「日本にいられてとても幸せでした」2016年J1得点王、東京VのFWレアンドロが現役引退…大宮、山形、神戸、G大阪、柏でもプレー

2020.11.20 17:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(C)TOKYO VERDY
東京ヴェルディは20日、ブラジル人FWレアンドロ(35)の現役引退を発表した。なお、クラブは双方合意の下で契約を解除。21日にブラジルへ帰国するとのことだ。レアンドロは2005年にサンパウロから大宮アルディージャへと期限付き移籍で加入。2006年にはモンテディオ山形へ期限付き移籍すると、2007年にはヴィッセル神戸へと期限付き移籍。2008年に完全移籍と切り替わったが、2009年にはガンバ大阪へ完全移籍してプレーした。

その後、カタールのアル・サッド、アル・ラーヤンでプレーすると、2012年にG大阪へ期限付き移籍で復帰。2013年にアル・サッドに復帰も、2014年には柏レイソルへと完全移籍すると、2015年途中に神戸に復帰。2018年途中から東京Vでプレーしていた。

2009年にはG大阪の一員としてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で10ゴールを記録し得点王に。2014年には柏でナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)で得点王に。2016年にはJ1の得点王になるとともに、ベストイレブンにも選出されていた。

J1通算188試合出場87得点、J2通算93試合出場44得点、リーグカップ通算30試合出場14得点、天皇杯通算14試合出場8得点を記録していた。

レアンドロは東京Vを通じてコメントしている。

「2005年に日本に来てから今日に至るまで、私のことを応援してくれた全てのサポーター、私のことを支えてくれた皆さんへ」

「残念ながら、今年は様々な要因から、ピッチ内でチームを助けることができませんでした。それでもヴェルディがJ1に昇格できるように応援しています」

「サッカー選手のキャリアを終えるのは、自分にとっても、つらい瞬間です。けれども、日本で過ごした日々は、良いことばかりでした」

「喜びに満ち溢れ、時には悲しみを味わいました。それも人生の一部だと思っていますし、日本の皆さんには、感謝しかありません」

「15年前に日本に来て、今では幸せを感じながら前を向いてブラジルに帰ることができます。日本ではたくさんのことを学び、日本のサッカーを信じてたくさんのことをしてきました」

「大宮アルディージャ、モンテディオ山形、ヴィッセル神戸、ガンバ大阪、柏レイソル、そして東京ヴェルディ。全てのサポーターの皆さん、そして、ともに過ごしてくれた全ての皆さんに感謝しています」

「日本にいられてとても幸せでした。皆さんが愛情をもって私のことを覚えていてくれることを願っています。本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

東京V、永井秀樹監督との契約更新を発表「初志貫徹、ヴェルディ再建」

東京ヴェルディは25日、永井秀樹監督(49)と契約を更新し、2021シーズンも引き続き指揮を執ることが決まったことを発表した。 同クラブのOBでもある永井監督は、2019年7月にギャリー・ホワイト全監督の退任に伴い、ユースチームから昇格する形で就任した。 1年目は13位という成績に終わったものの、今季は新型コロナウイルスの影響で過密日程が強いられた中で、ここまで13勝13分け10敗の成績で8位と上位をキープ。契約更新発表の同日に行われた明治安田生命J2リーグ第36節では、2位のアビスパ福岡に追いつかれる形で引き分けに。 強豪相手にも堂々の試合を披露する永井監督は、契約更新に際し公式サイトを通じて喜びのコメント。感謝と恩返しを強調した。 「この度クラブから正式に来季監督続投のオファーをいただき、来季も引き続き愛する東京ヴェルディの指揮を取らせていただけることになりました」 「初志貫徹、ヴェルディ再建」 「素晴らしき選手達、スタッフとさらなる成長、そしてさらなる高みへ全身全霊懸けて取り組んでまいります。心あるヴェルディファン、サポーターの皆様、ヴェルディに関わる全ての皆様に沢山の恩返しができますよう、そしてヴェルディfamilyの皆様と沢山の感動を共有できますよう全力を尽くします」 「感謝と恩返しの気持ちを日々忘れることなく、毎日努力し、我々が目指すヴェルディフットボールの価値をさらに高め、勝利のために毎試合ベストを尽くしたく思います」 「今シーズン残り試合含め東京ヴェルディへの愛ある御声援と御支援を何卒よろしくお願いいたします」 2020.11.25 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

端戸2発の東京Vが今季2度目の3連勝で7位浮上! 最下位の山口は4連敗…《J2》

明治安田生命J2リーグ第35節、東京ヴェルディvsレノファ山口FCが22日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが2-1で勝利した。 今季2度目の3連勝を目指す8位の東京Vが、3連敗中で7戦未勝利の最下位・山口をホームに迎えた一戦。立ち上がりは互いに仕掛けのパスがずれる場面が目立って落ち着きない時間帯が続く。 だが、徐々に立ち位置の変化で相手のプレスをいなし始めた東京Vが先にゴールをこじ開ける。19分、アンカーに入った高に端戸が死角からプレッシャーをかけてパスミスを誘い、ショートカウンターを発動。藤田、井上とボールが繋がり、井上からの絶妙なスルーパスに抜け出した端戸がボックス内でGKとの一対一を制した。 端戸の2試合連続ゴールでリードを手にしたホームチームは、ここからきっちりゲームをコントロール。後方からの丁寧なビルドアップで相手を片側に寄せて空いた逆サイドへの大きな展開から幾度か鋭い攻めを見せる。だが、小池や端戸らが良い形で入れたクロスが最後のところで味方に合わず、追加点を奪うまでには至らない。 一方、プレスと遅攻の精度を欠く山口はいずれも古巣対戦となる安在、高井の左サイドを起点に深い位置まで侵攻する場面は作ったが、攻撃に厚みを出せず。なかなかフィニッシュの場面を作り出せないままハーフタイムを迎えることになった。 ハーフタイム明けに浮田に代えて森を投入した山口は攻撃時の立ち位置に修正を加える。すると、51分には左サイドのスペースに抜け出した高井がボックス内で小池と交錯。このプレーでPKを獲得すると、高井自ら古巣のゴールへ流し込み、後半開始早々に追いついた。 1-1のタイに戻った試合はここからよりオープンな展開に。山口が右サイドに入った森の果敢な仕掛けから決定機に持ち込めば、東京Vも前半同様にサイドで相手の背後をうまく取って佐藤優や小池がフィニッシュに持ち込む。 後半半ばを過ぎて互いに積極的に交代カードを切って行き、引き続き一進一退の攻防を繰り広げる。74分には山口が相手CKを撥ね返してのロングカウンターから途中出場の小松、田中パウロのコンビで逆転ゴールに迫る。だが、田中パウロがボックス右で放ったシュートはGKマテウスの好守に阻まれる。 その後も1-1の緊迫感のある状況が続く中、均衡を破ったのはまたしても端戸の左足だった。83分、相手を押し込んで相手陣内中央右に上がってきた若狭が鋭いクロスを供給。これをボックス左の森田が身体を投げ出して左足ダイレクトで折り返すと、ゴール前で待ち構えていた緑の25番が豪快な左足ボレーで叩き込んだ。 端戸の2ゴールで勝ち越しに成功したホームチームは、長身FWイウリを投入してより前がかるアウェイチームの反撃を身体を張った守備で最後まで凌ぎ切った。 そして、最下位山口に競り勝った東京Vが今季2度目の3連勝で7位に浮上。敗れた山口は厳しい4連敗となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第35節 ▽11/22(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 2</span>-1 レノファ山口FC ▽11/21(土) 大宮アルディージャ 0-0 FC町田ゼルビア ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 V・ファーレン長崎</span> ヴァンフォーレ甲府 1-1 ジュビロ磐田 ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-0 徳島ヴォルティス 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> アビスパ福岡 1-1 モンテディオ山形 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 ファジアーノ岡山 FC琉球 1-1 ギラヴァンツ北九州 栃木SC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 水戸ホーリーホック</span> 2020.11.22 16:12 Sun
twitterfacebook
thumb

東京Vから群馬にレンタル中のFW林陵平が今季限りで現役引退…「自分の持てる力は全て出し、やりきりました」

東京ヴェルディは19日、ザスパクサツ群馬に期限付き移籍中のFW林陵平(34)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 東京V下部組織出身の林は明治大学を経て、2009年に東京Vに加入。その後、柏レイソルやモンテディオ山形、水戸ホーリーホックを渡り歩き、2018年に東京Vへ帰還した。 復帰1年目は明治安田生命J2リーグで28試合7ゴールを記録し、クラブのJ1参入プレーオフ決定戦進出に貢献。しかし、昨シーズンはシーズン半ばからFC町田ゼルビアへ期限付き移籍し、今シーズンはレンタル先を群馬に変えていた。なお、群馬では今季ここまで28試合出場もノーゴールだった。 ここまでのキャリアを通じては柏時代にJ2リーグ、J1リーグの優勝を経験。11月19日時点でのリーグ戦通算成績は292試合65得点(J1では36試合3得点)となっている。 今季限りでスパイクを脱ぐ決断をした林は、東京Vと群馬の公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 「私、林陵平は2020シーズンをもちましてスパイクを脱ぐことに決めました。厳しいプロの世界でサッカー選手として12年間、嬉しい事も苦しい事もありましたが、どんな状況下でも信念を持ち、サッカーのために全てを捧げてきたことは私の誇りです。充実感に満ち溢れた、幸せで夢のような現役生活でした。自分の持てる力は全て出し、やりきりました。後悔はありません」 「東京ヴェルディ 、柏レイソル、モンテディオ山形、水戸ホーリーホック、FC町田ゼルビア、ザスパクサツ群馬と沢山の素晴らしいクラブでお世話になりました。各チームで共に戦ったチームメイト、スタッフ、チーム関係者、スポンサー、ファン・サポーターの全ての皆様に深く感謝いたします」 「また、プロサッカー選手になるまでにお世話になりました清水北FC、ヴェルディアカデミー、明治大学体育会サッカー部と私のサッカー人生に関わって下さった全ての方にもこの場を借りて感謝を伝えたいです」 「小さい頃からの夢を実現するために支え、応援してくれた両親、兄、自分の意見を尊重し常に隣でサポートしてくれた妻、娘達には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう」 「今後につきましてはまだ何も決まっていませんが、サッカーが大好きなので、今後もサッカー界に恩返し出来るようどんな形でも携わっていきたいです」 「最後に、ファン・サポーターの熱い声援が常に私を奮い立たせ、支えてくれました。勝利の瞬間、ゴールを決め共に歓喜した瞬間を忘れる事はありません。本当にありがとうございました!残り8試合も持てる力を全て出して戦います。最後まで応援よろしくお願いします」 2020.11.19 17:26 Thu
twitterfacebook
thumb

主将岩尾のPK弾で東京Vに競り勝った徳島が3連勝で首位キープ!《J2》

明治安田生命J2リーグ第32節、東京ヴェルディvs徳島ヴォルティスが7日に味の素スタジアムで開催され、アウェイの徳島が1-2で勝利した。 直近1敗4分けで11位に位置する東京Vと、直近3勝1分けで首位を堅持する徳島によるポゼッションスタイルをベースとするチーム同士の一戦。 立ち上がりから相手の後方からの組み立てにけん制を掛け合う中、一進一退の攻防が続く。しかし、局面で質の高いダイレクトプレーをみせ、ホームチームのプレッシャーをかいくぐり始めた徳島が前半半ばに先制に成功する。18分、相手を押し込んでボックス右で短くなったクリアを拾った藤田征が正確なクロスを供給。ニアで垣田が2人のDFを引き付けて空いたファーに入り込んだ清武が冷静に右足ボレーで流し込んだ。 その後も互いに共通点を感じさせるビルドアップ、崩しを見せるが、球際の激しさ、プレー精度で勝るアウェイチームが主導権を握る。30分には相手守備陣の連係ミスを突いた垣田の高い位置でのボール奪取から前向きの西谷がミドルシュートを狙うが、ここはGKマテウスの守備範囲。 このまま徳島の1点リードで前半終了かに思われたが、ホームチームがワンチャンスを生かして追いつく。43分、中盤でルーズボールを奪い切った藤田譲瑠チマが中央の端戸にボールを預けて駆け上がる。そして、端戸からのリターンパスをボックス手前右で受けた藤田譲瑠チマの正確な右足のシュートがゴール左下隅に決まり、元守護神・上福元の守るゴールをこじ開けた。 徳島ペースも1-1のイーブンで折り返した試合。後半立ち上がりは東京Vの前からの守備が嵌る。47分には高い位置で相手のパスをカットした奈良輪がボックス左から右足のミドルシュートを狙うが、これは巻き切らずに枠の右へ外れる。さらに、59分には左CKの二次攻撃から藤田譲瑠チマの右クロスをニアの若狭が頭で合わすが、これはシュートに角度を付けられず、枠を捉え切れない。 後半に入って守勢が続く徳島は62分、藤田征、垣田に代えて岸本、河田を同時投入する2枚替えを敢行。さらに、内田に代えて田向を投入し、岸本と田向のフレッシュな両サイドバックを起点に盛り返していく。77分には河田が鋭い反転からミドルシュートを放つが、これは枠の右に外れる。 一方、首位チーム相手に今季初の逆転勝利を目指す東京Vは快足FW山下に加え、80分には山本、松橋とユース育ちの若手2選手を同時投入。すると、その途中投入の選手たちを中心に再び攻撃が活性化されると、84分には山本、佐藤優とボックス付近から続けて際どいシュートを放つが、いずれも枠を捉え切れない。 試合終盤にかけても緊迫した攻防が続く中、勝ち越しに成功したのは徳島。85分、裏へ抜け出した西谷がボックス左で相手DF2枚の間を浮き球で抜こうとした際、ボールがDFの手に当たってPKが与えられる。これを主将の岩尾が冷静にゴール左隅へ蹴り込んだ。 その後、試合終了間際の92分には東京VのFKの場面で佐藤優がゴール前に入れたボールがDF福岡の頭に当たってゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドポジションの端戸がプレーに関与したとの判定でゴールは認められず。そして、東京Vとの接戦を制した徳島が3連勝で首位キープに成功した。 ◆明治安田生命J2リーグ第32節 ▽11/7(土) 東京ヴェルディ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 徳島ヴォルティス</span> ▽11/8(日) 《14:00》 栃木SC vs 京都サンガF.C. 大宮アルディージャ vs ヴァンフォーレ甲府 ジェフユナイテッド千葉 vs モンテディオ山形 アルビレックス新潟 vs ギラヴァンツ北九州 ツエーゲン金沢 vs 水戸ホーリーホック ジュビロ磐田 vs 愛媛FC ファジアーノ岡山 vs FC町田ゼルビア アビスパ福岡 vs 松本山雅FC 《16:00》 FC琉球 vs レノファ山口FC 《19:00》 ザスパクサツ群馬 vs V・ファーレン長崎 2020.11.07 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

山形が4得点で東京Vに圧勝! 暫定で6位へ《J2》

明治安田生命J2リーグ第29節の2試合が24日に各地で行われた。 9位vs8位という対決となったモンテディオ山形(勝ち点39)と東京ヴェルディ(勝ち点40)による一戦は、ホームの山形が圧倒する。立ち上がりの6分、最後尾からパスをつなぎ、東京Vのプレッシャーを掻い潜った山形は、自陣右サイドの山田のロングボールを収めた渡邊が飛び出してきたGKマテウスを見て、ボックス手前右から無人のゴールにシュートを流し込んで先制に成功した。 幸先よく先制した山形は、その後もシュートを重ねる中迎えた32分に加藤が敵陣でボールを奪い速攻へ。パスを受けた渡邊がドリブルでボックス中央に切り込み放ったシュートはブロックに遭うものの、こぼれ球をペナルティアーク付近の中村がダイレクトで蹴り込んで追加点を奪った。 東京Vは41分に澤井を下げて小池を投入しテコ入れを図ったが、前半アディショナルタイムに自陣でボールを奪われた流れからヴィニシウス・アラウージョのゴールを許し、前半だけで3失点を喫してしまった。 ハーフタイムにかけてさらに3人の入れ替えを敢行したが、なかなかチャンスを演出することができない。小池は59分と72分にシュートに持ち込むが、いずれも枠の右へ外れてしまう。 ポゼッションだけが上がる中、80分に三度ボールロストから失点する。山形は敵陣右サイドで途中出場の大槻がボールを奪い、味方の上がりを待って中央に展開。今度は左から攻撃を仕掛け、南の縦パスを受けた松本がボックス左から丁寧に折り返すと、最後の仕上げは起点を作った大槻。右からゴール前に絞っていた。 結局、試合は4-0で山形が快勝。ここ5試合は4勝1分けの成績で暫定ながら順位を6位に上げている。一方の東京Vは4試合ぶり黒星となった。 悪天候の影響でキックオフが30分遅れとなった12位のツエーゲン金沢(勝ち点38)と15位ファジアーノ岡山(勝ち点36)の一戦は、互いに譲らずゴールレスドローとなっている。 ◆明治安田生命J2リーグ第29節 ▽10/24(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 4</span>-0 東京ヴェルディ ツエーゲン金沢 0-0 ファジアーノ岡山 ▽10/25(日) 《14:00》 大宮アルディージャ vs V・ファーレン長崎 ヴァンフォーレ甲府 vs FC町田ゼルビア 徳島ヴォルティス vs アルビレックス新潟 アビスパ福岡 vs ジェフユナイテッド千葉 《15:00》 ジュビロ磐田 vs ザスパクサツ群馬 レノファ山口 vs 水戸ホーリーホック ギラヴァンツ北九州 vs 松本山雅FC 《16:00》 愛媛FC vs 栃木SC 《18:30》 琉球FC vs 京都サンガF.C. 2020.10.24 16:58 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly