アルテタ、R・ネルソンのレンタル案を明かす… 残留の理由も説明

2020.10.29 19:41 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督が、U-21イングランド代表FWレイス・ネルソン(20)の今夏残留の理由を説明した。イギリス『インディペンデント』が伝えている。昨夏にアーセナルの下部組織からトップチーム昇格を果たしたネルソン。アルテタ監督就任直後は4試合中3試合に先発出場していたが、今シーズンは未だ81分しかプレーしておらず、出場機会に苦しんでいる。

「(今夏の)移籍市場の終盤で多くのプレーヤーを獲得してしまった」と話したアルテタ監督は、「レイスとの間にはいくつかのプランがあった。そのうちのひとつは彼をローンで送り出して、より多くのプレーをさせることだった」とネルソンにレンタル案が浮上していたことを明言。しかし、同選手の意向を汲み残留となった旨を説明している。


「彼はここに残って戦いたいと思っていたからだ。その意欲と情熱、そして選手の満足感を見れば、チャンスが限られ、継続した出場機会がないことが分かっていても、彼を引き留めておきたいという気持ちになるだろう」

「物事はすぐに変化するものだ。もし、彼が良いプレーをして、できることを示してくれれば、もっと多くの試合に出場するようになるかもしれない」

ネルソンには29日に行われるヨーロッパリーグ(EL)・グループBの第2節ダンドークFC戦の出場が期待されている。
関連ニュース
thumb

スミス・ロウのプレミア初弾などでアーセナルが連勝!敗れたWBAは2部降格が決定…《プレミアリーグ》

アーセナルは9日、プレミアリーグ第35節でWBAと対戦し3-1で勝利した。なお、敗れたWBAは1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格が決定した。 前節のニューカッスル戦でリーグ3試合ぶりの勝利を飾った10位アーセナル(勝ち点49)が、降格圏に沈む19位WBA(勝ち点26)をホームに迎えた一戦。 ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝でビジャレアルの前に敗退したアーセナルは、6日に行われたEL2ndレグからスタメンを6人変更。オーバメヤンやウーデゴール、パルティらに代えてウィリアンやセバージョス、エルネニーをスタメンで起用した。 リーグ戦3試合勝利のないWBAに対して、最前線にマルティネッリ、2列目にウィリアン、スミス・ロウ、ペペを並べた[4-2-3-1]の布陣を採用したアーセナルは、立ち上がりからボールを保持するが自陣で集中した守備を見せるWBA相手になかなかシュートに持ち込めない展開を強いられた。 21分にはウィリアンのパスをボックス手前で受けたエルネニーのミドルシュートでようやく最初の枠内シュートを放ったが、これはGKジョンストンが正面でキャッチした。 それでも攻勢を続けるアーセナルは、29分にスコアを動かす。ウィリアンのパスで左サイド深くまで抜け出したサカがクロスを上げるとニアに走りこんだスミス・ロウが左足で流し込んだ。 先制弾で勢いづくアーセナルは35分にも、右サイドでパスを受けたペペがカットインでボックス内に侵入すると、豪快に左足を振り抜きゴール左隅にシュートを突き刺した。 2点のリードで前半を終えたアーセナルは、後半開始早々にゴールに迫る。49分、チャンバースのロングスローが相手DFのクリアミスを誘うと、こぼれ球をボックス右で拾ったペペがダイレクトシュートでゴールに迫ったが、シュートはGKジョンストンのセーブに弾かれた。 良い入りを見せたアーセナルだったが、67分にロングカウンターから1点を返される。左クロスを自陣ボックス内でカットしたC・タウンゼントが素早く前線にパスを送ると、中盤で受けたマテウス・ペレイラがドリブルを開始。スピードに乗って相手を次々とかわし、最後はペナルティーアーク内から左足を一閃。このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 さらに73分には、左サイドを突破したM・フィリップスのクロスからファーロングにゴール前のヘディングシュートを許したが、これはゴール右に外れて難を逃れた。 終盤にかけて同点弾を狙うWBAに押し込まれたアーセナルだったが89分、こぼれ球を拾ったウィリアンがペナルティーアーク手前でバートリーに倒されFKを獲得。これをウィリアンが直接ゴール左上に突き刺し、試合を決定づける3点目を奪った。 結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。スミス・ロウのプレミア初ゴールなどでアーセナルは2連勝。一方、敗れたWBAは逆転残留へ望みをつなぐことが出来ず。1年でのチャンピオンシップ降格が決定した。 2021.05.10 05:15 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルとエバートンがノルウェー代表MFに興味? 降格で移籍金が15億円減額に

シェフイールド・ユナイテッドのノルウェー代表MFサンデル・ベルゲ(23)に対して、アーセナルとエバートンが興味を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ベルゲは、2020年1月にヘンクからシェフィールド・ユナイテッドに完全移籍で加入。ノルウェー期待の若手として注目も集めており、すでにノルウェー代表で24試合に出場し1ゴールを記録している。 今シーズンもシェフィールド・ユナイテッドで中心選手としてプレー。プレミアリーグで14試合に出場し1ゴール1アシストを記録していたが、昨年12月のマンチェスター・ユナイテッド戦で負傷。以降はハムストリングのケガから復帰できず、その間にチームはチャンピオンシップ(イングランド2部)への降格が決定してしまった。 注目を集めていたベルゲだが、シェフィールド・ユナイテッドとの契約は3年間残っており、契約解除条項として4500万ポンド(約68億3300万円)がかかるため、どのクラブも二の足を踏んでいた。 しかし、チームが2部に降格したことを受け、その条項が3500万ポンド(約53億1500万円)に減額。そのため、興味を持つクラブが増えたとのことだ。 特にアーセナルは強い関心を示している上、ヘンクで監督を務めていたアルベルト・スタイフェンベルフ氏がアシスタントマネージャーとして在籍。ベルゲとも1年間仕事をしており、高く評価している。 スタイフェンベルフ氏は「彼はすでに非常に成熟している。頭が良く、ゲームをよく読み、主導権を握レル。彼は将来のリーダーになる可能性がある」とコメントしており、元指揮官に引っ張られてアーセナルにやってくるだろうか。 2021.05.07 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘルタのゲンドゥージが中足骨骨折で今季終了…フライブルク戦最後にアーセナル復帰へ

ヘルタ・ベルリンは7日、U-21フランス代表MFマテオ・ゲンドゥージが中足骨を骨折したことを発表した。 アーセナルからシーズンローンでヘルタへと加入しているゲンドゥージ。先発出場した6日のブンデスリーガ第30節のフライブルク戦で負傷し、39分に交代を余儀なくされていた。 そして、ドイツ『キッカー』などの報道通り中足骨骨折で、今シーズン中の復帰は不可能となった。ここまでブンデスリーガ24試合に出場し2ゴール3アシストを記録と、主力として活躍していただけに、残留を争うヘルタにとって大きな痛手に。 去就に関してはアーセナルに復帰する可能性が高く、フライブルク戦がヘルタでの最後の試合となるようだ。 2021.05.07 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「ここがどん底」OBのユングベリ氏がアーセナルに言及「悪化しているパターンを変えるべき」

現役時代はアーセナルで黄金期を支え、指導者としてもクラブに在籍したフレドリック・ユングベリ氏が、古巣について語った。イギリス『BBC』が伝えた。 アーセナルは6日、EL準決勝2ndレグでビジャレアルと対戦。アウェイでの1stレグで1-2と敗れていたアーセナルは、ホームで1-0で勝利すれば決勝へ進めるという状況だった。 そのアーセナルは序盤から攻め込むシーンが見られたものの、ビジャレアルの牙城を崩せず。後半にはエミール・スミス・ロウやピエール=エメリク・オーバメヤンがあわやゴールというシーンを作るが、ポストに嫌われゴールならず。最終的にネットを揺らせないまま試合は終了。2戦合計1-2で敗退となった。 この試合を受け、アーセナルは25年ぶりにヨーロッパの大会に出場しないことが限りなく高まることとなり、多くの批判も寄せられている。 そんな中、ミケル・アルテタ監督の下でアシスタントコーチを務め、ウナイ・エメリ監督解任後に暫定指揮も執ったユングベリ氏は、アルテタ監督がチームに残るべきだとイギリス『BT Sport』に語った。 「監督は留まるべきか、出ていくべきかと言われる。彼は若い監督であり、彼が留まることを願いたい」 「ここがどん底であり、ここから変わっていくことを願っている」 「でも、本当に痛いことだが、クラブへの投資方法を変えて、毎年悪化していくパターンを変える必要があると思う」 2021.05.07 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

悲願のEL決勝進出となったDFパウ・トーレスが歓喜「失望ではなく、感動の涙を流している」

ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスが、クラブ史上初となる欧州カップ戦決勝進出を喜んだ。『UEFA.com』が伝えた。 ビジャレアルは6日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグでアーセナルと対戦。アウェイでの2ndレグを1-2でリードして迎えたビジャレアルだが、試合はアーセナルの猛攻を受ける。 なんども決定機を作られるが、ポストに助けられるシーンも多く、得点を許さなかったビジャレアル。結局0-0のゴールレスドローに終わり、2戦合計1-2で勝利。クラブ史上初となるEL決勝に駒を進めた。 下部組織時代からビジャレアルに所属するパウ・トレースは、悲願の決勝進出についてコメント。喜びをあらわにした。 「今夜は失望ではなく、感動の涙を流している。ビジャレアルは、決勝に到達するための準決勝で多くのチャンスを逃したけど、今、ついに僕たちはやり遂げた」 「これは感動的な瞬間だ。クラブ全体、ファン、会長、去年のチーム…僕たち全員が値する。今は楽しむ時間だけど、それは歴史的なチャンスでもある。決勝に向けてうまく準備することが重要だ」 「僕たちはここで苦しんだ。アーセナルにはチャンスがあった。僕たちはちょっとだけだった。でもこのチームのキャラクターが際立ったと感じている」 また、マンチェスター・ユナイテッドとの決勝についてもコメント。スペインを代表して戦うと意気込んだ。 「今回の相手は素晴らしいチームで、僕たちにとってとても難しい状況になることは間違いない。両方のヨーロッパの大会の決勝が全てイングランドのチームで行われることは望んでいなかったし、それはあり得ないことだ」 「ビジャレアルがスペインのサッカーを代表してUEFAの決勝に出場することは、素晴らしいことだ」 2021.05.07 12:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly