シティの破壊力抜群のサイドアタックから最後はB・シウバが豪快フィニッシュ【チーム・ゴールズ】

2020.10.27 21:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバが決めたゴールだ。

◆完璧なサイドアタックからシウバがフィニッシュ

ベンフィカユース出身のシウバは2014年に加入したモナコでブレイク。この活躍が認められ、2017年夏にジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティに引き抜かれている。

独特なリズムと鋭いドリブルで攻撃にアクセントを加え、強力なオプションとしてその地位を確立しているシウバだが、2018年8月12日に行われたプレミアリーグ第1節のアーセナル戦では、見事な崩しからゴールを決めている。

前半にシティが先制し、1-0のリードで迎えた64分、カウンターからDFバンジャマン・メンディが左サイドを攻め上がる。ボックスの前までボールを運んだところで前線のFWラヒーム・スターリングにボールを預け、大外からさらに裏のスペースへ。ボックス左深部で再びボールを受けたメンディがマイナスのクロスを中央へ送ると、これにシウバが左足で合わせ、見事な崩しから追加点が生まれた。

このゴールで2-0とアーセナル相手に完璧な勝利を収めたシティ。開幕節から他のライバルに力を見せつける結果となった。
コメント
関連ニュース
thumb

シティの美しいパスワークから右サイドを駆け上がったカンセロがゴールをねじ込む【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆カンセロがねじ込んだチームゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqZm5xSlBqRiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ベンフィカユース出身のカンセロは、バレンシアやインテル、ユベントスなど、ビッグクラブでのプレーを経て、2019年夏にマンチェスター・シティに加入。貴重な戦力として存在感を発揮している。 攻撃力の高いSBとしてシティの攻撃に厚みを与えているカンセロだが、2019年12月18日に行われたカラバオカップ(EFLカップ)準々決勝のオックスフォード・ユナイテッド戦では、見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた22分、自陣に降りてきて受けたFWリヤド・マフレズが、中央のMFフィル・フォーデンにボールを預けると、フォーデンがこのボールをダイレクトで右サイドにパスを出す。 右サイドを駆け上がっていたカンセロが完全にフリーでボールを受けると、そのままドリブルでボックス内に侵入。強烈なシュートを放つと、相手にブロックされながらもシュートをゴールにねじ込み、見事な先制ゴールを決めた。 このゴールで勢いに乗ったシティが、3-1で勝利している。 2020.12.02 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ベッカム、メネズの連携から最後はズラタン!PSGトリオが見せた美しいゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがパリ・サンジェルマン(PSG)っ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ベッカム、メネズ、イブラヒモビッチの3人でもぎ取ったゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGWFlRWUg3WiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> キャリアを通して数々のビッグクラブを渡り歩いてきたイブラヒモビッチは、2012年夏にミランからPSGに加入。チームのエースとして得点を量産し、多くのタイトルをもたらした。 PSGでは公式戦180試合で156ゴールという数字を残したイブラヒモビッチだが、2013年2月24日に行われたリーグ・アン第26節のマルセイユ戦では、スター選手たちとの美しい連携からゴールを決めている。 PSGが1-0とリードして迎えた91分、相手ボックスの前でボールを持ったFWジェレミー・メネズが中央のMFデイビッド・ベッカムとの華麗なワンツーでボックス内に抜け出すと、相手DFのプレスを背中で抑えながら、一瞬の隙を見てクロスを入れる。ゴール前左のほとんど角度のない位置でイブラヒモビッチが押し込み、試合を決定付ける追加点が決まった。 試合はPSGがそのまま2-0で勝利している。 2020.12.01 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンがスパーズの守備をするりとかわし、流れるようなパスワークから決めた美しいゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが美しいパス回しからフィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRaENoQU8yUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ドルトムントでブレイクを果たしたレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンに加入。絶対的エースとして得点を量産している。 豊富なゴールパターンから驚異的なペースでゴールを決めているレヴァンドフスキだが、2019年10月1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのトッテナム戦では、美しいパスワークからゴールを決めている。 5-2とバイエルンが大きなリードを奪って迎えた87分、カウンターからバイエルンがチャンスを作り、左サイドのMFイバン・ペリシッチにボールが入る。ドリブルでボールを前線に運んだペリシッチは、ペナルティーアーク内でフリーのMFフィリペ・コウチーニョにパスを出す。 パスを受けたコウチーニョは、相手のプレッシャーをかわしながらボックス内のレヴァンドフスキにダイレクトでラストパス。レヴァンドフスキもダイレクトでこのパスをゴール左に決め、流れるようなパス回しからいとも簡単に追加点を奪ってみせた。 このゴールの直後にも追加点を奪ったバイエルンが7-2と大勝を収めている。 2020.11.30 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

リーガ500試合目のメッシが、ネイマールとたった2人で相手守備陣を攻略した華麗なゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆メッシがネイマールとのコンビネーションで決めたゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDaWtEYm93MCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 13歳でバルセロナに入団したメッシは、2005年のファーストチーム昇格以来、圧巻のパフォーマンスを続け、チームの象徴的存在へと成長。美しいサッカーに重きを置くクラブの哲学を体現する選手として、美しいプレーで観客を魅了している。 個人技だけでなく、味方との連携からもゴールを量産するメッシだが、2015年12月30日に行われたラ・リーガ第17節のレアル・ベティス戦では、同僚との華麗な崩しからゴールを決めている。 1-0とバルセロナリードの33分、前線でボールを持ったFWネイマールが、メッシにボールを預けながらディフェンスラインの裏へ走る。メッシがふわりとした浮き球のパスをダイレクトでネイマールに返すと、ボックス内に抜け出したネイマールは飛び出してきたGKの手前でゴール前に横パス。DFたちの間のスペースでメッシがこのパスに合わせ、見事な追加点を挙げた。 この試合がラ・リーガ500試合目の試合だったメッシ。自らの記録達成にゴールで花を添えている。 2020.11.29 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“稲妻”ラベッシがズラタン、パストーレとの美しい崩しから決めた見事なゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元アルゼンチン代表FWのエセキエル・ラベッシ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆華麗な連携からラベッシが豪快なシュートを叩き込む<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyQjhQdzFjVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2012年夏にナポリからPSGに加入したラベッシは、チームの主力の1人として活躍。豊富な経験を武器に得点を重ねた。 キレのあるドリブルとパンチのあるシュートから“稲妻”とも呼ばれたラベッシだが、2015年1月30日に行われたリーグ・アン第23節のスタッド・レンヌ戦では、見事な連携プレーからゴールを決めている。 0-0で迎えた29分、左サイドからドリブルで仕掛けたFWズラタン・イブラヒモビッチが、MFハビエル・パストーレとのパス交換からボールをボックス手前まで運ぶと、中央のMFアドリアン・ラビオにパスを送る。 ラビオがダイレクトで絶妙の浮き球パスをボックス内に出すと、これを受けたパストーレもダイレクトでゴール前のラベッシに送り、ラベッシが左足で豪快なシュートを叩き込んだ。 このゴールが決勝点となり、PSGが1-0で勝利している。 2020.11.29 14:00 Sun
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly