キッカケは“キング・カズ”、ギネス記録の74歳最年長プロ選手がインタビューで明かす

2020.11.06 14:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ギネス世界記録に認定された公式戦でプレーした最年長のプロサッカー選手が、記録達成に向けた思いなどを語った。その名は、エゼルディン・バハダー。74歳と125日での試合出場が10月17日にギネス世界記録に認定された。

今年1月にエジプト3部の「6th October」というクラブとプロ契約を結んだことが大きなニュースとなっていたバハダー。ギネス記録で最年長プロ選手となるには90分間の試合に2試合出場する必要があった。

これまでのギネス記録はイスラエル人のイサーク・ハイク氏の73歳であり、2試合に出場すれば記録が更新される中、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大などでその挑戦が上手く進んでいなかった。

それでも3月の試合で初出場しゴールを記録する偉業を達成すると、コロナによる中断後の10月に2試合目に出場。これにより見事ギネス記録に登録されたのだ。

バハダーは、『FIFA.com』のインタビューに応じ、今回の記録挑戦への思いや、今後の活動について語った。

まず、今回の挑戦に当たって、そのキッカケを問われたバハダーは、先日53歳でJ1最年長出場記録を作った元日本代表FW三浦知良(横浜FC)を知ったことだったと明かした。

「私はいつだってビッグクラブでプレーすることを望んでいましたが、それはただの夢に終わりました。そこで、プロとしてプレーする最年長の選手が53歳のストライカー(三浦知良/横浜FC)であることがわかった時、私は別の目標を追い求め始めました」

「私と彼の間には大きな年齢差があったので、私は今回のことを試してみることにしました」

「最初は誰にも自分の目的を言わず、やる気を出していましたが、家族がこのことを知った時にとても励まされました」

◆今から31年前、コリチーバ時代のカズのプレー集

20歳も年下でありながら、遠く離れた日本でプレーする“キング・カズ”こと三浦知良を知った事がキッカケと明かしたバハダー。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が大きな障壁となったとした。

「パンデミックは私に悪影響を及ぼしました。特に、私がプレーする(2つ目の)試合のちょうど2日前にリーグが中断されたのです」

「これは私にとってショックなことでしたが、その中断の間、私は息子と一緒にトレーニングし、自宅で行えるようにオンラインで多くのトレーニングを見ました」

「クラブでのトレーニングは自宅でのトレーニングと大きく異なるため、この期間は私の試合に向けた準備に影響を与えました」

90分の試合に2試合出ることが記録認定の条件だったが、選んだクラブは3部クラブ。そこまでレベルが低いわけではない。初めてチームに合流したときのことをバハダーは回想した。

「彼らは私を温かく歓迎してくれました。たくさん話したり、笑ったりしましたが、「子供みたいに扱ってくれるお年寄りを期待していたのに」と言っていました」

「早速ゴールに向かってシュートを打ってくれと頼まれ、やってみたら良い感じでした。最後は喜んでくれていました」

チームメイトにも受け入れられたバハダー。最初の試合に出るときはとても緊張したという。そして、そのゴールでは運良くゴールも記録した。

「とても緊張していて、ヒザとハムストリングの筋肉が腫れて辛かったですが、チームメイトがたくさん励ましてくれました。試合が始まると、雰囲気に飲まれ、緊張は消えました」

「確かに私はゴールを決めたいと思っていましたが、それは簡単なことではありませんでした」

「降格を避けるために戦っていたタフな相手との対戦でした。最後の数分でPKが与えられ、ゴールを決めることができました」

初出場から中断があり半年以上経過した10月、2試合目の出場となったが、バハダーは健康状態に問題があったとした。

「試合の2週間前に中耳炎にかかったので、簡単ではありませんでした。バランスが崩れ、動きに影響が出たため、トレーニングをやりきることができず、試合に出られないかと心配しました」

「試合中、少しめまいを感じました。さらに2つのチームが似たようなユニフォームだったため、さらに難しい状況となりました」

「しかし、私のチームメイトとテクニカルチームの全員が、私が試合でフル出場することを主張しました。トレーニングで練習したセットプレーから、チームの2点目を決めることができました」

見事90分間の試合で2試合プレーしたバハダー。ワールドカップに出場した最年長選手はエジプト代表のGKエサム・エル=ハダリの45歳161日(2018年ロシアW杯)だが、エジプト代表入りについて聞かれると、おどけながらも意気込んだ。

「それは長い道のりになるね(笑)これからも一生懸命トレーニングを続け、スキルとフィットネスを向上させていきます。機会があれば、絶対にそれを掴みたいです」

偉大な記録を達成したバハダーだが、将来の野心についてコメント。誰でも達成できる記録とかたり、さらに記録を伸ばすことに意気込みを語った。

「強い意志と決意を持った人間なら、誰でもできることを成し遂げたと思います。特にこの年齢では、良いレベルとフィットネスを維持することは困難で、健康を維持することもとても難しかったです」

「私はサッカーをとても楽しんでいて、将来がどうなるか誰にもわかりません。これからもプレーとトレーニングを続けていきます」

◆74歳のPKを目に焼き付けろ!
コメント
関連ニュース
thumb

サラーが再度コロナ陽性に…、レスター戦欠場か

エジプトサッカー協会(EFA)は18日、リバプールに所属するFWモハメド・サラーが新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で再度陽性となったことを発表した。 エジプト代表に合流しているサラーは13日の検査でコロナ感染が発覚。14日と17日に行われたトーゴ代表とのアフリカ・ネーションズカップ予選をそれぞれ欠場していた。 症状はないと報じられるサラーだが、今後も陽性判定が続けば22日に行われるプレミアリーグ第9節レスター・シティ戦、25日に行われるチャンピオンズリーグ第4節アタランタ戦の出場が危ぶまれる状況となる。 2020.11.19 01:30 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルMFエルネニーが新型コロナ陽性…エジプト代表でサラーに続く感染者

アーセナルに所属するエジプト代表MFモハメド・エルネニーが先日の同代表FWモハメド・サラーに続いて、新型コロナウイルスに感染してしまったようだ。 エジプトサッカー協会が16日に発表したところによれば、17日に行われるアフリカネーションズカップ予選グループG第4節のトーゴ代表戦に先駆けた検査で陽性反応を確認。本人は無症状だという。 これを受けて、トーゴに遠征するチームは陰性を確認した残る選手全員の安全を守るため、唯一陽性反応を検出したエルネニーをカイロに戻して、自主隔離に努めさせている模様だ。 エルネニーは今季、ベシクタシュからアーセナルにレンタルバックすると、ここまで公式戦11試合に出場。復帰後は守備的MFとしてミケル・アルテタ監督からの信頼を高め、序列を上げている。 なお、アーセナルは代表ウィーク明けの22日に行われるプレミアリーグ第9節でリーズ・ユナイテッドとアウェイで対戦する。 2020.11.17 09:25 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールFWサラーが新型コロナウイルス陽性反応、トーゴ戦前の検査で発覚

エジプトサッカー協会(EFA)は13日、リバプールに所属するFWモハメド・サラーが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを発表した。 EFAによると、エジプト代表はトーゴ代表とのアフリカ・ネーションズカップ予選を前にPCR検査を実施。その結果、サラーが陽性反応を示したと発表した。なお、サラーは症状がないとのことだ。 また、そのほかの選手は陰性を示したとのことだ。 チームドクターとリバプールと協議の結果、サラーは隔離措置をとることになり、プロトコルに従うことになるようだ。なお、サラーは改めて検査を受けるとのことだ。 2020.11.14 00:45 Sat
twitterfacebook
thumb

サラー“憧れの先輩”がエジプト時代の素顔を明かす「点を決められなかった時泣いていた」

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーの先輩が、大スターの素顔を明かした。イギリス『ミラー』が伝えている。 サラーは、母国エジプトのアラブ・コントラクターズで2010年にプロキャリアをスタート。2012年にバーゼルへ移籍し、2014年1月にはチェルシーへ加入した。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJQelhIc1JaYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> チェルシーでは思うような活躍ができなかったものの、セリエAのフィオレンティーナやローマでアタッカーとしての能力が開花。2017年にリバプールへ加入してからは2シーズン連続でリーグ得点王を獲得するなど、高い得点力を示し続けている。 2009年から2012年の間、エジプトの強豪クラブ、ペトロジェットで活躍した元ガーナ代表FWエリック・ベコーは、ガーナラジオ局『Nhyira FM』の中で、エジプトリーグ時代のサラーを回顧。大スターの素顔を明かした。 「私はエジプトではスター選手だった。モハメド・サラーや他の若いエジプト人選手は私のようになりたがっていたんだ」 「リバプールのサラーは、私を憧れの選手として選んでいたよ。私がペトロジェットにいたとき、サラーはまだコントラクターズのユースでプレーしている若手選手だった」 「サラーは左サイドウィンガーで、前線での決定力がある選手だったから、もっとゴールを決めたがっていた。彼は自分のウィングでのプレーが得点に繋がらなかったとき泣いていることもあったよ」 「その時の監督の1人が彼をもっと前のポジションにコンバートした。それが、エジプトからバーゼルへ行く前の彼の成長を促したんだ」 2020.06.04 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

これも有名人の宿命…サラー、母国エジプトで強盗のマスクに利用される

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが、母国で起きた強盗事件で自身のフェイスマスクを使われていたことが判明した。エジプト『Masrawy』が伝えている。 エジプト代表でのタイトルこそないものの、リバプールでのチャンピオンズリーグ(CL)制覇やプレミアリーグ得点王など、多くの個人タイトルに輝いてきたサラーは、エジプトだけでなくアフリカやイスラム圏のスーパースターだ。 ただ、有名人の宿命か、今回は母国で起きた強盗事件で犯人の身元隠しのための手段として利用されることになった。 『Masrawy』が伝えるところによると、事件はエジプトの首都カイロのナスル・シティの店舗で起きたという。 武装した4人の強盗集団が店舗を襲撃しようとしていたところ、巡回中だった治安部隊がその動きに気付いたという。そして、強盗集団は慌てて車に乗り込んで脱出を試みたものの、あえなく逮捕された。 その際、4人の容疑者は自分たちの身元を隠すため、エジプトの国民的スターであるサラーのフェイスマスクを着用しており、逮捕後の様子を写した写真には拳銃といった凶器と共に微妙な出来のサラーのマスクが証拠品として並んでいた。 <div id="cws_ad">◆サラーのフェイスマスクが証拠品に<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">These dudes really thought it was a good idea to rob a store in Egypt no less (!) with a Mo Salah mask <a href="https://t.co/Cn71jsULeF">pic.twitter.com/Cn71jsULeF</a></p>&mdash; LFC Views* (@Mobyhaque1) <a href="https://twitter.com/Mobyhaque1/status/1262833620361895936?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.05.20 19:18 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly