ジョー・ゴメスの左ヒザ手術が成功! じん帯の損傷は回避

2020.11.12 22:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールは12日、イングランド代表DFジョー・ゴメスの左ヒザの手術が無事成功したことを明かした。

ゴメスは11日に行われたイングランド代表のトレーニングセッションの際に、他の選手との接触などがない状況で左ヒザを負傷。負傷直後には強い痛みを訴えており、前十字じん帯断裂などの重傷の可能性が危惧された。

しかし、リバプールの今回の発表によると、ロンドンで実施された手術では左ヒザの腱の修復を行ったものの、損傷は腱に限定されており、じん帯への損傷は確認されなかったという。

現時点で復帰に向けた具体的なタイムテーブルを設定することはできないとし、今シーズンの大部分を欠場する可能性を認めている。ただ、シーズン中の復帰の可能性は除外しておらず、シーズン終盤に再びプレーできる可能性もあるようだ。

今回、最悪の事態は避けられたリバプールだが、ゴメス以外にもオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルド、ブラジル代表MFファビーニョも離脱しており、最終ラインは苦しい台所事情を強いられている。

コメント
関連ニュース
thumb

“叫び声”でシュート直前のグリーンウッドを威嚇 リバプールDFロバートソンが必死の妨害も実らず

リバプールは24日に行われたFAカップ4回戦で、マンチェスター・ユナイテッドと対戦。プレミアリーグではアンフィールドで69試合ぶりの敗戦を喫するなど、不振に陥るリバプール。この試合でもFWモハメド・サラーが2ゴールをマークしたものの、守備のミスがあり最終的に2-3で敗れた。 プレミアリーグでもここ5試合勝ちがなく、浮上のきっかけがつかめないリバプールだが、26分に同点に追いつかれたシーンでの、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのある行為が反響を呼んでいる。 ユナイテッド陣内でボールを奪われ、カウンターを発動されたリバプール。選手たちが必死に自陣に戻るも、FWマーカス・ラッシュフォードのロングパスでFWメイソン・グリーンウッドが右サイドを抜け出す。 グリーンウッドとGKアリソン・ベッカーとの1対1の場面になるが、シュートブロックに間に合わないと判断したロバートソンは後ろから思い切り叫び、大声でグリーンウッドを威嚇。集中力を逸らしてミスを誘おうとしていた。 しかし、19歳の逸材FWは冷静にゴール左へとシュートを流し込み、見事な同点ゴールを決めていた。 ロバートソンが後ろから叫んでいる姿には、イギリス『talkSPORT』も「ロバートソンの生意気な試み」と評した他、イギリス『ミラー』も「恥ずかしい試み」だとそのやや幼稚な妨害策に批判的に述べている。 <div id="cws_ad">◆ロバートソンがグリーンウッドを威嚇<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Andy Robertson tried to put Mason Greenwood off <a href="https://twitter.com/hashtag/MUNLIV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUNLIV</a> <a href="https://t.co/ye4JXba0wq">pic.twitter.com/ye4JXba0wq</a></p>&mdash; Amazon Prime Video Sport (@primevideosport) <a href="https://twitter.com/primevideosport/status/1353396505584017409?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.25 12:06 Mon
twitterfacebook
thumb

勝てないリバプール、FAカップ敗退もクロップ監督は「チームへの信頼は揺るがない」と強調

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、FAカップ敗退を嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは24日に行われたFAカップ4回戦で、マンチェスター・ユナイテッドと対戦。プレミアリーグではアンフィールドで69試合ぶりの敗戦を喫するなど、不振に陥るリバプール。この試合でもFWモハメド・サラーが2ゴールをマークしたものの、守備のミスがあり最終的に2-3で敗れた。 この結果、FAカップ4回戦敗退となったリバプールは、プレミアリーグでもここ5試合勝ちがなく、浮上のきっかけがつかめない状況となっている。試合後のインタビューでクロップ監督は内容に一定の評価を示しつつ、結果を得るには改善が必要だと話した。 「望んでいた結果ではなく悔しいね。勝つためには最高のプレーが必要だった。実際は最高ではなかったが、良い方向へのステップはたくさん踏めたと思う。試合のスタートは良かったが、決定的なミスがあったね」 「最初の失点では、攻撃的になり過ぎて守備がおろそかだった。カウンターの対応は改善しなければならない。2ゴールを決めたのは良かったが、相手は3ゴールを決め勝ち越し、我々は勝ち越していない。それが事実だ」 「2ゴール以外でも、得点できるチャンスはあった。深いブロックに対して、多くのチャンスを作れたのは良かったよ。ただ、今日は結果が求められており、必要なものだった。2ゴールが3失点の免罪符にはならない。こういう時は頑固に、何度も正しいことをしなければならない。何かを変えたいなら、努力が必要だ」 また、クロップ監督は1月に入ってから公式戦わずか1勝のチームに対して、いまだに信頼は揺るいでいないと強調。一方で、全員が状況打開に努力していく必要があると語っている。 「チームに対する私の信頼に疑いの余地はない。だが、信頼というのは自分たちを批判しないという意味ではないよ。『ここ数年、君は素晴らしかったから多少ミスはあっても気にしない』というわけではないんだ」 「心配する必要はない。我々はグループとして本当の意味で一体になっているからね。1人の選手の問題は、我々全員の問題だ。ここ数年の非常に良い結果について、今は誰も考えてくれないが、我々はまたフットボールの試合に勝とうとしている。それだけさ」 「今夜は自信の問題は見られなかった。ただ、我々が言っているのは、しばらく得点がなければ明確に自信に影響があるということだ。世界最高のストライカーだって皆、得点できない瞬間があったと言うだろう。それにどう対処するかが全てであり、我々は改善に取り組んでいる。どうか私を信じてほしい」 2021.01.25 11:03 Mon
twitterfacebook
thumb

B・フェルナンデスの圧巻FK弾でユナイテッドがリバプールとの打ち合い制す! ハマーズ待つ5回戦へ《FAカップ》

FAカップ4回戦、マンチェスター・ユナイテッドvsリバプールが24日にオールド・トラフォードで行われ、3-2で勝利したユナイテッドが5回戦進出を決めた。 17日に行われたリーグ戦で激闘を演じた両雄が戦いの舞台をカップ戦に移して再び対峙した注目の一戦。 直近のリーグ戦でフルアムに競り勝ってプレミアリーグ首位を堅持したユナイテッドは、その一戦から先発5人を変更。GKをヘンダーソンに変更したほか、バイリーとフレッジ、ブルーノ・フェルナンデス、マルシャルに代えてリンデロフ、ファン・デ・ベーク、マクトミネイ、ラッシュフォードを起用した。 一方、リバプールはリーグ戦での前節、バーンリーに0-1で競り負けてアンフィールドで69戦ぶりの黒星を喫することになった。難敵相手にバウンスバックを図るこの一戦では先発5人を変更。マティプ、マネが先発から外れてリース・ウィリアムズ、カーティス・ジョーンズが代役を務めた一方、オリジ、シャキリ、オックスレイド=チェンバレンに代わってサラー、フィルミノ、ミルナーと主力クラスが復帰した。 前回対戦ではボールを持って押し込むリバプール、堅守速攻のユナイテッドと戦いの構図が明確だったが、今回の一戦では攻守が目まぐるしく入れ替わるオープンな試合展開となった。 開始10分にボックス右に抜け出したグリーンウッドが角度のないところから右足のシュートを放ってGKアリソンを脅かすと、ここからしばらくユナイテッドの時間が続く。 だが、相手の攻勢をきっちり撥ね返したリバプールは最初の決定機をゴールに結びつける。18分、ハーフウェイライン付近でボールを引き出したワイナルドゥムがそのまま持ち上がって中央でフリーのフィルミノの足元に繋ぐ。ここでフィルミノがボックス右のスペースを狙うサラーに絶妙なスルーパスを通すと、エジプト代表FWは飛び出したGKに対して利き足とは逆の右足を使った見事なチップキックでゴールネットを揺らした。 一瞬の隙を突かれて先制を許したユナイテッドだが、すぐさま反撃を開始。26分には自陣ボックス付近でのポグバの見事なボール奪取から得意のカウンターを発動。左に張っていたラッシュフォードにボールが繋がると、ラッシュフォードはワンステップから圧巻のミドルパスを逆サイドでフリーのグリーンウッドに通す。そして、そのままボックス内に持ち込んだグリーンウッドが冷静に右足のシュートをゴール左隅へ流し込んだ。 1-1のイーブンに戻った試合は追いついた勢いに乗るホームチームが惜し気味に試合を進めていく。ポグバを中心とする球際の勝負で優位に立ち、高い位置を取る相手サイドバックの背後を狙った鋭いカウンターで幾度も相手ゴールに迫る。とりわけ、アレクサンダー=アーノルド、リース・ウィリアムズが並ぶ相手右サイドを執拗に狙い、ラッシュフォード、ショー、ファン・デ・ベークの3人が良い絡みで優位性を保つ。その流れからポグバやマクトミネイに再三のシュートチャンスも、前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。 それでも、良い流れで後半に入ったホームチームはいきなり逆転に成功する。48分、中盤での続けざまのルーズボールの競り合いを制してハーフウェイラインを越えた辺りでボールを回収したグリーンウッドが左サイドでハイラインの背後を狙うラッシュフォードを狙った斜めのパス。 これは手前にいたDFリース・ウィリアムズに引っかかるかに思われたが、ここでまさかの空振りとなると、背後でボールを引き取ったラッシュフォードがそのままボックス内に運んでコースを狙った右足のシュートを流し込んだ。 ミスから試合を引っくり返されたリバプールだが、前半のユナイテッドのようにこちらも反発力を見せる。58分、相手陣内でカバーニのやや不用意な落としをカットしたミルナーがボックス左のフィルミノに預けてゴール前に走り込む。そして、フィルミノからの折り返しを手前に走り込んだミルナーが巧みにスルーしたところを後方で待ち構えたサラーが左足で流し込んだ。 残り30分余りで再びイーブンに戻った中、両チームのベンチが動く。追いついたリバプールはワイナルドゥムに代えて切り札のマネを投入。この交代でカーティス・ジョーンズが左ウイングから本来のインサイドハーフにポジションを移す。 対するユナイテッドは65分にグリーンウッド、ファン・デ・ベークに代えてこちらも切り札のB・フェルナンデスとフレッジをピッチへ送り出し、ポグバをセントラルMFから前回対戦で務めた右ウイングに配置した。 この選手交代後も試合の主導権はリバプールが握り、サラーに2度のハットトリックのチャンスが訪れたが、GKヘンダーソンの好守に阻まれる。すると、一部でビッグマッチでの勝負弱さが指摘されるユナイテッドの絶対的司令塔が魅せる。 78分、ペナルティアーク付近でカバーニが倒されて得たFKの場面でキッカーを務めたB・フェルナンデスがメインの壁とは逆にポグバ、チアゴが並んでいた側を狙って右足を振り抜くと、これがゴール右下隅の完璧なコースを射抜いた。 再び追う展開になったリバプールは81分に2枚替えを敢行。チアゴとフィルミノを下げてシャキリ、オリジが投入され、南野にとっては現時点での序列を改めて認識される、ドイツ人指揮官の交代策に。 その後、リバプールはリスクを冒して攻撃に出るが、専守防衛の構えを見せるホームチームにことごとく撥ね返される。逆に、89分にはB・フェルナンデスの右クロスをゴール前フリーのカバーニに頭で合わされて痛恨の4失点目かに思われたが、ここは右ポストに救われた。 しかし、後半アディショナルタイムにサラーがボックス内で放ったシュートも枠を外れ、試合はこのままタイムアップ。 リーグ戦でも上位に位置するユナイテッドがホームでリバプールを退けてウェストハムが待つ5回戦進出を決めた。一方、敵地で敗れたリバプールは公式戦連敗となった。 2021.01.25 04:05 Mon
twitterfacebook
thumb

泥沼リバプール… ユナイテッド戦を前にクロップ「バーンリー戦の敗北が助けになる」

リーグ戦5戦未勝利と泥沼にはまるリバプールだが、ユルゲン・クロップ監督は復調できると信じているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 プレミアリーグも折り返し地点に到達し、週末明けには後半戦がスタートする。だが、王者リバプールは大きな困難に直面している。 21日に前半戦最後となるバーンリー戦を戦ったリバプールだったが、0-1で敗れ、ホームでは69試合ぶりに黒星を喫してしまった。この結果、チームはリーグ戦5試合未勝利に加え、その間わずか1得点と、その貫禄は失われつつある。 28日にプレミアリーグ第20節のトッテナム戦が控えるが、その前に24日に行われるFAカップ4回戦でマンチェスター・ユナイテッドと激突する。クロップ監督は試合前会見の場で「外部からのプレッシャーは感じていない」とし、現在置かれている状況を分析した。 「私は人生において常に自分にプレッシャーをかけている。もう慣れたものだよ。私は自分が長期的に幸せになることが非常に難しい人間であることを理解している。短期的に興奮するのは簡単なんだが、長期となるとそうはいかない」 「成功を成し遂げた場合、ふたつの方向性がある。ひとつは同じレベルを維持すること。これは周りがそれを許すはずもなく難しいことだ。もうひとつは、それが少しずつ衰えていくケースだ。現状、我々は大きく衰えていることを実感しているよ。もちろん、これは変えなければならないことだ」 「挑戦したからといって全てを手に入れなければならないとは思っていない。それでも我々は本当に戦う準備はできている。しかし、現在の我々は正しい道具を扱えていない。それが真実であり、間違いなく改善しなければいけないことだ」 「唯一の問題は、我々が直面している問題が常にテレビで放映されていることだ。つまり、誰もが小さな歩みでさえ見ているということ。でも、とにかくやるべきことをやるだけなのだ」 「チームとしての我々に疑問を感じているわけではない。全くもってね。しかし、こういった時にはチームが一丸となって正しいことをしなければならない」 「バーンリーとの試合に負けてしまったことで本当に落ち込んだよ。アンフィールドでのリーグ戦無敗記録のことではない。あれは素晴らしい記録だったけどね。振り返ってみても、負けた理由が見つからないのだ。でも負けてしまった。あの試合で起こったあらゆる事象やPK、さらには我々もチャンスを作ったことも含めて、これら全ての要因が重なった結果なのだろう」 「そういったことがあったからこそ、物事を適切な方へ変えるために、時に最悪を経験することも必要なのだ。今は100%の気持ちで挑戦し、進んでいく時だ」 「もし我々が(バーンリー戦で)悪い試合をして1-0で勝っていたら、世界は『いつものサッカーではないが、結果を残している』と言うだろう。しかし長期的に見れば、それはなんの成長にも繋がらない。だが本当の結果に向き合うことで、あの敗戦が本当の力になってくれるはずだ」 2021.01.24 19:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ホーム無敗が崩れたリバプール、チェルシーの86試合無敗の礎を築いたモウリーニョが称賛「祝福する」

先日のバーンリー戦で、ホームとしては69試合ぶりに黒星を喫したリバプールに対し、ジョゼ・モウリーニョ監督が賛辞を送っている。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 本拠地アンフィールドで68試合無敗を誇っていたリバプールの長い戦いはついに幕を閉じた。21日に行われたプレミアリーグ第18節のバーンリー戦、押し込みながらも相手の牙城を崩せずにいたリバプールは、終盤にPKを与えてしまい0-1で敗戦。4年に及ぶホーム無敗記録に終止符が打たれた。 モウリーニョ監督はかつてチェルシーを率いていた際、2004年夏の就任から解任される2007年9月まで、プレミアリーグでのホーム戦は一度も負けることはなかった。そして、チェルシーが2004年2月から2008年10月までの間にスタンフォード・ブリッジで築いた86試合無敗は、プレミアリーグ史上最長記録となっている。 リバプールが脱落してしまった今、破ることがより困難となった驚異の記録に、ポルトガル人指揮官は「記録は破られる可能性がある」とした上で、リバプールのロングランを称賛した。 「リバプールが成し遂げたことは驚くべきことであり、非常に非常に困難なことだ。チェルシーでの我々の記録が未だ最長記録であり、誰かがこの記録を超えるのは難しい。しかし、リバプールがホームでのプレミアリーグの試合でこれほど長い間負けていないという素晴らしい記録を作ったことを祝福したい」 なお、モウリーニョ監督は2013年6月に再びチェルシーの指揮官として復任するが、2014年4月にサンダーランドに敗れるまでホーム無敗を貫いた。 2021.01.23 19:55 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly