that his Dortmund manager lost count <a href="https://t.co/obpywHp24D">pic.twitter.com/obpywHp24D</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1330571224305594369?ref_src=twsrc%5Etfw">November 22, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.11.24 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントMFヘイニエルが新型コロナ陽性反応…その他の選手は陰性

ドルトムントは23日、U-23ブラジル代表MFヘイニエルが新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したことを発表した。 ヘイニエルは今月のインターナショナルマッチウィークでU-21ブラジル代表の活動に参加。親善試合のU-23エジプト代表戦とU-23韓国代表戦にそれぞれスタメン出場していた。 21日に行われたブンデスリーガ第8節のヘルタ・ベルリン戦でベンチ外となっていたヘイニエルは無症状で、すでに隔離されているという。 また、ヘイニエル以外の選手やスタッフが行なったPCR検査では、全員の陰性反応が確認されたとのことだ。 2020年1月にフラメンゴからレアル・マドリーに加入したヘイニエルは、今夏に2年間のレンタル移籍でドルトムント入り。そのドルトムントでは公式戦7試合に出場していたものの、スタメン出場はない状況だった。 2020.11.24 09:50 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、デンベレの移籍金増加中…最大で180億円超に?!

ドルトムントからバルセロナに移籍したフランス代表FWウスマーヌ・デンベレの移籍金が膨れ上がっているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 2017年夏に1億500万ユーロ(現レート約130億円)の移籍金で加入したデンベレだが、契約内容の中にいくつか追加支払いが発生する条項が含まれていたようだ。 『キッカー』によれば、そのひとつが出場数に応じてボーナスが増えていくもの。「25」、「50」、「75」、「100」と、25試合ごとに500万ユーロずつ加算され、現段階で1億3000万ユーロ(約160億円)まで上昇している。 さらに、あと17試合の出場で100試合に到達するため、今季の内にさらなる上乗せが見込まれている。 また、『キッカー』はその他諸々のボーナスを含めると、最大で1億4800万ユーロ(約182億円)になると予想しており、ここまで度重なるケガで離脱の多いデンベレは、少々高額過ぎる買い物だったと言えるかもしれない。 2020.11.23 17:40 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly