ローマが新GMを招へい、36歳ベンフィカの現GMを引き抜き

2020.11.19 07:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマは18日、ポルトガル人のチアゴ・ピント氏(36)を新たなゼネラルマネージャー(GM)に任命したことを発表した。契約期間は2021年1月1日からとなる。2012年から2017年まではベンフィカの傘下であるバスケットボールやバレーボール、フットサル、ホッケーといったスポーツ部門の統括を担当していたピント氏。2017年以降はベンフィカのサッカー部門でGM職を担っていた。

ローマではモンチ・スポーツ・ディレクター(SD)が退任して以降、ジャンルカ・ペトラーキ氏、モルガン・デ・サンクティス氏らがSDを務めてきたが、いずれも前オーナーとの確執により短命に終わっていた。

ローマの新GMとなったピント氏についてダン・フリードキン会長は「チアゴはワールドクラスの才能を持っている。彼とたくさん話をする中で彼の仕事への情熱、前向きな姿勢、何よりも勝者のメンタリティが、ローマが今後目指していく方針と一致していた。彼の驚くべきエネルギー、妥協のない倫理観、才能を見極める力が、イタリアとヨーロッパでタイトルを争うチームに今後ローマが成長していく助けとなるはずだ」とコメント。

また、ピント新GMは「ベンフィカを離れる決断は難しいものだったが、活力に満ちた新オーナーの下、ローマの復活を目指すプロジェクトを手助けする機会を手にしない決断はできなかった。プロとしてこのチャンスを掴みたいと思った」と就任に至った経緯を述べた。
コメント
関連ニュース
thumb

【セリエA第9節プレビュー】6位ナポリvs3位ローマ、2位サッスオーロvs5位インテルの上位対決開催

前節はミランがナポリとの上位対決をFWイブラヒモビッチのドッピエッタで制し、首位をキープ。代表戦を戦ったサンプドリアDF吉田とボローニャDF冨安の日本人対決は冨安に軍配が上がった。迎える第9節は上位対決が2試合開催される。 まずは日曜に行われるナポリvsローマから。MFバカヨコの退場も響き、ミランの前に完敗に終わったナポリ(勝ち点14)は6位に後退。受けに回り過ぎた入りが仇となり、イブラヒモビッチの前に沈んだ。上位に踏み留まるにはローマに勝利したいところだが、強力攻撃陣はローマの3バックを攻略できるか。 対するローマ(勝ち点17)はFWジェコをコロナ陽性で引き続き欠いた中、前節パルマ戦を3-0と快勝した。絶好調のMFムヒタリアンが前節も2ゴールを挙げた他、FWマジョラルにセリエA初ゴールも生まれた。攻守に充実の内容が続く中、太陽ダービーを制してミランを追走したい。 続いて土曜に行われるサッスオーロvsインテル。今季ここまでのサプライズチームとなっているサッスオーロ(勝ち点18)。FWベラルディ、MFロカテッリのイタリア代表コンビがチームを牽引し、5勝3分けの無敗を維持している。前節ヴェローナ戦では劣勢の序盤を守護神コンシーリが好守で凌ぎ、ベラルディのゴールなどで勝利する老獪な戦いを見せた。ナポリ戦で彼らの実力がフロックでないことは証明済みだが、インテル相手にも実力を発揮しきれるか。 一方、5位インテル(勝ち点15)は前節トリノ戦を2点のビハインドを負ってから目が覚め、FWルカクが4ゴールに絡む活躍を見せて逆転勝利した。しかし、水曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦では前半にMFビダルが退場したこともあって0-2と完敗。決勝トーナメント進出が絶望的となった中、切り替えて勢いに乗るサッスオーロを下せるか。 首位を守ったミラン(勝ち点20)はプランデッリ監督が就任した15位フィオレンティーナ(勝ち点8)とのホーム戦に臨む。ナポリ戦では3-1の快勝を飾ったミラン。ただ、その試合でイブラヒモビッチとMFサレマーカーズの両主軸が負傷してしまった。共に欠場となる中、代役の選手たちの活躍が求められる。 前節カリアリ戦をC・ロナウドの2発で内容の伴った勝利とした4位ユベントス(勝ち点16)は、14位ベネヴェント(勝ち点9)とのアウェイ戦に臨む。火曜に行われたCLではフェレンツヴァーロシュ相手に好調を維持するFWロナウドとFWモラタのゴールで辛勝とし、決勝トーナメント進出を決めた。リーグに集中できる環境となった中、リーグ戦連勝となるか。 コロナ明けのFWインモービレが1ゴール1アシストの活躍でクロトーネに快勝とした6位ラツィオ(勝ち点14)は、火曜に行われたCLゼニト戦でもエースが2ゴールを挙げて快勝とし、グループステージ突破に近づいた。公式戦8試合負けなしと勝負強さを見せる中、16位ウディネーゼ(勝ち点7)とのホーム戦に臨む。 格下スペツィアにゴールレスドローに終わった6位アタランタ(勝ち点14)は、水曜に行われたCLではリバプール相手に2-0と快勝。見事なリベンジを果たして決勝トーナメント進出の望みを十分に繋いだ中、9位ヴェローナ(勝ち点12)とのホーム戦に臨む。 吉田との日本人対決を制した冨安は水曜にコッパ・イタリアのスペツィア戦を戦った中、最下位クロトーネとのホーム戦で連勝を目指し、冨安のボローニャに敗れた吉田は木曜にコッパ・イタリアでジェノアとのダービーを戦った中、月曜にトリノとのアウェイ戦で勝利を取り戻しにかかる。 ◆セリエA第9節 ▽11/28(土) 《23:00》 サッスオーロvsインテル 《26:00》 ベネヴェントvsユベントス 《28:45》 アタランタvsヴェローナ ▽11/29(日) 《20:30》 ラツィオvsウディネーゼ 《23:00》 ボローニャvsクロトーネ ミランvsフィオレンティーナ 《26:00》 カリアリvsスペツィア 《28:45》 ナポリvsローマ ▽11/30(月) 《26:30》 トリノvsサンプドリア 《28:45》 ジェノアvsパルマ 2020.11.28 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

EL決勝トーナメント進出を決めたローマ、指揮官は「グループ首位を目指し戦う」

ローマのパウロ・フォンセカ監督がチームがヨーロッパリーグ(EL)で決勝トーナメント進出を決めたことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは26日に行われたELグループA第4節で、ルーマニアのクルージュと対戦。前節終了時点で首位に立っており、この試合に勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる状況での試合となった。 試合では、支配率こそ高かったもののチャンスを作り出すことに苦戦し、前半無得点で終わったローマ。しかし、後半に相手のオウンゴールで先制すると、67分にはPKを獲得。これをMFジョルダン・ヴェレトゥが冷静に決め、そのまま2-0のスコアで勝利した。 やや幸運な勝利となったが、これでローマはラウンド32進出が決定。ケガ人や新型コロナウイルス感染者が多く出ている苦しい状況下でのグループステージ突破にフォンセカ監督も選手を称えつつ、次の目標を語っている。 「グループステージはまだ終わっていないし、我々は首位で決勝トーナメントに向かいたい。ただ、今日の勝利でグループステージ突破という最初の目標は達成されたし、それが重要なことだね」 「どの選手にも満足している。(レオナルド・)スピナッツォーラ、(リッカルド・)カラフィオリ、(ジョルダン・)ヴェレトゥには、いつもと違うポジションでプレーして欲しいと伝えたが、全員が良いプレーをしてくれたよ」 また、ローマは29日にセリエA第9節のナポリ戦を控えており、ルドゴレツ戦以上の重要さを持っているという声が多かったが、フォンセカ監督はそうした意見に惑わされず、今日の試合に集中していたと明かした。 「ナポリ戦についてはここまであまり考えていなかった。今から考え始めようと思っているよ。我々はまずELのグループステージ突破を確実にするため、重要な試合が今日あったからね」 「日曜日に行われる試合では、本当に優れた相手とのタフな試合になるだろう」 2020.11.27 11:56 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第4節結果まとめ】4チームが2節を残して決勝T進出

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第4節が26日に行われた。 ◆レスター、アーセナル、ローマ、ホッフェンハイムが突破! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201127_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループステージ後半戦に入った中、2節を残して決勝トーナメント進出を決めたのはレスター・シティ、アーセナル、ローマ、ホッフェンハイムの4チーム。 グループBのアーセナルは今節、モルデとアウェイで対戦。一進一退の攻防を見せた中、0-0で試合を折り返すと、後半立ち上がりにいずれもジョー・ウィロックのお膳立てからペペ、ネルソンと連続ゴールが生まれる。さらに、83分には19歳の新鋭FWバログンに嬉しいトップチーム初ゴールが生まれ、3-0の快勝。比較的恵まれたグループの中で4連勝での突破を決めた。 同じく4連勝での突破を果たしたのがグループLのホッフェンハイム。今節ではリベレツとのアウェイゲームに臨んだ中、試合終盤の77分にバウムガルトナーのゴールで先制に成功すると、89分にはエースのクラマリッチがPKを決めて2-0の勝利を飾った。 安定した勝利を見せた2チームと異なり、劇的な形で突破を決めたのはグループGのレスター。ブラガとのアウェイゲームでは2度のビハインドを追いつくも、試合終了間際の90分に勝ち越しゴールを献上。だが、諦めないチームは95分、ボックス手前右でオルブライトンが斜めに入れたグラウンダーのクロスをゴール左に詰めたヴァーディが押し込んだ。そして、3度のビハインドを追いつく劇的な3-3のドローで無敗を維持し、ラウンド32行きを決めた。 また、グループAのローマは後半から途中出場のヴェレトゥが相手のオウンゴールを誘発するFKと、PKによるゴールで殊勲の働き。クルージュを敵地で0-2で破り、こちらも3勝1分けの戦績で突破を決めた。 その他の強豪チームではミランがリールと1-1のドローに終わった一方、レバークーゼンやトッテナム、ナポリは格下相手にいずれも快勝となっている。 日本人選手ではAZのDF菅原由勢を除き、アントワープMF三好康児、ビジャレアルMF久保建英がいずれも先発出場し、ラピド・ウィーンFW北川航也が途中出場している。 ■ELグループステージ第4節結果 ◆グループA CSKAソフィア 0-1 ヤング・ボーイズ クルージュ 0-2 ローマ ◆グループB モルデ 0-3 アーセナル ダンドーク 1-3 ラピド・ウィーン ◆グループC ニース 1-3 スラビア・プラハ レバークーゼン 4-1 ハポエル・ベエルシェバ ◆グループD レンジャーズ 2-2 ベンフィカ スタンダール・リエージュ 2-1 レフ・ポズナン ◆グループE グラナダ 2-1 オモニア PSV 3-2 PAOK ◆グループF AZ 0-0 レアル・ソシエダ ナポリ 2-0 リエカ ◆グループG AEKアテネ 0-3 ゾリャ ブラガ 3-3 レスター・シティ ◆グループH リール 1-1 ミラン スパルタ・プラハ 4-1 セルティック ◆グループI カラバフ 2-3 スィヴァススポル マッカビ・テルアビブ 1-1 ビジャレアル ◆グループJ LASK 0-2 アントワープ トッテナム 4-0 ルドゴレツ ◆グループK ヴォルフスベルガー 0-3 ディナモ・ザグレブ CSKAモスクワ 0-0 フェイエノールト ◆グループL リベレツ 0-2 ホッフェンハイム ヘント 0-2 ツルヴェナ・ズヴェズダ 2020.11.27 07:40 Fri
twitterfacebook
thumb

パルマ撃破のローマが3連勝! ムヒタリアンのドッピエッタにマジョラルがセリエA初弾《セリエA》

セリエA第8節、ローマvsパルマが22日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-0で快勝した。   直近4勝2分けの6戦無敗で4位に位置する好調のローマは、直近3戦連続ドロー中の16位パルマを相手に今季初の3連勝を狙った。インターナショナルマッチウィーク付近にエースのジェコを含め新型コロナウイルスの陽性反応者を出していたホームチームは直近のジェノア戦から先発3人を変更。GKをミランテに戻したほか、ペッレグリーニに代わってビジャール、食中毒のスモーリングに代えてクリスタンテを3バックの中央で起用した。   キックオフ直後こそ相手に押し込まれる入りとなったローマだが、すぐさま試合の主導権を奪い返す。開始8分にはマジョラルのラストパスに反応したヴェレトゥがボックス内でシュートを放つが、これはうまくミートし切れず、相手GKセペのセーブに遭う。   その後はペドロ、ムヒタリアン、マジョラルの3トップが良い距離感、関係性で起点を作り、スピナッツォーラとカルスドルプの両ウイングバックも常に高い位置取りで攻撃に絡んでパルマを完全に押し込む。すると、28分には左サイドのボックス付近でボールを持ったスピナッツォーラのグラウンダーのパスに対して、マジョラルが中央から斜めの動きでニアゾーンへ抜け出し、冷静に左足のシュートをゴール右隅へ流し込んだ。   マジョラルのセリエA初ゴールで先手を奪ったローマはすぐさま突き放す。32分、左サイドのスピナッツォーラからのパスをペナルティアーク付近のマジョラルがマイナスに落とすと、ムヒタリアンが右足の見事なドライブシュートをゴール右隅に突き刺した。   さらに、攻撃の手を緩めないローマは40分にもロングカウンターから右サイドのカルスドルプからの絶妙なクロスをファーに走り込んだムヒタリアンが冷静に右足インサイドで流し込み、前節のトリプレッタの勢いそのままにこの試合でもドッピエッタを達成した。   前半のうちに試合を決めたローマは後半に入ってゲームコントロール優先の戦い方にシフト。60分過ぎにカラモー、クルティッチらを投入する3枚替えを敢行したパルマに対してやや押し込まれる時間が続くも、安定した守備で失点を許さず。逆に、鋭いカウンターからペドロや2戦連続トリプレッタを狙うムヒタリアンが決定機に絡んでいく。   その後、80分にスピナッツォーラ、ペドロ、ビジャールを下げてコロナウイルス感染から回復したペッレグリーニやディアワラに試運転の場を与える余裕の采配を見せたホームチームは、最後までパルマに主導権を与えず、ホームで3-0の快勝。ジェコら一部主力の不在を感じさせない力強いパフォーマンスで今季初の3連勝を飾った。 2020.11.23 01:14 Mon
twitterfacebook
thumb

ペッレグリーニがコロナ陰性に、復帰はELクルージュ戦か

ローマのイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニが20日、自身のインスタグラムで新型コロナウイルスの検査が陰性となったことを明かした。 ペッレグリーニは9日に行われたコロナ検査で陽性判定を受け、軽い症状があると明かしていた。その後、代表招集を辞退して自己隔離に入っていた中、この度陰性判定を受けたと報告した。 ローマは22日にセリエA第8節でパルマと対戦するが、ペッレグリーニのコンディションを考慮し、26日に行われるヨーロッパリーグ第4節のクルージュ戦が復帰戦になると見込まれている。 2020.11.21 08:00 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly