エイバル、乾が攻撃を牽引もオサスナとゴールレスドロー…武藤は負傷交代《ラ・リーガ》

2020.10.18 20:58 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エイバルは18日、ラ・リーガ第6節でオサスナと対戦し、0-0で引き分けた。ここまで5試合を消化し、1勝1分け3敗と厳しいスタートを切ったエイバル。代表マッチウィークを挟んだ2週間前に行われた前節のバジャドリー戦でが今季初白星だった。今節は前節退場となったディオプが出場停止。乾と武藤の日本人コンビは3試合連続で揃って先発出場を果たした。

立ち上がりから劣勢を強いられるエイバルは、ロングボールから再三ピンチを迎える。16分にはサイドチェンジからチャンスメイクされ、ガジェゴに決定的なヘディングシュートを許す。

対するエイバルは20分過ぎに乾がドリブルでボックス左に侵入しシュートへ。これがチーム初シュートとなった。さらに乾は得意のドリブル突破から立て続けにシュート。枠に飛んだがGKに防がれた。

その後も乾を中心に攻撃を組み立てるエイバルだが、ゴールレスで後半へ。その立ち上がり、ロングボールをボックス左で受けた乾のマイナスの折り返しを、セルヒオ・アルバレスがダイレクトシュート。綺麗な攻撃だったが、ここはGKの正面に。

そんな中、52分に武藤が足を痛めてセルジ・エンリクと交代。見せ場が作れないまま、無念の交代となった。

後半半ばにかけては互いにチャンスが作れない時間帯が続く。すると70分に乾も交代。セビージャからレンタルで加わったブライアン・ヒルがデビューを果たした。なお、同じくセビージャからレンタルしたポソはこの試合で先発デビューしている。

一向に攻勢に出られないエイバルだったが75分、乾のいた左サイドで起用されたブライアン・ヒルがファーストプレーでシュートへ。得意の左足から放たれたシュートはGKセルヒオ・エレーラに弾かれ、さらにはポストに嫌われた。ヒルはセンタリングからもチャンスメイク。U-19スペイン代表の投入で勢いがつき始めた。

終盤まで0-0で進んだ中、88分にオサスナのモンカジョラが2枚目のイエローカードで退場に。数的優位となったエイバルは、ヒルが3本目のシュートを放つも、最後までネットを揺らせず試合終了。ゴールレスドローに終わった。
コメント
関連ニュース
thumb

デュエル勝利数ブンデス2位の遠藤航、チームの窮地を救うためにCB起用も?

シュツットガルトで好調を維持する日本代表MF遠藤航だが、チームの窮地を救うためセンターバックで起用される可能性もあるかもしれない。ドイツ『Liga Insider』が伝えた。 ブンデスリーガ1部に今シーズンから昇格したシュツットガルト。ここまで5試合を終えて2勝2分1敗と好調を維持し4位につけている。 しかし、最終ラインにケガ人が続出。アーセナルからレンタル移籍中のDFコンスタンティノス・マヴロパノスはヒザの半月板を損傷する重傷。またここまで5試合に出場しているマルク=オリヴァー・ケンプフが足首の靭帯を負傷している。 スポーツ・ディレクター(SD)のスヴェン・ミスリンタート氏は現在のケンプフの状況について「シャルケ戦に向けては十分ではないが、微かな希望がある」とプレーできる可能性を示唆。「できるだけ早く復帰するため、信じられないほどハードワークをしている」とコメントしていた。 4〜6週間の離脱とみられているが「4週間なら良いだろう」と語っており、早期の復帰に期待を寄せた。 しかし、最終ラインにケガ人を多く抱える事態は変わらず。セカンドチームでプレーしている元ドイツ代表DFホルガー・バトシュトゥバーの昇格も考えられる中、ミスリンタートSDはその可能性を否定した。 「そのアイデアはかなり遠い。ホルガーは常にファーストチームのメンバーだ。しかし、彼はセカンドチームでプレーする」 また、バトシュトゥバーを昇格させない理由として代役がいると語り、ブンデスリーガで2位のデュエル勝利数(82回)を誇る遠藤もその1人として考えられているようだ。 「アントニス・アイドニスや遠藤航を下げることだってできる。3人負傷者がいたとしても、このグループ内で問題を解決する方法はまだたくさんあるよ」 2020.10.26 21:35 Mon
twitterfacebook
thumb

韓国で飛躍を続ける邦本宜裕、Jリーグで2度の契約解除を経験も全北現代監督が称賛「ステップアップできると強く思っている」

全北現代モータースのジョゼ・モライス監督が、日本人FW邦本宜裕についてインタビューに応え、絶賛している。 浦和レッズユースで育った邦本は、その才能から“和製ロナウド”とも称され、期待の若手として注目を集めていたもの、素行の悪さなどから、浦和レッズやその後に所属したアビスパ福岡から2度に渡って契約解除されるという異色の経歴を持つ選手であり、“問題児”として知られている。 <div id="cws_ad">◆“和製ロナウド”が決めた完璧なコースへのゴラッソ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6NlIwVlBsUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年からは活躍の場をKリーグに移すと、実力を発揮し、2020年1月からはKリーグ王者の全北現代でプレーしている邦本。今シーズンここまで公式戦28試合で3ゴール1アシストを記録しているが、チームを率いるモライス監督はインタビューの中で、邦本の選手としての成長を称賛した。 「彼は今成長している選手で、ここ数週間で特にパフォーマンスを上げている」 「彼はまだ若い。私は(彼に)よくビッグゲームでプレーする時に必要な(精神的な)成熟を示せない選手はまだ未熟だと言ってきた。邦本は23歳。もう若い選手ではなく、成熟した選手になるべきなんだとね」 「彼は素晴らしい選手で、テクニックにおいても高いレベルにあると思う」 「私は今シーズン、自分個人の考えは常にチームが求めることに繋がっていなければならないということを彼に理解させる手助けをした」 「そして彼が個人の力で違いを生み出そうとすることが、チームの利益に繋がらなければならないということを理解させたんだ。ドリブルをするとき、パスをするとき、ボールをコントロールするとき、これは個人がチームの掲げる目的のために成すことなんだ」 「これは若い選手に説明するのは簡単なコンセプトではない。特に『君は優れたクオリティを持っている、高い技術を持っている』と誰もが言っている時にはね」 「次のレベルに進むためには、改善が必要な部分があるということを、若い選手に理解させることは簡単ではないが、私は彼なら次のレベルにステップアップできると強く思っている」 「彼は練習を続け、謙虚さを持ち、そして優れたコーチから学ぶことができれば良い」 2020.10.26 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

久保建英の逆サイドの攻撃には手応えのエメリ監督「左サイドは良かった」、それでもまだまだ不満

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、カディス戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 ビジャレアルは25日、ラ・リーガ第7節で昇格組のカディスとアウェイで対戦。0-0のゴールレスドローに終わっていた。 <div id="cws_ad">◆久保建英が初先発のカディスvsビジャレアル<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ksukrfm4w95gzbokyk62ivoe" async></script></div> 日本代表MF久保建英は3トップの右で起用。前半に惜しいチャンスを迎えるも、相手に対応されシュートは打てず。62分にサムエル・チュクウェゼと交代していた。 試合を振り返ったエメリ監督は、左サイドの攻撃を評価。しかし、まだまだ不十分だと語った。 「今日は良いチームワークを見せたが、ポイントが足りなかった。ボールを保持して主導権を握り、彼らが勝つチャンスを防ぐ方法はわかっていた。だから、何もさせなかった」 「攻撃面で言えば、左サイドは良かったが、言ったように不十分ではあった」 「我々は常に相手がやってくることに注意して仕事をしているが、攻撃面でハッキリさせられなかったことが問題だ」 「我々が5点を取って、相手が3点を取った試合を行った後だったが、今日はその逆だった。木曜日の試合(スィヴァススポル戦)と今日の試合を合わせたものを探る必要がある。より多くのものを生み出さなければならない」 2020.10.26 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がボタフォゴとの契約を短期延長か、シーズンは2月終了予定も契約は今年一杯

ボタフォゴに所属するMF本田圭佑(34)だが、クラブと短期の契約延長を行うようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。 2020年1月31日にフィテッセからボタフォゴへと完全移籍で加入した本田。加入後、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もありサッカーができない時期が続いたが、8月に開幕を迎えたカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは、チームの中心として活躍している。 トップ下やボランチなどでプレーしている本田は、ここまで11試合に出場。10月11日に行われた第15節のスポルチ・レシフェ戦では、日本人選手として22年ぶりとなるゴールを記録。日本代表としても活躍したMF前園真聖氏が1998年にサントスで記録して以来のゴールとなった。 ボタフォゴにとっても欠かせない存在となっている本田だが、契約は2020年12月31日までとなっており、このままでは2021年2月に終了するセリエAで最後までプレーできないこととなる。そのため、少なくともシーズン終了までの契約更新を行うようだ。 給与や契約条件は据え置きとなり、契約更新料は無料に。ボタフォゴは11月24日に会長選が控えており、本田をより長くチームに留まらせるかどうかは会長次第となるようだ。 なお、ボタフォゴはホッフェンハイムからレンタル中のMFブルーノ・ナザリオ(25)については、レンタル期間をすでに延長することで合意したとのこと。他の選手とも交渉しているようだ。 2020.10.26 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

シュミット・ダニエルが今季初出場でクリーンシート貢献、上位スタンダール・リエージュに勝利《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは25日、ジュピラー・プロ・リーグ第10節でスタンダール・リエージュと対戦し、2-0で勝利を収めた。 この試合には日本代表GKシュミット・ダニエルとFW鈴木優磨が先発出場。鈴木に代わって70分にMF伊藤達哉が途中出場した。DF松原后、FW中村敬斗はメンバー外となっている。 <div id="cws_ad">◆シュミット・ダニエルが初出場でクリーンシートに貢献!<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=of4k9cqf9bo01i3utefw8gf68" async></script></div> 今シーズンのリーグ戦初出場となったシュミット・ダニエルは、セーブ、ビルドアップでしっかりとしたプレーを披露。チームのクリーンシートに貢献した。 またスタメン出場の鈴木はゴールこそなかったものの、前線で身体を張ったプレーを見せて勝利に貢献した。 試合は38分にはシュミット・ダニエルから繋ぐと、縦パスを受けたオレクサンドル・フィリーポフがドリブルで運びながらスルーパス。最後はデュカン・ナゾンが落ち着いて沈めて、シント=トロイデンが先制する。 さらに73分にはボックス手前でパスを受けたスティーブ・デ・リッダーが豪快に右足一閃。これが左隅に決まり、2-0でシント=トロイデンが勝利を収めた。 なお、シント=トロイデンは開幕戦以来の今シーズン2勝目。9試合ぶりの勝利を挙げた。 シント=トロイデン 2-0 スタンダール・リエージュ 37分 1-0:デュカン・ナゾン(シント=トロイデン 73分 2-0:スティーブ・デ・リッダー(シント=トロイデン) 2020.10.26 10:45 Mon
twitterfacebook