フリーのバロテッリに英2部バーンズリーが接触か

2020.11.18 20:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バーンズリーが元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(30)の獲得に動いているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

昨シーズン限りで生まれ故郷のクラブであるブレシアを退団したバロテッリは、以降フリーの状況が続いている。セリエDのフランチャコルタでコンディション維持に励む傍ら、ここまで幾つかのクラブとの接触が伝えられているが、新天地決定には至っていない。

だが、『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、チャンピオンシップ(イングランド2部)で16位に低迷するバーンズリーが今後の残留争いを優位に進める切り札として、バロテッリに注目しているという。

そして、共同オーナーを務めるチエン・リー氏とポール・コンウェイ氏が、バロテッリの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と話し合いの場を持ったようだ。ただ、現時点では条件面などの具体的な話には至っていないという。

なお、仮にバーンズリー行きが決定した場合、2016年のリバプール時代以来のイングランド復帰となる。

関連ニュース
thumb

ボローニャ退団のパラシオがブレシアに加入! イタリアで初のセリエB挑戦

セリエBのブレシアは18日、昨シーズン限りでボローニャを退団した元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(39)の加入を発表した。契約期間などに関する詳細は明かされていない。 2009年にボカ・ジュニアーズからジェノアに加入し、イタリアでのキャリアをスタートしたパラシオは、ジェノア、インテル、ボローニャの3クラブでセリエA通算357試合に出場し、93ゴールを記録。 2017年夏にインテルから加入したボローニャでも長らく前線の主力を担い、昨シーズンのセリエAでは36試合の出場で5ゴール6アシストを記録。今年5月に行われたセリエA第34節のフィオレンティーナ戦では、39歳86日でのハットトリックを達成し、ヨーロッパ5大リーグにおける最年長ハットトリック記録も樹立していた。 イタリアでは12シーズンに渡ってセリエAを舞台にプレーしてきたが、ブレシアではキャリア初のセリエBの舞台でプレーすることになる。 2021.08.19 01:55 Thu
twitterfacebook
thumb

アイスランド代表MFビャルナソンがバロテッリ加入のアダナ・デミルスポルと2年契約

トルコのアダナ・デミルスポルは12日、ブレシアに所属するアイスランド代表MFビルキル・ビャルナソン(33)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。なお、契約期間は2年間となる。 ビャルナソンは、ノルウェーのバイキングでキャリアをスタート。その後、ボデ/グリムト、スタンダール・リエージュ、ペスカーラ、サンプドリア、バーゼルなどでプレー。2017年1月からアストン・ビラでプレーするも、8月に退団。10月からアル・アラビでプレーしていた。 2020年1月には1年半契約でブレシアに加入。1年半の在籍で公式戦40試合に出場し6ゴール4アシストを記録していた。 また、アイスランド代表としても98試合に出場し14ゴールを記録していた。 アダナ・デミルスポルは、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの獲得で大きな話題となったクラブ。スュペル・リグに今シーズンから昇格し、アーセナルを退団した元ブラジル代表DFダビド・ルイスの獲得にも動いているとされている。 2021.08.13 09:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランがイタリア代表MFトナーリを完全移籍で獲得!2026年までの5年契約を結ぶ

ミランは8日、ブレシアのイタリア代表MFサンドロ・トナーリ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までで、昨季同様に背番号は「8」を着用する。 ブレシアの下部組織出身で17歳でプロデビューを飾ったトナーリは、2018-19シーズンにクラブのセリエA昇格に貢献。そして2019-20シーズンは初舞台となったセリエAで35試合1ゴール7アシストと好パフォーマンスを披露すると、インテルとの争奪戦の末、昨夏にミランへ買取オプション付きのレンタル移籍で加入。 レンタルで加入した2020-21シーズンは、セリエAで2位と躍進したミランで準主力として公式戦37試合に出場し、7年ぶりのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した。 2021.07.09 00:03 Fri
twitterfacebook
thumb

フィリッポ・インザーギが47歳で父親に! パートナーの妊娠を発表

今シーズンからブレシアの指揮官を務めるフィリッポ・インザーギ監督がパートナーの妊娠を発表した。 インザーギ監督は現役時代にユベントスやミランなどでストライカーとしてプレー。イタリア代表としても活躍すると、引退後は指導者の道へ進み、ミランやベネツィア、ボローニャ、ベネヴェントの監督を経て、6月9日にセリエBのブレシアの指揮官に就任していた。 そんなインザーギ監督は自身のインスタグラム(@pippoinzaghi)でモデルであり、パートナーのアンジェラ・ロブスティさんの妊娠を公表。アンジェラさんとの2ショット写真を添えて、喜びの心情を綴った。 「私たちはもうすぐ3人になる。喜びを込め、そう世界に向けて叫ぶことができる。私たちの心の中の小さな男の子、君を待っている。私たち2人はすでに君に夢中だ」 シーズン開幕を前に、おめでたい報告となった47歳のインザーギ監督。新たな家族のためにも、ブレシアを3年ぶりとなるセリエAの舞台に導くことはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】インザーギと美人パートナーロブスティさんの2ショット!(写真3枚)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CQ6aT2NLxHc/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CQ6aT2NLxHc/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CQ6aT2NLxHc/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Filippo Inzaghi(@pippoinzaghi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJNY0lWUW5OMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js" 2021.07.05 14:04 Mon
twitterfacebook
thumb

フィリッポ・インザーギ氏がセリエBブレシアの監督に就任

セリエBのブレシアは9日、新指揮官にフィリッポ・インザーギ氏(47)を招へいしたことを発表した。 インザーギ監督は、現役時代はユベントスやミランなどでプレー。イタリア代表としても活躍すると、引退後は指導者の道へ進む。 ミランのユースやファーストチームで監督を務めると、ベネツィア、ボローニャを指揮し、2019年6月からはベネヴェントの監督に就任。チームをセリエBで優勝させ、セリエA昇格を果たした。 今シーズンは開幕から苦しむと、最終的には18位で終了し1年で降格。シーズン限りで退任することとなった。 インザーギ氏はクラブを通じてコメントしている。 「私にとって新たな冒険が始まり、ブレシアに加わることができて嬉しく、誇りに思う。この機会を与えてくれた、マッシモ・チェッリーノ会長と社長が、最初から大きな関心と信頼を寄せてくれたことに感謝します」 ブレシアは今シーズンのセリエBで7位に終わっており、昇格プレーオフ前のプレーオフで敗れ、昇格を逃していた。 2021.06.09 21:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly