劇的同点弾のウェストハムMFが歓喜! 自身のスーパーな一撃は「完璧」

2020.10.19 13:39 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハム所属のアルゼンチン代表MFマヌエル・ランシーニが18日に行われたプレミアリーグ第5節のトッテナム戦後、インタビューに応じた。クラブ公式サイトが伝えている。同じくロンドンに本拠地を置くトッテナムと激突したウェストハムは試合開始から16分間で3失点を喫したが、残り時間10分を切ったところで猛反撃。82分、85分と立て続けにゴールを奪って、1点差のところまで詰め寄ると、後半アディショナルタイム4分にランシーニの完璧な右足のミドルシュートがゴール右に突き刺さり、3-3のドローで終了した。

土壇場で見事なシュートを決め、劇的なドローゲームを演じてみせたランシーニは試合後、かつてウェストハムでチームメイトだったスペイン人MFペドロ・オビアンが2018年1月に行われたトッテナム戦で決めたゴールになぞらえて、自身の一撃を振り返った。

「僕たちがかつてトッテナムと対戦したとき、ペドロ・オビアンがロケットのようなゴールを決めたのを覚えているかい? あのゴールに似ていたし、3-0のビハインドから追いついたんだから、素晴らしいことだよ」

「完璧だった。ずっと前からゴールが欲しかったんだよ。今は100%の準備ができている。チームを助けたいと思っていて、それができた瞬間だった」

また、ランシーニは24日に対戦を控える次節のマンチェスター・シティについてもコメント。その試合でリーグ3戦無敗としたチームの好調ぶりを続けることができれば、さらなる上位浮上のチャンスがあると語った。

「来週に対戦するマン・シティは非常に力のある良いチームだと知っている。でもこの調子でプレーすれば、来週の試合でも何かを得るチャンスがあると思う」
コメント
関連ニュース
thumb

8歳から親友コンビのライス&マウントが代表でゴール共演! 「同じ試合でゴールを決められるなんて…」

ウェストハムMFデクラン・ライスとチェルシーMFメイソン・マウントの親友コンビが憧れのスリーライオンズで夢のようなゴール共演を果たした。 イングランド代表は18日、UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2最終節でアイスランド代表と対戦し、4-0で快勝した。 そして、同試合では前半の20分にMFフィル・フォーデンのFKに頭で合わせたライスが待望の代表初ゴールを挙げると、その4分後にはセットプレーの二次攻撃からマウントが代表通算3ゴール目を奪取。主役の座は2ゴール1アシストのフォーデンに譲ることになったが、ライスとマウントの2人にとっては子供の頃の夢を叶えた最高の試合となった。 共にロンドン生まれ、チェルシーのアカデミー育ちの両選手は8歳の頃からの親友で、14歳の時にライスが放出の憂き目に遭った際にはマウントの母親が涙を流すなど、家族ぐるみの付き合いをしてきた。 その後、マウントが順調にチェルシーで活躍を続ける一方、ライスは新天地ウェストハムでブレイクを果たし、両者はプレミアリーグでは良きライバル、イングランド代表では中盤の相棒として切磋琢磨を続けている。 そして、このアイスランド戦ではついに同じ試合でゴールを挙げるという、まるで夢のような瞬間を共有することになった。 同試合後、殊勲のライスとマウントはイギリス『スカイ・スポーツ』のポストマッチインタビューで、ゴール共演を振り返っている。 まずはライスが、「中盤で一緒にプレーできることを知った時、それ自体が特別な瞬間だったよ。さらに、同じ試合でゴールを決められるなんて信じられないことだよ」と、素直な感動を伝えた。 一方、マウントは親友とのゴール共演を喜びながらも、新型コロナウィルスの影響により、無観客開催が続く中、相棒と自身を支えてきた互いの家族がスタジアムで同じ喜びを共有できなかったことを残念に感じている。 「もしもファンの入場が許可されていれば、彼ら(両家族)は一緒に見守ってくれていたはずさ。彼らは僕がデビューした時も一緒にいたし、デク(ライス)と初めて一緒にプレーした時もね。僕らは彼らと共に特別な思い出を共有してきたからね」 「僕らは小さい頃から親友だし、これからもより多くの素晴らしい思い出を作っていけたら最高だね」 なお、ハマーズで守備的MFとセンターバックで印象的な活躍を続けるライスにはフランク・ランパード監督が以前から熱視線を注いでおり、今冬、あるいは来夏にはチェルシーでの親友コンビの共演も期待されている。 2020.11.19 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

強豪相手に善戦のハマーズ、フォルナルスは欧州カップ戦出場を目指す! 「夢を持って戦い続けたい」

ウェストハムのスペイン人MFパブロ・フォルナルスがチームの欧州カップ戦出場権獲得に意気込んでいる。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。 ウェストハムは昨季のプレミアリーグで第37節にようやく残留が決定する苦しいシーズンを送ったが、今季はレスター・シティやウォルバーハンプトンに勝利し、マンチェスター・シティやトッテナムから勝ち点1をもぎ取るなど健闘。ここまで8試合を消化して、暫定12位の位置に付けている。 そんなハマーズの中心選手として、今季のここまでリーグ戦全試合に出場し、2ゴールを記録するなどの活躍を見せるフォルナルスは、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得できる6位以内も十分可能だと意気込んだ。 「ここ数試合、信じられないほど強大な相手と戦い、チームとしてステップアップができたと思う。そのおかげで僕たちは今快適な順位にいるけど、ここから順位を上げていくための十分な品質と信念がここにはある」 「僕はビジャレアルでプレーした最初のシーズンで、ELの出場権を獲得できた。もちろん、ここ数年の経験から、まずはできるだけ早く(残留に必要とされる)勝ち点40を得る必要がある。でも、それ以降は夢を見ないとね」 「夢を持って戦い続け、今やっている仕事を継続する必要がある。そうすれば、シーズンを良い位置で終えることができるだろう」 また、フォルナルスは適応に苦しんだ昨季から一転し、今季のここまで好パフォーマンスを発揮できている理由として、デイビッド・モイーズ監督の用いるシステムを挙げ、指揮官を称賛した。 「アルチュール(・マスアク)とクレッシー(アーロン・クレスウェル)が左サイドでプレーしてくれるから、僕は中に入ることもできてとても快適だよ」 「僕のポジションはウイングのように守ったり、ストライカーと一緒にいたり、中盤にいたりする。説明が少し難しいね。試合の流れやその時の監督の考えなど、さまざまな要素で変化するんだ」 「試合前も試合中も監督はポジションを変えるから、[2-1-2]の一角でプレーすることもあれば、ワイドでプレーする時もある。監督やコーチが試合を見て判断するんだ。彼らは競争力のあるチームを作ろうとしているし、今はそれができていると思うよ」 2020.11.17 13:59 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーは今冬もライス連れ戻しに動く? ウェストハムは週給1600万円を用意か

チェルシーが今冬もウェストハムに所属するイングランド代表MFデクラン・ライス(21)獲得に動くようだ。イギリス『サン』が報じた。 7歳からチェルシーのアカデミーに在籍していたライスは、2013年夏にウェストハムのユースに移籍。その後、2017年にファーストチームデビューを果たすと、安定したボール捌きと守備力を生かしてアンカーの主力に定着した。 ウェストハムではここまで公式戦117試合に出場して3ゴール4アシストをマークしている他、アイルランド代表歴があったものの2019年3月に国籍変更が認められ、イングランド代表としてこれまで10試合に出場している。 ウェストハムで大きく成長を遂げたライスに対しチェルシーは、今夏獲得に動いていたが実現せず。しかし、チェルシーはライスの獲得を諦められず、今冬の移籍市場で再び獲得に動くようだ。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏は、自身のポッドキャスト『Here We Go』でライスについて言及。「デクラン・ライスはまだチェルシーに行きたいと思っている。チェルシーは1月に彼の復帰に再挑戦すると思う。クラブはすでに彼と個人合意に至っている」と主張していた。 しかし、イギリス『サン』はこの主張を否定。チェルシーはまだ合意に達しておらず、さらには接触すらしていない可能性を報じている。 チェルシーにはアカデミー時代からの親友であるイングランド代表MFメイソン・マウントがおり、ライスはかつて復帰を望むコメントを残している。 一方で、ライスと2024年夏まで契約を結んでいるものの、流出危機となっているウェストハムは、昇給を検討。週給6万ポンド(約820万円)の現行給与から倍額にするオファーの準備を進めているようだ。 2020.11.05 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

モイーズがリバプール戦のPK判定に審判団を非難「本当に失望している」

ウェストハムを率いるデイビッド・モイーズ監督が、リバプール戦のPK判定に失望している。イギリス『ミラー』がコメントを伝えた。 10月31日に行われたプレミアリーグ第7節でリバプールの本拠地に乗り込んだウェストハム。幸先よく10分に先制したが、42分にボックス内でボールをキープする相手FWモハメド・サラーに対して、アプローチに行ったDFアルチュール・マスアクが倒してしまいPKを献上。これで同点とされたウェストハムは、70分にもゴールを許し逆転負けを喫した。 PKのシーンではマスアクの足がサラーにかかっていたものの、ファウルになるほどの接触ではないとして、モイーズ監督は審判団を非難。サラーのダイブを主張している。 「このような試合に関わりたくなかった。うちの選手たちは彼のダイブに失望してプレーを止めて腕を上げたんだと思う」 「私も彼ら(審判)が判定を変えなかったことに失望しているよ」 「あれにPKが与えられたことに驚いているし残念だ。判定というよりも、このようなPKを認めたという事実に失望している。私の辞書の中であれはPKじゃない」 「我々はがっかりしている。不運だったなんて言わない。判定の1つは我々の有利な判定となったが、1-0の状況でPKが与えられた」 2020.11.01 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

逆転劇の立役者ジョタ&シャキリにクロップも賛辞! プレミアデビューのCBにも言及

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督がポルトガル代表FWジオゴ・ジョタとスイス代表FWジェルダン・シャキリに賛辞を送った。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは10月31日に行われたプレミアリーグ第7節でウェストハムと対戦。先制を許したが、前半のうちに追いつくと、後半に逆転してみせ、2-1の白星で飾った。 3試合負けなしの2連勝で暫定ながら首位に立ったクロップ監督。試合後、途中出場から見事に逆転ゴールを演出して、勝ち点3をもたらしたシャキリとジョタの活躍を称えた。 「どちらも良かった。明らかにね! ジオゴ(・ジョタ)とシャキリは良い状態でトレーニングが積めている。だから、あのような展開での起用は難しくない。だから、彼らを出場させるのは理にかなっている」 「ジオゴにとっても素晴らしい瞬間だった! 良い選手であり、契約できて本当に嬉しく思っている。だから、win-winな状況だ。チームとして彼を助け、彼もチームをたくさんヘルプしてくれると思う。とても良い夜だった!」 また、故障者続出で手薄なセンターバックの一角としてプレーしたイングランド人DFナサニエル・フィリップスについても言及。個人としてプレミアリーグデビューとなったフィリップスについてもこう評価した。 「背景にあるストーリーを知っていたら、さらに信じ難いものになるだろう。彼のことを思うと、喜ばしいよ」 「彼は素晴らしい男で、頭も良く、フットボーラーとしての自分をしっかりと理解している。今夜の試合で実にシンプルなプレーに徹してくれた」 「ほかの選手たちが彼のサポートに周って、彼も声を出したり、ピッチ上で話をしたりしてほかの選手をサポートした。本当に良い試合をしてくれ、(マン・オブ・ザ・マッチ)受賞に値する」 2020.11.01 18:20 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly