PSGはトゥヘル監督と今季でお別れ? 後任候補に挙がるモッタが喜び「攻撃的なサッカーが好き」

2020.11.10 14:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナやインテル、パリ・サンジェルマン(PSG)などでプレーしたチアゴ・モッタ氏(38)が、将来的なPSG監督就任に喜びを語った。モッタ氏は、1999年7月にバルセロナの下部組織に入団。2001年7月にファーストチームへ昇格すると、中盤やセンターバックとしてプレー。2007年8月にアトレティコ・マドリーへ移籍すると、その後は、ジェノア、インテルと渡り歩き、2012年1月からPSGでプレー。2018年7月に現役を引退した。

◆モッタ、PSGでのベストモーメント

引退後はそのままPSGのU-19チームの監督に就任すると、2019年10月には古巣のジェノアで指揮。しかし、10試合で解任されており、約1年間無所属となっている。

PSGは、トーマス・トゥヘル監督が指揮を執っているものの、契約は2021年6月までとなっており、今シーズン終了後に満了を迎える状況。一部報道では、PSGは契約延長をするつもりがないとのことだ。

そんな中、モッタ氏はトゥヘル監督の後任候補にも挙がっている状況だが、フランス『RMCスポーツ』で候補に挙がっていることを喜んだ。

「みんなが私のことを話すのはとても喜ばせるし、ポジティブだ。それを私は誇りに思うし、幸せに感じる」

「私のキャリアの大部分を費やしてきたクラブのサポータに、そう思えてもらって嬉しい」

「いつか、彼らが私に与えてくれた自信を返せることを願っています」

「私は攻撃的なサッカーが好きだが、攻撃的なサッカーを生み出すにはダイナミックで、スペースをうまく使って攻撃する必要がある。リスクを冒さなければならない」

「サッカーにダイナミズムをもたらすには、ボールを素早く回収しなければならない。何をすべきかを選ぶことができるのは、ボールを持っている時だ」

「パリ・サンジェルマンのようなチームでは、相性がいいと思う」
コメント
関連ニュース
thumb

ポチェッティーノ監督がコロナ陽性…16日アンジェ戦は不在に

パリ・サンジェルマン(PSG)は15日、マウリシオ・ポチェッティーノ監督に新型コロナウイルスの陽性判定が出たことを発表した。 クラブの発表によると、ポチェッティーノ監督は直近に受けたコロナウイルスの検査の結果、陽性判定が確認されてすでに自主隔離措置を取っているという。 そのため、16日に開催されるリーグ・アン第20節のアンジェ戦での指揮が不可能となり、アシスタントコーチを務めるヘスス・ペレス氏、ミゲル・ダゴスティーノ氏が暫定指揮官を務めることになる。 今月2日にPSGの新指揮官に就任したポチェッティーノ監督は、13日に行われたマルセイユとのトロフェ・デ・シャンピオンで指揮官として初のタイトルを獲得したばかりだった。 2021.01.16 03:20 Sat
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹を巻き込んで人種差別騒動を起こした2人が再びバトル!ツイッターで舌戦を繰り広げる

パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールとマルセイユのスペイン人DFアルバロ・ゴンサレスが再びバトルを繰り広げた。 両者は、2020年9月に行われたPSGvsマルセイユの“ル・クラスィク”でそれぞれに人種差別発言があったという疑惑がかけられ、証拠不十分で処分無しとなったものの、禍根を残していた。 その2人は、13日に行われたトロフェ・デ・シャンピオン2020で再戦。負傷明けのネイマールが65分から途中出場すると、アルバロ・ゴンサレスとの激しいマッチアップの末、82分に決勝点となるPKを決め、2-1でPSGが勝利していた。 すると、ネイマールは試合後に自身のインスタグラムを更新。過去にマルセイユのフランス代表MFディミトリ・パイエがやった煽りをお返しと言わんばかりに模倣すると、さらに自身のツイッターで「アルバロは?」とトロフィーの絵文字をつけて、倍返しした。 アルバロ・ゴンサレスはこのツイートにリプライする形で、ネイマールの頭を掴んでいる画像とともに、「僕の両親はゴミをちゃんと出すように教えてくれた。がんばれマルセイユ」と反撃に出た。 今度はネイマールが「お前はトロフィーを持ち上げる方法を忘れた」と切り返すと、アルバロ・ゴンサレスは「お前は永遠に王(ペレ)の影だ」とサッカーの王様ペレ氏を引き合いに出してさらに反撃に出る。 最後はネイマールが「お前は一生影だ。君を有名にしてやったんだ。どういたしまして」とやり返している。 どちらも幼稚なことに間違いはないが、今回の“バトル”はタイトルを勝ち取ったネイマールの完勝と言えるだろう。 <div id="cws_ad">◆ネイマールとゴンサレスのやり取りの一部始終<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Roi, Álvaro né? <a href="https://t.co/oUFEdzY6qo">pic.twitter.com/oUFEdzY6qo</a></p>&mdash; Neymar Jr (@neymarjr) <a href="https://twitter.com/neymarjr/status/1349497108257251335?ref_src=twsrc%5Etfw">January 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">L&#39;ombre éternelle du roi <a href="https://t.co/VjbObGR1mh">pic.twitter.com/VjbObGR1mh</a></p>&mdash; Álvaro González (@AlvaroGonzalez_) <a href="https://twitter.com/AlvaroGonzalez_/status/1349529464250773504?ref_src=twsrc%5Etfw">January 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></script></div> 2021.01.15 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG新監督ポチェッティーノの給与が判明! クラブ歴代最高給指揮官に

先日パリ・サンジェルマン(PSG)の監督に就任したマウリシオ・ポチェッティーノ氏の給与は、歴代指揮官を上回る同クラブの最高給を記録したようだ。フランス『レキップ』が報じている。 今月2日、前任のトーマス・トゥヘル氏の解任を受け、PSGの指揮官に就任したポチェッティーノ監督。初陣となった6日のリーグ・アン第18節のサンテチェンヌ戦は1-1のドローとなったものの、9日に行われた2戦目のブレスト戦の快勝で初白星を飾ると、3戦目にはマルセイユとのトロフェ・デ・シャンピオンを制し、早くも初タイトルを手にした。 今後はビッグイヤー獲得にも期待がかかるポチェッティーノ監督だが、クラブからのその期待が給与となって表われているようだ。 『レキップ』が伝えるところによると、今回2022年6月までの契約にサインしたアルゼンチン人指揮官の総月給は94万ユーロ(約1億1800万円)。所得税など諸々の税金を差し引いた手取り金額でも正味52万5000ユーロ(約6600万円)の計算だ。 同メディアはこれがPSGの歴代指揮官の中で最高給であると主張しており、また、現状では選手を含めたクラブ内ランキングでも、1位のFWネイマール(306万ユーロ)や2位のFWキリアン・ムバッペ(191万ユーロ)、3位のDFマルキーニョスやMFマルコ・ヴェッラッティ(120万ユーロ)らチームの顔とも言える主力選手らに並ぶ、7番目の高給取りに位置しているようだ。 それだけでなく、ポチェッティーノ監督の給与はシーズンを追うごとに増していく契約となっているようで、2年目は手取りで正味62万5000ユーロ(約7860万円)、3年目は67万ユーロ(約8420万円)まで上るという。 加えて、成績次第でボーナスも入る見込みで、すでに一つ目のタイトルを手にした新監督の総給与は、世界の名将たちにも肩を張れるクラスとなっているようだ。 2021.01.15 20:56 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGの未来を担う若手SBコラン・ダグバが決めたプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はフランス人DFコラン・ダグバがパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたプロ初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆コラン・ダグバのプロ初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1ek11eXQyUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2016年に若くしてPSGの下部組織に引き抜かれたダグバは、2018年からファーストチームに帯同。ドルトムントに移籍したDFトーマス・ムニエの抜けた穴を埋めることを期待されている。 スピードを武器にした攻撃参加が持ち味のダグバだが、2020年12月5日に行われたリーグ・アン第13節のモンペリエ戦では、記念すべきプロ初ゴールを記録している。 0-0で迎えた33分、左サイドでボールを持ったFWアンヘル・ディ・マリアがドリブルでボックス左に侵入し、ゴール前にパスを送る。すると絶妙のタイミングで攻撃参加していたダグバが後方から走り込んで合わせ、先制ゴールを挙げてみせた。 このゴールで主導権を奪ったPSGは、その後も試合を優位に進め、3-1で勝利している。 2021.01.15 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマールがPSGと契約延長へ 交渉中と英メディア

ブラジル代表FWネイマール(28)がパリ・サンジェルマン(PSG)との契約延長交渉を進めているようだ。 ネイマールは2017年夏にバルセロナから史上最高額の移籍金2億2000万ユーロ(現レートで約277億5000万円)でPSG入り。それ以来、パリの王様として国内で絶対的な地位を築くチームをリードしているが、2022年6月末までの契約を巡る延長交渉が注目の的になっている。 これまで度重なる故障に泣き、ピッチ外での行動がたびたび問題視され、バルセロナ復帰の動きも指摘されたネイマールだが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、現時点でPSGに不満を抱いておらず、クラブが望む長期の契約延長に応じる姿勢を示しているという。 ナセル・アル=ケライフィ会長も昨年12月の段階で、同じく2022年に契約切れとなるフランス代表FWキリアン・ムバッペとともに、ネイマールとの契約延長に「自信がある」と発言。「両選手とも我々と一緒のところにいたがっている」とも語り、相思相愛を強調した。 また、ネイマール自身も会長の発言とほぼ同時期に「パリですごく幸せ。クラブ、チームメイトと一緒にいて幸せさ。退団の考えはない。当然、話し合いが必要だが、良い関係性があり、僕もすごく幸せ。将来を見守って行こうじゃないか」と前向きな姿勢を示している。 2021.01.15 09:30 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly