遠藤フル出場のシュツットガルトが2試合連続ドロー…不調シャルケは未勝利が続く《ブンデスリーガ》

2020.10.31 06:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
遠藤航の所属するシュツットガルトは30日、ブンデスリーガ第6節でシャルケとアウェイで対戦し1-1の引き分けに終わった。遠藤はフル出場した。前節ケルン戦を1-1のドローで終えたシュツットガルトは、その試合からスタメンを2人変更。ディダヴィとワマンギトゥカに代えてソサとクリモビッツをスタメンで起用。遠藤もボランチで6試合連続のスタメンとなった。


開幕から未勝利が続くシャルケに対し、シュツットガルトは4分、カストロとのパス交換でペナルティアーク内に侵入したクリモビッツがワントラップから右足を振り抜いたが、これはゴール左に外れた。

一進一退の展開が続く中、シュツットガルトはセットプレーから失点を許す。30分、バイタルエリア右手前で獲得したFKからアリがクロスを供給すると、ファーサイドの走り込んだチアウがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。

先制を許したシュツットガルトは、ハーフタイムにかけて何度かアタッキングサードまでボールを運んだが、自陣で集中した守備を見せるシャルケの牙城を崩せず。前半はシャルケのリードで終了した。

迎えた後半、1点を追うシュツットガルトはカラジッチを下げてニコラス・ゴンサレスを投入。すると55分、中盤で獲得したFKからソサがクロスを上げるとニコラス・ゴンサレスのヘディンシュートがS・サネの手に当たる。これがVARの末にPKとなると、ニコラス・ゴンサレスがゴール右へシュートを沈めた。

同点に追い付いたシュツットガルトは67分、ボックス左から侵入したソサがカットインから右足を振り抜いたが、このシュートはGKレノウがセーブ。さらに86分にも、ペナルティアーク右横でパスを受けたカストロがミドルシュートで狙ったが、これも相手GKの好守に阻まれた。

シュツットガルトは試合終了間際にピンチ。91分、中盤からのFKをボックス右のS・サネが折り返すとラマンがシュート。マンガラがブロックしたボールがゴール前の遠藤に当たりあわやオウンゴールになりそうになるも、これはGKコベルのファインセーブで難を逃れた。

結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。シュツットガルトは押し込みながらも追加点が奪えず、2試合連続のドローとなった。
関連ニュース
thumb

初陣で白星逃し、残留に後がないシャルケの新指揮官 「前半でゴールを決めていれば…」

シャルケのディミトリオス・グラモジス監督は、残留争いの直接対決がドローに終わったことを振り返っている。クラブ公式サイトが伝えた。 シャルケは5日に行われたブンデスリーガ24節で、マインツと対戦。現在リーグ最下位に沈むシャルケは、同じく17位と降格圏に沈む相手に白星を掴みたいところだったが、マインツに多くの決定機を作られる苦しい展開が続き、そのままゴールレスドローに終わった。 この結果、シャルケは9試合未勝利となり、マインツとの勝ち点差「8」を縮めることには失敗。初陣で白星を逃したグラモジス監督は、チームがある程度試合を支配していた前半にゴールが奪えなかったことを悔やんでいる。 「非常に激しいデュエルの見られる試合だった。マインツが多くのロングボールを放ち、セカンドボールを狙うことは分かっていた。前半は激しいデュエルと多くのボールロストがあったと思う。とはいえ、この試合でチャンスの機会が少ないのは分かっていた」 「シュコドラン・ムスタフィのヘディングなど、少ないながらも質の高いチャンスは作れていた。あそこでゴールを決めて、なんとか1-0の状況にしておけば、次のステップに進むための勇気と自信を得られただろう。後半になるとマインツがどんどん強くなり、我々は試合を握るパワーがなくなっていた」 「スアト・セルダーのプレーでまたもや良いチャンスが訪れたが、マインツのGKにセーブされてしまった。今日の守備のパフォーマンスと姿勢は正しいものだったと思う。とはいえ、よりゴールチャンスを作り出すため、まだまだ攻撃的なプレーの構築に取り組む必要があるのは分かっている」 2021.03.06 10:20 Sat
twitterfacebook
thumb

裏天王山はドロー、シャルケの残留がさらに遠のく《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第24節、シャルケvsマインツが5日に行われ、0-0で引き分けた。 最下位シャルケ(勝ち点9)と17位マインツ(勝ち点17)による裏天王山。 今季未だに1勝のシャルケはグロス監督を解任し、今季4人目の指揮官となるクラモジス監督を招へい。 そのクラモジス監督はミランのハカン・チャルハノールの従弟であり、トップチームデビューとなるケリム・チャルハノールを左ウイングバックで抜擢。[3-5-2]を採用し、3バックの中央にムスタフィ、中盤アンカーにコラシナツを据えた。 試合はホームチームのシャルケがやや押し込む展開で推移していったものの、マインツを脅かすような攻撃を展開するには至らず。 すると37分にはバレイロが右クロスに合わせる決定機を生み出したマインツが迎えた後半は、ゴールに迫るシーンを多く作り出していく。 しかし、こちらも決定打は生まれず徐々に膠着状態へ。そんな中、終盤の81分、シャルケにチャンス。ボックス手前からのセルダーのコントロールシュートが枠を捉えたが、GKゼントナーの好守に阻まれた。 すると1分後にはマインツにも決定機。ブルクハルトがボックス中央から反転シュートを放ったがこちらもGKレノウが好守で凌ぎ、試合はゴールレスで決着。 シャルケはマインツとの8ポイント差を縮められず残留がさらに遠のく結果となった。 2021.03.06 06:26 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスがMFマッケニーの買い取りOPを行使!2025年まで契約

ユベントスは3日、アメリカ代表MFウェストン・マッケニー(22)の買取オプションを行使したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 なお、ユベントスは所属元のシャルケに移籍金として3年間で1850万ユーロ(約24億円)を支払うとのこと。また最大で650万ユーロ(約8億4000万円)のボーナスも付くとのことだ。 テキサス州出身のマッケニーはFCダラスのアカデミーで育ち、2016年8月にシャルケのU-19に入団。2017年7月にファーストチームに昇格すると、セントラルMFを主戦場に、サイドアタッカーやサイドバック、センターバックでプレー可能なユーティリティ性も強みに公式戦通算75試合に出場していた。 昨夏にユベントス初のアメリカ人選手として買い取り義務付きのレンタル移籍で加入すると、今季はここまでリーグ戦21試合を含む公式戦31試合に出場し5ゴール2アシストをマークしていた。 2021.03.03 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

シャルケが今季4人目の指揮官にグラモジス氏を招へい!

シャルケは2日、ギリシャ人指揮官ディミトリオス・グラモジス氏(42)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 今季ここまで1勝16敗6分けで最下位に沈むシャルケは、昨年9月にデイビッド・ワグナー、昨年12月にマヌエル・バウムと2人の指揮官を解任。 昨年12月末からはクリスティアン・グロス監督がチームを率いていたが、就任後のリーグ戦10試合で1勝2分け7敗と立て直しに失敗すると、クラブは2月28日に解任を発表していた。そして、今回新たに招へいされたのが、グラモジス氏だ。 現役時代ハンブルガーSVやカイザースラウテルン、ケルンなどで活躍したグラモジス氏は2013年に現役を引退すると、2015年から監督業をスタート。直近では2019年2月からダルムシュタットの監督を務め、就任初年度に低迷していたチームを残留に導くと、2019-20シーズンは5位と躍進させた。 なお、グラモジス新監督の初陣は5日に予定されるブンデスリーガ第24節マインツ戦となる。 2021.03.03 07:40 Wed
twitterfacebook
thumb

解任のシャルケ元監督が反旗翻した新加入組に恨み節? 「同じ選手を獲得しようとは思わない」

シャルケの監督を辞したクリスティアン・グロス前監督がクラブに対する不満を語った。スイス『Blick』が伝えている。 シャルケは昨シーズンから記録的な大不振に陥っており、今シーズンも開幕から未勝利の期間が続いていた。クラブは指揮官を入れ替え続け、開幕から昨年末までで、デイビッド・ワグナー氏、マヌエル・バウム氏、フーブ・ステフェンス氏が相次いで解任されている。 グロス前監督は昨年12月28日、今シーズン4人目の指揮官としてクラブを率い始めると、今年1月に行われたブンデスリーガ第15節のホッフェンハイム戦でようやく今季初勝利を記録。しかし、その後は調子が上向かず、リーグ10試合で1勝2分け7敗の成績に終わると、第23節のシュツットガルト戦で大敗を喫したことが契機となり、2月28日に解任された。 就任からわずか2カ月で職を追われたスイス人指揮官は母国でのインタビューを受けた際、自身を解任したクラブへの不満を口にしている。 「とても残念だ。チームが正しい軌道に乗り、発展しているという実感が監督としてあった。それに、シャルケはまだ降格が回避可能だったと確信している。シュツットガルト戦の結果はあまりに残酷なものだった。後半は本当に良いプレーをしていたからね。ただ、いつものようにミスが多過ぎ、怪我の不運もあった」 「キャリアの中でも最大の失望だ。私のキャリアのハッピーエンドにはならないだろうね。それでも、私は選手と一緒に仕事をしたり、常に正しく対処したりすることがとても楽しかった。だから、この失望も乗り越えていきたい」 また、グロス前監督は一部メディアで自身に反旗を翻したと報じられているDFショコドラン・ムスタフィ、DFセアド・コラシナツ、FWクラース=ヤン・フンテラールについても言及。不満があるなら直接言うべきだったと語りつつ、もし自分に補強の権限があれば、今冬の移籍市場でこの3人は獲得しなかったと嘆いた。 「選手の反乱についての報道は当然ながらチームに大きな動揺を引き起こした。選手たちには問題があれば直接、私のところに来るべきだと話したよ。誰かが私の顔を嫌っているかもしれないし、単純に嫌われているのかもしれない。でも、それならば公然と言ってもらいたい。そこに問題はないのだから。ただ、誰も私のところには来なかったよ」 「フンテラールにプレーさせたかったが、彼はふくらはぎを痛めていてトレーニングにも参加していない。(試合勘のない)ムスタフィやコラシナツはそもそも前所属先で多くのプレー時間を得ていればシャルケには来なかっただろう。彼らは経験豊富な選手たちだが、全てがうまくいくわけではなかった」 「今振り返ってみると、冬の移籍市場でまた同じ選手を獲得しようとは思わないね。私は移籍市場で、より幸せになる手段を探しただろう」 2021.03.01 17:54 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly