スカッとゴール!元フランス代表DFリザラズ氏の惚れ惚れするアウトサイドボレー

2020.10.29 07:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。2020年10月29日にご紹介するのは、元フランス代表DFのビセンテ・リザラズ氏がバイエルン時代に決めたゴールです。

◆元フランス代表DFリザラズ氏のセーブ不可能なアウトサイドボレーが圧巻

◆ここがスカッと!
アウトサイドにかかったボレーシュート。サッカーのゴールの中でも最高に気持ちの良いゴールの一つです。今回のゴールはまさにその理想のようなゴールです。

◆バイエルンやフランス代表で活躍した名サイドバック
169cmと小柄ながらその突破力と精度の高い左足を武器に2000年前後のバイエルンで長らく活躍を見せたリザラズ氏。フランス代表としても通算90キャップを数えます。

バイエルンでは通算273試合に出場し8ゴールと、得点が多い選手ではありませんでしたが、2000年2月19日に行われたブンデスリーガ第21節のデュイスブルク戦では素晴らしいゴールを決めました。

2-1とバイエルンがリードする中、78分に敵陣右サイドでFKを獲得し、左サイドバックのリザラズはファーサイドで待ち構えます。

キッカーのMFシュテファン・エッフェンベルクはリザラズ目掛けて良質なボールを送り込むと、落下点に入ったリザラズはそのボールをダイレクトでボレーシュート。無駄のない動きから放たれたシュートは、アウト回転をかけながら、相手GKの手が届かないゴール右へと吸い込まれていきました。

リザラズ氏がこのシーズンに記録したゴールは1点のみでしたが、惚れ惚れするような美しいゴールでした。
コメント
関連ニュース
thumb

スカッとゴール! シュートと分かっていても止められない完璧なシュートスピードとコース

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年12月2日にご紹介するのは、今から6年前にフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(現スタッド・レンヌ)が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆エンゾンジキャノンがデ・ヘアを襲う<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHSnlPRTV6NSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! ペナルティーアーク付近に転がってきたこぼれ球に対し、ゆったりとした助走からの強烈ミドル。シュートが来ると分かっていても、止められないスピードとコースに決まった一撃です。 ◆エンゾンジキャノン炸裂 197cmの長身であるエンゾンジは、フランスでのデビューの後、ブラックバーンでプレミアデビュー。その後、2012年にストーク・シティに加入しました。 フィジカルの強さだけでなく、足元の技術にも定評があるエンゾンジは、度々ミドルレンジからの豪快なシュートを決めており、2014年12月2日に行われたプレミアリーグ第14節のマンチェスター・ユナイテッド戦でも、エンゾンジキャノンが炸裂しました。 ホームのユナイテッドに0-1とリードを許して迎えた39分、相手陣内中央でストークがボールを奪うと、FWボージャン・クルキッチがドリブルで突破を図ります。ボックスまで侵入したところで相手にボールを弾かれたものの、ボールはボックスの手前でフリーになっていたエンゾンジのもとへ。するとエンゾンジが強烈なダイレクトシュート。右足から放たれたシュートは物凄いスピードでゴールネット右に突き刺さり、見事な同点弾となりました。 相手GKとしても、絶対にシュートが来ると分かっていながらも、完璧なシュートスピードとコースにセーブはできず。エンゾンジの技が光るゴールでした。 2020.12.02 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!元ブラジル代表MFがユナイテッド戦で見せたセーブ不能な弾丸シュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年12月1日にご紹介するのは、今から7年前に元ブラジル代表MFサンドロが(現ゴイアス)が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆サンドロが決めたとんでもないロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHSnlPRTV6NSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 元々守備的なMFとして活躍していたサンドロが放った強烈なシュート。あまりのシュートスピードにカメラも追えず、相手GKのダビド・デ・ヘアも全く反応できませんでした。まさに、気づいたらゴールネットが揺れていたを体現したゴールです。 ◆威力・コースともに完璧 2010年夏にトッテナムに加入したサンドロは、2013年12月1日に行われたプレミアリーグ第13節のマンチェスター・ユナイテッド戦にもボランチとして先発出場を果たします。 そして、トッテナムが先制しながらも追いつかれ、1-1と同点で迎えた54分、ピッチ中央付近でボールを持ったサンドロは、前方にスペースがあることを確認すると、自らドリブルで仕掛けます。 鋭いターンと細かいタッチでプレスに来たMFトム・クレバリーをはがし、スペースを得ると、ボックスの外からロングシュート。右足から放たれたボールはとんでもない速度でゴール右に突き刺さりました。 これほどの威力にも関わらず、コースもゴール右上隅の完璧な位置に飛んでおり、セーブ不可能なシュートでした。 2020.12.01 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!イブラヒモビッチが“エル・クラシコ”で唯一決めたピンポイントボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年11月30日にご紹介するのは、今から11年前に元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(現ミラン)が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ズラタンがクラシコで魅せる!強烈なボレーにカシージャスも成す術なし!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2Yk9TZnNhOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! DFダニエウ・アウベスのピンポイントクロスに走り込んだイブラヒモビッチが合わせる、点と点が線で繋がった美しいゴールです。 ◆“エル・クラシコ”の舞台でも 39歳を迎えた今もなお、ミランで一線級の活躍を見せているイブラヒモビッチですが、2009-10シーズンにはバルセロナでもプレーしていました。 スペインの地でもしっかりと結果を残したイブラヒモビッチは、2009年11月29日に行われた、ラ・リーガ第12節のレアル・マドリー戦、“エル・クラシコ”でも素晴らしいゴールを決めています。 試合は拮抗した展開となり、0-0で前半を折り返します。そして56分、右サイドでボールを持ったDFダニエウ・アウベスがアーリークロス気味のボールを上げると、これをボックス内で完全フリーの状態でイブラヒモビッチが合わせます。後ろからの難しいボールを完璧なボレーシュートで合わせると、豪快なゴールが決まりました。 これにはマドリーゴールを守っていた名手イケル・カシージャスもお手上げ。これがこの試合唯一のゴールとなり、イブラヒモビッチがバルセロナに勝利をもたらしました。 2020.11.30 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!バルセロナ時代のデコが魅せた洗練されたハーフボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年11月27日にご紹介するのは、今からちょうど16年前に元ポルトガル代表MFデコ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆チャビからデコ!バルサ1年目の技ありシュート!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtZXlKT3o0WCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! やや難しいバウンドのボールをトラップで収めると、バウンドしたところを的確にハーフボレー。無駄なく洗練されたゴールです。 ◆バルセロナの心臓 ブラジル生まれのデコ氏は、19歳当時にポルトガルに渡ってからその才能を開花させていきます。1999年にはジョゼ・モウリーニョ監督率いるポルトでチャンピオンズリーグ制覇も貢献すると、その後バルセロナに移籍します。 バルセロナでもスター軍団の中で、“バルセロナの心臓”と呼ばれる活躍を披露。2004年11月27日に行われたラ・リーガ第13節のヘタフェ戦では、見事なゴールを決めています。 バルセロナ1点リードで迎えた22分、MFチャビ・エルナンデスがヘタフェの左サイドを突破します。 DFを引き付けたチャビは、中央を並走していたデコにマイナスのパスを出すと、デコはジャンプしながらのトラップで上手くボールを収め、そのまま2バウンド目の直後に抑えの利いたハーフボレーシュートを放ちます。GKが取りづらい低いシュートは、セーブされることなくゴールネットを揺らしました。 デコ氏はバルセロナ在籍の4年間で自身2度目となるCL制覇、2度のラ・リーガ優勝に大きく貢献しています。 2020.11.27 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! “稀代のファンタジスタ”ロナウジーニョが見せた魔法のようなオーバーヘッドシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年11月26日にご紹介するのは、今から約14年前に元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョの遊び心とテクニックが詰まった華麗なるバイシクルゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqbXFiUmtyQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 稀代のファンタジスタであるロナウジーニョ氏が全盛期に挙げたゴールの一つです。クロスを胸で落とすと、体を反転させながらオーバーヘッドシュート。まさに魔法のようなゴールでした。 ◆ロナウジーニョにしかできない芸当 2003年夏に加入したバルセロナでキャリアの全盛期を過ごし、5シーズンに渡ってクレ(バルセロナサポーターの愛称)たちを魅了したロナウジーニョ氏。 数多くのスーパーゴールを決めましたが、2006年11月25日に行われたラ・リーガ第12節のビジャレアル戦で見せたアクロバティックなゴールもその一つです。 本拠地カンプ・ノウでビジャレアル相手に試合を優勢に進めていたバルセロナは、ロナウジーニョのPKなどで3-0と危なげなく試合を進めます。 そして迎えた試合終了間際の88分、ボックスの外でボールを持ったMFチャビ・エルナンデスが、裏へ動き出していたロナウジーニョへクロスを上げます。相手のマークからするりと抜け出したロナウジーニョはボックス内でボールを胸トラップし、ボールを高く上げます。すると、ゴールに完全に背を向けたかと思うと、右足で意表を突くオーバーヘッドシュート。上手くタイミングを外して放たれたシュートはGKの頭上を超え、見事にゴールネットを揺らしました。 まさに当時のロナウジーニョ氏にしかできない芸当でした。 2020.11.26 07:00 Thu
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly