【CLグループF展望】ドルトムント本命、1枠を懸けラツィオとゼニトが激突

2020.10.20 18:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
◆編集部予想
◎本命:ドルトムント
○対抗:ラツィオ
△連下:ゼニト
☆大穴:クラブ・ブルージュグループFは昨季ベスト16でCL常連のドルトムントが本命、実に12シーズンぶりの本戦出場となるラツィオと2季連続のCL出場となるロシア王者ゼニトがもう1枠を懸けて争うことになりそうだ。3季連続出場のベルギー王者クラブ・ブルージュではあるが、戦力的に厳しい戦いが待っているだろう。

◆若手スターが牽引~ドルトムント~
Getty Images

FWハーランド、MFサンチョらを筆頭に若手スター選手がチームを牽引するドルトムントが突破の本命だ。昨季はファイナリストとなったパリ・サンジェルマンの前に逆転でのベスト16敗退となった中、新たに逸材MFベリンガムが加入。伸び盛りの若手たちが躍動して勢いに乗れば、グループを突破するのは容易いはずだ。3季目を迎えたファブレ監督の下、成熟さも増したドルトムントがグループFを牽引する。

◆12季ぶり出場で実力発揮なるか~ラツィオ~
Getty Images

昨季はユベントスとスクデット争いを繰り広げた後、コロナ明けの失速で4位に終わったものの、12シーズンぶりとなるCL本戦への出場を決めた。そのラツィオは6季目を迎えたS・インザーギ監督の下、主力の流出なく新シーズンに臨めている。堅守速攻に磨きをかけるチームは、CLでのプレー経験が少ない主力選手が多い点が気がかりだが、欧州最高峰の舞台で本来の実力を発揮しきれれば、グループステージを突破できるチーム力は有しているはずだ。

◆経験値で上回れるか~ゼニト~
Getty Images

ロシアリーグ2連覇を果たしたゼニトは、昨季のCLでは実力伯仲と思われたグループに組み込まれた中、ベスト4と躍進したライプツィヒとリヨンが同居したグループでベンフィカと共に敗退に終わった。新戦力ではリバプールからDFロブレンを獲得。守備力の向上を図った中、チームのストロングポイントであるFWアズムンとFWジューバの走力に長けた両アタッカーが躍動すれば、5季ぶりのグループステージ突破が見えてくる。

◆3季連続出場のベルギー王者~クラブ・ブルージュ~
Getty Images

昨季はコロナによりシーズン途中で中止となったベルギーリーグで2季ぶりに優勝を果たしたクラブ・ブルージュ。元リバプールGKミニョレが守護神を務めるチームは昨季、パリ・サンジェルマンとレアル・マドリーが同居したグループでガラタサライと共に未勝利に終わり、3位で終えた。まずは2シーズンぶりの勝利を目指し、3季連続出場の経験値の差を見せたい。
コメント
関連ニュース
thumb

ドルトムント、下位に沈むケルンに今季初勝利を献上…《ブンデスリーガ》

ドルトムントは28日、ブンデスリーガ第9節でケルンと対戦し1-2で敗戦した。 ミッドウィークに行われチャンピオンズリーグ(CL)グループF第4節のクラブ・ブルージュ戦を完勝した2位ドルトムント(勝ち点18)は、その試合から先発を5人変更。トルガン・アザールやレイナ、ラファエウ・ゲレイロらに代えてロイスやヴィツェル、ジャンを先発で起用した。 開幕から未勝利の続く17位ケルン(勝ち点3)に対し、ドルトムントは最前線にハーランド、2列目にサンチョ、ロイス、ブラントを並べた[4-2-3-1]を採用。最終ラインはムニエ、アカンジ、フンメルス、パスラックが構えた。 ドルトムントは試合開始早々にチャンスを迎える。4分、ボックス中央右でボールを収めたロイスのクロスをボックス左で受けたサンチョが左足でシュートを放ったが、わずかに浮いたボールはクロスバーに阻まれた。 先制のチャンスを逃したドルトムントは、9分に先制を許す。ドゥダの左CKをニアサイドのヴォルフがフリックすると、最後はゴール前のエズジャンに押し込まれた。 その後は、ボールを持つ時間の長いドルトムントペースで試合が進むが、 素早い寄せで応戦するケルンを前になかなか決定機まで持ち込むことができない。25分には、ロイスのパスでゴール前に抜け出したハーランドに決定機が訪れたが、相手DFの寄せにバランスを崩したシュートはゴール右に外れた。 さらに30分には、左サイドで獲得したFKからブラントがクロスを供給するとゴール前に抜け出したフンメルスがヘディングシュートをゴール右隅に流し込んだ。だが、ここはフンメルスの抜け出しの時点でオフサイドを取られた。 迎えた後半、1点を追うドルトムントが前がかる中、51分に右クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったジャンがコントロールショットでゴールを狙ったが、これはDFに当たり右に逸れた。 同点ゴールが遠いドルトムントは、59分にアクシデント。交代を要求したムニエがピッチに座り込むと、メディカルスタッフと共にピッチを後にした。 一時的に数的不利となったドルトムントは、直後のプレーでケルンに追加点を許す。60分、ドゥダの左CKをニアサイドのヴォルフがフリックすると、GKビュルキが弾いたボールをゴール右ポスト手前のエズジャンが押し込んだ。 1失点目と全く同じ形で失点したドルトムントは、61分にT・アザールを投入。さらに67分には、パスラックとブラントを下げてレイナとムココをピッチに送り出した。 すると74分、ドルトムントは敵陣でのボール奪取からショートカウンター。細かなパスで相手を翻弄すると、最後はレイナのパスをボックス左で受けたT・アザールがゴール右に流し込んだ。 1点を返し攻勢を強めるドルトムントは、88分にフンメルス、後半アディショナルタイムにはハーランドが決定機を迎えたが、同点ゴールを挙げることはできず。試合はそのまま1-2で終了。首位を追走へ負けられないドルトムントだったが、ケルンに今季初勝利を献上する結果となった。 2020.11.29 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「ここで長期的にプレーする」ドルトムントSD、移籍話が取り巻くハーランドの去就に言及

ドルトムントのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏がノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20)が長期間ドルトムントでプレーすると述べた。 昨シーズン前半にザルツブルクで才能を開花させたハーランドは2020年1月に加入したドルトムントでもゴールを量産。今季も公式戦13試合で17ゴールと圧巻のスタッツを残しており、21日に行われたブンデスリーガ第8節のヘルタ・ベルリン戦では4ゴールと異次元のパフォーマンスを披露した。 そのハーランドには、レアル・マドリーやパリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッドなど錚々たるクラブが注目していると盛んに報じられている一方で、父親などは完全に移籍を否定。ドルトムントでのキャリアを積むと語っている。 ドルトムントとの契約は2024年夏までとなっているものの、2022年夏から7500万ユーロ(約93億円)の契約解除金が有効になると見られており、そのタイミングで獲得に動くことが噂されている。 そうした状況のなか、ツォルクSDは28日に行われるブンデスリーガ第9節のケルン戦に向けた記者会見でハーランドが長期滞在するとコメントした。 「今やチームの攻撃を牽引する上で欠かせない存在だ。ドルトムントにとっては素晴らしいことだと感じている」 「プレッシャーはあるかもしれない。ただ、彼はもう跳ね除け、結果も残している」 「我々はアーリングを長期的にプレーすると思っている」 2020.11.27 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

止まらないハーランド、CLでの通算ゴール数が早くもロナウド超え

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが驚異的なペースでゴールを量産している。 ドルトムントは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第4節でクラブ・ブルージュとホームで対戦し、3-0で勝利。ハーランドは2ゴールを奪い、勝利に大きく貢献した。 <div id="cws_ad">◆全盛期のマラドーナがナポリで見せたスーパーゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRQkZwNEVQayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ハーランドはこれで今季のCL4戦連発となる6ゴール目を記録。CL通算では、昨季と合わせて12試合で16ゴールとなり、元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ氏と元スペイン代表FWロベルト・ソルダードが持っていた19試合15ゴールという記録を超えて、史上最速でのCL15ゴール達成を果たした。 また、イギリス『デイリー・メール』によれば、元ブラジル代表FWロナウド氏(14ゴール)、現レアル・マドリー指揮官のジネディーヌ・ジダン氏(14ゴール)、さらにはヴィッセル神戸でも活躍した元スペイン代表FWダビド・ビジャ氏(13ゴール)など、錚々たるメンバーの得点数をすでに上回っているとのことだ。 ドルトムント加入後も公式戦31試合33ゴールと得点を量産し続けているハーランド。今後も様々な記録を更新することになるだろう。 <div id="cws_ad">◆ハーランドのCL16ゴール目<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CH_YqIKpnJF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CH_YqIKpnJF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CH_YqIKpnJF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.11.26 17:03 Thu
twitterfacebook
thumb

ハーランド&サンチョ弾で3連勝のドルトムントが首位をキープ! ラツィオに敗戦したゼニトはGS敗退が決定《CL》

ドルトムントは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第4節でクラブ・ブルージュとホームで対戦し、3-0で勝利した。 4日にアウェイで行われた前節の同一カードを3-0で快勝しグループF首位に浮上したドルトムントは、前回対戦から先発を3人変更。ブラントやヴィツェル、ダフードに代えてサンチョ、ベリンガム、フンメルスを先発で起用した。 グループステージ突破へ負けられない3位クラブ・ブルージュ(勝ち点4)に対し、最前線にハーランド、2列目に右からサンチョ、レイナ、トルガン・アザールと並べた[4-2-3-1]で臨んだドルトムントが押し込むと2分には、左サイドをオーバーラップしたラファエル・ゲレイロの折り返しからハーランドがファーストシュートを放ったが、これは枠の左に外れた。 その後も攻勢を続けるドルトムントは18分、中盤でボールをカットしたサンチョが素早く前線にボールを送ると、上手くボックス左に抜け出したハーランドがニアサイドに流し込み、先制に成功した。 先制を許したクラブ・ブルージュだが、23分にチャンス。右サイドを持ち上がったラングの折り返しをボックス内で受けたマタが落とすと、最後はボックス手前のフォルメルがダイレクトシュートで合わせたが、これはわずかにゴール左に逸れた。 1点をリードするドルトムントは、前半終了間際に追加点を奪う。45分、ペナルティアーク手前で獲得したFKをサンチョが直接ゴール左上に突き刺し、ドルトムントが2点のリードで前半を終えた。 後半はクラブ・ブルージュが重心を上げたことで、一進一退の攻防が続く。そんな中、先にネットを揺らしたのはホームチーム。60分、自身のミドルシュートのこぼれ球をボックス右で再び拾ったT・アザールの折り返しがフォルメルのクリアミスを誘うと、ゴールエリア右手前でこれを拾ったハーランドが左足で流し込んだ。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、最後まで互いにスコアは動かず。ホームでCL3連勝を飾ったドルトムントが、グループ首位をキープしている。 また、グループFもう一試合のラツィオvsゼニトは、新型コロナから復帰したインモービレの2ゴールなどでラツィオが3-1で勝利した。この結果、ゼニトは2節を残してグループステージ敗退が決定した。 2020.11.25 07:07 Wed
twitterfacebook
thumb

理由は好きな座席に座れなかった? C・ブルージュ、主力FWが規律違反でドルト戦メンバー外…

クラブ・ブルージュに所属するナイジェリア代表FWエマヌエル・デニスが驚きの理由でドルトムント戦でメンバー外となったようだ。ベルギー『Het Laatste Nieuws』が報じている。 クラブ・ブルージュは現在、チャンピオンズリーグ(CL)のグループFで1勝1敗1分けの3位に位置。そして、後半戦初戦となる第4節では首位のドルトムントと対戦する。 しかし、この重要な一戦を前に主力ストライカーを思わぬ理由で起用できないことになった。 デニスは昨シーズンの公式戦33試合で9ゴール2アシストの数字を残した主力FWのひとりで、今季ここまではリーグ戦でゴールこそないものの、CL初戦のゼニト戦では1ゴールを挙げて2-1の勝利に貢献していた。 だが、『Het Laatste Nieuws』によると、デニスは新型コロナウイルスの感染対策の影響により、チームバスの中で自身が気に入っている座席に座れなかったことに激怒し、チームバスを降りて激しく悪態を付く問題行為を働いたという。 これにより、クラブ側は同選手に対して規律違反を言い渡し、罰金と共に今回のドルトムント戦の遠征メンバーから外すという、苦渋の決断を下した。 今回の処分に関してフィリップ・クレメント監督は、違反の詳細に関して言及は避けたものの、「デニスはフィットしているが、我々のセレクションに入っていない。彼はクラブのルールに従わなかった」と、懲戒処分を認めている。 2020.11.24 22:43 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly