「氷上での芸術的パフォーマンスのようだった」2ゴール関与の久保に大手スペイン紙絶賛!「ハーフスペースを完全に自分のものにした」

2020.11.06 11:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルの日本代表MF久保建英をスペイン『アス』が絶賛している。ビジャレアルは5日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第3節でマッカビ・テルアビブと対戦。ビジャレアルのホームで行われた試合は、大雨によりキックオフが1時間以上遅れるというアクシデントに見舞われたが、終始主導権を握ったビジャレアルが4-0で快勝した。

◆ビジャレアルの練習で無邪気な笑顔を見せる久保

フル出場を果たした久保は、14分にMFアレハンドロ・バエナとのワンツーで抜け出して枠内シュートを放つなど、前半から存在感を発揮すると、52分、ボックス手前右からクロスを上げ、FWカルロス・バッカのヘディングゴールをアシスト。さらに71分には3点目の起点となるプレーを見せるなど、少しミスもあったものの2ゴールに関与する活躍を見せた。

この久保の活躍を『アス』は「ピッチの至る所にいた。濡れた芝生でスペースを見つけ、ボールを奪い、味方にパスを繋ぐ姿は、まるで氷上での芸術的パフォーマンスのようだった」と絶賛。また「ハーフスペースは完全に自分のものとしており、バエナとのコンビネーションから、シュートを放った」とバエナとのコンビネーションについても評価されている。

後半のアシストについても「カルロス・バッカとは、何度かチャンスを作ろうとしていたが、コントロールミスや数センチのズレで連携に苦労していた。だが後半が始まってすぐ、相手DF2人をフェイントでかわした後、パーフェクトなダイアゴナルクロスでコロンビア人FWのヘディングゴールをアシストした」と伝えている。

3連勝でグループステージ突破に大手をかけたビジャレアル。チームの勝利に貢献した久保の評価が上がっているが、ウナイ・エメリ監督の下で定位置を掴むのもそう遠くない未来かもしれない。

◆久保がELデビュー戦で見せた圧巻のパフォーマンス
コメント
関連ニュース
thumb

ELでGS首位突破決定のビジャレアル、エメリは「2つの目標が達成できた」と大満足

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督がヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ首位通過を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 3日に行われたELグループI第5節において、ビジャレアルはトルコのスィヴァススポルとアウェイで対戦。前節決勝トーナメント進出を決めたビジャレアルにとって、この試合はグループステージ首位通過がかかる一戦となった。 FWジェラール・モレノやMFダニ・パレホなどの主力を温存し、MF久保建英がスタメン出場となったこの試合は、前半ボールを支配するものの得点は奪えないままハーフタイムになる。後半、パレホとMFマヌエル・トリゲロスら主力を投入すると、75分にFWサムエル・チュクウェゼがゴールを決め先制に成功。そのまま1-0のスコアで勝利している。 この結果、ビジャレアルは1試合を残してのグループステージ首位通過が決定。試合後のインタビューに対応したエメリ監督は、2つの意味でチームに満足していると語った。 「この試合では2つの目標が達成できた。1つ目は、(決勝トーナメント進出の)資格を得ることだ。次の局面に進むチャンスを得るため、今日は勝つ必要があり、タフなチームを相手に90分間で先制しなければならなかった。チームはここで決めるという意思を見せられたと思う」 「2つ目は、ベテランと若手の融合だ。若い選手たちはパフォーマンスの面で成長を続けているし、今日は我々が求める要求を満たしてくれた」 「私はこの結果と今日チームが見せた試合に満足している。今大会で我々が望むのは、試合を最大限に楽しみ、1試合に1試合にフォーカスして戦うことだ。その中で、我々は自分たちがどこまで進んでいけるかを理解していくだろう」 また、インタビューのなかでエメリ監督は、この試合でチームがELグループステージ歴代最多得点記録となる、14ゴール目(その後レバークーゼン、ベンフィカが更新)をマークしたことにも言及。チームの確かな成長に携われていると誇っている。 「私は歩みを続けるクラブを助け、貢献できていることを誇りに思う。ビジャレアルはスペインで尊敬されているクラブであり、ヨーロッパでも認められていると信じている。それは我々全員の誇りの源であり、この堅実なクラブと仕事を続けていきたいね」 2020.12.04 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

久保先発のビジャレアル、首位での決勝T進出が決定!《EL》

ビジャレアルは3日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第5節でスィヴァススポルとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 前節マッカビ・テルアビブに引き分けに持ち込まれた2位ビジャレアル(勝ち点7)は、引き分け以上で突破となる中、久保がELでは5試合連続スタメンとなった。 ジェラール・モレノやパレホをベンチスタートとしたビジャレアルは、久保が[4-3-3]の右ウイングで先発となった。そのビジャレアルが立ち上がりからボールを持つ展開となった中、8分に先制のチャンス。 久保の左CKからニアサイドの味方がヘッドで逸らし、ファーサイドのフォイスがプッシュも枠の右に外してしまった。 さらに19分には左クロスに合わせたコクランのヘディングシュートが左ポストに直撃した。前半半ば以降もビジャレアルがボールを握った中、36分にはバエナのカットインシュートでゴールに迫るも、前半のうちに得点を奪うには至らず、0-0で後半へ折り返した。 迎えた後半もビジャレアルが押し込む中、58分に久保が交代となってしまう。その後、膠着状態に陥ったことを受けて、68分にパレホとトリゲロスを投入する。 すると75分に均衡を破る。トリゲロスの絶妙な浮き球パスに抜け出したボックス左のハウメ・コスタが丁寧にラストパスを送り、最後はチュクウェゼが押し込んだ。 終盤にかけてはビジャレアルが試合をコントロールして1-0で勝利。2位のマッカビ・テルアビブがカラバフに1-1で引き分けたため、最終節を残して首位通過を決めている。 2020.12.04 04:50 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英同僚のFWバッカが大腿二頭筋損傷で離脱

ビジャレアルは2日、元コロンビア代表FWカルロス・バッカの負傷を発表した。 クラブの発表によると、バッカは左足大腿二頭筋を損傷したとのこと。11月29日に行われたラ・リーガ第11節のレアル・ソシエダ戦に先発出場。しかし、前半のみでサムエル・チュクウェゼと交代していた。 バッカは今シーズンのラ・リーガで8試合に出場。ヨーロッパリーグでは4試合に出場し3ゴール2アシストを記録していた。 2020.12.02 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

エメリ監督が久保建英とライバル、チュクウェゼに期待「若手選手たちのパフォーマンスが」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が日本代表MF久保建英ら若手選手たちについて言及している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ラ・リーガ第11節を終えた時点で、暫定3位の好位置につけているビジャレアル。守備面を整備し、リーグ7戦無敗、公式戦に至っては11試合負けなしを継続中だが、さらなる向上のためには、久保とそのライバルでもあるナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼら若手選手たちのパフォーマンスがカギを握ると語った。 <div id="cws_ad">◆ビジャレアルの練習で無邪気な笑顔を見せる久保<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXQkdvRHlYbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 「改善には、一部の選手たちが経験を積む必要がある。私たちはサム(・チュクウェゼ)がファーストチームで2年間継続的に活躍していない点を解決しなければならない。彼は違いをもたらすべき選手だが、今年はそれほどでもない。アノエタ(ソシエダ戦)では、彼がゲームを勝たせることができると思い、彼に賭けてみた。これからも主張は続けていく」 「タケ(久保)の場合は、エリアでアクションを起こすか、フィニッシュで終わる。そうすれば私たちは前進できるはずだ。技術を持っている選手も多いので、高いレベルに設定している。パフォーマンスと良い姿勢を出せる選手が多い。若手とともに一緒にパフォーマンスを見つけていきたい」 直近のリーグ戦では、途中出場が続いている久保とチュクウェゼ。どちらもヨーロッパリーグの舞台では先発で出場することも多いため、まずは3日に行われるグループステージ第5節のスィヴァススポル戦で、成長を見せたいところだ。 <div id="cws_ad">◆久保がELデビュー戦で見せた圧巻のパフォーマンス<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A dazzling debut in European competition for Villarreal wonderkid Takefusa Kubo <br><br><br> <a href="https://twitter.com/VillarrealCF?ref_src=twsrc%5Etfw">@VillarrealCF</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/UEL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UEL</a> <a href="https://t.co/3TdUzMw9AN">pic.twitter.com/3TdUzMw9AN</a></p>&mdash; UEFA Europa League (@EuropaLeague) <a href="https://twitter.com/EuropaLeague/status/1321376409030283269?ref_src=twsrc%5Etfw">October 28, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.02 19:50 Wed
twitterfacebook
thumb

途中出場の久保建英の評価は上がらず…スペイン紙が採点「日本人には厳しい日になった」

ビジャレアルは29日、ラ・リーガ第11節でレアル・ソシエダと対戦し、1-1で引き分けた。 リーグ戦で4試合連続のベンチスタートとなったビジャレアルの日本代表MF久保建英は1-1で迎えた74分から途中出場したものの、大きな見せ場はなかった。 <div id="cws_ad">◆【ハイライト】ソシエダ v ビジャレアル<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ncw2wahf0hwv1l8hsoe5crx2i" async></script></div> スペイン『マルカ』は、久保に対し3点満点で1点の評価。チームトップの2点評価だったのは、MFビセンテ・イボーラと先制点を記録したFWジェラール・モレノの2選手だけで、それ以外の全選手は1点にとどまっている。 また、ビジャレアル全体のパフォーマンスについても指摘。「試合は後半に入ると重さを増し、疲弊した両チームは溶けてしまった。ビジャレアルは久保の出場からより積極的にゴールを狙ったが、明確なチャンスはなかった」としている。 スペイン『アス』も久保については3点満点で1点の評価。こちらは9選手が2点評価を受けており、やや厳しい評価となった。 個別の寸評も記しており、久保については「74分に登場し、何度かトライしたが、相手を追い抜くことやラストパスの部分で欠けていた。強度の高い敵を相手に日本人には厳しい日になった」と伝えている。 これで、リーグでは11試合に出場し結果を残せていない久保。パフォーマンスは悪くないだけに、あとは目に見える結果が欲しいところだ。 2020.12.01 15:25 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly