RCランスのクラスター発生を受け、リーグ・アン第9節のマルセイユvsRCランスが延期に

2020.10.29 08:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ・アンを統括するフランス・プロリーグ機構(LFP)は28日、30日に予定していたリーグ・アン第9節のマルセイユvsRCランスを延期することを発表した。

今回の決定は、RCランスで新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が出たことを受けてのもの。RCランスでは、月曜に行ったPCR検査でトップ選手11人とスタッフ7人に新型コロナウイルスの陽性反応が見つかっていた。

LFPは、RCランスの発表を受け、2020-21シーズンの試合開催におけるプロトコルに従って、上記の試合日程の延期を決定した。なお、代替日などについては明らかにされていない。

現在、ヨーロッパは新型コロナウイルスの第二波に見舞われている。フランスでは、21日から4日間連続で1日の新規感染者数が過去最多を更新しており、25日には52000人を記録していた。

関連ニュース
thumb

ムバッペがリーグ・アン年間MVP受賞! イブラヒモビッチに並ぶ最多3度目

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが2021-22シーズンのリーグ・アン年間最優秀選手賞に輝いた。 フランス・全国プロサッカー選手連合(UNFP)は15日、2021-22シーズンのトロフェ・UNFP・デュ・フットボールの各受賞者を発表。 そして、ムバッペがスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチに並ぶ歴代最多3度目のリーグ・アン年間最優秀選手賞を受賞した。 ムバッペは今シーズンここまでのリーグ・アンで34試合に出場し、いずれもリーグトップの25アシスト15アシストを記録し、PSGの2シーズンぶりの優勝に大きく貢献。 フランス代表FWウィサム・ベン・イェデル(モナコ)、元フランス代表MFディミトリ・パイエ(マルセイユ)、フランス人FWマルタン・テリエ(レンヌ)、ブラジル代表MFルーカス・パケタ(リヨン)といったその他の受賞候補に大差を付けての受賞となった。 また、最優秀若手選手賞はマルセイユのディフェンスラインを支えたフランス代表DFウィリアム・サリバ、最優秀GK賞はPSGのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、最優秀監督賞にはレンヌのブルーノ・ジェネジオ監督がいずれも初受賞を果たした。 さらに、海外で活躍する年間最優秀フランス人選手賞には、レアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマが3年連続(コロナ禍の2020年は不開催)で受賞している。 リーグ・アン年間ベストイレブンは、優勝のPSGから前述のムバッペ、ドンナルンマ、ブラジル代表DFマルキーニョス、ポルトガル代表DFヌーノ・メンデスの4人が最多選出となった。 今回発表されたトロフェ・UNFP・デュ・フットボールの各受賞者は以下の通り。 ◆UNFP年間最優秀選手 キリアン・ムバッペ(PSG) ◆UNFP年間最優秀若手選手 ウィリアム・サリバ(マルセイユ) ◆UNFP年間最優秀GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(PSG) ◆UNFP年間最優秀監督 ブルーノ・ジェネジオ(レンヌ) ◆年間最優秀フランス人選手(海外) カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/スペイン) ◆UNFP年間ベストイレブン GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(PSG) DF ジョナタン・クラウス(RCランス) マルキーニョス(PSG) ウィリアム・サリバ(マルセイユ) ヌーノ・メンデス(PSG) MF セコ・フォファナ(RCランス) オーレリアン・チュアメニ(モナコ) ディミトリ・パイエ(マルセイユ) FW マルタン・テリエ(レンヌ) ウィサム・ベン・イェデル(モナコ) キリアン・ムバッペ(PSG) 2022.05.16 06:45 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユが逸材FWチョの獲得でアンジェとクラブ間合意か?

マルセイユがアンジェのU-21フランス代表FWモハメド=アリ・チョ(18)の獲得に向けてクラブ間で合意に至った模様だ。フランス『Le10Sport』が報じている。 リーグ・アン屈指の若手タレントの18歳にはベティス、ドルトムント、レスター・シティといったクラブがここまで関心を示している。 また、先日にはフランクフルトが600万ユーロ(約8億2000万円)の公式オファーを掲示も、アンジェ側が拒否。さらに、ドルトムント移籍が決定したドイツ代表FWカリム・アデイェミの後釜を探すレッドブル・ザルツブルクが1000万ユーロ(約13億7000万円)のオファーを準備しているとも報じられていた。 そういった中、『Le10Sport』が報じるところによれば、以前から同選手に対して強い関心を示していたマルセイユは、1200万ユーロ(約16億5000万円)+ボーナスという条件掲示でアンジェの合意を取り付けた模様だ。 なお、現時点では個人間での合意はなされていないようだが、アンジェはクラブの財政を安定させるため、現行契約が2023年までとなっているチョを今夏に売却する考えだという。 幼少期にパリ・サンジェルマンのアカデミーに在籍していたチョは、2015年に両親の仕事の関係でイギリスに移住し、エバートンのアカデミーに加入。しかし、2020年に16歳の誕生日を迎えると、母国フランスに戻り、アンジェとプロ契約を締結した。 そのアンジェでは2020年8月30日のボルドー戦でクラブ史上最年少(16歳7カ月と11日)でのトップチームデビューを飾ると、そのデビューシーズンではゴールこそなかったものの、リーグ戦21試合に出場。 そして、今シーズンはリーグ・アン第4節のスタッド・レンヌ戦で同じくクラブ史上最年少(17歳7カ月と10日)となるゴールを記録。以降、30試合に出場し4ゴールを挙げている。 右ウイングが主戦場も、屈強な守備者揃いのリーグ・アンでも当たり負けしない182cmの恵まれた体格を持つ左利きのアタッカーは、センターフォワードでもプレー可能。その爆発的な加速力とドリブルテクニック、コーディネーション能力の高さは、利き足は異なるものの、キャリア初期のフランス代表FWキリアン・ムバッペを想起させる。 2022.05.11 22:39 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユとフェイエノールトのサポーターが暴れ回る、逮捕者多数、催涙ガスも登場する事態に…

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の準決勝2ndレグのマルセイユvsフェイエノールトを前に、両チームのサポーターが衝突した。フランス『La Provence』が伝えた。 マルセイユの本拠地であるベロドロームで行われた一戦。そのスタジアムの外で、サポーターたちは衝突したという。 試合の前から街中でも争っていた両クラブのサポーターだが、試合を前にヒートアップ。SNS上に出回っている動画では、マルセイユのサポーターが意識を失い、仲間に引きずられて助けられているシーンも見られている。 マルセイユのサポーターは、PAOKテッサロニキのサポーターとも今シーズン問題を起こしており、マルセイユ警察はフェイエノールトのサポーターが試合日より前にマルセイユの中心部に入らないように警告していた。 しかし、その警告を無視して多くの人が水曜日までに到着。昼間から飲んでいる姿も目撃され、水曜日のうちに20人の逮捕者が出ていたとされている。 また、試合前にもスタジアム付近で衝突があり、警察は催涙ガスを使ってその場を収めるなど、自体は最後まで収拾がつかない状況となっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ファン同士の衝突に警察も催涙ガスなどを使って対応</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="wnv86FjiKXc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.06 14:58 Fri
twitterfacebook
thumb

「ガッカリしている」ECL準決勝敗退のマルセイユ、ゲンドゥージは落胆「ミスの代償を払うことに」

マルセイユのフランス代表MFマテオ・ゲンドゥージが、フェイエノールト戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 マルセイユはホームで5日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準決勝2ndレグでフェイエノールトと対戦した。 1stレグを2-3で落としたものの、ホームでの逆転勝利が期待されていたチームは立ち上がりから攻勢を仕掛ける展開に。しかし、33分に大黒柱であるMFディミトリ・パイエが負傷交代する。 大黒柱を失ったことで戦い方の変更を余儀なくされた中、ゴールが遠く。最後まで相手の守備を崩せずゴールレスドローに終わった。 試合後、ゲンドゥージは試合を振り返り、敗退に悔しさをあらわに。パイエがケガで居なくなったことは、やはり影響が大きかったようだ。 「決勝に行きたかったからガッカリしているよ。僕たちは全てを捧げたけど、1stレグでのミスの代償を払うこととなった」 「この大会で優勝するためにチームがったと思うけど、それはサッカーだ。押し込み、チャンスもあったけど、終わらせられなかった」 「パイエがいなくなったことは、偽9番のシステムでプレーしていたから、僕たちに影響を与えた。彼のことを考えても、みんな本当に失望している」 2022.05.06 13:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「試合を大きく変えてしまった」ECL準決勝敗退のマルセイユ…指揮官は司令塔の負傷交代に嘆き

マルセイユのホルヘ・サンパオリ監督が、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)敗退の原因を分析した。フランス『レキップ』が伝えている。 マルセイユはホームで5日に行われたECL準決勝2ndレグでフェイエノールトと対戦した。 1stレグを2-3で落としたものの、ホームでの逆転勝利が期待されていたチームは立ち上がりから攻勢を仕掛ける展開に。しかし、33分に大黒柱であるMFディミトリ・パイエが負傷交代すると、攻撃方法を変えながら得点を狙うもなかなかゴールネットを揺らすことはできず。終盤にかけては単調な攻撃に終始したこともあり、最後まで相手の守備を崩せずゴールレスドローに終わった。 この結果、合計スコア2-3となったことで、マルセイユのEL準決勝敗退が決定している。 試合後サンパオリ監督は、パイエの負傷が痛恨だったとコメント。それでもチームはできることをしたと強調しつつ、現在2位につけるリーグ・アンでの戦いに集中したいと語った。 「序盤のパイエが負傷するまでの時間帯は、我々にとって有利な展開だったと思う。だが、その後10分ほど混乱が続いてしまった。我々は別のやり方、つまりサイドを突破するなど別の方法を探した」 「密度のある攻撃はできたが、エリア内での精度が足りなかったと思う。強調したいのは、チームはできることすべてをやったということだ。ゴールには届かず、精度を欠く場面があったとしても、諦めはしなかった」 「選手たちは努力したと思う。何人かの選手は非常に高いパフォーマンスを見せており、他の選手もより大変だっただろう。ただ正直なところ、パイエの交代が試合を大きく変えてしまった。彼の負傷で、元々あったゲームプランを変えなければならなかった。それでも私はトライすることを重要視しており、チームはトライしたと思う」 また、パイエの状態についても言及し、週末の試合へ意気込んだ。 「パイエのケガの深刻さはわからない。明日ドクターが見てくれるだろう。そしてこの激しく厳しい試合での消耗がどれくらいかは、日曜日にわかるはずだ。それでも我々はページをめくり、日曜日の試合で勝たなければならない。この試合から回復して、ロリアン戦ではもっともフィットした選手を確認して、もう一つの目標について考える必要がある」 2022.05.06 12:08 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly