アーセナル指揮官アルテタからウィロックら若手へ 「与えたチャンスに応えないと」

2020.11.06 15:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのミケル・アルテタ監督が若手にさらなる奮起を求めた。クラブ公式サイトが伝えている。5日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループB第3節でモルデと対戦したアーセナルは22分に失点。しかし、オウンゴールによる2点で逆転すると、FWニコラ・ぺぺとMFジョー・ウィロックもゴールを決めて、4-1の快勝を収めた。

試合後のインタビューに応じたアルテタ監督は活躍したウィロックら若手について、「ジョーや他の若手はシニアプレーヤーがいて、プレミアリーグで多くの機会を得られていない」と述べると、チーム内に化学反応を起こす存在になるよう求めた。

「多くの新顔でチームを変化させて、化学変化と結束を生み出すのは簡単じゃない。今夜の彼らはどれだけプレーがしたいのかを示した。我々にとって、可能性を秘めた選手たちであるのを示してくれた」

「我々はこの大会で優勝したく、最高の選手を起用したいと思っている。若いから起用するんじゃなく、このクラブでプレーするに値する選手を使いたい。彼らがプレーするためのクオリティを持っていると信じているからだ」

「彼らは我々の将来のために本当に重要な選手になってくれる選手たち。クラブにはいくつかのケースがあるが、彼らとは我慢して付き合っていかないといけない。チャンスを与えて、彼らもそれに応えないとね」
コメント
関連ニュース
thumb

欠場続くアーセナルMFトーマス、トッテナム戦前にトレーニング復帰へ!

アーセナルのガーナ代表MFトーマス・パルティが大一番を前にチームのトレーニングに戻る見通しのようだ。イギリスの地元紙『イブニング・スタンダード』が報じている。 今季でミケル・アルテタ体制2年目のアーセナル。ヨーロッパリーグ(EL)こそ5連勝で首位通過を決めたが、喜ぶ暇もなく、今週末の6日に行われるプレミアリーグ第11節で首位に立つトッテナムのホームに乗り込んでの大一番に臨む。 プレミアリーグ10試合を消化した現時点で早くも5敗を喫して、勝ち点13の14位に位置しているアーセナルとしては是が非でも3ポイントがほしい今回のダービーマッチ。その一戦を前にトーマスがトレーニングに復帰するという。 トーマスは今夏、アトレティコ・マドリーから加入して以降、公式戦5試合に出場。新たな中盤の軸として確かな存在感を誇ったが、11月8日に行われた第8節のアストン・ビラ戦で太ももを痛めて欠場が続いている。 アルテタ監督は3日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループB第5節のラピド・ウィーン戦後、「彼は我々にプレッシャーをかけてくる。明日(4日)、我々と一緒にトレーニングをやる。数日後にどうなるかを見守ることになる」と話した。 先日にアルテタ監督から当初の見込みよりもケガの程度が重く、まだ先の復帰見通しも明らかにされたトーマス。トッテナム戦に間に合うともなれば、チームにとって吉報になるが、果たして…。 2020.12.04 18:55 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルのレジェンドが古巣にエジル起用を提言「今の我々には彼のような選手が必要」

アーセナルのレジェンドである元イングランド代表GKデイビッド・シーマン氏は、現在古巣で構想外になっている元ドイツ代表MFメスト・エジルにチャンスを与えるべきだと考えているようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。 これまでアーセナルで公式戦254試合に出場してきたエジルだが、今季はプレミアリーグでもヨーロッパリーグ(EL)でも登録メンバーから除外。週給35万ポンド(約4890万円)という破格の給料を受け取りながら、ミケル・アルテタ監督の下では完全に構想外の扱いになっている。 しかし、10番を構想外にしたアーセナルもプレミアリーグではクラブ史に残るほどの大不振に陥っており、現在リーグ10試合を消化して14位という状況だ。加えて、試合ではゴールどころかチャンスを作り出すことすらままならず、ファンの中にはエジル復帰を望む声も出てきている。 こうした状況を憂慮しているのが、アーセナルで400試合以上に出場し、長く守護神として君臨したシーマン氏だ。ポッドキャスト『The Target Men』に出演したシーマン氏は、エジルが現在のチームを救うキーマンになれると語っている。 「アルテタがエジルを構想外にした判断には驚いたよ。彼は非常にクオリティーの高い選手だからね」 「今のアーセナルを見た時、我々はエジルのような選手がいないことを嘆いているように思う。彼をこのまま退団まで放置するよりも、エジルを中心としたチーム構築を考えるべきじゃないかな」 また、シーマン氏は現在のアーセナルにリーグ優勝するほどの力はないと見ており、トップ4がクラブにとってのトロフィーだという考えを示した。 「今のアーセナルの状況を考えれば、トップ4入りがリーグ優勝のようなものだ。チームは再び自信を持って走り出す必要があるし、トップ4入りが果たせれば素晴らしいシーズンになるだろう」 シーマン氏は、インタビューの中でクラブの補強についても言及。かつて獲得の噂があり、選手自身も移籍を希望していたクリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハの獲得を望んでいる。 「ザハはアーセナルにとって良い選手だと思う。彼は明らかに加入したがっていたし、なぜ実現しないのかが分からない。代理人とクラブが合意していないのかもしれないが、彼自身の気持ちは明確さ。ザハがチームにとって大きな補強となるのは間違いない」 2020.12.04 17:07 Fri
twitterfacebook
thumb

EL快勝のアーセナル、アルテタはファンの存在に感謝 「応援してくれて本当にありがとう」

アーセナルのミケル・アルテタ監督がヨーロッパリーグ(EL)での勝利とファンのスタジアム帰還を喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 3日に行われたELグループB第5節において、アーセナルはFW北川航也が所属するラピド・ウィーンと対戦。すでに決勝トーナメント進出を決めているアーセナルは週末に控えるノースロンドン・ダービーを見据え、大幅なターンオーバーを敢行している。 試合は10分にFWアレクサンドル・ラカゼットが先制をすると、前半だけで3点を奪う圧勝ムードに。後半、北川に決められ1点を返されるが、66分には期待の若手であるMFエミール=スミス・ロウにも得点が生まれ、4-1のスコアで勝利した。 この結果、アーセナルは1試合を残してグループステージ首位通過が決定。また、この試合から最大2000人という条件付きではあるものの、観客の入場が認められており、エミレーツ・スタジアムには9カ月ぶりにファンの姿があった。 アルテタ監督は試合後のインタビューにおいて、ファンがスタジアムに戻ってきたことを喜んでいる。 「とても特別なことだし、ファンが戻ってきてくれて嬉しい。彼らは大きな貢献をしてくれたと思う。数は2000人だったが、私にはそれ以上にも見えた。彼らはチームを応援し、励ましてくれた。来てくれて、チームを応援してくれて、本当にありがとう」 「試合に集中していて、ファンからの声援はあまり聞こえていなかった。でも、たった2000人でも大きな違いをもたらしてくれたよ。2000人のファンはチームに対して本当にポジティブで、苦しい時もあったが、そのエネルギーに感謝している」 また、アルテタ監督はこの試合で見せたチームのパフォーマンスが、週末のプレミアリーグ第11節で行われる首位トッテナムとのノースロンドン・ダービーに向け、良いきっかけになることを望んだ。 「チームはELで本当に安定していた。今日の試合で選手は素晴らしいエネルギー、キャラクター、アグレッシブさを見せてくれたと思う。前回の(リーグでの)敗戦を受け、一人ひとりが本当に良いゲームをしてくれたよ。ファイナルサードでは、アグレッシブにボールを操り、多くのチャンスを作った。4ゴールを決めたけど、もっと多く決められたね」 「前にも言ったが、ここ数試合は情熱とエネルギーを示してきたと思う。ただ、プレミアでは集中力を失った瞬間に罰を受けてしまっていた。敗れた試合では余裕がなく、現状ヨーロッパではより余裕が持てている。今日の選手たちは、すでにグループステージ突破を決めているのに全員がしっかり試合に臨んでくれた。これは毎日見たい精神だね」 2020.12.04 11:48 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルFWラカゼット、ファンの存在に感謝 「プッシュしてくれた」

アーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットがファンの存在に感謝した。『UEFA.com』が報じている。 ヨーロッパリーグ(EL)グループB初戦から4連勝でグループステージ突破のアーセナルは3日に行われた第5節でラピド・ウィーンと対戦。一部主力を温存しての一戦だったが、4-1の勝利で飾り、無傷の5連勝で首位通過を決めた。 この試合から最大2000人という上限こそあるものの、9カ月ぶりに本拠地エミレーツ・スタジアムで有観客が認められ、ファンの前でプレーしたアーセナル。先制弾のラカゼットは試合後、ファンとの再会に喜びを心境を明かした。 「アメージングだった。今日、ファンのみんなと会えてすごく嬉しかった。悪い場面も僕らに良いプレーをさせようとプッシュしてくれ、良いフットボールができた。それに、ケガから戻った選手もいた。彼らにとって良い夜になったのが本当に嬉しい」 「ここ数週間は簡単なものじゃなかったが、ファンが僕やチームを応援してくれるのを目にした。今夜は彼らのおかげで本当に楽しませてもらった。今夜の僕らはそれを楽しもうという思いだったし、5連勝もやってのけたい思いがあったんだ」 なお、アーセナルは6日に行われるプレミアリーグ第11節で、同じくロンドンに拠点を置くトッテナムのホームに乗り込む。ラカゼットは「週末のダービーに再び集中しないとね。まずは休み、週末に何が起こるのか見守る必要がある」とコメントしている。 2020.12.04 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第5節結果まとめ】三好所属のアントワープがGS突破! アーセナルやローマは首位通過を決める

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第5節が3日に行われた。 すでに決勝トーナメント進出を決めているローマ、アーセナル、レスター・シティ、ホッフェンハイムの4チームの加え、今節で新たにグループステージ突破を決めたのはミラン、、ビジャレアル、トッテナム、アントワープ、レバークーゼン、レンジャーズ、ベンフィカ、グラナダら14チーム。 グループJでは三好康児の所属するアントワープが、グループステージ突破かけてルドゴレツと対戦。試合が動いたのは19分、バイタルエリア中央でボールを受けたホングラが強烈なロングシュートをゴール右に突き刺し、アントワープが先制。後半序盤に同点に追いつかれたアントワープだったが、72分にデ・ラエト、87分にベンソンがゴールネットを揺らし3-1で勝利。決勝トーナメント進出を決めたアントワープは、最終節で同じく決勝トーナメント進出を決めたトッテナムとグループ首位を懸けた直接対決を行う。 また、北川航也が3試合ぶりの先発となったラピド・ウィーンは、アウェイでアーセナルと対戦し、1-4で敗戦。試合は10分にラカゼットの無回転ロングシュートでアーセナルが先制すると、18分にパブロ・マリ、44分にエンケティアがゴールネットを揺らし、3点のリードを奪う。 一矢報いたいラピド・ウィーンは、後半開始早々の47分にアラセのシュートのこぼれ球を北川がボレーシュートで流し込み、反撃の狼煙を上げる。しかし、その後は地力の差を見せつけるアーセナルの猛攻を浴びると66分、途中出場のスミス=ロウにゴールネットを揺らされ、1-4で敗戦した。この結果、EL唯一の5連勝を飾ったアーセナルがグループBを首位で通過した。 その他、グループAでは3連勝のローマが首位突破を決めた。グループCはスラビア・プラハとレバークーゼンが、グループDではレンジャーズとベンフィカが、グループEではグラナダとPSVがそれぞれ勝ち抜け。 また、レスター・シティの勝ち抜けが決まっていたグループGはブラガ、グループHではミランとリールが決勝トーナメントへ駒を進めた。グループIは久保建英の所属するビジャレアルが、グループKではディナモ・ザグレブが首位通過を決め、グループLではホッフェンハイムが首位通過、ツルヴェナ・ズヴェズダが2位通過を決めた。 ■ELグループステージ第5節結果 ◆グループA クルージュ 0-0 CSKAソフィア ローマ 3-1 ヤング・ボーイズ ◆グループB モルデ 3-1 ダンドーク アーセナル 4-1 ラピド・ウィーン ◆グループC ニース 2-3 レバークーゼン スラビア・プラハ 3-0 ハポエル・ベエルシェバ ◆グループD レンジャーズ 3-2 スタンダール・リエージュ ベンフィカ 4-0 レフ・ポズナン ◆グループE グラナダ 0-1 PSV オモニア 2-1 PAOK ◆グループF レアル・ソシエダ 2-2 リエカ AZ 1-1 ナポリ ◆グループG ゾリャ 1-0 レスター・シティ AEKアテネ 2-4 ブラガ ◆グループH リール 2-1 スパルタ・プラハ ミラン 4-2 セルティック ◆グループI スィヴァススポル 0-1 ビジャレアル カラバフ 1-1 マッカビ・テルアビブ ◆グループJ アントワープ 3-1 ルドゴレツ LASK 3-3 トッテナム ◆グループK フェイエノールト 0-2 ディナモ・ザグレブ CSKAモスクワ 0-1 ヴォルフスベルガー ◆グループL ヘント 1-2 リベレツ ツルヴェナ・ズヴェズダ 0-0 ホッフェンハイム 2020.12.04 07:16 Fri
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly