“体調不良”が新型コロナ感染拡大の原因にも…柏でのクラスター発生から学んだことについて村井チェアマン「自覚症状を見逃さないということが重要」

2020.11.16 12:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグと日本野球機構(NPB)は16日、「第20回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。

ここ最近、日本国内でも感染者が各地で急増。東京都のみならず、北海道や大阪府などそのほかの府県でも過去最多の感染者を記録する日が続いていた。

一方で、対策連絡会議を月2回続けてきたNPBとJリーグは、感染予防対策を入念に行った結果、リモートマッチ(無観客)から制限ありの有観客へと移行。NPBは読売ジャイアンツと福岡ソフトバンクホークスの日本シリーズを残すのみとなり、Jリーグも終盤戦を迎えている状況だ。
今回の会議について村井満チェアマンは「ここにきて非常に感染が拡大している中で、今回の会議は非常に重要な位置付けだった」とコメント。NPBが横浜スタジアムと東京ドームで行なった実証事件のデータについても「今回はNPB側が貴重な感染データ、感染拡大防止に向けた技術実証をご披露いただいた」とコメント。また、Jリーグの柏レイソルで発生したクラスターについても議論がなされたと言い「柏の感染事例を共有し、有症状者の初期症状にフォーカスした」とコメントした。

柏のクラスターについては最初の陽性判定者となった選手の対応について問題があった可能性を村井チェアマンが指摘。「最終的には16名陽性者が出るという事案まで行きますが、最初の1人の選手が発症した11月2日。その2日前に選手が体調不良を訴えていました」と、陽性判定を受ける前に体調不良を訴えていたことを指摘。「選手がもともと鼻炎の持病があるという認識があり、鼻炎が発症したという感覚でいたようです」と、新型コロナウイルスの症状ではなく、通常の鼻炎だと考えそのまま活動。「逆算すればその時点が新型コロナウイルスに感染して発症した可能性があります」とし、初期症状の判断ミスがクラスターにその後つながった可能性を指摘した。

村井チェアマンは「体調不良は人によって違うが、軽く見て見過ごしてしまう可能性があった」とし、柏の選手に限らず誰にでも当てはまる落とし穴を指摘。「体調不良を言語化して、チームマネジメントとして行動記録をしっかりと管理し、10月末にしっかり対応を行えていれば予防できた可能性もある」と、チームとしても“体調不良”を軽く見ないように呼びかけた。「ガイドラインでは熱が出た場合は隔離などもあるが、本人の自覚症状を見逃さないということが重要」とし、ガイドラインの見直しも考えるとしている。

また、舘田一博氏(東邦大学医学部微生物・感染症学講座教授)もこの件について「専門家の間でも今回気付かされたことが多い」とコメント。「明らかな症状がある場合は対応を取るということですが、その前の早い段階でいかに疑って囲い込むことができるか。それによってクラスター、アウトブレイクを防げる可能性がある」とし、いかに用心深くなるかが感染拡大を防ぐことに繋がるとした。

これは一般の人も同じであり「これはJリーグやプロ野球だけでなく、ここまで個症例が出てきている状況だと、いつもと違うということへの気づきに敏感になり感染を防ぐ、医療機関の受診を受ける必要があると感じています」とし、風邪や普段の体調との違いにそれぞれが敏感になることが大事だとした。

また三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)は今回の会議については「有意義な情報提供をいただき、有意義な議論ができた」とコメント。「NPBもJリーグもマイナートラブルはあったにしても、ここまでできたというのは、トーマス・バッハIOC会長が来日して、来年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて1つのデータ、見本を提供できていると思っている」とし、JリーグとNPBが積み上げてきたものが五輪開催につながると自信を示した。

さらに「これまでは知識や経験に基づいた我々の助言だった」としたものの、「今度はエビデンスに基づいたデータ解析から我々の助言を受ける形となった」とし、様々な経験に加え、多くのデータからより感染対策が行えるようになると見解を示した。

関連ニュース
thumb

川崎Fに打撃…家長昭博が最大4週間の負傷離脱、開幕微妙に

川崎フロンターレは30日、MF家長昭博の戦線離脱を報告した。 大宮アルディージャから加入して今季で7年目の家長。昨季も明治安田生命J1リーグでキャリアハイの12ゴールと奮闘した36歳だが、トレーニング中に左足関節外側じん帯損傷のケガを負ってしまったという。 全治は受傷日の25日から数えて、3~4週間程度を要する見込み。川崎FではFWレアンドロ・ダミアン、FW小林悠が出遅れるが、家長も2月17日に行われる横浜F・マリノスとのJ1開幕節が微妙な情勢となった。 2023.01.30 16:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「浦和は死んでない」浦和のメディカルチェック合格もアトランタは最大6.9億円のオファーで諦めず…浦和ファン「いい加減諦めろ」「一筋縄ではいかないな」

去就が二転三転しているセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)だが、行き先はアメリカになりそうだ。 2021年夏にVVVフェンロからセルティックへと加入したギアクマキス。2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録し、FW古橋亨梧と共にチームを牽引した。 今シーズンは控えに回る機会も多い中、公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録。その中で、今冬の移籍が浮上。多くのクラブが関心を寄せる中、ここ最近ではアトランタ・ユナイテッドと浦和レッズ、ベルギーのアンデルレヒトの3クラブが有力な新天地候補に挙がっている。 スコットランド『スカイ・スポーツ』のジャーナリストであるアンソニー・ジョセフさんは、ギアクマキスの情報をアップデート。浦和のメディカルチェックを受けるギアクマキスの空港での写真を投稿していた。 ジョセフさんによれば、浦和のメディカルチェックをオランダで受け合格していたとされたが、レンタル移籍でのオファーを断られたアトランタがセルティックに再オファー。最大430万ポンド(約6億9000万円)と見られるオファーを出しており、交渉は続いているという。 一方で、浦和はメディカルチェックまで済ませている状況。横槍が入っても何度も獲得を諦めておらず、アトランタの再オファーに対しても再びオファーを出す可能性もある。 二転三転する状況には浦和ファンも「アトランタいい加減諦めろ」というコメントの他、「どうなっても、ここまで粘るフロントは変わった気がする」、「浦和は死んでない」、「一筋縄ではいかないな」と、長期化することを受け入れているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】浦和のメディカルチェックを受けたギアクマキス、空港での写真</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">UPDATE: Giorgos Giakoumakis (pictured at the airport yesterday) has passed a medical in The Netherlands, ahead of a proposed move to Urawa Red Diamonds.<br><br>Atlanta United are still trying to gazump URD. But, their loan with option-to-buy bids have been rejected by Celtic, so far. <a href="https://t.co/9HsF44e77d">https://t.co/9HsF44e77d</a> <a href="https://t.co/02HrD9zYB5">pic.twitter.com/02HrD9zYB5</a></p>&mdash; Anthony Joseph (@AnthonyRJoseph) <a href="https://twitter.com/AnthonyRJoseph/status/1619260993816911874?ref_src=twsrc%5Etfw">January 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 23:10 Sun
twitterfacebook
thumb

あれ、もうシーズン開幕が目の前に来たと思うのはワタクシだけ?! の巻/倉井史也のJリーグ

え、ちょっと待って。もう1月終わるじゃん。この前ワールドカップ終わったばっかりだよ。まだ「日本代表すごかった」とか話題が残ってるし「三笘ってさらにすごくなってない?」ってあんまりサッカーの話をしない美容師さんにも話しかけられてるってのに、2月来ちゃうじゃん。で、すぐJリーグ始まるじゃん。 まぁそれはうれしいこと、ちゅうか、あの熱のままJリーグ始まってくれれば、でもって入場制限なしの応援ありってことになれば、否が応でも盛り上がるって。というか、このコラムを読んでくれてる人なら、盛り上げるのに一役買いましょうよ!! ってことで、今回はちょっと真面目なお話しをするでござる。それはJリーグがこのコロナ騒動でどれだけ被害を受けてきたかってこと。J1リーグの観客動員数を見ると、これが一発なんですよ。1シーズンの総観客動員数ってJ1が18チームになって以来、こう推移してるんです。 2005年 5,742,233人(平均18,765人) 2006年 5,597,408人(平均18,292人) 2007年 5,834,081人(平均19,066人) 2008年 5,875,865人(平均19,202人) 2009年 5,809,516人(平均18,985人) 2010年 5,638,894人(平均18,428人) 2011年 4,833,782人(平均15,797人) 2012年 5,375,300人(平均17,566人) 2013年 5,271,047人(平均17,226人) 2014年 5,275,387人(平均17,240人) 2015年 5,447,602人(平均17,803人) 2016年 5,498,222人(平均17,968人) 2017年 5,778,178人(平均18,883人) 2018年 5,833,538人(平均19,064人) 2019年 6,349,681人(平均20,751人) ----------------------------------------- 2020年 1,773,481人(平均 5,796人) 2021年 2,531,007人(平均 6,661人)※20チーム 2022年 4,384,401人(平均14,328人) 2011年、東日本大震災の影響で観客数が大幅に減ったとき、震災前の段階まで戻すには6年かかったんです。はたして今回はどれくらいで昔の雰囲気を取り戻せるか。立て、万国のサッカーファン!! てなことで、シーズン前に弛んだ気持ちとお腹を引き締めたのでした!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2023.01.28 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

フランス挑戦の鈴木唯人がさっそく練習姿! ストラスブール公開の動画にファンのエール多数

ストラスブール入りのU-21日本代表MF鈴木唯人がさっそくトレーニングに合流した。 2020年に市立船橋高校から清水エスパルスに入団して、3季にわたって主力を張った鈴木。2022年1月のA代表合宿に呼ばれ、2024年のパリ・オリンピックを目指す世代別代表でも中心として活躍が期待されるなか、27日にリーグ・アンのストラスブールに買取オプション付きのレンタル移籍が決まった。 日本代表GK川島永嗣も所属するストラスブールで欧州挑戦が決まったばかりの21歳だが、その新天地で第一歩を踏み出しているようだ。リーグ・アンで16位と苦しむストラスブールはクラブ公式ツイッターを通じて、鈴木の練習姿を紹介している。 その動画ではダッシュやステップを織り交ぜ、ボールを扱う姿だけでなく、新たなチームメイトとコミュニケーションを図るシーンも。ファンからは「早いな」という声とともに、「思いっきりやってきてほしい」や、「なにより唯人がプレーしてるの見れて嬉しいよ頑張れ」などのエールが多数集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】パリ五輪世代の有望株が新天地でさっそくトレーニング</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> I Premières foulées pour Yuito <a href="https://twitter.com/hashtag/Suzuki?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Suzuki</a> sur la pelouse du Racing Soprema Parc <a href="https://twitter.com/hashtag/MercatoRCSA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MercatoRCSA</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Ligue1UberEats?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ligue1UberEats</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Japan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Japan</a> <a href="https://t.co/55Y2ThWQia">pic.twitter.com/55Y2ThWQia</a></p>&mdash; Racing Club de Strasbourg Alsace (@RCSA) <a href="https://twitter.com/RCSA/status/1619114974747697154?ref_src=twsrc%5Etfw">January 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.28 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

やっぱり浦和に!? ギリシャ代表FWギアクマキス、MLS行きが頓挫し浦和のメディカルチェック受診の許可が下りる

去就が二転三転しているセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)だが、やはり当初の予定通り浦和レッズへの移籍が実現する可能性が高いようだ。スコットランド『サン』が伝えた。 2021年夏にVVVフェンロからセルティックへと加入したギアクマキス。2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録し、FW古橋亨梧と共にチームを牽引した。 今シーズンは控えに回る機会も多い中、公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録。その中で、今冬の移籍が浮上。多くのクラブが関心を寄せる中、浦和への移籍が合意に近づいていると現地でも報じられていた。 しかし、その後にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドへの移籍が近づいていると報道。加入は確実だとされていたが、完全移籍ではなくレンタル移籍のオファーということもあり、セルティックが拒否。破談となった。 そんな中、再浮上したのが浦和。『サン』は、400万ポンド(約6億4000万円)の浦和のオファーは一番良いものだったとし、アムステルダムで浦和のメディカルチェックを受ける許可が与えられたとしている。 アンジェ・ポステコグルー監督もギアクマキスの移籍について言及。可能性を模索しているとし、移籍を容認するとしながらも、まだ何も決まっていないとした。 「ジャコは自分のためにいくつかの選択肢を模索したいと思っており、それが彼がやっていることだ。彼が本当に探求したいことを見つけ、それがクラブとして我々に適している場合、その観点から見ていく」 「彼については多くの憶測が飛び交っているが、何も決まっていない。ウィンドウの残り数日があり、何が起こるかを見ていく」 「バックグラウンドではかなりのことが進行中であり、今後数日で解決されることを願っている」 アメリカ行きが無くなったギアクマキス。当初から動いていた浦和への移籍が実現するだろうか。 2023.01.28 11:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly