ゲッツェがPSVデビュー戦で早速ゴール! 初の国外挑戦は上々の滑り出し

2020.10.19 03:06 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(28)がPSVでのデビュー戦となった18日のズヴォレ戦で早速ゴールを記録した。これまでドルトムント、バイエルンという世界屈指の名門に在籍してきたゲッツェは、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)決勝のアルゼンチン戦ではドイツ代表を世界王者に導く決勝点を挙げるなど、華々しい活躍を見せてきた。

しかし、近年はパフォーマンスが上がらず、ベンチを温める機会も多く昨シーズン限りでドルトムントを退団。そして、国内外を中心に多くの選択肢があった中、今月6日にオランダ屈指の名門PSVへの加入を決断。自身初の国外でのプレーとなった。

そして、加入から約10日後となったインターナショナルマッチウィーク明けのエールディビジ第5節のズヴォレ戦で早速デビューを飾った。[4-4-2]の右サイドハーフでのプレーとなったゲッツェはいきなり仕事を果たす。相手右サイドバックの不用意なGKへのバックパスを抜け目なく狙うと、GKの寸前でボールをかっさらって無人のゴールへ流し込み、わずか9分で新天地での最初のゴールを挙げた。

その後は大きな見せ場こそなかったものの、終始落ち着たプレーを見せた百戦錬磨のゲームメーカーは、チームが3点リードの67分にお役御免でデビュー戦のピッチを後にした。そして、チームはこのまま同じスコアを保って試合を締めくくり、デビュー戦ゲッツェの決勝点により、3-0で快勝した。

なお、同試合ではズヴォレ側でMF中山雄太、ファン・ウェルメスケルケン際の日本人2選手がフル出場していた。

◆電光石火のPSVデビュー弾に!
コメント
関連ニュース
thumb

ドルトムント退団の元ドイツ代表FWゲッツェがPSVに移籍!初の海外挑戦

PSVは6日、ドルトムントを退団していた元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(28)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は2年となる。 ドルトムントの下部組織出身のゲッツェは2009年11月にブンデスリーガデビュー。2010-11、2011-12シーズンはチームのブンデスリーガ連覇に貢献する活躍を見せ、2013年7月に同国の強豪バイエルン・ミュンヘンへと移籍した。 しかし、バイエルンではコンディションが上がらない時期が続き、2016年7月に3年ぶりにドルトムントへ復帰。復帰後も本来の輝きを取り戻すことは出来ず、昨シーズン限りで契約が満了。移籍先を探していた。 ブンデスリーガでは通算231試合に出場し57ゴール61アシスト、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では通算62試合に出場し12ゴール17アシストを記録している。 またゲッツェはドイツ代表でも63試合に出場し、17ゴール11アシストを記録。2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)決勝ではアルゼンチン代表を相手に延長後半に値千金の決勝点を挙げ、ドイツを24年ぶりのW杯優勝へと導いていた。 フリーになったゲッツェの動向には注目が集まり、様々なクラブがオファーを出すなか、本人がブンデスリーガでプレーすることへのこだわりを語っていたことからドイツ国内のクラブへの移籍が有力視。しかし、新天地は予想に反してオランダの強豪クラブとなった。 初の国外挑戦となるゲッツェはクラブ公式サイトを通じて心境をコメント。ロジャー・シュミット監督との会話が後押ししたと語った。 「僕たちは素晴らしい話し合いを何度かした。そして、僕はオランダに移籍することを真剣に考えた」 「今年の夏は多くのオファーがあったけど、僕は自分で決断を下した」 「今までとは全く違う挑戦をする準備ができていると感じているし、この移籍は私にとってとても心地の良いものになると確信している」 「トレーニングを続けて、新しい冒険のためにコンディションを整えた。新しいチームメイトと一緒にトレーニングを行い、試合に向けて準備をすることを楽しみにしている」 2020.10.07 10:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ヒザの重傷で2年プレーしていないチェルシーMFファン・ヒンケルがPSVへ3度目のレンタル

PSVは6日、チェルシーの元オランダ代表MFマルコ・ファン・ヒンケル(27)がレンタル移籍で加入することを発表した。 ファン・ヒンケルにとっては2017-18シーズン以来、3度目のPSV加入となる。 ファン・ヒンケルは、フィテッセの下部組織出身で、2013年7月にチェルシーへ完全移籍。ミラン、ストーク・シティ、PSVへのレンタル移籍を経験している。 チェルシーでの出場機会がないファン・ヒンケルだが、PSVでは2度のレンタル移籍で公式戦64試合に出場し31ゴール10アシストとブレイク。しかし、2018年6月にチェルシーへ復帰して以降はヒザに重傷を負い、2シーズンにわたって1度もピッチに立っていない。 かつてブレイクしたPSVへのレンタルで復帰となったファン・ヒンケルは、現状もリハビリの途中とのこと。それでもPSVは獲得し、復活に期待しているようだ。 ファン・ヒンケルは「僕は現在、個別プログラムの最終段階にある。数週間以内にトレーニングに加われると期待している」とコメント。またチェルシーに対しても、「チェルシーが僕と一緒に新しいレンタルの形を考えてくれている事実はとても素晴らしいことだ。僕たちがこの数年で築き上げてきた良好な関係を表している」とチャンスを与えてくれたことに感謝を述べた。 2020.10.07 09:43 Wed
twitterfacebook
thumb

PSV、バイエルンからU-21ドイツ代表MFフェインを買い取りOP付きのレンタル移籍で獲得

PSVは6日、バイエルンに所属するU-21ドイツ代表MFアドリアン・フェイン(21)を買取オプション付きのレンタル移籍で獲得した。契約期間は1年間で、背番号は11を着用する。 2006年に1860ミュンヘンの下部組織からバイエルンの下部組織に加入したフェインは、2018年7月にプロ契約を締結。しかし、これまでトップチームでの出場歴はなく、2018-19シーズンはブンデス2部のヤーン・レーゲンスブルクへ武者修行に出ると、昨季もブンデス2部のハンブルガーSVにレンタルされていた。 ドイツの世代別代表にも選出されているファインは、高さ、スタミナ、スピード、パスセンスを兼ね備えた守備的MF。昨季加入したハンブルガーSVでは、公式戦33試合に出場し1ゴール4アシストを記録していた。 2020.10.07 02:50 Wed
twitterfacebook
thumb

オリンピアコス、PSVのポルトガル代表FWブルマをレンタル移籍で獲得

オリンピアコスは5日、PSVのポルトガル代表FWブルマ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ギニアビサウ出身のブルマは、スポルティング・リスボンの下部組織で育ち、2013年2月にファーストチームへと昇格した。 2013年9月にガラタサライへ完全移籍すると、その後はガズィアンテプスポル、レアル・ソシエダへのレンタル移籍を経験。2017年7月にRBライプツィヒへと完全移籍する。 ライプツィヒでは公式戦67試合に出場し10ゴール5アシストを記録。2019年7月にPSVへ完全移籍すると、2019-20シーズンはエールディビジで18試合に出場し3ゴール3アシスト。ヨーロッパリーグでも6試合に出場し1アシストを記録。今シーズンも開幕から3試合に出場していた。 世代別のポルトガル代表を経験しているブルマは、ポルトガル代表としてもここまで9試合でプレーし、1ゴールを記録している。 2020.10.05 23:15 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタ、PSVからオランダ人ストライカー、サム・ラマースを獲得!

アタランタは22日、オランダ人FWサム・ラマース(23)をPSVから獲得したことを発表した。オランダメディアによると、移籍金は1000万ユーロ(約12億2800万円)程度。 ヴィレムIIやPSVの下部組織で育ったラマースは、19歳だった2016-17シーズンにトップチームデビュー。そのシーズンのエールディビジでは5試合に出場し、2試合連続ゴールを決めている。 189㎝の長身を生かしたプレーが特徴でありながら、足元の技術や戦術理解に長けたモダンなセンターFW。フィニッシュの精度も一流で、18-19シーズンにレンタルで加入したヘーレンフェーンでは、リーグ戦31試合で16ゴール5アシストを記録した。 昨季はPSVに復帰したものの、ヒザのケガで長期離脱を強いられ、公式戦出場は10試合にとどまった。 また、各世代のオランダ代表にも名を連ねた逸材で、U-21では11試合3ゴール、U-19では14試合で10ゴールをマークしている。 2020.09.22 17:40 Tue
twitterfacebook