元なでしこFW永里優季がNWSLの新規参入クラブへ移籍決定、9月に神奈川県2部のはやぶさイレブン加入

2020.10.28 18:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のレーシング・ルイビルFCは、元なでしこジャパンのFW永里優季(33)の獲得を発表した。クラブの発表によると、永里の保有元であるシカゴ・レッドスターズとのトレードで獲得したとのこと。アメリカ女子代表FWサバンナ・マカスキル(24)と合わせて2人が移籍することになるようだ。

レーシング・ルイビルは新シーズンからNWSLに参入するクラブ。そのため、選手を補強している段階のようだ。

クリスティ・ホリー監督は永里について「試合での功績、そして貢献という点で、無限の称賛がある」とコメント。「彼女はそのレベルの経験があり、このチームを構築する上でインパクトがあるものになるでしょう」とコメントした。

永里は9月に神奈川県2部リーグのはやぶさイレブンに加入。女子選手が男子チームに加入したことは世界中でも大きな話題となっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

フィル・ネビルがイングランド女子代表監督を辞任、ベッカムの下へ?

イングランドサッカー協会(FA)は18日、イングランド女子代表のフィル・ネビル監督(43)の辞任を発表した。 ネビル氏は現役時代はマンチェスター・ユナイテッドやエバートンでプレー。イングランド代表も経験していた。 2018年1月にイングランド女子代表の監督に就任するも、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて代表戦のカレンダーが大幅に変更になった結果、2021年に開催予定のUEFA女子ユーロが2022年7月に延期となっていた。 2020年4月には今年9月限りで退任することを発表し、後任にはオランダ女子代表を務めるサリーナ・ヴィーフマン監督が就任することが決定していたが、予定よりも早く退任することとなった。 なお、ヴィーフマン新監督は今年開催予定の東京オリンピックにオランダ女子代表を率いて出場することとなり、イングランド女子代表は暫定監督を探す必要がある。 フィル・ネビル監督は、FAを通じてコメントしている。 「イングランド代表を指揮できて光栄だ。FAとライオネス(イングランド女子代表の愛称)でのキャリアの中で、最高の3年間を楽しんできた」 「イングランドのシャツを着ている選手は、私がこれまで一緒に仕事をする権利をを持っていた中で、最も才能があり献身的なアスリートだった。彼女らは私とともにチャレンジし、監督として成長させてくれた。共有できた素晴らしい思い出にとても感謝している」 「FAが私に多大なサポートをしてくれたことにも感謝したい。特にスー・キャンベルと、才能ある私のサポートスタッフは、成長をサポートするためのエネルギー、コミットメント、熱意に満ちていた。イングランドの女子チームが今後も成功することを願い、今後数年間の旅路を楽しみにしている」 なお、フィル・ネビル氏はユナイテッド時代の同僚であるデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミの監督就任が噂されている。 2021.01.18 21:55 Mon
twitterfacebook
thumb

美人ストライカーが新型コロナウイルス感染を報告「感染を知って2020年を締めくくりました」

アメリカ女子代表のFWアレックス・モーガン(31)が、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していたようだ。 アメリカ女子代表のエースとして過去3回のワールドカップに出場しているモーガンは、2020年9月にナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ(NWSL)のオーランド・プライドからトッテナムに加入していた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnajFBY0NORSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> FA女子スーパーリーグ(FA WSL)では5試合に出場し、2ゴールを記録。契約には今年5月末までの延長オプションが付いていたものの、2020年限りで退団してアメリカに帰国し、オーランド・プライドに復帰することが発表されていた。 そのモーガンだが、年末に新型コロナウイルスに感染していたとのこと。自身のツイッター(@alexmorgan13)で報告した。 「残念なことに、私と家族は休暇中にカリフォルニアでCOVID-19に感染したことを知り、2020年を締めくくりました」 「ただ、私たちはみんな元気で、回復しています。隔離が完了した後は、USサッカーのプレー復帰ガイドラインに従います」 「体は完璧に回復し、すぐにでもチームメイトと一緒にフィールドに戻ることができます」 2021.01.06 09:57 Wed
twitterfacebook
thumb

WEリーグ参戦、新始動となるマイナビ仙台レディースの初代監督に松田岳夫氏が就任

マイナビ仙台レディースは25日、初代監督に松田岳夫氏(59)が就任することを発表した。 これまでマイナビベガルタ仙台レディースとして活動してきたチームだが、2021年秋に開幕するWEリーグ参戦にあわせてマイナビ仙台レディースにチーム名が変更。2021年2月から始動する。 その初代監督には、東京ヴェルディの下部組織などで指導を続け、東京ヴェルディやガイナーレ鳥取、FC琉球、福島ユナイテッドFCなどJリーグクラブで監督を務めた他、日テレ・ベレーザやASエルフェン埼玉、INAC神戸レオネッサなどで指揮を執った松田監督を招へいした。 松田監督はクラブを通じてコメントしている。 「マイナビ仙台レディースの初代監督としてチームを指揮できることを光栄に思うとともに責任の重さを感じています。躍動する選手たちが魅力あるプレーを繰り広げ、活動区域である仙台市、宮城県そして東北から明るい話題を全国に発信できるよう、優勝争いをするチーム作りを目指していきます」 「また、今まで積み上げてきた歴史・想いをしっかりと継承し、サッカーを通じて感動や勇気を多くの方々に届けられるよう、がんばって参ります。サポーター、スポンサー、関係者のみなさまと共に一体感と情熱を持って進んでいきたいと思っておりますので、応援をよろしくお願いいたします」 2020.12.25 19:35 Fri
twitterfacebook
thumb

サンフレッチェ広島女子プロチームに元なでしこDF近賀ゆかりやFW増矢理花ら5名が加入

サンフレッチェ広島は25日、女子プロチームに5選手が加入することを発表した。 加入する5選手は、INAC神戸レオネッサのなでしこジャパンFW増矢理花(25)、FW島袋奈美恵(22)、オルカ鴨川FCの元なでしこジャパンDF近賀ゆかり(36)、MF中嶋淑乃(21)、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースのGK木稲瑠那(20)とのことだ。 増矢はJFAアカデミー福島からINAC神戸でプレー。U-17日本女子代表やなでしこジャパンでもプレー。代表では27試合に出場し6得点を記録している。なでしこリーグでは通算168試合に出場し55得点を記録していた。 島袋は前橋育英高校からINAC神戸に加入。2016年にはU-18日本女子代表候補にも選ばれていた。4シーズンを過ごし、なでしこリーグで13試合に出場し2得点を記録している。 近賀は日テレ・ベレーザやINAC神戸、アーセナルの他、オーストラリアのキャンベラ・ユナイテッドやメルボルン・シティ、中国の杭州女子倶楽部でプレー。なでしこジャパンとしても長らく右サイドバックを務め、通算100試合出場5得点。2011年の女子ワールドカップ優勝メンバーの1人として活躍した。 中嶋は東海大学付属熊本星翔高校からオルカ鴨川FCに加入。代表歴などはない。木稲は藤枝順心高校から千葉に加入。2018年にはU-18日本女子代表候補に選ばれていた。 5選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW増矢理花 「来季はサンフレッチェ広島の女子プロチームでプレーすることになりました。来年からはWEリーグが始まります。今まで以上に女子サッカー界が盛り上がるように、広島の一員として頑張りたいと思います。応援をよろしくお願いします!」 ◆FW島袋奈美恵 「INAC神戸レオネッサから移籍してきました、島袋奈美恵です。サンフレッチェ広島の女子プロチームでプレーさせていただけることを、とてもうれしく思いますし、とても感謝しています」 「新しい環境で不安なところもありますが、チームを一から創り上げていけることに、とても楽しみな気持ちでいっぱいです。クラブに貢献できるよう、精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします」 ◆DF近賀ゆかり 「サンフレッチェ広島に関わるすべての皆さま、初めまして、近賀ゆかりです。サンフレッチェ広島という伝統あるクラブに女子チームが加わる素晴らしい年に、チームの一員になることができて、幸せな気持ちと共にワクワクする気持ちでいっぱいです」 「ベレーザ、INAC、オルカと、なでしこリーグで学んだすべてのことを感謝の気持ちに変えて、集大成として活躍する姿をお見せできるよう頑張ります。サンフレッチェファミリーの皆さん、広島の皆さんに「女子サッカーって面白い!応援したい!」と思ってもらえるよう全力を尽くしていきますので、よろしくお願いします!」 ◆MF中嶋淑乃 「サンフレッチェ広島の女子プロチームに加入することになりました中嶋淑乃です。新しくできるチームの一員になれたこと、本当にうれしく思います。日々多くのことを吸収し、レベルアップして、チームの勝利に貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします」 ◆GK木稲瑠那 「このたび、サンフレッチェ広島の女子プロチームに加入することになりました、木稲瑠那です。この素晴らしいチームでプレーできることを誇りに思い、探究心と闘争心をもって日々成長し続けます!」 「攻撃では、私の得意としているロングフィードからの得点、守備では身長を生かしたセービング、体を張ったプレーでゴールを守り、ゴールキーパーとしての役割をクリーンシートという形で果たせるよう、そしてチームの勝利に貢献できるように頑張っていきます」 「これからチームとともに成長し、ゴールを任せてもらえる存在になれるよう、精一杯努力していきますので、応援よろしくお願いします」 2020.12.25 16:52 Fri
twitterfacebook
thumb

元なでしこジャパンFW吉良知夏がメルボルン・シティ加入! 今年1月に浦和Lを退団

オーストラリアのメルボルン・シティは21日、元日本女子代表FW吉良知夏(29)の加入を発表した。 2010年に神村学園高校から浦和レッドダイヤモンズ・レディースに加入した吉良は、加入2年目になでしこリーグ新人賞を獲得。以降レッズレディースの背番号10を背負い、2019シーズンまで活躍。2014年にはなでしこジャパンにも選出され、12試合5ゴールの数字を残していた。 今年1月には「今シーズンは海外へ、覚悟を持ってチャレンジすることに決めました」と、国外での新たなチャレンジを理由に10年間を過ごしたレッズレディースを退団。 コロナ禍によってこれまでフリーの状況が続いていたが、新シーズンからオーストラリアの地でプレーすることが決まった。 なお、吉良はクラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「オーストラリアは私が初めて訪れた国であり、今でもお気に入りの国だと思っています。そして、ここに来てプレーしたいとずっと思っていました」 「メルボルン・シティはここ数シーズン、素晴らしいストーリー、成功を収めているクラブであり、私自身心からその一員になりたいと思っていました」 「日本以外でプレーするのは今回が初めてですが、シティでのプレー、新しいチームメイトに会うのが待ち遠しい気持ちです」 2020.12.23 00:05 Wed
twitterfacebook