劇的同点弾のウェストハムMFが歓喜! 自身のスーパーな一撃は「完璧」

2020.10.19 13:39 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハム所属のアルゼンチン代表MFマヌエル・ランシーニが18日に行われたプレミアリーグ第5節のトッテナム戦後、インタビューに応じた。クラブ公式サイトが伝えている。同じくロンドンに本拠地を置くトッテナムと激突したウェストハムは試合開始から16分間で3失点を喫したが、残り時間10分を切ったところで猛反撃。82分、85分と立て続けにゴールを奪って、1点差のところまで詰め寄ると、後半アディショナルタイム4分にランシーニの完璧な右足のミドルシュートがゴール右に突き刺さり、3-3のドローで終了した。

土壇場で見事なシュートを決め、劇的なドローゲームを演じてみせたランシーニは試合後、かつてウェストハムでチームメイトだったスペイン人MFペドロ・オビアンが2018年1月に行われたトッテナム戦で決めたゴールになぞらえて、自身の一撃を振り返った。


「僕たちがかつてトッテナムと対戦したとき、ペドロ・オビアンがロケットのようなゴールを決めたのを覚えているかい? あのゴールに似ていたし、3-0のビハインドから追いついたんだから、素晴らしいことだよ」

「完璧だった。ずっと前からゴールが欲しかったんだよ。今は100%の準備ができている。チームを助けたいと思っていて、それができた瞬間だった」

また、ランシーニは24日に対戦を控える次節のマンチェスター・シティについてもコメント。その試合でリーグ3戦無敗としたチームの好調ぶりを続けることができれば、さらなる上位浮上のチャンスがあると語った。

「来週に対戦するマン・シティは非常に力のある良いチームだと知っている。でもこの調子でプレーすれば、来週の試合でも何かを得るチャンスがあると思う」
関連ニュース
thumb

CL権を争うウェストハム、ライスの復帰迫る! 指揮官モイーズが明かす

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスが復帰に近づいているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 今季のプレミアリーグで上位をかき乱す存在となり、この最終盤まで来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いをも演じるウェストハム。そのチームをリードするのが中盤センターの絶対軸であるライスだ。 今季もリーグ開幕から29試合連続で先発が続くなどフル稼働したが、3月のイングランド代表活動中にヒザを負傷。一部メディアで全治4週間の見込みが指摘され、それ以降の試合で欠場を余儀なくされている。 だが、欧州挑戦権を巡る戦いが佳境に差し掛かるなかで、来週に復帰する見通しがあるという。9日に本拠地で予定するプレミアリーグ第35節でエバートンと戦うなか、デイビッド・モイーズ監督が明かした。 「デクランの復帰は近い。というのも1週間後の話だからだ。芝生の上に戻っており、復帰に近づいている。できる限り早く復帰させたい」 「我々にとって、彼がいないのは疑いようもなく、大きな損失だ。とにかく彼を起用できるよう願っている。時間をかけるつもりもない」 「本当に用心しなければならないがね。我々にとって、彼は非常に大事な存在であり、できるだけ早く復帰させなければならないんだ」 2021.05.08 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ、フェルナンジーニョ退団の場合の後釜はライスに!

マンチェスター・シティはブラジル代表MFフェルナンジーニョ(36)が今シーズン限りで退団した場合、ウェストハムのイングランド代表DFデクラン・ライス(22)の獲得に動く構えだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 2013年夏にシャフタール・ドネツクから加入し、今季で在籍9年目を迎えているフェルナンジーニョ。ジョゼップ・グアルディオラ監督就任以降は主力に君臨し、元スペイン代表MFダビド・シルバの退団を受けて、今シーズンからキャプテンを務めている。 スペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス加入後は守備的MFのバックアッパーがメインタスクも、36歳のバースデーに開催された4日のチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのパリ・サンジェルマン戦では攻守両面で健在ぶりを発揮。まだまだ第一線での活躍は十分に可能だ。 ただ、シティとの現行契約は今シーズン限りとなっており、現時点で契約延長の可能性は微妙なところだ。また、先日に同選手の代理人は古巣アトレチコ・パラナエンセへの復帰の可能性を含め、現時点で他クラブからオファーが届いていることを明かしていた。 シティは今シーズン終了後に改めてフェルナンジーニョサイドとの話し合いを設定しているが、同選手の退団に備えた動きをすでに見せているという。 そして、『タイムズ』が伝えるところによれば、有力な後釜候補がウェストハムの主力MFだという。 高いプレー強度と戦術眼を併せ持つライスは、守備的MFに加えてセンターバックでもプレー可能な汎用性を持っており、グアルディオラ監督の志向するスタイルにフィットし易い人材だ。 ウェストハムが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できない場合、今夏にステップアップを図る可能性は高いが、競合するチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドらとの争奪戦を制する必要がある。 2021.05.07 01:18 Fri
twitterfacebook
thumb

逆転勝ちでトップ4争いに踏みとどまりのウェストハム、指揮官「欧州挑戦権獲得を信じ続けねば」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が満足感を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 3日に行われたプレミアリーグ第34節で14位バーンリーのホームに乗り込んだ5位ウェストハム。19分に先制を許したが、イングランド代表FWマイケル・アントニオがその3分後に同点弾をマークすると、27分に勝ち越しゴールを決め、2-1の勝利を収めた。 2連敗の悪い流れを逆転勝利で止め、同じく今節を制した4位チェルシーとの勝ち点差「3」を維持したウェストハム。トップ4争いに踏みとどまったモイーズ監督は試合後、逆転勝利に導いた選手たちを労い、欧州挑戦権の獲得を強く願った。 「チームは非常に良く戦ってくれた。2-1での勝利だが、それ以上のものがあったと感じている。最後は運も味方につけたが、見事だったね」 「私はヨーロッパの大会に出たい。成し遂げられたら、さぞかし信じられないような達成感があるだろう。今の我々はチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内からもそう遠くない。(滑り込めると)信じ続けなければね」 「残り4試合。笑顔でいたいね。おそらく全部勝たなければならない。今夜のようなプレーができれば、ほとんどのチームと勝負していけるはずだ」 なお、ウェストハムの残り試合で8位エバートン、14位ブライトン&ホーブ・アルビオン、19位WBA、15位サウサンプトンと対戦する。 2021.05.04 08:30 Tue
twitterfacebook
thumb

アントニオの2ゴールで逆転勝利のウェストハムが3試合ぶりの勝利で5位浮上!《プレミアリーグ》

ウェストハムは3日、プレミアリーグ第34節でバーンリーと対戦し、2-1で勝利した。 2連敗中の6位ウェストハム(勝ち点55)が、前節4試合ぶりの白星を挙げた16位バーンリーのホームに乗り込んだ一戦。 クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ負けられないウェストハムだが、17分にボックス右から仕掛けたウッドをスーチェクが倒してしまいPKを献上。このPKをウッドにゴール左隅に決められた。 先制を許したウェストハムはすぐに反撃。すると21分、右サイド深くでパスを受けたリンガードのバックパスをコウファルがダイレクトクロス。これをゴール左に手前に走りこんだアントニオがヘディングで流し込んだ。 同点弾で勢いづくウェストハムは、29分にもボックス左横でパスを受けたベンラーマがゴールへ向かうクロスを入れると、ゴール前に抜け出したアントニオがワンタッチで流し込み、逆転に成功した。 立て続けにゴールを挙げたウェストハムは、34分にピンチ。ロートンのロングフィードでボックス右から侵入したヴィドラにゴールを脅かされたが、ループシュートはゴール前でドーソンがクリアした。 1点のリードで後半を迎えたウェストハムは、64分にもピンチ。バイタルエリア手前でボールを受けたマクニールがゴール前にロングパスを供給すると、ディオプのクリアボールをボックス中央右のブラウンヒルがボレーシュート。さらにGKファビアンスキが弾いたボールをジェイ・ロドリゲスが詰めたが、これはウェストハムDFが体を投げ出したブロックで防いだ。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した状態が続いたが、ウェストハムは試合終盤にチャンスを迎える。90分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けるとドリブルで持ち上がったフォルナルスのスルーパスでボックス右から侵入したリンガードがシュートを放ったが、これは相手GKに当たり、ゴール右に外れた。 結局、試合はそのまま2-1でタイムアップ。3試合ぶりの白星で連敗をストップしたウェストハムが、トッテナムをかわし5位に浮上している。 2021.05.04 06:50 Tue
twitterfacebook
thumb

1人にその値段は…ウェストハムが60億円のチェルシーFW獲得を断念

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が、チェルシーのイングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)を諦めるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 エイブラハムはチェルシーの下部組織で、UEFAユースリーグを2連覇。2017-18シーズンからファーストチームに昇格すると、そのままスウォンジーにレンタル移籍。翌シーズンはアストン・ビラへレンタル移籍をした。 2019-20シーズンからは、チェルシーの戦力としてフランク・ランパード監督の下でプレーし、プレミアリーグで34試合に出場し15ゴール4アシストを記録。今シーズンも期待を寄せられていたものの、昨シーズンほどの活躍はできず。また、ランパード監督の解任や自身のケガの影響で、最近は出場機会を得られていない状況が続いている。 一方で、ウェストハムは、攻撃面の強化のためにトップターゲットとして獲得に乗り出していたが、金銭的な理由から諦める可能性が浮上。モイーズ監督は、23歳の選手1人のために4000万ポンド(約60億7400万円)という大金は出せないと考えているようだ。 「それが妥当な金額なら、我々はその争いから除外されるだろう。我々はそのような資金を持っておらず、その価格でストライカーを獲得することはできない」 「我々の総支出かって?もしかしたらそうかもしれない。それはわからないが」 「ただ、1人の選手にその金額はかけられない。私だったら驚くね」 2021.05.03 21:46 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly