エルゲラがわずか4試合で解任!監督初挑戦はホロ苦い結果に…

2020.11.10 06:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セグンダB(スペイン3部)に所属するラス・ロサスCFは9日、イバン・エルゲラ監督(45)を成績不振で解任したことを発表した。現役時代はローマやレアル・マドリー、バレンシアなどでプレーしたエルゲラ監督は、5月にラス・ロサスの監督に就任。しかし、10月18日に開幕した今季はここまで4試合で1分け3敗と勝利がなかった。

ラス・ロサスは公式ツイッターで「我々はプロ意識と責任をもって指揮官を引き受けてくれたエルゲラ監督に感謝している。これからの彼の成功を祈っている」と、感謝の声明を発表した。

なお、後任に関する発表はされていない。
コメント
関連ニュース
thumb

本田圭佑所属のボタフォゴ、健康上の理由でラモン・ディアス監督との契約解除を発表

本田圭佑の所属するボタフォゴは27日、健康上の理由でラモン・ディアス監督(61)との契約を解除したことを発表した。 ディアス監督は、10月16日に解任されたヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ前監督の後任として8日にボタフォゴの指揮官に就任していた。 ボタフォゴはクラブの公式ツイッターで「ラモン・ディアス監督と彼のアシスタントチーム全員がクラブを去ることを報告する。残念ながら、ディアス監督は健康上の理由で12月7日まで入院が必要となり、クラブはこれ以上待つことができない」と契約解除の理由について明かした。 なお、『ESPN』によれば、ディアス監督は就任決定後にパラグアイで結節性甲状腺腫の手術を受けたとのこと。当初は10日間の入院でブラジル入りする予定だったが、回復が思わしくなく退院が12月7日まで延長したようだ。 また、ボタフォゴはディアス監督の後任として昨年4月~10月までボタフォゴを率いたブラジル人指揮官エドゥアルド・バロッカ氏(40)が就任することを併せて発表した。 2020.11.28 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

エスパニョール退団のMFビクトル・サンチェスが豪ウェスタン・ユナイテッドに加入

オーストラリアのAリーグに所属するウェスタン・ユナイテッドは27日、スペイン人MFビクトル・サンチェス(33)の加入を発表した。契約期間は2年間となる。 バルセロナのカンテラ出身のサンチェスは、2009年7月にファーストチームへ昇格。その後は、シェレスやヘタフェへとレンタル移籍を経験。2011年7月にスイスのヌーシャテル・ザマックスへ完全移籍していた。 2012年1月に自身が育ったバルセロナのライバルクラブであるエスパニョールに加入すると、当時指揮を執っていたマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下で主軸としてプレー。以降8年半に渡ってボランチを主戦場に公式戦通算270試合に出場し11ゴール23アシストを記録していた。 ビクトル・サンチェスは2021年6月30日までエスパニョールとの契約を残していたが、昨シーズンにエスパニョールがセグンダ降格となった影響もあり、8月に双方合意の下で退団。ここまでフリーの状況が続いていた。 なお、Aリーグでは先日、サンチェス共にエスパニョールでプレーしたスペイン人DFハビ・ロペス(34)がアデレード・ユナイテッドに加入。また、元スペイン代表MFマルケル・スサエタ(32)と同MFベニャ・エチェバリア(33)がマッカーサーFCへ加入していた。 2020.11.28 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、遠藤に続きU-21クロアチア代表DFソサとも契約延長

シュツットガルトは27日、U-21クロアチア代表DFボルナ・ソサ(22)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 母国の名門ディナモ・ザグレブの下部組織出身のソサは、2015年の冬にトップチームに昇格すると在籍2年半で公式戦41試合に出場。2018年夏に加入したシュツットガルトでは、ケガなどの影響もあり公式戦25試合の出場にとどまっていたが、今季は左MFとしてここまでブンデスリーガ5試合に出場している。 また、各年代のクロアチア代表でプレーしてきたソサは、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた予備登録メンバーに選ばれていた。 新たな契約にサインしたソサは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「シュツットガルトに加入してから2年半、クラブとこの街は僕の心の中で大切な存在となっている。だから、2025年まで契約が延長されたことをとても嬉しく思っているよ」 2020.11.28 03:20 Sat
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表DFレスコット、西3部クラブと1試合の超短期契約を締結

セグンダ・ディビシオンB(スペイン3部)に所属するラシン・ムルシアは27日、元イングランド代表DFジョレオン・レスコット(38)をフリートランスファーで獲得したと発表した。 イングランド代表として26キャップを誇るレスコットは、ウォルバーハンプトンでプロデビュー。その後、エバートンやマンチェスター・シティ、WBA、アストン・ビラ、AEKアテネなどでのプレーを経て、2017年冬にシーズン終了までの短期契約でサンダーランドに加入。サンダーランドを退団後は、約3年間フリーの状態が続いていた。 なお、『フットボール・エスパーニャ』によれば、レスコットとラシン・ムルシアに契約は、12月16日に行われるコパ・デル・レイ1回戦のレバンテ戦のみとのこと。 また、ラシン・ムルシアは数週間以内にレスコットの加入を正式に発表するイベントを開催する予定だという。 2020.11.28 01:10 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤航がシュツットガルトとの契約を2024年まで延長

シュツットガルトは26日、日本代表MF遠藤航(27)との契約延長を発表した。新契約は、現行の2022年6月30日から2年間延長した2024年6月30日までとなる。 新契約にサインした遠藤は、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「契約延長にとても満足しているし、シュツットガルトでのこれからがとても楽しみだよ。ここはとても居心地が良いんだ。そして僕は、クラブが目標を達成するため、これからも貢献していきたいと思っているよ」 湘南ベルマーレでプロデビューした遠藤は、浦和レッズやシント=トロイデンでのプレーを経て、2019年夏にレンタル移籍でシュツットガルトに加入。加入当初は試合に絡めない時期が続いたが、同年11月から主力定着すると、ブンデスリーガ2部で13試合に出場。1年での1部復帰に貢献した。 この活躍が認められ、遠藤は今年4月にシュツットガルトへ完全移籍。自身初挑戦となったブンデスリーガでは、ここまで8試合に出場し昇格組ながら8位と順調な戦いぶりをみせるチームの中盤を支えている。 2020.11.26 23:15 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly