長谷部&鎌田同僚のフランクフルト主将、「12、13歳の子供から死の脅迫があった」と明かす

2020.11.20 13:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトでキャプテンを務めるアルゼンチン人DFダビド・アブラアムは、自身のプレーが原因で死の脅迫を受けていたと明かした。ドイツ『キッカー』が伝えている。2015年7月からフランクフルトでプレーしているアブラアムはこれまで公式戦164試合に出場。キャプテンを任されるなど高い信頼を得ていたが、昨季のブンデスリーガ第11節のフライブルク戦でボールを拾いにサイドラインに向かった際、相手指揮官のクリスチャン・シュトライヒ監督を突き倒した。


これが原因で両チーム入り乱れての乱闘に発展すると、アブラアムのほか、彼の顔を掴んだフライブルクのMFヴィンチェンツォ・グリフォも退場に。試合後、7週間の出場停止処分を受けたアブラアムだが、今回のインタビューで公的な処分のほか、人々からの“私刑”もあったと明かしている。

「試合後は何度も(退場のシーンが)繰り返されていたね。悪い行いではあったけど、決して故意ではなかったんだ。(スタジアムの)通路で、シュトライヒ監督やグリフォとは話し合ったし、それで終わった問題だった」

「でもその後で、メディアが作為的に煽ったんだ。SNSには子供たちからも良くないコメントが寄せられたよ。12歳や13歳の子供たちが『殺してやる!』と書いてきた。親はこうした子供を見守る義務があると思うし、こんなことがあってはいけないんだ」

アブラアムはこの一件を経て、4歳になる息子にしっかりとした情操教育を行いたいと話した。また、自身がどんな人間であるかも人々に知ってほしいと語っている。

「僕は自分の過ちを分かっているし、真っ先に非を認めるよ。ただ、今回僕が学んだことは、父親として息子をしっかりと見つめ、SNSに死の脅迫などを書き込まないように育てたいということだ」

「僕は決して悪い人間ではないんだ。僕を知っている人々は、僕がどんな人間であるか理解してくれている。感情的な選手で、対戦相手のことは気にしないんだ。兄や母との対戦であっても何でもするだろう。息子とのトランプにも全力を尽くす、それが僕なんだ」
関連ニュース
thumb

暫定3位のフランクフルト、指揮官はトップ4確保に自信「歴史的なシーズンになるチャンスがある」

フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は、チームが暫定3位に浮上したことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 日本代表MF長谷部誠とMF鎌田大地の所属するフランクフルトは、20日にブンデスリーガ第30節でアウグスブルクと対戦。前節の大敗を引きずりたくないチームは、前半で先制に成功すると後半にも鎌田のアシストにより追加点を奪い、2-0のスコアで勝利した。 この結果、フランクフルトはヴォルフスブルクをかわしてリーグ暫定3位に浮上。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向け、大きな1勝となっている。 試合後のインタビューに応じたヒュッター監督も、前節の敗北から素早い立ち直りを見せたチームを称賛した。 「最も重要なことは、(0-4で敗れた)ボルシアMG戦の後で必要な反応を示せたことだ。我々を苦しめたアウグスブルクには賛辞を送りたい。彼らはアグレッシブかつコンパクトであり、我々を非常に不愉快にさせた」 「後半はより良いサッカーができたが、ビッグチャンスを作れずにいた。だから、勝ち点3は我々にとって非常に良いことだ。最終的には、勝利を収められたからね。歴史的なシーズンとなるチャンスが残っていることを、クラブ全体で喜んでいる」 また、ヒュッター監督は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により無観客試合が続いている現状にも言及。ファンのサポートに感謝しつつ、このままトップ4確保を達成したいと意気込んだ。 「ファンが感情を昂らせ、スタジアムにいたいという気持ちは伝わってくる。彼らにとっては辛いことだろう。それでも、彼らはチームにとってとても良いサポートをしてくれているよ」 「重要なのは、CL出場権を自分たちの手で勝ち取ることにある。4月は素晴らしい成績を収めており、我々が2021年に得た勝ち点はバイエルンをわずか2ポイント下回っているだけだ。これを続けていきたいし、勝利は傷口を癒すものだね」 2021.04.21 16:37 Wed
twitterfacebook
thumb

鎌田アシストのフランクフルト、前節の大敗を払拭し暫定3位浮上《ブンデスリーガ》

フランクフルトは20日、ブンデスリーガ第30節でアウグスブルクをホームに迎え、2-0で勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は83分までプレーし、MF長谷部誠は後半から出場している。 前節、ヒュッター監督の来季新天地となるボルシアMGに惨敗した4位フランクフルト(勝ち点53)は、鎌田が[3-5-2]のトップ下で先発となり、長谷部は引き続きベンチスタートとなった。 11位アウグスブルク(勝ち点33)に対し、フランクフルトが押し込む入りとなると5分、アンドレ・シウバのヘディングシュートが枠を捉えた。 その後、10分にリヒターにオンターゲットのシュートを記録されたフランクフルトは、1分後にはベネスの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKトラップが好守で凌いだ。 ひやりとしたフランクフルトだったが、引き続き押し込む流れが続くと、36分にコスティッチの左クロスからアンドレ・シウバのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKのセーブに阻まれる。 それでも38分、CKの流れからフランクフルトが先制する。鎌田が右サイドからクロスを上げると、ヒンテレッガーが頭で押し込んだ。 迎えた後半、ヒンテレッガーに代えて長谷部をリベロに投入したフランクフルトは、58分に追加点を奪う。鎌田、ローデと繫ぎ、ローデのパスを受けたボックス左のコスティッチがクロスを上げ、アンドレ・シウバがヘディングシュートを決めた。 リードを広げたフランクフルトは72分、CKの流れでトゥタのハンドによりPKを献上するも、相手キッカーのフィンボガソンのシュートは枠の上に外れて助かり、2-0のまま勝利。 前節の惨敗を払拭する勝利を手にし、暫定3位としている。 2021.04.21 05:44 Wed
twitterfacebook
thumb

鎌田先発、長谷部途中出場のフランクフルト、ヒュッター監督来季就任のボルシアMGに完敗《ブンデスリーガ》

フランクフルトは17日、ブンデスリーガ第29節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、0-4で完敗した。フランクフルトのMF鎌田大地は84分までプレーし、MF長谷部誠は65分から出場している。 前節ヴォルフスブルクとの上位対決を鎌田の1ゴール1アシストの活躍で制し、初のチャンピオンズリーグ出場が見えてきた4位フランクフルト(勝ち点53)は、ヒュッター監督が来季ボルシアMGの指揮官に就任することが発表された。その8位ボルシアMG(勝ち点40)といきなりの対戦となった中、鎌田が引き続き[3-5-2]のトップ下で先発となり、長谷部はベンチスタートとなった。 慎重な入りとなった中、フランクフルトは10分に先制される。右CKからニアサイドでフリーとなっていたギンターにヘディングシュートを決められた。 失点後、15分にヨビッチのヘディングシュートでゴールに迫ったフランクフルトは24分、鎌田の右CKからイルザンカーのヘディングシュートがバーに直撃した。 ハーフタイムにかけては互いにチャンスなく、フランクフルトは1点ビハインドで後半へ折り返した。 迎えた後半、フランクフルトが押し込む展開としていたが、60分に追加点を許す。CKの流れからボックス右のホフマンにボレーでGKトラップを破られた。 2点を追う展開となったフランクフルトは長谷部ら3選手を投入。長谷部は3バックの中央に入った。しかし2分後、致命的な3失点目を喫する。ホフマンの左CKからギンターのヘディングシュートはバーに直撃するも、ルーズボールをベンセバイニにヘッドで押し込まれた。 結局、試合終了間際にヴォルフにもゴールを許したフランクフルトは4失点惨敗。ヒュッター監督が来季就任するボルシアMGの前に成す術なく完敗となってしまった。 2021.04.18 00:29 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルト退団のボビッチ氏、古巣ヘルタのマネージングディレクター就任

ヘルタ・ベルリンは14日、フランクフルトの取締役兼スポーツ・ディレクター(SD)を務めているフレディ・ボビッチ氏(49)が、来季からヘルタのマネージングディレクターに就任することを発表した。 ボビッチ氏は同日、フランクフルトの取締役兼SDを今季限りで退任することが発表されていた。 現役時代の2003~05シーズンの2季過ごしたクラブに帰還する形となるボビッチ氏はマネージングディレクター就任について、「新たな挑戦をしたいと思っていた矢先、ヘルタの社長と説得力ある議論ができた。再びヘルタのファミリーになることを楽しみにしている」とコメントした。 フランクフルトではMF鎌田大地やGKケビン・トラップ、FWルカ・ヨビッチ(レアル・マドリーからレンタル)、FWアンドレ・シウバといった現主力を補強し、今季はチャンピオンズリーグ出場権獲得が濃厚となっている。 2021.04.15 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルト躍進の立役者ボビッチ氏が今季終了後に退団

MF鎌田大地、MF長谷部誠の所属するフランクフルトは14日、取締役兼スポーツ・ディレクター(SD)のフレディ・ボビッチ氏が今季終了後に退団することを発表した。 2023年6月30日までフランクフルトと契約していたものの、退団を希望していたボビッチ氏は先月、取締役会によって早期契約解消を認めないことが決定されていた。 しかし今回、ボビッチ氏の意向が通り、退団が決まったとのことだ。なお、新天地は現役時代を過ごしたヘルタ・ベルリンが濃厚なようだ。 2016年にフランクフルトのSDに就任したボビッチ氏は、MF鎌田大地やGKケビン・トラップ、FWルカ・ヨビッチ(レアル・マドリーからレンタル)、FWアンドレ・シウバといった現主力や、FWアンテ・レビッチ(現ミラン)、MFケビン=プリンス・ボアテング(現モンツァ)、FWセバスティアン・アラー(現アヤックス)といった選手の獲得に尽力。 2017-18シーズンにはニコ・コバチ前監督の下でDFBポカールを制覇。そして今季はここまで4位に付け、チャンピオンズリーグ出場権獲得が濃厚となっている。 2021.04.15 00:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly