サッスオーロ、下部組織出身のU-21イタリア代表FWと2024年まで契約延長

2020.11.20 01:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッスオーロは19日、U-21イタリア代表FWジャコモ・ラスパルドーリ(20)との契約を2024年6月30日まで延長した。2009年にサッスオーロの下部組織に加入したラスパルドーリは、2018年の夏にトップチームに昇格すると、2019年5月のアタランタ戦でセリエAデビュー。今季はここまでセリエAで4試合に出場し1アシストをマークしていた。

また、各年代のイタリア代表に選出されてきた逸材FWは、今年9月にU-21イタリア代表デビューを飾ると、先日行われたU-21欧州選手権予選のU-21スウェーデン代表戦では2ゴールを挙げ勝利に貢献した。
コメント
関連ニュース
thumb

インテルがサッスオーロとの上位対決に完勝し暫定2位浮上!《セリエA》

セリエA第9節、サッスオーロvsインテルが28日に行われ、0-3でインテルが完勝した。 前節ヴェローナ戦を勝利して首位ミランを2ポイント差で追う好スタートを切った2位サッスオーロ(勝ち点18)は、ベラルディとロカテッリのイタリア代表コンビが先発。ベストメンバーで臨んだ。 一方、前節トリノ戦を2点のビハインドを負った中、ルカクの全4ゴールに絡む活躍で逆転勝利した5位インテル(勝ち点15)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦では前半にビダルが退場したこともあって0-2と完敗。決勝トーナメント進出が絶望的となった中、マドリー戦のスタメンから3選手を変更。ルカク、ハキミ、ヤングに代えてサンチェス、ペリシッチ、ダルミアンを起用した。 L・マルティネスとサンチェスの2トップで臨んだインテルが良い入りを見せると開始4分に先制する。高い位置でボールを奪った流れからL・マルティネスがボックス右で粘ってラストパス。これを受けたサンチェスがゴールに蹴り込んだ。 続く11分にもL・マルティネスのループシュートで追加点に迫ったインテルは14分に2点目。CKの流れからボックス右のビダルがシュート性のクロスを入れると、キリケシュに当たってゴールに吸い込まれた。 受けに回る入りとなってしまったサッスオーロは21分にようやくジュリチッチのコントロールシュートで反撃の姿勢を見せると、その後はポゼッションを高めたが、44分のFKからロカテッリの放ったヘディングシュートは枠を捉えきれず。 迎えた後半、自陣に引いてサッスオーロの攻撃を封じたインテルは60分に3点目。ダルミアンの右クロスを受けたボックス中央のガリアルディーニがトラップから華麗なボレーシュートを蹴り込んだ。 サッスオーロに何もさせないインテルは79分、L・マルティネスとサンチェスをお役御免とし、ルカクを投入する。終盤にかけてもインテルが余裕の試合運びを見せて完勝。サッスオーロに今季初黒星を付け、暫定2位に浮上している。 2020.11.29 01:06 Sun
twitterfacebook
thumb

サッスオーロの躍進支えるロカテッリがミラン時代を回想「準備ができていなかった」

サッスオーロのイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリがミラン時代を回想している。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』に語っている。 ミランの下部組織で育ったロカテッリは、2016年4月にトップチームデビュー。同年の10月に行われたユベントス戦で鮮烈なミドルシュートを叩き込み、大きなインパクトを残した。しかし、その後は伸び悩み、2018年夏にサッスオーロへ完全移籍。サッスオーロでは主力として活躍し、今季は7試合を終えた段階で2位に付けるチームの主軸となっている。 そのロカテッリはサッスオーロでの成長と、ミラン時代について次のように述べている。 「デ・ゼルビ監督が人生を変えてくれた。サッスオーロに移籍して別の選手、人間として見られるようになった。彼は僕を成熟させ、ピッチ上でもピッチ外でも最高のパフォーマンスを発揮させてくれた」 「ミランに対しては感謝しかないし、常に彼らの成功を願っている。ミランではうまく行かなかったが、ミランには良い印象しかない。ユベントス戦でのゴールは言わば“諸刃の剣”のようなモノだった。大きな喜びを与えてくれたけど、あれ以降、あのようなゴールを期待され、プレーが難しくなった。期待も膨らんだね。僕は準備ができていなかった。ただ、今は違う見方をしていて、あのゴールが歴史に残ることを嬉しく思うし、自分の心にも残ると認識できているんだ」 2020.11.12 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、暫定首位浮上のチャンスもウディネに塩漬けにされゴールレスドロー《セリエA》

サッスオーロは6日、セリエA第7節でウディネーゼをホームに迎え、0-0で引き分けた。 前節ナポリに勝利し4勝2分けスタートとして首位ミランを2ポイント差で追う2位サッスオーロ。勝利すれば暫定首位浮上となる中、負傷していたベラルディとカプートが先発に戻った。 1勝5敗と低調な出だしとなったウディネーゼに対し、サッスオーロがポゼッションする展開となったが、自陣に引くウディネーゼを崩すことができない。 38分にようやくベラルディが枠内シュートを放ったものの、静かな前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半も睨み合いが続いた中、サッスオーロは打開すべくデフレルやラスパルドーリといったアタッカーを投入していくも、流れを変えられない。 結局、後半にシュートを打てなかったサッスオーロはウディネーゼに塩試合に持ち込まれてゴールレスドロー決着。暫定首位浮上のチャンスを逸した。 2020.11.07 06:47 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリが主力欠くサッスオーロにシャットアウト負け…《セリエA》

ナポリは1日、セリエA第6節でサッスオーロをホームに迎え、0-2で敗れた。 前節ベネヴェント戦をインシーニェ兄弟のゴールの共演があった中、2-1と逆転勝利して4勝1敗としたナポリ。ユベントス戦の不戦敗がなければ全勝と最高のスタートを切っている中、3日前に行われ1-0で勝利したヨーロッパリーグのレアル・ソシエダ戦のスタメンから6選手を変更。再び負傷したインシーニェが欠場となり、前線はオシムヘン、ロサーノ、メルテンス、ポリターノで形成した。 リーグ最高の16ゴールをマークしているものの、ベラルディやカプート、ジュリチッチら主力の攻撃陣を負傷で欠くサッスオーロに対し、ゆったりと立ち上がったナポリは11分に決定機。相手GKのミスパスをボックス内でカットしたオシムヘンがすかさずシュートに持ち込んだが、GKコンシーリに戻られてセーブされた。 徐々に圧力を強めるナポリは27分にメルテンスがミドルシュートを狙うと、33分にはビッグチャンス。クリバリが攻撃参加した流れからファビアン・ルイスが枠内シュートを浴びせたが、GKに防がれた。 43分にはボガのコントロールシュートでゴールを脅かされたナポリだったが、GKオスピナが好守で凌ぎ、前半を0-0で終えた。 後半立ち上がり、GKオスピナの好守でロジェリオの決定的なシュートを阻止したナポリは、51分にメルテンスが直接FKでゴールに迫るも、55分にPKを献上する。ディ・ロレンツェがボックス内のラスパルドーリを倒したとしてPKがVARの末に与えられた。これをロカテッリに決められ、先制を許した。 追う展開となったナポリが前がかる中、66分にはポリターノのクロスからメルテンスがボレーシュートに持ち込むも枠を捉えきれない。 ここから終盤にかけては攻め手を欠いたナポリはチャンスを生み出せずに時間が経過していく。追加タイム1分にはFKからオシムヘンのヘディングシュートがバーに直撃し、ルーズボールをマノラスが頭で押し込むも、わずかにオフサイドに阻まれた。 そして追加タイムにマキシム・ロペスにダメ押しゴールを許して、ナポリはシャットアウト負け。ユベントス戦の不戦敗以来となる今季2敗目を喫した。 一方、勝利したサッスオーロは4勝2分けと好スタートを切り、首位ミランを追走している。 2020.11.02 04:02 Mon
twitterfacebook
thumb

冨安が痛恨のOG…37試合連続失点のボローニャがサッスオーロとの激戦落とす《セリエA》

ボローニャは18日、セリエA第4節でサッスオーロと対戦し、3-4で敗れた。 開幕3試合で1勝2敗のボローニャ。冨安はここまでフル出場しているが、なかなか失点を減らすことが出来ず、現在36試合連続失点中。 今節も日本代表DFが先発を飾った中、ホームのボローニャは9分、自陣右サイドでボールを奪い、ワンタッチパスで混戦を打開。オルソリーニから右に展開したパラシオへ繋がり、その折り返しをソリアーノが冷静に沈めた。 幸先良く先制したが問題は守備面。15分のジュリチッチにボックスへの侵入を許したシーン、対応した左センターバックの冨安は、1on1の場面で粘り強い守備で見事にボール奪取。会場からは拍手が送られた。 しかし18分、サッスオーロのベラルディに対するチェックが弱くなったところを、ボックス手前右から見事なコントロールシュートを決められ、わずか9分で同点に追いつかれてしまった。 これで連続失点は37試合に。それでも冨安がCKからシュートに持ち込んだボローニャは39分、相手からボールを奪い、バロウがドリブルで前進。ボックス手前のパラシオがパスを受け、スイッチでソリアーノが回収。最後はボックス左に走り込んだスベンベリが流し込んで、再び勝ち越しに成功した。 その後は冨安のクロスからパラシオがヘディングシュートを放つなど、さらなる追加点の雰囲気を漂わせたボローニャは、後半立ち上がりにもバロウがGK強襲のシュートを見舞う。 55分過ぎにはバロウとパラシオが立て続けにシュートを浴びせる。守備ではベラルディの対応に手を焼くものの、GKスルコプスキの好守もあり同点を許さない。 すると60分、高い位置でロカテッリからボールを奪ったオルソリーニがそのままボックス右へ侵入し、左足で流し込み追加点。リードを2点に広げる。 しかし、ここからサッスオーロの反撃が開始。64分、ボックス手前のカプートのパスを受けたジュリチッチがボックス左からシュートを流し込んで狼煙を上げると、その6分後には、右CKでグラウンダーのクロスを送ると、ニアのパラシオのクリアミスをカプートが頭で押し込んで同点に。 そして77分、ボローニャの右サイドから入ったクロスをGKスコルプスキが弾いたところ、帰陣した冨安に当たってオウンゴールに。 その後も攻め込まれたボローニャは攻撃の糸口を見つけることができず、このまま敗戦。またもや守備の軽さが浮き彫りになってしまった。 2020.10.18 21:40 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly