サウサンプトン主砲イングス、長期の契約延長でほぼ合意か

2020.10.20 17:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンがイングランド代表FWダニー・イングス(28)と契約延長に至る見通しだという。

2018年夏にリバプールからのレンタルでサウサンプトンに加入したイングス。昨夏にサウサンプトンと2022年までの契約を結び、完全移籍を果たした昨季はプレミアリーグ全試合に出場して、キャリアハイの22得点を挙げ、リバプール時代に燻った点取り屋としての才能を輝かせ、イングランド代表にも返り咲いた。

今夏の移籍市場でトッテナムの関心も取り沙汰されたイングスだが、イギリス『Athletic』によれば、水面下でサウサンプトンとの新契約締結に迫っており、長らく続いた移籍の憶測に終止符が打たれようとしているようだ。両者は新たな契約期間とリリース条項を協議しており、ほぼ合意のところまで来ているという。

予想される新たな契約期間は2025年まで。その通りなら、現行契約から新たに3年延長される格好だ。サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督は以前、「ダニーはどこに行くことに全く興味がない」コメント。そうした両者の信頼関係により、新たな契約締結に近づいているようだ。

関連ニュース
thumb

アンデルレヒトがセインツから元オランダ代表DFホードを完全移籍で獲得!

アンデルレヒトは17日、サウサンプトンから元オランダ代表DFヴェスレイ・ホード(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までで、背番号は4を着用する。 母国のAZでプロキャリアをスタートしたホードは、2015年にラツィオに完全移籍して在籍2シーズンで成長を遂げ、2017年にサウサンプトンに加入。サウサンプトンでは、初シーズンからプレミアリーグ28試合に出場したが徐々に出場機会を失うと、2019年1月にレンタルでセルタ入り。 さらに同年夏には再びレンタルでアントワープ、そして昨シーズンはレンタルで古巣ラツィオに復帰していた。 アンデルレヒトへ完全移籍を決断したホードは、公式サイトで以下ようにコメントしている。 「僕とアンデルレヒトは1年以上前からコンタクトを取り続けていた。ヴァンサン(・コンパニ)選手兼監督やピーター(・ヴァーベク)SDとはすぐに意気投合したよ。ただ、僕たちはタイミングを待たなければならなかったんだ」 「アンデルレヒトを選んだ理由は、主にスポーツ面でのことだ。このプロジェクトを成功させるために、また最高のものを目指したいと思っているよ。僕とリオル(・レファエロフ)でドレッシングルームに必要な成熟度を与え、多くの若い選手たちが最大限に成長できるようにしたいと思っているよ」 2021.06.18 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

南野拓実がクラブ事情で日本代表を離脱…W杯予選7戦連発中

日本サッカー協会(JFA)は12日、MF南野拓実(リバプール)が日本代表から離脱することを発表した。 JFAの発表によると、南野はクラブ事情のための離脱とのこと。ケガなどではないとのことだ。 南野は5月28日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦から帯同。ミャンマー代表戦で6試合連続ゴールを記録すると、7日のタジキスタン代表戦でもゴールを決めてW杯予選7試合連続ゴールを記録し、MF本田圭佑(ネフチ・バクー)2015年から2016年にかけて記録した数字に並んでいた。 15日のキルギス代表戦で記録更新が期待されたが、9月の最終予選に持ち越しとなった。 2021.06.12 10:49 Sat
twitterfacebook
thumb

「実力がある」とセルビアを警戒する南野拓実、大迫勇也不在時の攻撃に「何か方法を見つけていかなくては」

日本代表のMF南野拓実(サウサンプトン)が、キリンチャレンジカップ2021のセルビア代表戦に向けてコメントした。 5月28日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦から活動している日本代表。今回の活動では、ミャンマー戦のほか、U-24日本代表戦、タジキスタン代表戦と3試合を行い、残り2試合が予定されている。 セルビア代表戦を翌日に控えた10日、南野はメディアのオンライン取材に応対。自身は2列目のレギュラーとしてプレーし、前回のロシアW杯予選時とは大きく立場が変わっていることについては「前回のW杯予選に呼ばれた時の自分とは、責任は違いますし、今の方がチームの一員として試合に出させてもらっている時間もあるので、年齢的にもそうですし、経験も積んでいるので、チームを引っ張っていくではないですが、自分の経験をチームに出していかなければいけないと考えています」とコメント。中心選手としての役割を果たしたいと語った。 今回の活動で最も実力あるセルビアとの一戦については「今までやって来ていることを出すという点では変わらないですが、予想される試合の展開はアジアの相手とやってきた中とは変わってくると思います」と語り、試合展開が変わると予想。「メンバーを見ても今までの相手よりは実力があると思いますし、こういった時期にヨーロッパのチームとやれることは有意義になると思います。今までやってきたことをしっかりとぶつけて、どういう結果になるのかは楽しみです」と、力試しとしてとても楽しみにしていると語った。 一方で、セルビア戦を前にFW大迫勇也(ブレーメン)がケガのためチームを離脱。課題である攻撃の組み立ての部分では、かなめの大迫がいない状況となるが「迫君がいる時といない時で、2列目のやり方は変わってきますが、迫君がいないときにチームとして何か方法を見つけていかなくてはいけないと感じているので、(鎌田)大地とどうなるかわからないですが、周りの選手のコンビネーションでどうやっていくかは試されるかなと思います」と、大黒柱が抜けた状態で何ができるかを試したいと語った。 また「フォーメーションも自分がどこで出るか分からないですが、周りの選手と連動して、自分たちのパターンを見つけられる必要があると思います」とし、新たな攻撃の形を模索したいとした。 トップにはFW浅野拓磨か追加招集のFWオナイウ阿道(横浜F・マリノス)が入ると予想されるが「拓磨は裏のスペースを使って相手のDFラインを下げたり、クロスに飛び込むということが特徴があって、それは迫君とは違うかな」と浅野についてコメント。また「阿道に関しては、裏にも抜けられて身体も強いので、ボールも収められてゴール前の迫力もあるかなと。ただ、合宿に合流して間もないのと、一緒にプレーしていないので、それぞれの特徴はチームとしてしっかり考えて行きたいです」とどちらの特徴にも合わせていきたいと語った。 今回のセルビア代表にはリバプールに所属するMFマルコ・グルイッチが含まれており、南野もプレーしたことがある選手。「少し連絡もとったんですが、仲の良い選手の1人です」とグルイッチとの関係を語り、「身体も大きくて技術も高くて、中盤でボールも捌けて、非常に厄介な選手です」とコメント。「相手のチームにとっては1人の重要な選手だと思っています」と警戒すべき選手だと語った。 2021.06.10 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

南野拓実は来季もサウサンプトン? ハッセンヒュッテル監督が高評価、リバプールオーナーは売却も検討

サウサンプトンは、改めて日本代表MF南野拓実(26)をチームに残すために動いているようだ。イギリス『ハンプシャー・ライブ』が伝えた。 南野は2020年1月に5年間在籍したザルツブルクからリバプールへと完全移籍。ビッグクラブへの移籍に大きな期待がかかる中、加入したシーズンは公式戦14試合の出場に留まった。 迎えた2年目の今シーズン、コミュニティ・シールドでアーセナル相手にゴールを決めるなど良い形でシーズンをスタート。プレミアリーグでは出番が限られたが、EFLカップでは2ゴールの活躍を見せていた。 しかし、ベンチに座る日々が続いた中、冬の移籍市場最終日にサウサンプトンへとレンタル移籍。すると、新天地のデビュー戦でいきなりゴールを奪うと、チェルシー相手にもゴール。サウサンプトンでは10試合で2ゴールの活躍を見せていた。 半年間のレンタル移籍のため、リバプールに戻ることが既定路線の中、サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督は南野を高く評価。新シーズンもチャンスを与えたいと考えているようだ。 「思うように試合に出られず、練習ばかりしていて、11人の1人として見てもらえないことは、選手にとって決して良いことではない」 「しかし、このような状況でも、後になって試合に出られるようになると、精神的にも楽になる。選手がビッグクラブに行きたがるのは、そこでたくさんのお金が手に入り、トップ6の一員として賞賛されるからだ」 「ただ、それを喜ぶのはほんの一瞬だ。なぜなら、十分なプレー機会がなく、クラブにとって重要でない場合は、あっという間に最悪な気持ちになるだろう」 「彼にとって最も重要なことは、プレーする機会を得ることだ。我々は、ケガ人やローテーションが多かったので、彼が我々の下で多くの試合に出場することは明らかだった」 「リバプールが移籍市場で何かを起こす可能性があり、我々は彼らと話をしたが、何が起こるのかは分からなかった」 「彼にとってはここでプレーすることは重要だった。我々は彼にプレーするチャンスを与え、ここにいてくれることを楽しんでいる」 サウサンプトンがリバプールに状況を伺ったようだが、ハッキリとしたことはまだ決まっていないようだ。 一方で、ユルゲン・クロップ監督は南野を高く評価しており、将来的にはリバプールの戦力になってもらいたいと考えているものの、クラブを所有するフェンウェイ・スポーツ・グループ(FGS)はクロップ監督の意思に反して売却を考えているとも言われる。 何れにしても出場機会を得られることが南野にとっては幸せなことだが、果たしでどうなるだろうか。リバプールとの契約は2024年6月30日まで残っている。 2021.06.08 20:52 Tue
twitterfacebook
thumb

補強着々のビラ、英2部MVPブエンディアの次はFKの名手ウォード=プラウズ?

アストン・ビラがサウサンプトンからイングランド代表MFジェームズ・ウォード=プラウズ(26)の獲得も目指しているようだ。 今季のプレミアリーグで最終的に11位という結果に終わったが、一時期に上位をかき乱す存在になるなど、残留争いに巻き込まれることなく、1年を戦い切ったビラ。アーセナルも目を光らせるノリッジ・シティのアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディアをクラブレコードの移籍金3300万ポンド(約51億円)で射止めたといわれる。 今季のチャンピオンシップでMVPに輝いた注目株の争奪戦を制したばかりのビラだが、イギリス『ガーディアン』によれば、補強はそれだけにとどまらない模様。来季のさらなる躍進を期すビラは補強をできるだけ早く完了させようと、ブエンディアの加入で合意に達した翌日からウォード=プラウズの獲得にシフトしたという。 サウサンプトン一筋のウォード=プラウズはリーグ屈指のプレースキッカーとして評判高い中盤の選手。今季もリーグ最多の被ファウル数を記録したイングランド代表MFジャック・グリーリッシュを擁するビラはウォード=プラウズのプレースキック精度が攻撃の強化に繋がり、武器にもなるとして、白羽の矢を立てたようだ。 また、ビラのディーン・スミス監督は今夏に関して量よりも質のスタンスで、新戦力に大きなインパクトを与えるプレーを求めている様子。ウォード=プラウズは年齢やリーグでの経験値という部分だけでなく、プレースタイルの面でもスミス監督が求めるといわれるプロフィール基準に合致する存在だという。 なお、ウォード=プラウズは昨夏、サウサンプトンとの契約を2025年まで延長。今季も主将という役割を担いながらリーグ戦全38試合に先発して8得点7アシストの活躍を披露した。 2021.06.07 17:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly