エイバル、乾が攻撃を牽引もオサスナとゴールレスドロー…武藤は負傷交代《ラ・リーガ》

2020.10.18 20:58 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エイバルは18日、ラ・リーガ第6節でオサスナと対戦し、0-0で引き分けた。

ここまで5試合を消化し、1勝1分け3敗と厳しいスタートを切ったエイバル。代表マッチウィークを挟んだ2週間前に行われた前節のバジャドリー戦でが今季初白星だった。今節は前節退場となったディオプが出場停止。乾と武藤の日本人コンビは3試合連続で揃って先発出場を果たした。

立ち上がりから劣勢を強いられるエイバルは、ロングボールから再三ピンチを迎える。16分にはサイドチェンジからチャンスメイクされ、ガジェゴに決定的なヘディングシュートを許す。

対するエイバルは20分過ぎに乾がドリブルでボックス左に侵入しシュートへ。これがチーム初シュートとなった。さらに乾は得意のドリブル突破から立て続けにシュート。枠に飛んだがGKに防がれた。

その後も乾を中心に攻撃を組み立てるエイバルだが、ゴールレスで後半へ。その立ち上がり、ロングボールをボックス左で受けた乾のマイナスの折り返しを、セルヒオ・アルバレスがダイレクトシュート。綺麗な攻撃だったが、ここはGKの正面に。

そんな中、52分に武藤が足を痛めてセルジ・エンリクと交代。見せ場が作れないまま、無念の交代となった。

後半半ばにかけては互いにチャンスが作れない時間帯が続く。すると70分に乾も交代。セビージャからレンタルで加わったブライアン・ヒルがデビューを果たした。なお、同じくセビージャからレンタルしたポソはこの試合で先発デビューしている。

一向に攻勢に出られないエイバルだったが75分、乾のいた左サイドで起用されたブライアン・ヒルがファーストプレーでシュートへ。得意の左足から放たれたシュートはGKセルヒオ・エレーラに弾かれ、さらにはポストに嫌われた。ヒルはセンタリングからもチャンスメイク。U-19スペイン代表の投入で勢いがつき始めた。

終盤まで0-0で進んだ中、88分にオサスナのモンカジョラが2枚目のイエローカードで退場に。数的優位となったエイバルは、ヒルが3本目のシュートを放つも、最後までネットを揺らせず試合終了。ゴールレスドローに終わった。


コメント
関連ニュース
thumb

1G2Aの久保建英にエメリ監督「仕事を遂行した」、打ち合いを制したことを喜ぶ

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)のスィヴァススポル戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 ビジャレアルは22日、ELグループI第1節でトルコのスィヴァススポルと対戦。試合は壮絶な打ち合いの末、5-3でビジャレアルが勝利を収めた。 この試合では日本代表MF久保建英が先発出場。13分に先制ゴールを記録した他、2つのアシストを記録していた。 セビージャ時代にELを3連覇しているエメリ監督が試合を振り返り、難しい試合だったものの勝利を喜んだ。 「確かに今夜は90分で多くのことが起こりすぎたが、我々にとって有利に働いた。彼らは我々が多くのこととはしていなかったが、我々にかなりのダメージを与えた」 「勝利は重要だ。この大会は難しく、常に勝つことは難しい。オープンな戦いになると思っていたが、そうなった。強くなるためには、勝利した中で、反省しなければならない」 また、これまでのラ・リーガで出場機会があまり与えっれていなかったものの、先発で起用した途端に3ゴールに絡む活躍を見せた久保についてもコメント。役割を果たしたと評価した。 「我々は彼に仕事を頼んだ。そして、彼はそれを遂行した」 「ただ、久保だけじゃなく、サム(サムエル・チュクウェゼ)とか、ピノ(ジェレミ・ピノ)もそうだ」 「この大会のことは好きだし、優勝に向けて一歩踏み出したのはいいことだと思う」 2020.10.23 14:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第1節結果まとめ】ナポリ敗戦も強豪は順当に白星発進! 日本人4選手全員が初戦でプレー

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第1節が22日に行われた。 ◆強豪は順当に白星発進! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201023_0_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 優勝候補に挙がるアーセナル、トッテナムのノースロンドン勢、ミラン、ナポリ、ローマのセリエA勢では、ナポリを除く全チームが白星発進となった。 グループB初戦でラピド・ウィーンのホームに乗り込んだアーセナルは、主導権こそ握りながらもゴールレスで試合を折り返すと、後半立ち上がりにGKレノのビルドアップのミスから先制点を献上。それでも、主力を投入した後半半ば以降にダビド・ルイスの2ゴールに絡む活躍で試合を引っくり返し、2-1の逆転勝利を飾った。 一方、グループJ初戦でホームにLASKリンツを迎えたトッテナムはデビュー戦となったカルロス・ヴィニシウスがルーカス・モウラ、ソン・フンミンのゴールをアシスト。さらに、初先発のベイルも2点目のオウンゴールに繋がるクロスを供給するなど、きっちり仕事を果たした。また、今季の公式戦10試合目にして初のクリーンシートを記録する3-0の快勝で、選手層の厚みを強調する実りある一戦となった。 セリエA勢ではミランとローマが、それぞれセルティック、ヤング・ボーイズ相手に苦戦を強いられたものの、ミランがブラヒム・ディアスにクルティッチとハウゲの加入後初ゴールで3-1の勝利。一方、ローマは前半にPKから先制を許す苦しい展開となった中、後半半ばに投入されたジェコとムヒタリアンのアシストからブルーノ・ペレス、クンブラと2人のDFにゴールが生まれ、2-1の逆転勝利を飾っている。 その他の強豪チームではレバークーゼンがニースを相手にベララビの2ゴールなど攻撃陣が圧巻の6ゴールを奪い、6-2の圧勝。ベンフィカもヌニェスのハットトリックの活躍により、レフ・ポズナンに4-2で快勝。レスター・シティはイヘアナチョが1ゴール2アシストの躍動をみせ、ホームでゾリャを3-0のスコアで退けている。 また、PSVではゲッツェに公式戦2試合連続ゴールが生まれたが、EL初参戦のグラナダにホームで1-2の逆転負けを喫している。 ◆久保、三好、北川がELデビュー! 菅原がナポり相手に金星! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201023_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今シーズンのELグループステージでは、4人の日本人選手がプレーすることになったが、初戦から全選手がプレー機会を得た。 その中でひと際鮮烈な輝きを放ったのが、ビジャレアル加入後初先発でELデビューを飾ったMF久保建英。ホームで開催されたスィヴァススポル戦で先発フル出場を果たすと、13分に味方のシュートのこぼれ球を押し込んで、移籍後&EL初ゴールを奪取。さらに、20分と57分にはバッカとフォイスのゴールをアシストする衝撃のELデビューを飾り、チームも5-3で勝利している。 また、アントワープのMF三好康児はルドゴレツ戦でELデビューを飾り、フル出場を果たした中で攻守両面でハードワークし、2-1の逆転勝利に貢献。一方、ラピド・ウィーンのFW北川航也はアーセナル戦で、1-2のビハインドとなった76分に途中投入され、ELデビュー。だが、格上相手に見せ場を作るまでには至らず、惜敗となった。 デビュー組の3選手とは異なり、2年連続のEL参戦となったAZのDF菅原由勢は、トップチームの13選手が新型コロナウイルスに感染し欠場するなど厳しい台所事情の中、強豪ナポリとのアウェイゲームにおいて3トップの右で先発出場。決勝点の起点となる重要な攻撃面の貢献に加え、守勢を強いられた中で守備面でも献身的な働きをみせ、1-0の勝利に大きく貢献した。 ■ELグループステージ第1節結果 ◆グループA ヤング・ボーイズ 1-2 ローマ CSKAソフィア 0-2 クルージュ ◆グループB ダンドーク 1-2 モルデ ラピド・ウィーン 1-2 アーセナル ◆グループC レバークーゼン 6-2 ニース ハポエル・ベエルシェバ 3-1 スラビア・プラ ◆グループD スタンダール・リエージュ 0-2 レンジャーズ レフ・ポズナン 2-4 ベンフィカ ◆グループE PSV 1-2 グラナダ PAOK 1-1 オモニア ◆グループF ナポリ 0-1 AZ リエカ 0-1 レアル・ソシエダ ◆グループG ブラガ 3-0 AEKアテネ レスター・シティ 3-0 ゾリャ ◆グループH スパルタ・プラハ 1-4 リール セルティック 1-3 ミラン ◆グループI マッカビ・テルアビブ 1-0 カラバフ ビジャレアル 5-3 スィヴァススポル ◆グループJ トッテナム 3-0 LASK ルドゴレツ 1-2 アントワープ ◆グループK ディナモ・ザグレブ 0-0 フェイエノールト ヴォルフスベルガー 1-1 CSKAモスクワ ◆グループL ホッフェンハイム 2-0 ツルヴェナ・ズヴェズダ リベレツ 1-0 ヘント 2020.10.23 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

初先発の久保はELデビュー弾など1G2Aと躍動!! ビジャレアルがスィヴァススポルとの打ち合いを制し白星発進!《EL》

久保建英の所属するビジャレアルは22日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第1節でスィヴァススポル(トルコ)とホームで対戦し、5-3で勝利した。久保はフル出場、13分に移籍後初ゴールを記録した。 ラ・リーガ開幕から3勝1分け1敗の上々の滑り出しとなったビジャレアル。直近のバレンシア戦でも新加入のパレホ弾で逃げ切り2-1と勝利を飾った。2季ぶりの出場となるEL初戦に向けては、バレンシア戦からスタメンを8人変更。アルカセルやパレホ、イボーラ、パウ・トーレスらに代えてバッカやコクラン、バエナらを起用。久保も移籍後初のスタメンに名を連ねた。 久保をインサイドハーフに配置した[4-3-3]で試合に臨んだビジャレアルは13分、敵陣でバエナがボールをカットすると、こぼれ球を拾ったチュクウェゼがボックス外からシュート。これは相手GKが弾いたが、こぼれ球を久保が流し込んだ。 久保の移籍後初ゴールで先制したビジャレアルは、20分にも久保のラストパスをボックス内に走り込んだバッカが右足ダイレクトでゴール右に突き刺し、追加点を奪った。 33分にカヨデのゴールで1点を返されたビジャレアルだったが、直後の34分に決定機を迎える。久保のパスを受けたバッカがヤルシンにボックス内で倒されPKを獲得。しかし、バッカのPKは完璧にコースを読んだ相手GKのビッグセーブに阻まれた。 追加点のチャンスを逃したビジャレアルは、43分に再びピンチを迎える。左クロスのクリアボールをヤルシンがバイタルエリア右で拾うと、縦に持ち上がりクロスを供給。これをヤタバレにヘディングで叩きこまれ、前半は2-2で終了した。 迎えた後半、ビジャレアルはバエナを下げてイボーラを投入。すると57分、ビジャレアルは久保の左CKからフォイスがヘディングシュートを流し込み、勝ち越しに成功した。 ところが64分、バイタルエリア左で与えたFKをグラデルに直接ゴール左に決められ、再び試合は振り出しに。 三度の勝ち越しを狙うビジャレアルは、70分にバッカとハウメ・コスタを下げてアルカセルとペドロサをピッチに送り出す。すると74分、チュクウェゼのパスを受けたアルカセルがボックス左深くまで切り込むと飛び出したGKをかわし、無人のゴールへシュートを流し込んだ。 さらにビジャレアルは、78分にもフォイスの絶妙パスでDFの裏に抜け出したアルカセルがボックス内まで侵入。相手GKとの一対一を冷静に制して5点目を奪った。 結局、試合はこのまま5-3で終了。久保のELデビュー弾を含む1G2Aの活躍で打ち合いを制したビジャレアルが、白星スタートを飾った。 2020.10.23 05:56 Fri
twitterfacebook
thumb

後半のワンチャンスを活かしたAZがナポリから金星を挙げる!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)グループF第1節のナポリvsAZが22日にサン・パオロで行われ、0-1でAZが勝利した。AZの日本代表DF菅原由勢はフル出場した。 昨季はチャンピオンズリーグ(CL)でベスト16に進出したが、セリエAでは7位に終わりCL出場を逃したナポリ。2年ぶりとなるELの初戦に向けてガットゥーゾ監督は、直近のアタランタ戦から先発を4人変更。[4-2-3-1]で臨み、最前線にオシムヘン、2列目に右からポリターノ、メルテンス、ロサーノを据えた。 一方、2大会連続のEL参戦となったAZは、トップチームの13選手が新型コロナウイルスに感染し欠場するなど厳しい台所事情となっている。そんな中、菅原は3トップの右で先発出場した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先にチャンスを迎えたのはナポリ。13分、ロサーノのパスでDFに裏に抜け出したオシムヘンがボックス内まで侵入しゴール右隅にシュートを突き刺したが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 対するAZは、34分にクリバリのトラップミスを敵陣で奪った菅原がボックス手前から素早く右足を振り抜いたが、このシュートはゴール左に外れた。 時間の経過と共にボールの主導権を掌握するナポリは35分、右サイドをドリブルで持ち上がったオシムヘンの折り返しをボックス中央で受けたメルテンスがワントラップから狙ったが、シュートはわずかに枠の右に逸れる。 ゴールレスで迎えた後半、先にスコアを動かしたのはAZ。57分、菅原とのパス交換でボックス右深くまで抜け出したスベンソンの折り返しをデ・ウィトがゴール左に流し込んだ。 先制を許したナポリは、59分にロサーノとヒサイを下げてインシーニェとマリオ・ルイを投入。さらに66分には、オシムヘンとロボツカを下げてペターニャとデンメをピッチに送り出す。すると68分、ショートコーナの流れからバイタルエリア左でパスを受けたマリオ・ルイがクロスを供給。これをペターニャがダイビングヘッドで合わせたが、シュートはゴール右に外れた。 試合終盤にかけてもナポリが猛攻を仕掛ける。後半アディショナルにはバイタルエリア左で獲得したFKからディ・ロレンツォがヘディングシュートを放ったが、これも枠を捉えられず。 結局、試合はそのまま0-1でタイムアップ。後半シュート1本のAZがそのワンチャンスでナポリから金星を挙げた。 2020.10.23 04:40 Fri
twitterfacebook
thumb

苦戦アーセナルが主力投入で逆転勝利! 北川航也が途中出場でELデビュー!《EL》

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループB第1節、ラピド・ウィーンvsアーセナルが22日に行われ、アウェイのアーセナルが1-2で逆転勝利した。なお、ラピド・ウィーンのFW北川航也は76分から出場した。 直近のプレミアリーグでマンチェスター・シティに惜敗したアーセナルは、公式戦2試合ぶりの白星を目指して今季EL初戦に臨んだ。シティからは先発5人を変更し、トーマスが移籍後初先発を飾り、前線にはペペ、ラカゼット、エンケティアが並んだ。 立ち上がりからボールの主導権を握ったアーセナルは、コラシナツ、サカ、エンケティアの左サイドを起点に相手を押し込んでいく。15分にはセットプレーからダビド・ルイスが強烈なヘディングシュートを枠に飛ばすが、ここは相手GKの好守に遭う。 ここから攻撃のギアを上げていきたいアーセナルだが、以降は中盤から前線への繋ぎやアタッキングサードでプレー精度を欠きなかなか決定機まで持ち込めない。逆に、相手のカウンターから高いラインの背後を突かれて幾度もピンチを招く。 すると、0-0で折り返した後半立ち上がりには不用意なミスから先制点を与える。51分、自陣ボックス内からのリスタートの場面でGKレノがカラに引っ掛けられてボールを失うと、これを拾ったフォンタスにすかさずゴールへ蹴り込まれた。 格下相手に先制を許したアルテタ監督は、その後も守勢が続く難しい展開を受けて動く。61分、エンケティアとセドリックを下げてオーバメヤンとベジェリンを同時にピッチに送り込む。 すると、投入直後にエースがいきなりフィニッシュに絡むと、70分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのペペが浮き球のボールをゴール前に入れる。ここで序盤から制空権を握っていたD・ルイスが頭で合わせ、同点ゴールを奪った。 さらに、畳みかけるアウェイチームは直後の74分、ボックス手前右のD・ルイスからの絶妙なスルーパスに抜け出したベジェリンがボックス右のゴールライン際で丁寧に折り返すと、最後はゴール前に飛び込んだオーバメヤンが難なくワンタッチで流し込んだ。 逆転に成功したことでようやく落ち着きを取り戻したアーセナルは、76分にこれがELデビューとなる北川を投入するなど反撃に転じたホームチームを相手に危なげない試合運びをみせ、このままクローズ。 格下相手に思わぬ苦戦を強いられたが、2-1の逆転勝利で今季のEL初戦を白星で飾った。 ラピド・ウィーン 1-2 アーセナル 【ラピド・ウィーン】 T・フォンタス (後6) 【アーセナル】 D・ルイス(後25) オーバメヤン(後29) 2020.10.23 04:14 Fri
twitterfacebook