バイエルンの流れるようなサイド攻略からゴレツカが豪快な一撃を叩き込む【チーム・ゴールズ】

2020.11.18 20:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はバイエルンのドイツ代表MFレオン・ゴレツカが決めたゴールだ。

◆ゴレツカが叩き込んだ豪快ゴール

ボーフムでデビューしたゴレツカは、若くしてシャルケに引き抜かれると、リーグ屈指のMFとしてブレイク。2018年夏に、ドイツの絶対王者バイエルンに加入した。

ボックス・トゥ・ボックスタイプのMFとしてダイナミックなプレーを見せるゴレツカだが、2020年5月23日に行われたブンデスリーガ第27節のフランクフルト戦では、華麗な連携から豪快なゴールを決めている。

0-0で迎えた17分、最終ラインから左サイドに速いパスが入ると、FWイバン・ペリシッチが囮となってFWトーマス・ミュラーにボールを通し、一気に裏を取る。ミュラーがそのままボックス左まで進入すると、マイナスのクロスを入れる。このボールに後方から走り込んだゴレツカがゴール前でボレーを合わせ、強烈なシュートを叩き込んだ。

華麗な連携から先制点を奪ったバイエルンは、その後も得点を重ね、5-2で試合に勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルンがスパーズの守備をするりとかわし、流れるようなパスワークから決めた美しいゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが美しいパス回しからフィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRaENoQU8yUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ドルトムントでブレイクを果たしたレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンに加入。絶対的エースとして得点を量産している。 豊富なゴールパターンから驚異的なペースでゴールを決めているレヴァンドフスキだが、2019年10月1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのトッテナム戦では、美しいパスワークからゴールを決めている。 5-2とバイエルンが大きなリードを奪って迎えた87分、カウンターからバイエルンがチャンスを作り、左サイドのMFイバン・ペリシッチにボールが入る。ドリブルでボールを前線に運んだペリシッチは、ペナルティーアーク内でフリーのMFフィリペ・コウチーニョにパスを出す。 パスを受けたコウチーニョは、相手のプレッシャーをかわしながらボックス内のレヴァンドフスキにダイレクトでラストパス。レヴァンドフスキもダイレクトでこのパスをゴール左に決め、流れるようなパス回しからいとも簡単に追加点を奪ってみせた。 このゴールの直後にも追加点を奪ったバイエルンが7-2と大勝を収めている。 2020.11.30 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

リーガ500試合目のメッシが、ネイマールとたった2人で相手守備陣を攻略した華麗なゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆メッシがネイマールとのコンビネーションで決めたゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDaWtEYm93MCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 13歳でバルセロナに入団したメッシは、2005年のファーストチーム昇格以来、圧巻のパフォーマンスを続け、チームの象徴的存在へと成長。美しいサッカーに重きを置くクラブの哲学を体現する選手として、美しいプレーで観客を魅了している。 個人技だけでなく、味方との連携からもゴールを量産するメッシだが、2015年12月30日に行われたラ・リーガ第17節のレアル・ベティス戦では、同僚との華麗な崩しからゴールを決めている。 1-0とバルセロナリードの33分、前線でボールを持ったFWネイマールが、メッシにボールを預けながらディフェンスラインの裏へ走る。メッシがふわりとした浮き球のパスをダイレクトでネイマールに返すと、ボックス内に抜け出したネイマールは飛び出してきたGKの手前でゴール前に横パス。DFたちの間のスペースでメッシがこのパスに合わせ、見事な追加点を挙げた。 この試合がラ・リーガ500試合目の試合だったメッシ。自らの記録達成にゴールで花を添えている。 2020.11.29 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“稲妻”ラベッシがズラタン、パストーレとの美しい崩しから決めた見事なゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元アルゼンチン代表FWのエセキエル・ラベッシ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆華麗な連携からラベッシが豪快なシュートを叩き込む<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyQjhQdzFjVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2012年夏にナポリからPSGに加入したラベッシは、チームの主力の1人として活躍。豊富な経験を武器に得点を重ねた。 キレのあるドリブルとパンチのあるシュートから“稲妻”とも呼ばれたラベッシだが、2015年1月30日に行われたリーグ・アン第23節のスタッド・レンヌ戦では、見事な連携プレーからゴールを決めている。 0-0で迎えた29分、左サイドからドリブルで仕掛けたFWズラタン・イブラヒモビッチが、MFハビエル・パストーレとのパス交換からボールをボックス手前まで運ぶと、中央のMFアドリアン・ラビオにパスを送る。 ラビオがダイレクトで絶妙の浮き球パスをボックス内に出すと、これを受けたパストーレもダイレクトでゴール前のラベッシに送り、ラベッシが左足で豪快なシュートを叩き込んだ。 このゴールが決勝点となり、PSGが1-0で勝利している。 2020.11.29 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

スアレスとネイマールが華麗な連携でビルバオディフェンスをこじ開ける【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆スアレスとネイマールの美しい連携から決めたゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyaGxhcmZFUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014年夏にリバプールからバルセロナに加入したスアレスは、即戦力として活躍。FWリオネル・メッシやFWネイマールらと強力なスリートップを形成し、得点を量産した。 抜群の攻撃センスとテクニックで相手DFを翻弄するスアレスだが、2016年1月17日に行われたラ・リーガ第20節のアスレティック・ビルバオ戦では、同僚との美しい連携からゴールを挙げている。 開始4分に相手GKの退場により、数的優位を得たバルセロナ。2-0とリードして迎えた47分、相手のブロックの隙間でパスを受けたネイマールがワンタッチで前線のスアレスにボールを送る。スアレスがこのボールをネイマールの進路に落としながら裏へ走ると、ネイマールが完璧なリターンパスを通し、見事な中央突破を決める。フリーでGKと1対1の状況を作ったスアレスが、冷静にゴールを決めた。 勝負を決める3点目を決めたバルセロナ。その後も10人の相手に得点を重ね、6-0で大勝を収めている。 2020.11.28 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

レアルがCWCで見せた、欧州王者の実力を見せつける完璧な崩し【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ベンゼマがCWCで決めた美しい連携ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSbWVkbU53RyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リヨンでブレイクしたベンゼマは、2009年夏にレアル・マドリーに加入。スター軍団の中でも、不動のCFとして絶対的な地位を築いている。 自らゴールを決める以外にも、チームメイトを活かすプレーを得意とするベンゼマだが、2016年12月15日に行われたFIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)準決勝のクラブ・アメリカ戦では、味方との素晴らしい連携からゴールを決めている。 0-0のまま迎えた前半アディショナルタイムの47分、相手陣内中央付近でボールを持ったMFルカ・モドリッチが隣のMFカゼミロにパスを送る。カゼミロに相手DFが釣りだされ、相手ディフェンスラインに一瞬スペースができると、ベンゼマがそこへすかさず走り込む。カゼミロがベンゼマにしっかりとパスを通すと、ボックス内に抜け出したベンゼマが右足のアウトサイドで技ありのシュートを決め、先制ゴールを挙げた。 ベンゼマのゴールで主導権を握ったマドリー。試合終了間際にもC・ロナウドが追加点を決め、2-0で勝利している。 2020.11.28 14:00 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly