野戦病院状態の大宮、山形に期限付き移籍していたDF高山和真の復帰を発表「ラストチャンスだと思っています」

2020.10.28 17:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
大宮アルディージャは28日、モンテディオ山形へ期限付き移籍していたDF高山和真(24)の復帰を発表した。高山は大宮のユース出身で、2015年にトップチーム昇格。2017年には明治安田生命J1リーグで11試合に出場するなどしていたが、近年は出場機会に恵まれず。今シーズンは山形へ期限付き移籍していた。

しかし、山形では出場機会に恵まれず、今季は1試合もプレーしていない。

ディフェンスラインに負傷者が続出している大宮にとって大きな戦力になることが期待されている高山は、両クラブを通じてコメントしている。

◆大宮アルディージャ
「僕自身、ラストチャンスだと思っています。残りの2ヶ月間、勝利のためにプレーします。あらためまして、応援よろしくお願いします!」

◆モンテディオ山形
「初めに僕を温かく受け入れてくれた選手・スタッフの皆さん本当にありがとうございました」

「シーズン途中での退団とモンテディオ山形の力になれず申し訳なく思っています。ただ、モンテディオ山形に移籍した事に後悔はありません。チームは別になりますがプレーしている姿を見せられるように頑張ります。短い間でしたがありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

大宮MF三門雄大の今季が終了、右ハムストリング肉離れに加え右肩を手術し全治3カ月

大宮アルディージャは27日、MF三門雄大の負傷を発表した。 クラブの発表によると、三門は15日(日)に行われた明治安田生命J2リーグ第34節のツエーゲン金沢戦で負傷。右ハムストリング肉離れと診断され、全治は6週間とのことだ。 また、以前より痛めていた右肩の手術も実施し、復帰まで約3カ月かかるとのこと。今シーズン中の復帰は無くなった。 三門は今シーズンの明治安田J2で31試合に出場。ボランチとしてチームを支えてきたが、残り試合は三門なしで戦うこととなった。 2020.11.27 14:11 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮DF畑尾大翔に第一子が誕生「妻には感謝の気持ちでいっぱい」

大宮アルディージャは26日、DF畑尾大翔に第一子が誕生したことを発表した。 クラブの発表によると、畑尾の第一子は女の子とのことだ。畑尾はクラブを通じてコメントしている。 「先日、無事女の子が誕生しました。初めての出産がコロナ禍で、不安やストレスが多いなか、元気な女の子を産んでくれた妻には感謝の気持ちでいっぱいです。残り試合、妻のため、娘のため、チームのために全力で戦います!」 畑尾は2018シーズン途中に名古屋グランパスからレンタル移籍で大宮に加入。2019シーズンから完全移籍となると、主力として守備ラインを支えて来た。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで25試合に出場し2得点を記録している。 2020.11.26 13:49 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮DF河面旺成に第一子!「11月11日ポッキーの日に元気な女の子が産まれました」

大宮アルディージャが14日、DF河面旺成(26)の第一子となる長女誕生を報告した。河面はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「11月11日ポッキーの日に元気な女の子が産まれました。コロナ渦という厳しい状況のなか、頑張ってくれた妻と子どもには感謝の気持ちでいっぱいです。家族のためにもこれからよりいっそう頑張っていきます!」 セレッソ大阪の下部組織在籍暦を持つ河面は作陽高校、明治大学を経て、 2017年に大宮入り。プロ4年目の今季はここまで明治安田生命J2リーグ18試合に出場している。 2020.11.14 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

“野戦病院化”の大宮にまた負傷者、MF近藤貴司が左下腿ヒラメ筋肉離れで13人目の離脱者に

大宮アルディージャは9日、MF近藤貴司の負傷を発表した。 クラブの発表によると、近藤は1日に行われた明治安田J2リーグ第30節のFC琉球戦で負傷。左下腿ヒラメ筋肉離れと診断され、全治6週間とのことだ。 近藤は琉球戦の83分から黒川淳史に代わって途中出場していた。近藤は8月に右ハムストリング肉離れの負傷を負い、10月25日の明治安田J2第29節のV・ファーレン長崎戦で復帰したばかりだった。 大宮はFW藤沼拓夢が左ヒザ前十字じん帯損傷、MF石川俊輝が左足腓骨骨折、FW髙田颯也が左ヒザ前十字じん帯損傷で長期離脱中。その他、公表されているだけでもFW吉永昇偉、DF河面旺成、MF酒井宣福、MF嶋田慎太郎、FW戸島章、DF河本裕之、DF渡部大輔、MF大山啓輔、MFイッペイ・シノヅカが離脱しており、近藤で13人目の離脱者となった。 2020.11.09 15:12 Mon
twitterfacebook
thumb

首位・徳島、前節で福岡食いの磐田を粉砕! 大宮が8試合ぶりに勝利《J2》

明治安田生命J2リーグ第31節の11試合が4日に各地で行われた。 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムでは、首位の徳島ヴォルティスと7位のジュビロ磐田が激突した。立ち上がりから前線によるハイプレッシャーで流れを掴んだ徳島は6分にチャンス。敵陣右サイドから杉森がゴール前へスルーパスを送ると、相手DFがクリアミス。これに反応した垣田がコントロールからシュートを放ったが、GK八田に阻まれる。好機を逃した垣田だったが、またも決定機を迎える。14分にショートカウンターから渡井がゴール前へスルーパス。走り込んで受けた垣田は、GK八田をファーストタッチでいなしてネットを揺らした。 だが、前節に15試合無敗中だったアビスパ福岡を2-1で下した磐田もすぐさま反撃。16分、右CKを遠藤がゴール前へ入れると、伊藤が頭で合わせて同点とする。あっという間に追い付かれた徳島であったが、21分に再び勝ち越す。岩尾の右サイド深くへのロングフィードを受けた藤田がクロス。ゴール前で垣田が潰れると、抜けてきたボールに西谷が冷静に押し込んだ。スコアと同時に一気に動き出したゲームは、その後は両者ともにチャンスを作るもゴールは生まれず、徳島が1点リードで試合を折り返す。 後半も激しい攻防が展開されるなか、ポゼッション率を高める磐田を67分に徳島が突き放す。敵陣右サイドからの岸本のクロスに飛び込んだ垣田。ディフェンスと競り合いながらも身体を投げ出し、ヘディングシュートをネットへ突き刺した。2点差とされた福岡は72分に右サイドからのFKで徳島ゴールに迫るが、クロスのこぼ球に詰めた石田のシュートはGK上福元の好守に阻まれた。結局、3-1でホームの徳島が6試合負けなしの磐田を下して連勝を飾り、首位をキープした。 4位のギラヴァンツ北九州は16位の大宮アルディージャと対戦し、1-2で大宮が勝利を収めた。 連勝で上位に食らいつきたい北九州が、7戦未勝利の大宮を迎えた一戦。序盤からアウェイの大宮がアグレッシブな入りを見せると、30分に黒川淳史のゴールで大宮が先制。0-1で迎えた後半も大宮がペースを握ると55分に小島幹敏がネットを揺らしリードを広げる。 北九州は徐々に盛り返すと、65分に左サイドからの鋭いクロスをファーサイドで藤原奏哉が蹴り込みゴール。GK笠原昂史がセーブしたかに見えたが、ラインを割ったと判定されて1-2となった。 その後も北九州が大宮陣内に攻め込むも、体を張ったプレーで大宮が追加点を許さず。そのまま1-2で大宮が勝利し、8戦ぶりの勝利。北九州は上位陣で唯一敗戦となってしまった。 2位・アビスパ福岡は、14位・水戸ホーリーホックの本拠地ケーズデンキスタジアム水戸に乗り込んだ。前節ジュビロ磐田に敗れて無敗が15戦でストップした。悪い流れにしたくない福岡は、開始5分に増山朝陽のゴールで先制。その後はホームの水戸にペースを握られる展開も最後まで粘り切り、0-1で福岡が白星を手にした。 3位のV・ファーレン長崎はホームで15位のFC町田ゼルビアを迎え討った。序盤からペースを握り続ける長崎だったが、なかなかゴールを奪えず。それでも前半アディショナルタイムに加藤大が先制ゴールを奪うと、53分には氣田亮真が追加点。岡田優希に1点を返されるも、終盤にルアンが駄目押しゴールを奪い、しっかりと勝利を収めた。 ◆明治安田生命J2リーグ第31節 ▽11/4(水) 東京ヴェルディ 2-2 ツエーゲン金沢 モンテディオ山形 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アビスパ福岡</span> ジェフユナイテッド千葉 1-1 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 琉球FC 松本山雅FC 0-0 栃木SC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-1 ファジアーノ岡山 レノファ山口FC 1-1 ザスパクサツ群馬 </span>-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 31 ジュビロ磐田 ギラヴァンツ北九州 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 大宮アルディージャ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-1 FC町田ゼルビア 2020.11.04 22:10 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly