ドイツ戦で負傷したカナレス、2~3カ月の離脱に…

2020.11.21 06:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベティスのスペイン代表MFセルヒオ・カナレスが左足太ももを痛めて2~3カ月の離脱になるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。カナレスは17日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ4最終節のドイツ代表戦に先発。しかし開始9分に負傷していた。同メディアによれば左足太ももの大腿二頭筋を断裂しているとのことだ。

今季のラ・リーガ全9試合に先発し、1ゴール4アシストと活躍していたカナレスだったが、復帰は年明け以降となるようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

リーグ最多失点のベティス、ペジェグリーニは改善を約束「我々は強く自己批判していく必要がある」

レアル・ベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督がチームの守備崩壊に危機感を抱いている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ベティスは23日に行われたラ・リーガ第10節でアスレティック・ビルバオと対戦。前節のバルセロナ戦で5失点の敗戦を喫しているだけに、挽回したいところだったが、この試合でも開始10分も経たないうちにオウンゴールで失点すると、その後も守りが乱れ、終わってみれば0-4のスコアで大敗となった。 試合後、ペジェグリーニ監督は2試合で9失点を喫し、リーグ最多失点のチームになっていることに危機感を抱いていると話し、早急な改善に向けて取り組むと約束している。 「これだけ多くの失点を許してしまっていては、競争力のあるチームになることは非常に難しいと言わざるを得ない。我々は強く自己批判していく必要があると思う」 「我々は非常に攻撃的なチームになることを目指しているんだ。ただ、今の状況ではそのやり方について修正する必要があるだろう」 「問題が選手にあるかシステムにあるかはわからないが、守備の面でより歯を食いしばらなければならない。あんなにも多くの失点をしては駄目なんだ。最初のオウンゴールについては運が悪かったと思うが、その後は彼らに得点するためのスペースを与えてしまった」 また、ペジェグリーニ監督はビルバオ戦までの失点については、さまざまな要素が絡んでのものだったため、そこまで問題視していなかったようだ。ただし、今回の試合は別だとしている。 「我々がたくさんのゴールを奪われて負けた時は、退場やペナルティーなどといった要因があった。しかし、今日は違う。最初の不運なゴールを除けば、チームはどの面でも反応を示さなかったね」 2020.11.24 16:51 Tue
twitterfacebook
thumb

途中出場メッシがドブレーテ含む圧巻の存在感! 10人ベティスにマニータ達成のバルサが5戦ぶり白星!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第9節、バルセロナvsベティスが7日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが5-2で勝利した。 前節のアラベス戦では後半半ばに退場者を出したホームチームの粘りの守備をこじ開けられず、痛恨の1-1のドローとなった12位のバルセロナ。直近4戦未勝利と苦しい船出の中、5戦ぶりの白星を目指す今節は7位のベティスをホームで迎え撃った。 直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではディナモ・キエフ相手に2-1の勝利を収めたものの、ホームゲームとしてはもの足りない内容での辛勝となった。ディナモ・キエフ戦からは先発3人を変更。デストとピャニッチ、メッシに代えてセルジ・ロベルト、デンベレ、ラングレを起用した。 開幕から公式戦全試合フル出場していたメッシを初めてベンチスタートとしたバルセロナは、グリーズマンとアンス・ファティを2トップに配した[4-4-2]を採用。開始5分には高い位置でのボール奪取からボックス右のアンス・ファティからマイナスのパスを受けたグリーズマンに決定機も、左足のシュートは枠の左に。その直後にはグリーズマンのお膳立てからボックス左のアンス・ファティに決定機も、右足のシュートは枠の右に外れる。 立て続けに決定機を作り出したホームチームだが、8分にはカナレスの左CKをボックス中央でフリーのウィリアム・カルバーリョに頭で合わせられるが、ここは今季ラ・リーガ初出場のGKテア・シュテーゲンがワンハンドセーブで阻止した。 その後は互いに攻守の切り替え、縦志向の強い攻撃でゴールを目指し合う中、バルセロナが個の力でゴールをこじ開ける。22分、相手陣内中央のグリーズマンから右に張ったデンベレにパスが渡ると、鋭いカットインでボックス内に侵入したデンベレの強烈な左足のシュートがかつての守護神ブラーボの手を弾いてゴールネットを揺らした。 デンベレの今季リーグ初ゴールで先手を奪ったバルセロナは、直後の26分にもペドリの絶妙なヒールパスに反応したボックス内のグリーズマンに絶好機も、シュートを枠に飛ばせない。さらに、31分にはジョルディ・アルバの高速クロスに反応したアンス・ファティがDFマンディに後方から倒されてPKを獲得。しかし、キッカーのグリーズマンは立ち上がりからの決定機逸を受けてか、置きにいったシュートをGKブラーボに完璧に読まれて痛恨の失敗となった。 このPK失敗で嫌な流れが漂い始めたバルセロナは、前半終了間際に手痛い失点を喫する。前半アディショナルタイム3分、ベティスのロングカウンターから左サイド深くに抜け出したテージョのクロスがディフレクトしてゴール前にこぼれたところをサナブリアに押し込まれ、元カンテラーノに同点ゴールを決められた。 1-1のイーブンで後半を迎えたバルセロナベンチは、アンス・ファティに代えて切り札のメッシをハーフタイム明けに投入。すると、絶対的なエースはいきなり仕事を果たす。49分、左サイド深くに抜け出したジョルディ・アルバのグラウンダーのクロスに反応したメッシはDFとGKを引き付けて見事なスルー。後方に走り込んだグリーズマンが汚名返上の2試合連続ゴールとした。 メッシの心憎い演出から後半開始早々にリードを手にしたバルセロナは、再びメッシが仕事を果たす。58分、グリーズマンのスルーパスに反応したメッシがボックス右でマイナスのパスを送り、これをデンベレがすかさずシュート。ここはDFマンディのゴールカバーに阻まれたが、VARによる確認の結果、マンディのブロックが腕を使ったものと判断され、決定機阻止によるレッドカードと共にバルセロナにPKが与えられた。そして、メッシがゴール右上隅の完璧なコースに突き刺し点差を広げた。 2点リードに加えて数的優位を手にし、ここから余裕の展開となるかに思われたバルセロナだが、ここ最近の低迷を象徴するような拙い試合運びを見せてしまう。73分、アレックス・モレノに自陣右サイドを簡単に破られてボックス内への侵入を許してマイナスに折り返されると、投入直後のロレンにワンタッチで流し込まれ、10人のベティスに再び戦う力を与えてしまう。 この失点により、再び嫌な雰囲気が漂い始めたカンプ・ノウだが、その空気を払しょくしたのは、やはり頼れるエースだった。82分、右サイドでの細かい連係からセルジ・ロベルトのヒールパスに抜け出したメッシがゴール右からニア上を豪快に射抜くゴラッソを叩き込み、今季初めて流れの中でのゴールを挙げた。 これで勝利を決定付けたバルセロナは、試合終了間際の90分にもセルジ・ロベルトの正確なグラウンダーの折り返しをボックス左でフリーのペドリが冷静に流し込み、嬉しいプリメーラ初ゴールとした。 そして、途中出場メッシのドブレーテの活躍で10人のベティスにマニータを達成したバルセロナが、5-2の快勝でラ・リーガ5戦ぶりの白星を手にした。 2020.11.08 02:17 Sun
twitterfacebook
thumb

最悪の時期だった…クーマン監督のバレンシア時代を振り返るホアキン、バルサ戦では「挨拶しない」

7日にバルセロナ戦が控えるベティスの元スペイン代表MFホアキンだが、バレンシア時代の指揮官であるロナルド・クーマン監督との間にいい思い出はなかったと、スペイン『El Larguero』のインタビューで語っている。 2006年から2011年にかけてバレンシアに在籍したホアキンは、2007-08シーズンに現バルセロナ指揮官のクーマン監督を師事していた。だが、オランダ人指揮官に率いられたバレンシアは、コパ・デル・レイこそ制覇したものの、リーグ戦ではわずか4勝しか挙げられず、シーズン途中の4月に解任されていた。 クーマン監督は就任当初、チームの中心メンバーだったGKサンティアゴ・カニサレスやFWミゲル・アンヘル・アングロ、MFダビド・アルベルダを戦力外とし、財政難に陥っていたクラブの改革に着手した。 その中でホアキンは主力として試合に出場したが、当時からその手腕には懐疑的な目を向けていたようだ。 「あれは私のキャリアの中で最高の経験とは言えないものだった。でも私はいつも『人間とはあらゆるものと共存していかなければならない。あの時がそうだったのだ』と言い聞かせてきた」 「正直僕はひどく傷ついたから、あまりこの話はしたくないんだ。幸い最悪な時期は長くは続かず、(コパ・デル・レイ優勝で)何とか挽回してシーズンを終えることができた。(今週末)私は彼に挨拶しないし、彼もしてこないだろう」 2020.11.03 20:17 Tue
twitterfacebook
thumb

難敵ベティスに苦戦も後半の2発で勝ちきったアトレティコがバウンスバック!《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは24日、ラ・リーガ第7節でベティスとホームで対戦し、2-0で勝利した。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節のバイエルン戦を0-4と惨敗したアトレティコ。そのアトレティコは中2日の過密日程で迎える今節に向けて、バイエルン戦から先発を4人変更。フェリックスやカラスコ、H・エレーラらに代えてコレア、レマル、トレイラらが先発に名を連ねた。 3勝3敗で8位のベティスに対し、スアレスとM・ジョレンテが2トップを組んだ[4-4-2]の布陣で臨んだアトレティコは、立ち上がりからボールを保持するベティスに攻め込まれる時間が続いたが、13分には右サイド高い位置でパスを受けたモントーヤのクロスをW・カルバーリョに頭で合わせられたが、このシュートはGKオブラクがキャッチして難を逃れた。 堅い守りでベティスの攻撃を凌ぐアトレティコは20分、トリッピアのパスをボックス右で収めたコレアの折り返しからスアレスがダイレクトシュートを放ったが、これは枠の左に逸れた。さらに27分にも、W・カルバーリョのクリアミスを敵陣で奪ったスアレスがボックス手前からシュートを狙ったが、これもゴール左に外れた。 ハーフタイムにかけては、ボールポゼッションで上回るベティスに押し込まれるも、最後の場面では相手のフィニッシュの精度の低さに助けられ、ゴールレスで前半を終了した。 迎えた後半、アトレティコはトレイラとレマルを下げてカラスコとH・エレーラを投入。すると開始早々の46分、左サイドでスローインを受けたエルモソのパスからボックス左に侵入したM・ジョレンテが縦に切り込むと、飛び出したGKのニアを抜いたシュートがゴールネットを揺らした。 M・ジョレンテの電光石火弾で先制したアトレティコは、55分にピンチを迎える。W・カルバーリョのスルーパスでボックス右に抜け出したサナブリアに一対一の状況を作られたが、これは飛び出したGKオブラクが好セーブ。 追加点で畳みかけたいアトレティコは、57分にコレアを下げてフェリックスを投入。すると58分、ボックス左手前でパスを受けたH・エレーラのコントロールショットが右ポストを直撃。さらにこぼれ球をボックス右のスアレスがダイレクトで折り返すと、ファーサイドのカラスコが左足ボレーで合わせたが、シュートはGKブラーボのセーブに阻まれた。 追加点のチャンスを逃し続けるアトレティコだが、72分に追い風が吹く。フェリックスのスルーパスでDFの裏に抜け出したカラスコが、ペナルティアーク手前でモントーヤに倒されると、VARの末にモントーヤにはレッドカードが提示され退場処分となった。 数的有利となったアトレティコは76分、相手CKからロングカウンターを仕掛ける。クリアボールを拾ったフェリックスのロングスルーパスで抜け出したカラスコがドリブルでボックス内まで侵入。GKとの一対一を迎えたが、シュートはGKブラーボの好セーブに防がれた。 攻勢をかけるアトレティコだったが、83分にアクシデント。プレー中に右モモ裏を痛めたカラスコがプレー続行不可能となり、ビトロを緊急投入した。それでもアトレティコは、後半アディショナルタイム1分にロージとのコンビネーションでベティス守備陣を翻弄したスアレスがゴールネットを揺らし、2-0で勝利。 難敵相手に苦しみながらも勝ち切ったアトレティコがリーグ戦無敗キープに成功すると共に、ミッドウィークのCLザルツブルク戦に弾みを付けた。 2020.10.25 06:16 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサのU-21スペイン代表DFミランダ、6年ぶりにベティス復帰…昨季はシャルケでプレー

レアル・ベティスは5日、バルセロナからU-21スペイン代表DFフアン・ミランダ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ベティス下部組織出身のミランダは2014年7月にバルセロナのカンテラに入団すると、2017年8月にプロデビュー。昨夏にシャルケへレンタルで加わると、公式戦12試合に出場して1アシストを記録していた。 ミランダは当初、シャルケへの武者修行は2年間の予定だったが、1年で打ち切り、6年ぶりのベティス復帰が決まった。 2020.10.06 11:30 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly